パスタの値上げに打開策

今日は3月11日。
何かの語呂合わせになりそうな気がして、想像してみたものの何も浮かばず、インフォシークの『今日は何の日?』をクリックしてみました。
するとどうやら、今日は『コラムの日』なのだそうです。これ、語呂合わせとは思えませんし、きっと何かの記念日なのでしょうね。

良く考えてみたら、これが7月11日ならば、『セブンイレブンの日』になるのでは?(笑)

そんな事を思い付き、早速日付を7月11日に設定し、検索ボタンをクリック。
で、出て来たのは・・・。

[7月11日の何の日]
・世界人口の日
・小倉太鼓祇園

どこの企業も、意外にCMに使わないのですね~、『○○の日』って。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とんでも無い事になりましたっ!(焦)

いえ、今日の昼休み、近所のスーパーに買い物に行ったのですよ。
今夜は焼きラーメンにしようと思って、そこにトッピングの紅生姜が無かったらどうにも寂しいので、それを買いに。
もうすぐ引っ越しなので、残さず使い切れる様、なるべく小さなパックにしようと思いながら。

で、紅生姜のあるコーナーに行き、値段を見たら105円。
流石にたったこれだけでレジを通るのも格好悪いので、何か他の商品も買っておこうと、周囲を見渡します。
しかし何しろ、僕は近く、引っ越しを控えた身。この場面、何を買ったら良いのか、真剣に考えました。

 明日から、飲み会だの出張だのが立て続けに入っている事を考えると、傷みやすい『野菜類』は控えておいた方が良いだろう。
 同様に、今冷凍してあるものを使い切るまでは、『肉類』の補充もしない方が得策。
 引っ越しの荷物を増やす訳には行かないから、缶詰や煮干などの『保存食』は、引っ越しまで買う事は出来ない。


そうして暫し考え、ふと閃いたのが、『パスタ』を買っておくという事。
いえ、実はこれに関してだけは、引っ越し前に備蓄しておこうと思っていたのですよ。
これだって荷物になる事は確かですが、引っ越し先の物価が異常に高いと聞いていた事もあり、買い置きしておこうと思っていたのです。

特売のときにはいつも1㎏178円で売られているそのパスタですが、今日はチラシも無かったため、恐らく売値は198~228円くらい。
多少割高になるものの、まあ1袋くらいはその価格で買っておいても良いだろうと、自分に言い訳。
そして辿り着いたパスタコーナー、いつものパスタを観て、思わず悲鳴を上げそうになりました。


1㎏398円に値上げしてるーっ!!!(大慌)


つい2ヶ月前に178円で売られていたパスタが、いきなり398円・・・つまり、これまでの倍以上ともなる価格高騰!(汗)
幾ら何でも、これは何かの間違いだろうと値札を凝視しますが、そこには確かに『398円』と書かれた札が。
仕方無く、隣の安いパスタに目を向けますが、それだって値段は298円。こんな高価な品々、僕に手が届く筈がありません!(泣)

小麦だの石油だのの価格高騰の煽りを受け、カップ麺などが値上げしたニュースは知っていました。
なので、いずれパスタが値上がりするだろう事は覚悟していましたが、まさかこんなにも極端な値上げをするなんて想像もしていませんでした。
これが『今日あのスーパーが高かっただけ』なのか、『これから恒久的にこの価格が続く』のかは解りません。が、もしも後者だった場合には・・・(焦)。

以前はほぼ、毎日の様に食べていたパスタ。
最近は時間の都合もあり、平日はうどんやラーメンばかり食べていますが、それでも僕にとって『主食』に等しい存在なのは変わりありません。
そんなパスタが、いきなりこんなにも高級品になってしまい、今後の僕の食生活は一体どうなってしまうのか(汗)。

ってか、どうしてパスタばかりが、こんなに急激に値上がりするのですか?!
原料である『小麦粉』の値段はさほど変わっていないのに、何故パスタだけがこんな値段になっ・・・



あ、小麦粉を買って来て、自分で打てば良いのか♪(←え?)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
# by crystalgem | 2008-03-11 23:30

貧乏人の胃袋

先日やったネットの引っ越し料金比較で、本日、とある会社からメールが入っていました。

 crystalgem様
 お世話になっております。○×引越センターでございます。
 この度は、引越比較.comよりお見積り依頼を頂きまして、誠に有難うございます。
 ご依頼内容から、概算ではございますが、下記の通り、お見積もりをさせてただきます。
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ◇ 概算見積もり金額 ◇
     150,000~180,000 円
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


ネットで自分で計算したもの(20万円くらい)よりは安いものの、それでも15万円という価格提示。
この金額の妥当性は不明としても、僕が契約した引っ越し屋さんの『10万円弱』という値段は、やっぱりかなりの格安だった様ですね♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この前、出張で泊まったホテルでの話なのですけどね?

って、こう毎日更新していると、『お前いつ出張に行ってるんだ?!』なんてツッコミが聞こえて来そうですね(笑)。
実は記事には書いていないのですが、仕事の都合により、たま~にホテルから更新している事もあるのですよ。
小さなモバイルいじりながら、酒を片手に、狭い机でチマチマと(笑)。

それはともかく、そのホテルでの話です。

そのホテルはちょっとした食事がサービスになっていて、夜はカレーライス、朝はおむすびが無料なのですよ。
僕は夜は酒とつまみしか摂りませんので、カレーは食べませんが、朝食のおむすびにはいつもお世話になっています。
で、先日の朝食は、4~5種類くらいのおむすびと豚汁。それに付け合わせの、ちょっとした漬け物でした。
d0044012_2384097.jpg
←ちなみにその日の画像。
 この隣に、豚汁だのお茶だのコーヒーだのがセッティングされています。
とりあえず皿に3つのおむすびを載せ、漬け物を少々装います。そしてお椀に豚汁をつぎ、お茶を用意したら、席に着きました。
そのときは結構混み合っていて、仕方無く、知らない人との相席。
何となく気まずいので、携帯を右手で操作しながら、左手でおむすびを食べていました。

鮭のおむすび美味しい♪ 漬け物も美味しい♪ 豚汁最高♪

顔には出さないものの、こんなに美味しいおむすびが無料で食べられる事に感謝しながら、あっという間に3つのおむすびを完食。
朝食としては充分な量でしたが、ふと観ると、まだ豚汁がたっぷりと残っています。
豚汁だけ食べるのも何となく寂しいし・・・なので、たった今3つのおむすびを平らげたばかりだというのに、おかわりをする事にしました。

先程食べたのとは、違う種類のおむすびを皿の上へ。そして、美味しかった鮭のおむすびも皿の上へ。何となく勢いで、隣のおむすびも皿の上へ。
結果、皿の上には3つのおむすび。
本当に食べられるか不安はありましたが、まあ大丈夫だろうと、席へ戻りました。

右手で携帯をいじりながら、左手に箸を持ち、おむすびをパクパク。
鮭のおむすび美味しい♪ 食べながら、豚汁が無くなったので、おかわりをしに席を立ちます。そして戻ったら、再びおむすびをパクパク。
気がつけば、先程の3つと合わせ、合計6個のおむすびを完食していました。

今日は良く食べたな~(驚)。
そんな事を考えながら、ふと思ってしまった、こんな事。

良く考えてみたら、僕って、一体どれくらい食べられる人なのだろう?

テレビで観る、ギャル曽根やジャイアント白田などの、所謂『大食い』の人。
どんな胃袋をしているのか解りませんが、彼らが一度に食べる量は、我々人類とは遙かに次元が違います。
勿論、僕は人間ですので、あんなには食べられないでしょうけどね?・・・って、あんな化け物と比較する事自体、間違っていますが。(←軽く失礼です:汗)

が、実際自分がどれだけ食べられるのかは、全くの未知数。
何となく『無理すれば二人前くらいなら行けるかな?』とは思いましたが、何しろ試した事がありませんので、自分でも解らなかったのですよ。
そしてすぐ後ろには、ホテルがサービスで用意した、大量のおむすび。それを何個食べようが、それは客の自由。

どれだけ食べようが自由。
つまり、食べ放題。
食べ放題。


大食い、試してみる?(笑)


思い立ったら即行動、徐に席を立つと、新たに3つのおむすびを皿の上へ。
席に戻ると、先程と同様に、携帯をいじりながらそれをパクパクと食べます。
そうして、たった今6個のおむすびを食べたばかりだというのに、それもあっという間に完食。とっても美味しかったです、ごちそうさま♪

3つ食べて3つ食べて、今更に3つ食べたから、合計で9個。
流石にお腹は一杯でしたが、今の自分の体調は万全、まだ数個のおむすびを食べられそうな感じ。
なので立ち上がり、再びおむすびのおかわり。何度も立ち上がるのも面倒だし、一気に5個くらい取ろうかと思った、そのときです。

奥の方から、じっと僕の動向を窺う、賄いさんの姿が・・・。

どうやら僕、かなり目立っていた様です(汗)。
ってまあ、そりゃそうですよね? 幾らサービスとはいえ、3回もおかわりする客なんて滅多にいないでしょうから。
で、何となく気まずくなって、追加したおむすびは2つだけ。それを平らげ、結局食べたのは、全部で11個でした。

そうして11個のおむすびを完食し、自分の胃袋の調子を考えます。
具合から言えば、まだかなりの余裕あり。恐らくあと5~6個程度ならば、軽く行けそうな感じでした。
もしもあのおばさんがこちらを観ていなければ、限界までチャレンジ出来たのにと、ちょっと残念な気持ちになりましたよ(悲)。

でもまあ、さほど無理せずとも、おむすび10個くらいならば軽く食べられる事が解りました。
この程度で大食いとはとても呼べませんが、自分が思っていたよりも、僕の胃のキャパシティは大きかった様です。
それが知れたのは、ちょっとした収穫でしたね(笑)。

食事を終え、食後のコーヒーを飲んだら、部屋へと戻ります。
そしてスーツに着替え、電車の時刻を確認。
この時間ならば、昼食は電車の中だな・・・そんな事を考えながら、ホテルを出て、駅へと向かいました。

---

初めてその異変に気づいたのは、正午近くになってからの事でした。

いつもであれば、昼近くになれば腹が減るのに、今日に限っては一向にその気配が無い。
これはやはり、朝に馬鹿喰いしたのが原因なのでしょうか?(←そうだろうね)
ともかく、腹が減らないのではしょうがありません。今日の昼食は抜きにしようと、そのまま車窓を眺めていました。

そして夜になり、晩酌の準備。
しかし腹の具合はと言えば、実は全く減っていませんでした。
昼食も抜いたし、途中で一切の間食をしていないのにもかかわらず、今も腹の中には確実に『朝食のおむすび』が居座り続けていたのです。

と、そこでようやく気づきました。
自分でも『食の細い方』だと思っていたこの僕が、おむすび11個を軽く平らげられた、その理由に。。。

ええ、これは僕に『大食いの素質』があった訳ではありません。
その証拠に、普段はそれほど食べられませんからね? いつもの朝食だってせいぜいおむすび1個程度だし、昼食など下手をすれば抜く事もありますから。
そんな僕があの日、あんなにも大量のおむすびを食べられた理由、それは・・・。


あのおむすびが、『無料』だったからですよ!(汗)


『食べられた』というよりも、『食いだめ』をしていた、というのが正解でしょう。
ええ、喰えるときに喰っておけという、幼少の頃より鍛えられた『体質』がそれをさせたのです。
本当はそんなに食べられないのに、『無料』という意識が、僕の胃袋のリミッターを外した・・・そういう事だったのですよ。



げに恐ろしきは貧乏人体質・・・今度から、無料のものを食べるときには、体を壊さない様に気をつけたいと思います(汗)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
# by crystalgem | 2008-03-10 23:24

100円ショップの店員さん

今日も無事ゲット♪
d0044012_21304744.jpg
でもこの特売玉子が買えるのも、あと1回だけです。
ええ、23日の日曜日には全ての荷物を梱包するつもりですので、それ以降はコンビニ弁当になりますので。
まさか引っ越し先まで、生玉子を持って行く訳にも行きませんからね?(笑)

何だか、ちょっぴり寂しい気分です。(←転勤先が相当な田舎で、物価もかなり高いので、軽く落ち込んでいる男:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


という訳で、現在、『引っ越し荷物の梱包』の真っ最中な訳です。
あんまりやる気が無いので、一日に2~3箱ずつのペースですが、それでも着実に進んでおります。
で、そんな荷物梱包作業の最中、ふと『リモコンラップ』がボロボロになっている事に気付いたのですよ。

って、皆さんはリモコンラップというもの、ご存じでしょうかね?

簡単に説明すると、それは100円ショップなどに売られている、テレビのリモコンなどを防護するビニールの事です。
袋状になったビニール袋の中にリモコンを入れ、ドライヤーで加熱する。するとビニールが縮み、きっちりとラッピングされるという商品なのですよ。
ってまあ、百聞は一見に如かず、観て頂いた方が手っ取り早いですね。
d0044012_2131579.jpg
←今日買って来たラップで、綺麗にラッピングしたリモコン。
 奥のリモコンは解りづらいですが、手前の方ははっきり見えますね。
リモコンのボタンの文字などは、使っているうちに指で擦れ、消えてしまうもの。
しかしこうしてコーティングしておけば、文字が消える事は無く、埃からも守る事が出来るのです。
この商品、安くて結構便利ですので、割とお勧めです♪

で、この商品を買いに、近所の100円ショップに行ったときの事です。
そこはこの街でも一番大きな100円ショップで、広い店内に星の数ほどの商品が溢れているため、どれだけ探してもリモコンラップが見付かりません。
仕方無く周囲を見渡し、ようやく見付けた店員さん。声を掛け、リモコンラップのある場所を尋ねました。

 僕  「すみません、リモコンラップを探しているんですが・・・」
 店員 「リモコンラッ? ああ、それならばこちらです♪」

とっても親切な店員さん、僕の前を歩き、その商品のある場所へ誘導します。
そして辿り着いたのは、その店のずっと奥の方にあった、プラスティック製の小物類が置かれたコーナー。
店員さん、そこにあった『小物入れ』の様なものを指差し、にっこりと笑って。

 店員 「こちらです♪」
 僕  「・・・はい?(悩)」

どうやらそれは、リモコンなどを立てておく、ペン立ての様な商品。
何故この店員さんは、これを『リモコンラップ』として案内したのかを考え、すぐに気付きました。

 僕  「あの、僕が欲しいのはリモコンラックじゃ無くて、リモコンラップです。あの、ビニールで出来た奴!」
 店員 「は・・・えーと、ラップでしたら台所コーナーに」
 僕  「いえ、サランラップじゃ無く、リモコンラップですって!(汗)」

僕の言葉に、首を傾げる店員さん。
そんな店員さんに向かい、僕は自分の欲しいものを知って貰う為、必死にその商品がどんなものかを説明しました。

 僕  「リモコンラップとは、ビニールの袋状になった商品で、リモコンを入れてドライヤーで熱するとラッピングされるというものです。
     これにより、文字が掠れて消えるのを防ぐとともに、リモコン本体を埃から守る事が出来るんですよ」

そんな僕の言葉に、しきりに頷く店員さん。
きっとこの説明で解って貰えただろう、そう確信しました。・・・が。

 店員 「へえー、成る程、便利な商品ですね~。で、それって、どこに売っているんですか?」
 僕  「雑貨屋やホームセンター、100円ショップなどで良く・・・って、この店に置いてあるんですってば!(焦)」

どうにも埒が明かなくなり、店員さん、小走りに他の店員を呼びに行きます。
そうして戻って来ると、今度の店員さんは場所を知っていたらしく、すぐに案内してくれました。
僕はその商品を手に取り、二人の店員さんに、ありがとうとお礼。何だか妙に時間がかかりましたが、とりあえずゲットしました♪

にしても、今になって思いますが・・・。



あの人、あの店の店員に、向いて無いんじゃ・・・(汗)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
# by crystalgem | 2008-03-09 21:42

引っ越し業者が決まりました♪ が・・・

近所のスーパーで、見切り品の菠薐草(ホウレンソウ)が1束何と20円!
狂喜乱舞し、3袋購入したら、電子レンジで下拵え。冷水で色止めし、きっちりビニール袋に入れたら、冷凍庫で保管しました。
これで暫くの間は、菠薐草に困りませんね♪

って、だからこれ以上食糧を備蓄するなって言ってるのにっ!(←もうすぐ引っ越しをする男:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ネットで探した引っ越し業者ですが、どうやら今は繁忙期らしく、返って来るのは『対応出来ません』のメッセージばかり。
で、仕方が無いので、近所の引っ越し屋に電話。見積もりを取って欲しいと言ったら、すぐに来てくれましたよ。
全く、ネットを使って安く上げようなんて思わないで、最初っからこうしていれば良かったですね~(汗)。

そうしてやって来た、引っ越し屋さん。僕に名刺を差し出すなり、早速見積もり作業の開始です。
部屋の中に散乱したダンボールを掻き分けながら、何やらメモを取るその男性。冷蔵庫や洗濯機、オーブンレンジなどを眺めながら、時折首を傾げます。
そして一言。

 男性 「あの、これだけですか?」

 え、少ないですか? 独身にしては、随分と荷物の多い方だと思っていましたが・・・。
 ここにあるものの他には、玄関の前にあった折り畳み自転車と、倉庫にポリタンクや釣り竿なんかが入っています。
 それと、RVのタイヤが1組ありますけど。。。

 男性 「そうですか、解りました。で、こちらの衣服類の梱包などは、弊社のサービスを利用されますか?」

 いえ、梱包は全て自分でやります。とりあえず、部屋から部屋まで荷物を運んで貰えれば、それで結構です。
 (ってかこの散乱したダンボールを観て、梱包作業を頼むと思いますかね、普通?:悩)

 男性 「ではこれから一旦会社に戻りまして、見積もりが出ましたら、ご連絡を差し上げたいと思います」

 はい、宜しくお願いします。
 他の会社と比較検討し、もっとも安かった場合には、御社にお願いする事にしますので。

そうして見積もり査定は、ほんの5分で終了。
とりあえず、値段が出るのを待つ事にしました。

今回の引っ越し代は、先日やったネット査定(自分でやる奴)で、およそ20万円程度と解っています。
なので、それよりも安ければ即決、高ければ他の引っ越し業者に再度見積もりをお願いしようと思っていました。
もちろん安いのが一番ですが、僅か数千円削るために何度も見積もりを取るなんて、面倒ですからね? ええ、ネット査定よりも安ければ、それで満足です♪

その後、ちょっとした用事があり、車で外出。
ハンドルを握っている最中に、携帯に着信がありました。
電話に出てみると、それは先程の引っ越し屋さん。どうやら、見積もり査定が出た様です。

 男性 「えー、まずは2tトラックの運搬費が○○万円、そして荷物運搬の人件費が・・・」

 あっ、すいません。今、車ですので、手短にお願い出来ませんか?
 内訳は結構ですので、総額で言ってください。

 男性 「あ、はい。えーと、税込みでですね、97,750円です」

 ???
 あの、総額でお願いした筈ですが・・・部屋から部屋までの運搬で、手伝いはナシですよ? 僕も腰が悪いので、手伝えませんし。

 男性 「はい、コミコミでこの値段です」

 えーと、コミコミでこの値段ですか。部屋から部屋まで運んでくれて、手伝いは一切無しで。
 うん。


 宜しくお願いしますっ!(笑)


 男性 「あ、それと、新居の住所をまだ聞いていなかったのですが・・・」

 すみません、今は移動中ですので、後日連絡するという事で宜しいですか?
 来週の月曜か火曜あたり、改めて連絡させて貰いますので。

---

って事で、ようやく引っ越し業者が決定しました~♪
先日やったネット査定(by.アー○引っ越しセンター)では、本当に20万円くらいの値段が出て来たのに、どうしていきなり半額になってしまったのでしょうね?
解りませんが、異動手当が15万円くらい貰える予定ですので、儲かっちゃいましたよ(笑)。

こうして引っ越し屋も決まり、引っ越しの日も決まって、あとは荷物の梱包と各種手続を済ませるだけ。
仕事の残務処理もまだ残ってはいますが、それも何とか片付ける目途は立っています。ええ、来週何度か徹夜すれば、たぶん。(←実は自信が無い:笑)
さて、あとの問題は。。。



新しく住む家を、早く見付ける事ですね。(←いや、順番逆だろっ?!:焦)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
# by crystalgem | 2008-03-08 21:46

寝るんじゃねえ!(怒)

格安の引っ越し屋を探すべく、ネットで『引っ越し屋検索サイト』に登録したのですよ。千円でも安くなれば良いな~、そう思って。
そうして今帰宅してみたら、今日は何と、迷惑メールが16件!(驚)
昨日までは、来てもせいぜい一日1~2件だったのに。。。

で、未だに引っ越し屋は見付かっていない訳ですが。(←つまり、踏んだり蹴ったりって事ね:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は久しぶりに、とある講習会に出席いたしました。

と言っても、自ら出席を望んだものでは無く、ぶっちゃけ『サクラ』です。
主催者はお得意様だし、会場が閑散としているのはマズイから、お前行っとけ・・・みたいな。
で、仕方なく行って来ましたよ。部下を連れて。この糞忙しいのに(泣)。

で、こんな気持ちで出席した講習会ですので、聴く気なんざ欠片もありません。
そもそも興味の無い内容でしたし、真面目に聴いていたところで、何かの役に立つとも思えませんでしたから。
なので、席に着くなり爆睡するつもりでした。それが『一番有効な時間の使い方』だと思いましたし、『サクラ』に起きている義理などありませんから。

が、実際その講習会に出席してみたら、恐ろしいまでに人がいない!(焦)

席だけは整然と並んでいるものの、肝心のお客(傍聴者)が、まばらにしか座っていないのですよ。
しかも大して広い会場でもありませんから、講演席から会場の様子は丸わかり。
この状況で眠ってしまえば、『あの野郎寝てやがる!』と、講師の怒りを買ってしまう事は『火を見るよりも明らか』な状況だったのです(泣)。

・・・こりゃあ、起きているしか無いな(汗)。

この講習会を睡眠時間に充てようと思っていた僕、しかしこの閑散とした状況を観て、すっかり諦めました。
何しろ今日はお客が少なすぎる、この中で眠ってしまったなら、幾ら何でも目立ちすぎですからね?
それに何より、せっかく講演をしてくれている人に失礼ですし・・・なので、ここは眠気をぐっと我慢し、起きていようと決心しました。

そうして始まった講習会。
正直最初は、眠気を抑えきれるかが心配だったのですが、その話が思いの外面白い!(驚)
思わず夢中になって、話に聞き入ってしまいましたよ(笑)。

まあこれを聴いたからといって、僕の仕事が効率的になる訳でも無く、何かがプラスになる訳でも無いのですけどね?
が、少なくとも『飽きて眠ってしまう様な内容』ではありませんでした。
ええ、僕の仕事と直接関係が無い内容だったせいか、逆に興味深く聴く事が出来たのです♪

せっかく面白い講習会なのに、こんなにお客が少ないなんて、何だか勿体ないな~。

そんな事を考えながら、薄暗い客席(スクリーン投影があったので、照度を落としていた)を見渡します。
するとどうやら、皆も僕と同様に、この講習を面白く感じている様子。ええ、眠る者など一人もおらず、皆しっかりと講師に視線を送っていたのですよ。
やはり喋る人間が上手だと、人の興味を惹き付ける事が出来るのだな~♪・・・心の中で、そう呟きました。

と、視線を前に戻した、そのときです。
そこに、椅子に座ったままこっくりこっくりと頭を揺らす、ハゲオヤジの姿を発見!
それを観た瞬間、思わず僕は心の中で、


てめえが寝てんじゃねえっ!!!(激怒)


ただでさえ閑散としているこの講習会、その中で一人、のうのうと居眠りを続ける男。
せっかく面白い内容なのに、講師の気持ちなどまるで考えず、幸せそうに夢の中。
本当、思わずそのハゲオヤジの裏に回り、後ろから思い切りバットで殴ってやりたくなりましたよ!(怒)

もしもこれが他の人物だったなら、僕も文句は言わなかったでしょう。
まあ傍目で気分は悪いものの、講習を聴こうが眠ろうが、それは客の自由だと思いますから。
が、あの男が眠るのだけは黙っていられない・・・ええ、人を馬鹿にするのも、程がありますからね!(怒)



ったく、この講習会の『司会者』が寝てどうするんだよっ!(怒)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
# by crystalgem | 2008-03-07 23:32