<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

街角の歯車

『AKB48イベント中止!独禁法違反の恐れ (スポーツ報知)』
 http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/n_akb48__20080229_6/story/20080229hochi097/
 アイドルユニット「AKB48」の新曲「桜の花びらたち2008」の特典ポスター44枚全てを揃えると参加できるイベントの中止が28日、緊急発表された。
  - 中 略 -
 参加するには最低でも同じCDを44枚買わなくてはならず、ファンの間でも「悪徳商法」と批判の声が上がっていた。


特典のポスター44種類は自分では選べず、全てランダム。
ストレートに全種類集まる筈なんてありませんから、コンプリートするには、最低でもその倍以上のCDを買わなければならないでしょう。
仮にCD1枚1,000円だったとして、ポスター集めに100枚買ったとすれば、合計金額は10万円。確かに、無理をすれば出せない額では無いでしょうが・・・。

AKB48にとって、ファンとは所詮、『金蔓』でしか無かった様です。(←ある意味、目的がはっきりしていて良いかもね?:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


変わった光景を目にしました。

今日の移動中、交差点の右折待ちに引っかかったときの事。
対向車を待つ間、何とは無しに視線を左に向けると、そこに一人の女性を見付けたのですよ。
最初は女子高生かと思いましたが、その両手には、大きなレジ袋が二つ。女子高生がそんな買い物をする筈も無いし、きっと主婦なのでしょうね。若妻。

で、どうして僕がその女性を、こんなにも気にしていたのか。
それは彼女が知り合いだったからでも、好みのタイプだった訳でもありません。どうにもこう、その光景が、奇妙だったからです。
というのもその女性・・・。

- 姿が、ダブって見えたのですよ。

・・・って、別に心霊現象ではありませんよ?
最初は目の錯覚かと思いましたが、良く見てみたら、すぐ背後にもう一人の女性の姿がありましたから(笑)。
ええ、ただ単純に、二人の女性が重なって見えていただけ。ただ、それだけです。

でも、それに気づくまでの一瞬は、


え、背後霊?!(汗)


とか思いましたけどね?(笑)
何しろその二人、本当にぴったりと重なり合って、真正面から見たら一人にしか見えないくらいでしたから。
背格好もほぼ一緒でしたし、服装の色合いも良く似ていましたし。何しろその距離が、あり得ないくらいに近かったですから。

今こうして考えてみたら、顔も良く似ていた気がするし・・・ひょっとしてあの二人、親子だったのかな?
もしもそうだとすると、彼女は若妻では無く、それなりの年齢の方だったのかもしれませんね。
とっても若く見えるけれど、実は40代とか。

で、そんな光景を眺めながら、『どうしてあの女の子は、彼女の背後にぴったりとくっついているのだろう?』と考えていました。
何しろ後ろの女の子、前の女性の背中から、僅か5㎝くらいの位置に立っていましたからね?
周囲から見たら、本当にべったりくっついて見えるくらい。前の女性の後頭部を眺めながら、にこにこと笑っているのが、本当に奇妙だったのです。

前の女性と微妙に違う服を着ているから、僕の目の錯覚では無い。
ではあの娘は、どうして前の女性に、重なる様にくっついているのか?

『あの二人は友人同士で、ああしてじゃれ合っている』

良く解りませんが、そんな遊びなのかもしれませんね。
あの体勢から徐に両手を交互に広げて、『千手観音』という芸を繰り出すのかもしれません。ドライバーに向かって。何が楽しいのかは解らないけど。
で、もしも遊びで無いとすれば、

『後ろの女の子は、前の女性を風除けに使っている』

今の寒い季節ならば、それもあり得るかもしれません。
F-1でいう、スリップストリームみたいな感じ。ダイレクトに寒風を浴びないための、『風防』に使っている、ということです。
しかし今日は本当に天気が良くて、風なんて全く吹いていなかったのですよ。実際かなり温かかったですし、風除けなんて必要は無かったでしょう。

とすれば、やっぱり遊んでいたのか?(悩)

まあ、どうせ考えても解りませんので、遊んでいたという事にしましょうか。
こんな事で頭を使うだけ、時間の無駄ですから。
あの二人は、きっとああして遊んでいた。端から見て、何が楽しいのかはさっぱり理解出来ないけれど、きっと二人には楽しい遊びだったのです。

それにしてもあの二人、本当に良く似ていたな~。
ひょっとしたら双子なのか、それとも背格好の良く似た、親子だったのか。
それとも・・・。



まさか、ドッペルゲンガー?!(←芥川龍之介じゃあるまいし:汗)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-02-29 23:59

ひっこシンドローム

ソフトバンク、auに続き、遂にドコモが『家族間通話無料サービス』の開始を発表しました。
無料になる範囲は、三親等までの親族。つまりこれ、上は曾祖父から、果ては『甥っ子姪っ子』まで無料という事です。
うん、こうして考えると、なかなか凄いサービスですね。家族の多い人にとっては、本当に♪

ってまあ、僕にはこの手のサービス、ただの1㎜もメリットはありませんけどね?(←天涯孤独の身だからね~:涙)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


という事で、引っ越しする事になった訳です。(←いや、その書き始め、唐突過ぎる:汗)

昨日の記事を読んでいない人もいるかもしれませんので、念のために書いておきますが、理由は『転勤』です。
何かやってアパートを追い出されるとか、借金で『夜逃げ』しようとしている訳ではありませんので、どうかそこは誤解の無き様に。
どれだけ貧しくとも、『借金だけは二度としない!』というのが、今の僕の中での『絶対の誓い』ですので。

ええ、それが僕のポリシーです。
借金は絶対にしない、人から物を借りない、というのが。

というのも昔、初めてのマイカーを購入する際に、借金をした事があるのですよ。確か、150万円くらいだったかな?
返済計画もしっかりと立てて、その金を借りた事には、何の問題もありませんでした。
計画通り払って行けば、3年くらいで借金はきっちり無くなる筈。その筈だったのですが、あろう事か僕は・・・。

って、このままだと『借金』の話題になってしまいそうですので、話を元に戻しましょう(汗)。

とにかく、引っ越しします。まだちょっと先の話ですが、来月の末くらいに。
PCの梱包はたぶん、第3日曜日の、3月23日頃になると思います。引っ越しギリギリまで使っていて、当日に焦るのも嫌ですから、ちょっと余裕を持って。
他の荷物は、今週末あたりから少しずつ箱詰めして行くつもりです。夏服や文庫本の様な、前もって箱詰めしても、別に困らない様なものから。

で、荷物の梱包はともかく、引っ越しまでにやっておかなければならない事は・・・。

・今のアパートの退去手続き(電話一本)
・次の勤務地に新しいアパートの確保(保証人の関係が面倒:汗)
・引っ越し屋の手配(今の時期、急がないとヤバイ:汗)
・電気、ガス、水道の停止手続き(まあ、淡々と)
・郵便物の転送手続き(郵便局で、葉書一枚♪)
・市役所に転出届の提出(転居先が決まれば簡単)
・au、NTT、プロバイダの住所変更手続き(これ、地味に面倒だったりする:汗)
・銀行、JCB、赤十字等の登録内容変更(ぶっちゃけ、やらなきゃやらないでもOK:笑)

その他にも、『冷蔵庫のものを処分する』という、僕にとって『最も重要なミッション』も残っています。
冷凍してある肉や魚は早めに食べ切り、調味料もなるべく使い切る・・・食べ物を極力無駄にしない様に、計画的に使って行かなければならないのです。
その際、ちょっと困るのがチーズとバター。一度に大量消費出来ない上に、『要冷蔵』ですので、引っ越し先に持って行く事が出来ませんので(汗)。

とりあえず今は、生麺を全て食べ切る事、それと同時に『冷凍してある食材』の一斉処分。
その後の買い物は、引っ越しまでに食べ切れる分だけの購入とし、出来るだけ『要冷蔵の調味料(焼肉のたれとか)』を消化する事。
引っ越しの日が近づいて来たら、食料の購入はやめ、弁当類で済ませるのがベスト。食器類を梱包する為、3日前には料理をやめた方が良いのですよ。

で、そんな事を考えていたら、段々と気持ちが悪くなって来ました。
もう、本当に気分が落ち込んで、軽い鬱状態ですよ(汗)。
別に次の勤務先が嫌な訳では無く、今いる勤務地に残りたい訳でも無く、単純に引っ越しが面倒なだけ。もう、面倒で面倒で仕方が無いのです!(泣)

転勤による引っ越し。
これまでも何度も経験しているのに、幾ら回数を重ねても、全く慣れないのですよね~(汗)。
向こうに移ってしまえばそれまでなのですが、そこに至るまでのプロセスが、本当に辛いのですよ。ええ、鬱になるのです(涙)。

どこかに、『各種手続きから荷物の梱包、引っ越し先でのストーブのセッティングまで全部やってくれる引っ越しサービス』って、無いですかね?
カタログから新しいアパートを選ぶだけで、後は本人が移動するだけでおしまい、みたいなプランが。
もしもあったら、5万円くらいなら払うのですけどね~、通常の引っ越し代にプラスして。。。

・・・ってまあ、愚痴ばっかり並べても仕方がありませんよね?
まずは新しいアパートを探して、引っ越し屋の確保をしましょう!(笑)
ええ、『住む場所』と『引っ越し日』さえ決まってしまえば、一気に気持ちが軽くなりますから♪

僕の新しい赴任先。
今まで経験した事が無いくらいの『超ド田舎』だけれど、どんな場所でも住めば都、きっと良い部分も見つかる筈です。
願わくば、食料が美味しくて安い事。玉子1パック88円の特売を、毎週日曜日にやってくれるとか、そんな街が理想ですね(笑)。

新しく住む街、そこが僕にとってどんな場所になるのか・・・解りませんが、何か素敵な事が待っている、そう信じる事にしましょう♪

えーと、あと残っている事といえば・・・残務処理と、今の仕事の引継ですか。
まあこれは、さほど心配する必要もありませんよね? そんなに深く考えなくたって、ちゃんと『何とかなる』ものですから(笑)。
ええ、大丈夫ですよ? 僕の今までの経験上、ちゃんとやりますから。



僕の後任が♪(←お前、全部押しつけてトンズラする気だろっ!:焦)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-02-28 23:27

更新1000回達成記念♪ ~ブログ閉鎖のお知らせ~

昼休み、近所のスーパーに買い物に行ったのですよ。
もやしと半額の豆腐をかごに入れたのですが、これといって他に安いものも見つからず、仕方が無いので『トマト缶詰』を購入する事にしました。
ええ、どうせトマト缶ならばいずれ使いますし、備蓄しておいても何ら問題が無いと思いましたので。

そうしてレジで精算を済ませながら、そこでふと、我に返りました。

今このタイミングで、これ以上食糧の備蓄増やしてどうするんだ、僕?!(←今日の本題を読まなきゃ、意味不明だぞ、それ?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨日のmoreにも書いた通り、本日このブログは、遂に・・・。

遂に・・・。

その更新記事数・・・。


1000回達成ですっ!!!(笑)


思えばこのブログ開設から三年、最初は不定期にするつもりだったのが、ついエスカレートしての日々更新。
この一年などはただの一日たりとも休む事は無く、盆正月もきっちり更新を行い、『何か書く』のが当然の日常でした。
そして気付けば、定期的に代打日記のある『ろじっくぱらだいす。』よりも更新頻度高くね?! なモードにまで突入しつつあります。

そんな僕が、こんな駄目駄目野郎な偽善者の僕が、こんなにも長く更新を続けて来られた理由。
それはひとえに、『アクセスしてくださる皆様』をおいて他にございませんっ!(笑)
皆様の1クリックがあったからこそ、僕は続けて来られた・・・決して人気ブログでは無かったけれど、その1クリックがあったからこそ、僕は楽しかったのです。

ここで、改めて言わせて下さい。


ありがとう。


皆様がいてくれたから、続けられた。
毎日が楽しかった。誰かが僕の戯言を読んでくれる、それがとてつもなく・・・嬉しかった(涙)。

が、そんなこの馬鹿ブログですが・・・。

楽しい事は、いつまでも続かない。どんなものにも、終わりはあるものです。
そして終わりとは、始めた人間が決めるもの。
そして僕は決めたのです。このブログを・・・。

・・・終わらせる事を。

本日、このブログは1000回を迎えました。
実に3年、長い様でいてあっという間の、本当に楽しい期間でした。
1000回というこのキリの良い数字で終わらせる事が出来るのは、きっと良い事なのでしょう。・・・が、実は正直、僕にも驚きの終焉です(汗)。

いえ、実は僕も、もうちょっと続くと思っていたのですよ。
一応まだ三十代ですし、四十路に突入するまでは続けようと思っていましたし、まさかこんな事態になるとは欠片も思わず。。。
ええ、この書きっぷりでご理解頂けると思いますが・・・。

本当は、続けるつもりでした(汗)。

が、出来なくなったのですよ。
理由は単純に、仕事上の都合から。

昨日、いきなり上司から言われたのですよ。こんな感じで、とってもポップに。

 上司 「crystalgem、ちょっと来い」
 僕  「はい、何か?」
 上司 「飛べ」
 僕  「・・・はいっ?!(汗)」


転 勤 決 定 !


ぶっちゃけ僕も、寝耳に水の状態でしたので、今も少々パニック気味です(汗)。
これから引っ越しの準備をしつつ、仕事上の引継をこなしつつ、送別会だの何だのに出席して・・・。

で、日々更新が難しくなった今、このブログを終わらせる事しか思い付きませんでした。
だって、せっかくアクセスしてくれた人に、『なんだ今日は更新して無いじゃん!(怒)』みたいな悲しい思いはさせたくありませんからね?
だから今日で終わりです。どうせ明日も更新はするだろうけれど、一応今日を区切りに、このブログを『閉鎖』する事に決めたのです。

あ、明日も更新はしますよ? どうせ引っ越しは来月の末だし、これから何かと忙しくはなるものの、時間を見付けてPCに向かうつもりですから。

しかし残念ながら、日々更新はもう無理だと思うのですよ。
仕事上の引継もありますし、引っ越しの手続きなんかもありますし、荷物を整理したりする時間も必要ですし。
なので、これで一応終わりです。ちゃんと最後のときにお別れを言えるか解りませんので、一応ここで、『暫定的なお別れ』を。

これから僕が向かう先は、今まで僕が経験した事の無いくらいの、超ド田舎。
果たして携帯が繋がるか解らない様な場所ですので、引っ越した先で、ブログの更新が出来るかは不明です。
なので、このPCを梱包したら、とりあえず終わりです。このブログはその瞬間、『とりあえず閉鎖』になります。

・・・ってまあ、実際にどうするのかは、まだ迷っている段階なのですけどね?(汗)

引っ越した先で、このブログを復活させるのか、それとも新しいブログを立ち上げるのか。
いずれにしろ、書くのをやめるつもりは毛頭ありません。
ただ、引っ越した後にちゃんと書ける様になるまで、どれくらいかかるか解りませんので、とりあえず一旦終わりにしておこうと思っただけなのです。

あ、あと、『閉鎖』という言葉に関して。
こんな表現を使いましたが、別にこのブログを非表示にしようとか、抹殺しようなんて事は一切考えておりません。
明日以降も、エキサイトが存在する限り、このブログは残り続けます。ええ、ここまで続けたブログ、自分で消したくなんてありませんから。

ただ単に、『最終回』という言葉を使いたく無かっただけなのですよ。
だってこのブログ、もう既に、二回もその言葉を使っているし・・・(汗)。
なので、閉鎖。単語は違うけれど、『最終回』や『休止』と、その意味合いは全くの一緒です。

で、たぶん来週あたりから、ポツリポツリと更新を休む日が出て来ると思います。
そして3月の下旬に入ったあたりで、PCを梱包。その後は最短で1週間、最長で2~3ヶ月くらいは更新を休む事になるでしょう。
その後『新ブログ』に移行するかこのブログを再使用するかは、今書いた通り、迷っている段階です。

まあ仮に新ブログを立ち上げたとしても、このブログに誘導用のURLは記すつもりですので、その点だけはご心配無く。
皆様に黙って、他のブログを始める様な真似は、もう二度としませんので♪(←前回の移転の際、それをやった前科者:笑)

---

って事で、とりあえずこのブログは、今日で閉鎖です。
どうせ明日も更新するけれど、僕の中での『記録上の日付』として、今日が閉鎖日なのです。

・・・え、どうしてそんなに、今日にこだわるのかって?



丁度1,000回で、キリが良いし♪

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-02-27 23:42

馬鹿だな

インフォシークの『今日は何の日?』より、本日2月26日の出来事。

 1936年 226事件、皇道派将校によるクーデター
 1951年 日本初の血液銀行が大阪に開業
 1964年 試運転中の新幹線に飛び込み自殺第一号

良くも悪くも、『血』に縁の深い日の様です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先週、貯金通帳に記帳出来なかった事もあり、昼休みに郵便局に行こうと思った訳です。
今回は忘れない様に、朝からちゃんとバッグを用意して、その中にしっかりと通帳が入っている事を確認して。

そうして迎えた昼休み。
とにかく時間がありませんので、ハンドルを握りながら、『この昼休みにやっておかなければならない事』を考えていました。
まずは郵便局で通帳に記帳をして、アパートに戻って昼食を摂って、今夜のつまみの焼きラーメンのスープを調合して・・・。

焼きラーメン、今夜は何味にしようかな?
前回やった『オイスターソース味』にするか、定番の『醤油味』にするか、思い切って『ソース味』を開発してしまうか。
でも良く考えてみたら、もっともシンプルな『塩味』を作った事が無い。よし、今夜は塩味にしよう!(笑)

味のベースはいつもの『覇味』で良いとして、そこに塩を加える。
それだけじゃ楽しく無いから、おろしにんにくと、少量のクレイジーソルトで香りを追加。
日本酒と水を1:1にして、旨味を増やす。そうすれば、シンプルな塩味でも、それなりに深い味わいになるだろう♪

そんな事をぼーっと考えていると、すぐ左側に郵便局の姿がっ!
うっかりそのまま通り過ぎそうになり、慌ててブレーキを踏みました。
そして路肩に駐車。少しでも早く終わらせようと、小走りに店内へ向かいました。

その郵便局に1台しか無いCD機の前には、僕よりもちょっと若いくらいの、OLらしき女性の姿。
順番を待ちながら、バッグから通帳を取り出すと、残高(記帳前だけど)を確認します。
そうして、現在の所持金を確認。最近あまり銀行や郵便局に立ち寄っていなかったせいか、随分と心許ない金額しか入っていませんでした。

・・・せっかくだから、少し現金を下ろしておこう。

幾ら下ろそうかな? 考えながら、千円札も少し持っておきたいと思い、3万5千円下ろす事に決めました。
一万円札を3枚、そして千円札を5枚。
CD機から5千円札が出て来る事は無い筈だから、何も考えず、素直に3万5千円と打ち込めば良いでしょう♪

前の女性の作業?が終わり、ようやく回って来た、僕の順番。
『貯金引き出し』のボタンを押したら、通帳を差し込み、続けて暗証番号を打ち込みました。
金額を尋ねられましたので、素直な気持ちで、『3・5・千円』と押します。そして確認ボタンを押すと・・・。


何故か、大量の千円札が!(焦)
d0044012_23165476.jpg
←しかも全部ピン札って・・・(汗)。
千円札5枚、という事ばかりに意識を向けていたせいか、すっかり忘れていたのですよ。
ええ、『3』と『5』の間に、『万』のボタンを押す事を。。。
お陰で手元には、35枚もの千円札。これ、両替屋でもやれって言うのですかね、僕に?(汗)

で、仕方が無いので再度貯金しようとも思ったのですが、僕の後ろには他のお客さんの姿が。
何となく待たせては申し訳無いですし、時間もあまりありませんでしたので、そのまま35枚の千円札をバッグにしまいました。
結果我が家には、今、何の意味も無く大量の千円札が・・・。



普段、ただでさえカードばかりで、現金なんて滅多に使わないのに・・・どうしよう、これ?(汗)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-02-26 23:24

史上最悪の失言

今朝のテレビで知ったのですが、どうやら昨日の嵐って、『春一番』だったみたいですね。
でも、こんな暴風雪を『春一番です』って言われても、何となくピンと来ませんけどね? まだ二月だし、今日も気温は氷点下だし。
あーあ、早く春にならないかな~。

って、北海道の春って、ゴールデンウィーク頃なのですよね~。(←桜の頃がそれくらいだからね)
いっその事、本州に移住したいな~(望)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


caution!(←毎度お馴染み、警告のメッセージです)

本日の記事は、その内容に、かなりの部分で問題があります。
ですので、気分を害されたく無い方は、どうかこの先はご遠慮願いたく申し上げます。<(_ _)>

---

【しょこたん生放送中イージス艦事故で失言 - 日刊スポーツ】
 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080224/tnr0802241555009-n1.htm
 「しょこたん」の愛称で知られる人気タレント、中川翔子(22)が24日、TBS系「サンデー・ジャポン」に出演し、
 イージス艦「あたご」の衝突事故に対するコメントで、行方不明の吉清治夫さん・哲大さん親子の安否がいまだ不明にもかかわらず、
 「絶対に避けられるべきだった事故ですよね。本当に、二人とも絶対に避けられた…死ななくてすんだはずなの…」と発言。
 番組のエンディングと、自身のブログを通じて謝罪した。


別に中川翔子を庇う訳ではありませんが、この失言をしてしまった気持ち、僕には良く解りますね~(しみじみ)。
何しろこれ、恐らく国民のほぼ全員が、同じ事を思っていた筈ですからね?
が、ご家族の気持ちを察して、あえて口にしない様にしていただけなのですから。

正直を言えば、僕が今までこの話題を殆ど書かなかったのも、これがあったからです。
ええ、『同じ失敗をするのが怖かった』からなのですよ(汗)。

思えば、北海道の『豊浜トンネル崩落事故』のときにも、どこかのアナウンサーが『ご遺族』という言葉を使った失言がありました。
まだ捜索中だったのにもかかわらず、つい、うっかり。
僕はあのときにも、あのアナウンサーを責める気にはなれませんでした。ええ、僕の心にも、やはり同様の思いがありましたからね(汗)。

そして失言と言えば、つい最近まで話題になっていた、倖田來未の『35歳を過ぎると羊水が腐る』という問題発言。
実は僕、この失言に関しても、それほど悪い事だとは思っていなかったのですよ。
何しろ彼女だって、冗談で言ったのでしょうし、そもそも本気で『腐る』と思っていた訳では無かったでしょうから。

いえ、もちろんこれは『言っていい事』ではありませんよ?
この言葉に傷ついた人だっているでしょうし、三十路を過ぎて子供を持てない女性にとって、この発言は腹立たしい限りだったでしょうから。
ええ、これは明らかに失言です。

でも、彼女に悪気は無かった。単に誰か(マネージャ?)に向けて、『早く子供を産んでね♪』というエールを贈っただけのつもりだったのです。
確かにちょっと度が過ぎた表現だったかもしれないけれど、リスナーを笑わせてやるため、彼女なりに考えたジョークだったのです。
なのに、こんなにも悪く取られてしまった。悪気なんて一切無かったのに、まるで国民全員から、犯罪者の様に扱われる様になってしまったのです。

こんな事態に陥った、その原因。元凶は・・・。


最悪なのは、倖田來未では無く、マスコミです!(怒)


 そもそも今回の、この倖田來未のラジオ番組を実際に聴いていた人って、日本中に何人いますか?
 その中で、この発言に傷ついたり、腹を立てた人が何人いますか?
 腹を立てた人々の中で、翌日になっても怒りが収まらなかったという人が、何人いますか?

マスコミが騒ぎ立てなければ、恐らく日本国民の殆どが、この失言を知らなかった筈です。
なのに、『今たまたま他にニュースが無い』というだけの理由で、面白可笑しく書き立てたマスコミ。
知る必要の無かった人々に言いふらし、傷つく必要の無かった人々を傷つけた、諸悪の根源・・・それは、マスコミなのです!(怒)

勿論、倖田來未に罪が無いとは言いませんよ?
彼女は言ってはいけない事を言ったのだし、謝罪して然るべき事をしてしまった、それは間違いの無い事実ですから。
しかしこれは本来、その場で終わらせるべき事。『失言してごめんなさい』とラジオを通じて謝る、それで充分だった筈なのです。

なのに、マスコミはそれを見逃さなかった。
これを『面白い話』と捉え、少しでも話題を大きくすべく、少しでも皆の怒りを煽るべく『偏った放送』をした。
それにより傷つく人がいる事など考えず、むしろ視聴率を上げる事、部数を伸ばす事のみを優先させた。


わざと問題を大きくし、皆にバッシングを促す、その行為こそが罪悪!


一番悪いのは、ネタ欲しさに一人の芸能人を『生け贄』にしたマスコミ・・・僕は、本気でそう思っています。

---

今日そんな事を考えながら、ふと、思い出してしまいました。
それは昔、僕が発してしまった、常識では考えられないほどに最悪な『失言』の事。

これは今から15年以上も前、僕がまだ二十代前半だった頃の、倖田來未など足元にも及ばないほどの『失言』の話です。

---

職場の先輩が、何やら自慢げに、『新しい服』を見せびらかしていたのですよ。
しかし残念ながら、服だのブランドだのには、全く興味の無い僕。せっかく見せて貰っても、そのブランド名すらも解りません。
なので質問、「この服は、どこのブランドなんですか?」。すると先輩、笑顔でその服のブランド名を教えてくれました。

「これは○○というブランドでね、デザインも作りも良い割に、凄く安く買えるのが魅力なんだよね~(笑)」

成る程これは、○○という銘柄のブランド。
作りは良いのに、驚く程の格安で手に入るのだと、僕の頭にインプット。
服に興味は無いものの、知識が一つ増えた事に、小さな喜びを抱く二十代前半男。

それから暫し経ち、誕生日かクリスマスかは忘れましたが、当時付き合っていた彼女からプレゼントを貰ったのですよ。
で、袋を開けてみると、それは○○というブランドの服!
自分の知る服が出て来た事に喜び、ここぞとばかりに、自分の知識を口にする僕。


「このブランドって、作りが良い割に、すっごく安いんだよね~♪


瞬間、凍り付く空気。
言葉を失う彼女、そして今にも泣き出しそうな、悲しみに満ちた瞳・・・。

---



『間違えました』では決して済まされない、あまりにも痛すぎた、若かりし頃の僕の失言(泣)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-02-25 23:27

露天風呂の醍醐味

神は見捨てなかった!(笑)
d0044012_21242895.jpg
ついでに特売の『まるちゃん焼きそば1袋100円』もゲット出来たし、今日はついてます♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いや~、すっごい風ですね!(驚)

酷い風の音に目が覚めて、カーテンを広げたら、窓に雪がこびり付いて真っ白!(ってかそのせいで部屋の中は真っ暗:汗)
d0044012_21245973.jpg
←真っ白な窓(今朝8時頃の映像です)。
 一応書いておきますが、これ、曇りガラスじゃありませんよ?
 いつもは外の風景が見える、ちゃんとした透明なガラスです。
一昨日の天気予報では、今日は晴天の筈だったのに、一体何が起こったのでしょうね?
北海道だけかと思ったら、関西に住む友人からも『酷い風だ~(汗)』というメールが入っていましたし、全国的な悪天候なのでしょうか。

春の嵐にはまだ早いし、地球温暖化による異常気象なのかな?

解りませんが、この嵐の中、特売玉子を求めて一路スーパーへ。
目当てのものを無事にゲットしたら、その足で、温泉へと向かいました。
駐車場に車を停め、外に出た途端、体を凍らせる冷たい強風。身を縮め、腕で顔をガードしながら、向かった温泉の玄関。

刹那、真っ白になる視界!・・・駐車場から、ほんの十数メートルしか離れていない玄関までの間に、危うく遭難しかけましたよ(汗)。

いえ、これは決してオーバーな表現では無く、本気で『自分が今どこにいるのか解らない』という状態になったのですよ。
いわゆる、『ホワイトアウト』という現象ですね。右も左も真っ白で、方向感覚が無くなるという、あれ。
よく『雪山で遭難して、数メートル先の山小屋に辿り着けず凍死』という話を聞きますが、あれってたぶん、本当の話ですね。本気でそう思いました(汗)。

しかしこんな悪天候でも、温泉の中は平穏そのもの。天気のせいで客も少ないし、のんびりと入る事が出来ましたよ~♪
風が強いせいか、窓から見える露天風呂には、ただの一人の人影も無し。今日はどの湯船にも自由に入れそうで、本当についているな、そう思いました。
それにしても、たかが強風くらいで露天風呂を諦めるとは、他の客たちって・・・。

・・・ふっ、チキン(臆病者)だな(笑)。

露天風呂の本当の醍醐味は、晴天の下で入る事では無く、むしろこうした『嵐の中』で入る事にこそあるもの。
ええ、外がどれだけ厳しい風雨だろうが、温泉の中は温かいですからね。
吹きすさぶ風や吹雪を顔面に受けながらも、体だけは天国にいるというギャップを愉しむ、それが真の『露天風呂マニア』というものです!(←馬鹿?)

なのに今日の客と来たら、その辺の事が全く解っていない。
確かに酷い強風で、外にある庇(ひさし)も、今にも千切れて飛んで行きそうな状態になっていますけどね?
が、これを愉しむのですよ。施設内にいればさほど危険もありませんし、ちょっとした絶叫アトラクションだと思えば、逆にお徳感倍増ですから♪

と言っても、外は本当に物凄い嵐。不用意に外に出ては体がもちませんので、内風呂でしっかりと温め、露天に備えます。
そうして充分に体が温まったら、嵐の露天風呂へ向けて、いざ出発!
タオルを左手に持ち、露天風呂へ通じる扉に手をかけると、そこにはこんな貼り紙が・・・。

『強風のため、本日は露天風呂を閉鎖しています』



この温泉の管理人、解って無いな~(悲)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-02-24 21:46

救わない神

交通事故に遭う夢を観ました。

何故かトラックの荷台に乗る僕、そのトラックを運転する同僚。助手席と後部座席には、同じく他の同僚が、一人ずつ乗っていました。
やけに蛇行するトラックに疑問を感じ、運転手を窺うと、どうやら居眠り運転の真っ最中!(驚)
慌てて荷台から飛び降りる僕。その直後、谷底に転落して行くそのトラック。同僚たち三人を道連れに、真っ逆様に・・・。

目覚めてから、軽く落ち込みました。
喩え夢の中とはいえ、僕が『自分だけ助かろうとした』、という事実に・・・(悲)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨日書いた通り、本日は休日出勤でございました。

内容は、お客様への工事の説明。
いつもは平日に行っているこの業務ですが、今の不景気、そんな悠長な事は言っていられませんからね?
お客様のご都合に合わせ、こうして休日返上で働かなければならない事もあるのです。面倒だけど、食べて行くために。

図面を広げ、ここがこうなりますよ~♪、こんな感じに仕上がりますよ~♪と説明。
業界用語は極力避け、お客様に少しでも理解して貰える様、僕の口調はまるで『小学校の先生』の様です。

 客 「なるほど、で、ここが出入り口になる訳かい」
 僕 「ええ、ここにスロープが付き、こちらが駐車スペースになります♪」
 客 「すると、ここの水回り(排水)はどうなるんだ?」
 僕 「こちらに排水路を設け、そこから流す構造になります♪」

滑り出しはまずまず好調。この分で行けば、僕が予定していた通りの時間に終わりそうです(笑)。
これが終わったら買い物に行って、今晩は何を食べようかな~♪
そんな事を考えていると、お客様が図面の一点を指差し、トントンと叩きました。そして徐に、

 客 「出入り口、こっちじゃ駄目かい?」
 僕 「えっ?!(焦)」

それは、こちらが最初に計画していた場所と、全く違う位置。
こんな変更を提案されてしまうと、この変更が別の箇所にも波及してしまい、設計そのものを見直さなければならなくなってしまいます。
が、こういうときには・・・。

 僕 「少々お待ち頂けますか? 実現可能か、検討してみますので♪」

電卓とスケール(定規)を取り出し、図面を計りながら、それが可能か考えます。
既に出来上がっている計画の変更は大変な作業ですが、全てはお客様のため、お客様のご意向に少しでも近づけられる様に。
そうしてトライアルを重ねる事数回、かなり苦しいながらも、どうにかご希望に沿える形に変更出来そうな感じになりました。

 僕 「ここをこの様に変更すれば、何とかなりそうです♪」
 客 「なるほど、こうやって位置をずらすと、こうなる訳か・・・」

こちらの提案に、うんうんと頷くお客様。どうにかご納得頂けそうで、僕もほっと胸を撫で下ろします。
後は金額についての説明をし、それに同意を頂ければ、本日の業務は終了。
少々時間は押していますが、オフィスに戻りすぐにタートル号(僕の愛車)をぶっ飛ばせば、何とか間に合いそうです♪

と、そのときです。いきなりお客様が、

 客 「じゃあ、こっちの位置(また違うところ)にしたら、どうなる?」

うん。


もう一回やり直せってか?!(怒)


心の中の『般若の表情』を隠しつつ、笑顔で「えーと、こちらになりますと・・・」、そう言いながら再び電卓を叩きます。
『要望があるなら最初っから纏めとけ!(怒)』と思いながらも、それを顔に出す事はせず、お客様を決して不快にさせない様に気遣いながら。
お客様は神様です。どんなご希望にも沿える様に努力するのが、我々の使命ですので。

時間は押していますが、お客様は、神様だから・・・(涙)。

そうして出来上がった修正案を提示、するとまた出て来るお客様の提案、即座にそれに対応。
お客様の要望、こちらの修正案、お客様の思い付き、必死の対応、お客様の気まぐれ、根性で叩き出す打開策、お客様の・・・。
気付けば時刻は午後4時。それでも尽きぬ、お客様の素晴らしき発想(悲)。

・・・一言、言って良いですか?


てめーの契約なんて要らねーよっ!!!(怒)


そうして数時間、出た結論は、『最初の計画が一番良い』というもの。
これを『雨降って地固まる』というのか、『振り出しに戻る』というのかは解りませんが、とりあえず本日の業務はこれにて終了です。
お客様に丁重に頭を下げ、急ぎオフィスへと戻りました。

予定よりも随分と時間がかかってしまいましたが、これは仕方の無い事でしょう。ええ、全てはお客様のためですから。
我々にとって、お客様は、神様です。
お客様にご満足頂ける事こそ、我々にとっての、最高の幸せなのですから!(泣)

そんな風に自分に言い聞かせながら、タートル号に飛び乗ると、アクセル全開で発進します。
想定していたよりも、ずっと時間が遅れてしまった事を、不安に思いながら。

仕事よりも遥かに重要で、僕の今日の最大の目的だった、あの場所へ・・・。

---

d0044012_22111111.jpg



 _| ̄|○  間に合わなかった(涙)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-02-23 22:20

灰色の女王

インフォシークの『今日は何の日?』を眺めていたら、どうやら今日は、歌手の都はるみの誕生日だった様です。
生まれた年は1948年。つまり和暦に換算すると、昭和23年という事になります。

昭和23年2月22日生まれ・・・惜しいですね。(←何が?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あひるんるん あひるんるん 僕た~ちは♪
  いっしょ~ 一緒さ あひるんるんるんるん♪


アフラックのCMソングを歌ってる人って、マユミーヌって名前だったのですね。
何となく『癒される歌だな~♪』と思っていましたが、今日ネットを眺めていて、初めて知りましたよ。
ぶっちゃけ、CMに出ている女優(名前は知らないけど)が歌っているのだとばかり。。。

ってまあこの話題、今日の記事とは全く関係無いのですけどね?(笑)

実は今日、現場からの帰り道、川に『白鳥』がいるのを見掛けたのですよ。
短い時間だったので数は良く覚えていませんが、それなりの数・・・たぶん、4~5羽はいたと思います。
まあこの季節ならば、珍しくも何とも無い光景ですけどね? 北海道の『ちょっと大きな川や湖』なら、冬場はどこにでもいますから。

が、今日見掛けたはその白鳥たちは、いつもとはちょっと違う様子。
というのも、何故か川の端の方、民家のある方に固まっていたのです。
民家のすぐ脇では、周辺の住民たちが、除雪作業の真っ最中。その作業を観察するかの様に、すぐ近くに、白鳥たちが群がっていたのです。

家の前の雪を押し、川へ投げ捨てる住民たち。
落下して行く雪の塊は、白鳥たちのすぐ目の前で、水しぶきを上げてドボンドボン。
今にもぶつかりそうなのに、危険など省みず、自らその場所に近づいて行く白鳥たち。目の前で雪の塊が、ドボンドボン。

・・・白鳥たちは、どうしてあの場から逃げないのだろう?(悩)

水面から民家まで、高さはおよそ2~3m。
大した高低差ではありませんが、もしも氷の塊が頭にぶつかれば、白鳥の細い首など折れてしまうかもしれません。
なのに、落ちて来る雪を避けようともせず、むしろそこに向かって近づいて・・・。

と、そこで気づきました。
あの白鳥たちが、どうして『落ちて来る雪に近づいて行く』のか、その理由に。
全ては、人間たちに擦り込まれた行動パターン。その美しい容姿が為に得られた幸運、そして代わりに失った、野生のプライド。

白鳥たちは、人間が川に投げ捨てる雪を、『餌』と勘違いしているのですよ(汗)。

恐らく毎日の様に、パンや穀物などを与えているだろう住民たち。そんな人間たちが捨てているものを、雪と思わずに、きっと餌なのだろうと。
そして、そんな白鳥たちの期待とは裏腹に、昨日の大雪の処理に大忙しの住民たち。
すぐ下に白鳥たちが群がっている事など気づかずに、泥で汚れた雪の塊を、川の中にドボンドボン。

泥と一緒に、ドボン、ドボン。

---

昔、白鳥が大空を羽ばたいているのを観た事があります。
あの純白の体が、太陽光を眩く反射して、本当に美しかったのを思い出します。
大鷲が大空の王ならば、白鳥は大空の女王。キラキラと光る、大空の宝石。

本当に美しく輝いていた姿、今もこの瞼の裏に、しっかりと焼き付いています。

---

昨夜の大雪、除雪作業に大忙しの住民たち。
そして、そんな彼らが落とす『泥にまみれた雪の塊』を、餌だと思い群がる白鳥たち。
純白の羽は薄汚く汚れ、そこには女王の威厳など、微塵も感じさせず。。。



飛んでいる姿は、あんなにも美しいのに(涙)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-02-22 23:22

虐待と愛情

金を振り込む用事があって、郵便局に行ったのですよ。貴重な昼休みを裂いて、買い物を諦め、昼食は簡単なもので済ませる覚悟で。
そのついでに、貯金通帳に記帳するつもりでした。もう何ヶ月も記帳していないし、そろそろ印字しておかなきゃな~、とか思いながら。
そしてCD機の前に立ち、そこで初めて気づいたのです。

貯金通帳を、家に忘れて来た事に。。。(←お前、本物の馬鹿だろ:汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


caution!(←久しぶりの警告表示:笑)

本日の記事は、内容に『相当なレベルの問題』があります。
読んでいて気分が悪くなるかもしれませんし、下手をすれば『実際に吐いてしまう』可能性もあります。
責任は持てませんので、この先を読み進めるかどうかは、自己判断でお願いします(ペコリ)。


---


移動中の車の中、ラジオから流れて来た話題に、思わず唖然としてしまいました。
というのも、その内容とは、こんなものだったのです。

『うちの近所には10歳くらいの女の子がいるのですが、その子の耳には、ピアスの穴が明いています。
 大人になってから明けるのは痛くて可愛そうだからと、その子が6歳くらいの頃に、親が明けてあげたのだそうです』


皆さんはこの話を聞いて、どう思われますか?


この親、頭がおかしいと思いませんか?!(焦)


この女の子が大きくなって、自分の意志でピアス穴を明けるのならば、それは別に構わないでしょう。
ちゃんと両親に相談して、同意を得られたのであれば、ファッションの一つとして認めても良いと思いますから。
そういう僕に娘がいたとして、いつか『ピアスを明けたい』と言い出したら、きっと許すと思います。常識の範囲内として、片側に1個ずつまでならば。

出来るならば、体に傷を付ける様な真似はやめて欲しい・・・それが僕の本心。
しかし、本人がどうしてもと望むのであれば、その意志を蔑ろにする訳にはいきませんからね?
やって欲しくは無いけれど、本人がそれで幸せならば、それもやむ無し。肯定はしないけれど、本人の自由意志として、尊重します。

・・・ってまあ、高校を卒業するまでは、絶対に許しませんけどね? 親の庇護下にいるうちは、判断は親がしますから。(←意外と古風な男:笑)

が、今の事例は全くの反対、自分の子供に『親が勝手にピアス穴を明けた』のです。
普通ならば、子供を止めるべき立場にいる筈の、親の方が。
まだ6歳の子供に『本人の意志』などあろう筈もありませんから、間違い無く、『親の身勝手な意志』として。

そうです。


自らのエゴのため、子供の体に傷を付けたのですよっ!!!(激怒)


子供にお洒落をさせたくて、過剰に洋服を着せ替えるのは、別に構わないでしょう。
ファンデーションや口紅を塗りたくって、自分好みのメイクをさせる行為も、批判しようとは思いません。
歌やダンスを教えたり、その他の才能を伸ばすのも、親の楽しみの一つ。それを咎めようなどとは思いませんし、むしろ良い事だと思います。

が、この馬鹿親が行ったのは、大切な娘の体に『一生消えない傷』を付けるという行為!
これは決して許されない、『虐待行為』に他なりません!
自分の子供の体に、平気で傷を付ける・・・これは正しくこのキチガイが、『子供を人形やペットと思っている』という証拠なのですよ!(怒)


こんな常識の欠片も無いクズ親、逮捕してやればいい、牢獄に閉じこめてやればいい、いっそ殺せばいい、そして地獄に堕ちればいい。
ラジオを聴きながら、本気でそう思いました。心の底から、この親を殴ってやりたい気持ちになりました。
何らかの罪状を付けられるなら、この子がまた虐待されない様に、遠くに隔離してやれば良い・・・そう、本気で思ったのです。

 - たかがピアス穴1つで、どうして僕がそこまで怒るのか?

皆さんはそう疑問に思われるかもしれませんね。
その親は、娘が可愛いからそうしたのだと、娘を思うがあまりの行動なのに・・・と。

しかしこれは、『たかがピアス』の話では無いのですよ。ええ、これはそんなに単純な話では無い、根はもっと深いのです。
何故ならば、これはまだ『始まり』に過ぎないから。
人間の行動とは、必ずエスカレートするもの。『子供に穴を明けても良い』と思った親が、次に取る行動は・・・。

今回はピアス穴だった、でも次は? 刺青? 根性焼き? 単純に『殴打する』程度かな?

この親はこれから数年後、『お仕置き』と称して、刃物を使うかもしれませんね。
これは『穴』と違っていつかはくっつきますし、傷が残るのは、別にどうでも良い事と思っていますから。
何しろこの親は、『相手の痛みや気持ちを考えない人種』なのです。子供を殺してしまったって、何らおかしくはありませんから。

疑問に思った方は、犯罪心理学の本を読んでみてください。
僕の危惧しているもの、もっとも恐れているものが、そこに記されていますから。


 凶悪犯罪の根底に潜むもの、それは、本当に小さなきっかけ。
 この親は、自分の子供に、『小さな穴ならば明けても良い』と思った。
 その穴は次第に広がり、いずれ驚くほどの大きさになる。自分でも理解出来ないくらい、巨大なブラックホールに・・・。


だからこそ、僕は怒っているのです。激怒しているのです。
子供の体を平気で切り刻む様な『精神異常者』は、今すぐに矯正すべきだと、厳格に粛正すべきだと!
いかなる事情があろうとも、決して子供を傷付けてはならない・・・これは法律で取り締まるべき、最重要事項だと、僕は考えているのですよ。

子供の体に傷をつける様な親は、このまま放置すべきでは無い。


法で罰するべきと、声を荒げて宣言しているのです!(怒)


あ、でも、男の子の『割礼』だけは僕も推奨しますけどね?
だって、これは虐待では無く・・・。



男ならば、いつかは必ず理解出来る、『親の愛情』ですから。(←やって貰えなかったせいで、高校生の頃、結構悩んだ男:涙)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-02-21 23:29

早起きの朝

故郷に住む親友から、『お前の今の住所教えて♪』というメールが届きました。

きっと僕が転勤族だから、確認しておこうと思ったのでしょうね。もしかしたら、また引っ越しているかもしれない・・・そう思って。
勿論すぐに送り返しましたよ? 今の僕の住所を正確に、文字化けしない様にしっかりと大文字で。
でも、それを送信しながら、ふと思ってしまったのですよね~。

『てめーに送った年賀状に、住所書いてあっただろっ?!(怒)』・・・と。(←あれから僅か二ヶ月弱、よっぽど信用無いんだな~:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝は、久しぶりに早起きをしました。

いえ、実は仕事が大量に溜まっておりまして、このままでは年度内に処理しきれそうに無いのですよ(汗)。
なので『かなりの本気モード』で仕事をしなくてはならない状況なのですが、あまり残業はしたくありませんので、早朝出勤をしようと考えた訳です。
深夜残業は翌日にダメージが残りますが、早朝ならば『最初眠たいだけ』ですし、何となく体に良さそうな気がしましたので♪

早朝出勤を決意した昨夜、目覚まし時計のタイマーを、いつもの時刻よりも少し早めにセットしました。
しっかりとスイッチをONにしたのを確認すると、ベッドに入り、目を瞑ります。
考える事は、明日(つまり今日)の朝の事。どうやったらもっとも時間を効率的に使えるか、そんな事を、漠然とイメージしていました。

・目覚まし時計が鳴ったら、すぐに飛び起き、スイッチをオフに。
・すかさず台所に向かい、床に置いてある鍋をコンロに載せ、火を点ける。
(※寝ぼけて点火すると危ないので、コンロから離してある)
・トイレに行って用を済ませたら、手を洗うのと同時に顔を洗い、次に晩酌用の氷を作っておく。
・冷蔵庫からジュースを出し、グラスに注ぐ頃には鍋が沸く筈。一緒にテーブルに運び込み、ニュースを観ながら朝食を摂る。


ここまでは、毎朝の僕の行動と、ほぼ同じ流れです。
問題は、ここから。
どうやって時間を有効に利用するかは、この後の『ダラけた時間をいかにして削るか?』、にかかっているのです。

・食事を終えたらすぐに立ち上がり、食器を台所へ。(いつもはすぐに立ち上がらず、ちょっとダラダラします:笑)
・今夜のつまみの下拵え(野菜を切ったり)をしておき、それを冷蔵庫にしまう。
・朝食の食器と、今使った包丁とまな板を洗ったら、居間に戻って服を着替える。
・リモコン操作で車のエンジンをかけ、テレビを観ながら煙草を一本だけ。喫煙が終わったら、すぐに出掛ける事!


普段僕は、時間に余裕があるときには、テレビを眺めたり雑誌を読んだりしています。
それは10分だったり20分だったり、日によって差はありますが、いずれも『無駄な時間』である事に違いはありません。
そんな『無駄な時間』を、全て仕事に費やすのですよ。塵も積もれば山となる、早起きした時間と合わせれば、一ヶ月でかなりの時間となるでしょう♪

こうして翌朝のシミュレーションを頭の中でこなしたら、落ち着いて、一つ深呼吸しました。
今考えた通りに動けるかどうかは、翌朝の目覚め方にかかっている。
決して寝ぼけてしくじったりしない様、深く深く眠っておこう・・・そう心の中で呟きました。

---

けたたましいベルの音に、思わず、ベッドの中で跳ね上がりました。

すかさず立ち上がり、目覚ましのスイッチをオフ。すぐにカーテンを一杯に広げると、そのまま台所に向かい、鍋を火に掛けました。
トイレに行き、顔を洗い、晩酌のための氷を取ります。
ジュースを用意する頃には鍋が沸いていましたので、それを持ち上げ、テーブルへ運びました。

朝食を摂りながら眺める、めざましテレビ。
やっていたのは例の海難事故で、『世界最高のレーダー艦の癖に、目の前の漁船も見付けられないのか?!(怒)』と、実に腹立たしい気持ちになりました。
そうして食事を終えたら、すぐに立ち上がり、食器を台所へ。すぐに冷蔵庫を開け、今夜のつまみの下拵えを始めました。

作業をこなしながら、目を向けた目覚まし時計。
針の示す時刻を眺めながら、『本当に昨夜のシミュレーション通りに進んでいるな~(笑)』と、何だか不思議な気持ちになりました。

こうして事が完璧に進むのは、恐らく、『今朝の目覚めが完璧だったから』でしょう。
人がすっきり目覚められるという、『レム睡眠』の状態、きっとそのタイミングで目覚まし時計が鳴ってくれたのだと思います。
だから今朝の僕は、こんなにも頭がすっきりしている。早起きしたのに、眠気などまるで残さず、むしろ清々しい気持ちでいられるのです。


早起きは三文の得というけれど、実は僕って、早起きが向いているのかもしれない♪


そんな事を考えながら、洗い物を済ませ、服を着替えました。
リモコンで車のエンジンを掛けたら、煙草に火を点け、めざましテレビを眺めます。
これから職場に行き、どんな順序で仕事をするかを、頭の中で想像。煙草を灰皿に擦りつけると、立ち上がり、仕事に向けて出発しました。

今日の僕、本当に頭がすっきりしてる♪

---



いつもの通勤路で道に迷ったのは、その僅か5分後の出来事です。(←本当はずっと寝ぼけていた男:笑)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-02-20 23:22