<   2008年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

食べ方の文化

『妻たちの三行半(みくだりはん)』

今朝偶然見掛けたのですが、どうやらそんなタイトルの単発ドラマが、明日放送される様です。
どうせ観ないからどうでも良いのですが、この手のタイトルを目にすると、ついこう思ってしまうのですよね~。
このタイトル、ものの見事に『馬から落馬』してるな・・・と。

いえ、三行半は『妻が夫に叩き付ける離縁状の事』ですので、そこに『妻たち』と付けてしまうと意味が重複してしまうのですよ。
きっとこういった小さな事が、日本語を破壊する要因に繋がっているのでしょうね~。(←いや、流石にそれは言い過ぎだろ?:汗)

※2月1日訂正
 親切な方からご指摘を頂いたのですが、どうやら三行半とは、元々は『夫から妻へ』の離縁状だったのだそうです。
 以前観たテレビで『妻から夫への』と言っていたので、そのまま信じておりましたが・・・記事を書くときには、ちゃんと調べなくちゃ、ですね(汗)。
 今更ですが、『このブログって皆様の善意に支えられているのだな~』と、本気で思いましたよ(笑)。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そういえば、箸やナイフ以外に、どんな食事道具があっただろう? ・・・手に持った箸を眺めながら、唐突にそんな事を考え始めました。

僕たち日本人が、普段使っている食事の道具といえば、勿論『箸』ですよね?
歴史は良く知りませんが、たぶんとか室町時代とか、ひょっとしたらもっと古くから使っていた道具なのかもしれません。
その後西洋文化が流れ込み、ナイフやフォーク、スプーンなどの『西洋食器』を食事に用いる事も多くなった・・・それが日本の、『食事道具』の歴史でしょう。

で、それ以外の食事法と言えば、『素手で食べる』という方法がありますよね?
パッと思い付くのは、インド人が素手でカレーを食べている光景。
つまりこの時点で、かなりざっぱくながら『箸』、『西洋食器(ナイフやフォーク)』、『素手』という3種類の食事法が思い浮かぶ訳です。

しかし、それ以外の食事方法は?

箸、西洋食器、素手・・・これ以外の道具で思い浮かぶものと言えば、中国の『れんげ』でしょうか。
しかし『れんげ』は西洋食器のスプーンと同じものですので、『その他の道具』、という概念からは外れます。
昔の学校給食で使用されていた、『先割れスプーン』も、ただ単に『スプーンが変化した』というだけ。『これら以外の食事道具』とは、到底言えません。

それでは僕が想像したこの3種類、『箸・西洋食器・素手』が、地球上に存在する食事方法の全てなのでしょうか?

何となく気になり、こっそりと調べてみました。ええ、当然の事ながら、今回も仕事中に。(←おい:汗)
検索ワードは『箸 ナイフ 手 食事』。
そうして出て来たウィキペディアをクリックすると、どうやら僕の考えた通り、食事法はこの3種類しか無かった様です。

【手食文化圏】
 東南アジア、中近東、アフリカ、オセアニア等で、約24億人。

【箸食文化圏】
 日本、中国、韓国、北朝鮮、台湾等で、約18億人。

【ナイフ・フォーク・スプーン食文化圏】
 ヨーロッパ、ロシア、北アメリカ、南アメリカ等で、約18億人 。


こうして並べてみると、どうやら意外な事に、『素手』で食事をする文化が最も多かった様ですね。
そして『箸』と『西洋食器』の割合が、ほぼ同じくらい。
しかし世界的な分布で考えると、やはり『箸』が最もマイナーな文化なのでしょうね。何しろこの18億人、大部分が中国人ですから。

箸を使う文化、ナイフとフォークを使う文化、そして素手で食べる文化。
これらの違いは、『食べているもの』と、『宗教的な理由』にある様です。

西洋文化では、肉を切って食べるために、ナイフやフォークが必要となった。
ヒンズー教やイスラム教では、『道具は不浄なもの』とされるため、それを使い『神から与えられた食べ物』を口に運ぶのは禁忌である。
箸を使う事により、熱いものでも食べられる様になったアジア圏。これにより、揚げ物の文化が発達した。

これらは決して、どれが優れていて、どれが劣っているという訳ではありません。
いずれもそれぞれの文化、思想、風土に根ざした、正しい形なのです。

稀にインドの様な『素手食』を『野蛮』と言って馬鹿にする人がいますが、そんな事を言ったら、日本だって寿司は素手で食べるのが正式なスタイルですよね?
アメリカ人だって、ホットドッグを食べるのに、ナイフやフォークを使ったりはしませんし(ってか使えないと思いますが)。
太古の昔、食器など無かった頃には、人類は素手で食事をしていたのです。素手で食べるのが、人間の本来の姿とも言えるのですよ!(本気)

・・・って、僕も素手で食事するのは嫌ですけどね?(笑)

話は変わりますが、僕はいつもパスタを食べるとき、箸とスプーンを併用しています。
理由は、調理するときに箸を使用するので、洗い物を増やさない様にそのまま使っているから。
箸とスプーンなんて、変な組み合わせと思われるでしょうが、慣れれば割と平気です(笑)。

あとこれも余談ですが、僕は朝食のときは、必ず左手で箸を持ちます。
理由は、『もしも右手が使えなくなったときに、生活に困らないため』の練習です。(←変な奴でしょ?:笑)
まあ未だ利き腕の様に自由には使えませんが、日本通の外国人程度には、上手に箸を持つ事が出来ますよ♪



左手で箸を使うという、この練習の成果。

どこかの店で『箸の二刀流』を試してみたいですが、それをやったら、きっと周囲から変な目で観られるでしょうね~(笑)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-01-31 22:57

天恵

これは一体何ですか?
d0044012_22535565.jpg
←佐々木夫婦の仁義なき戦いパン
以前、『華麗なる一族の華麗パン』という、ドラマとパンのコラボレーション商品がありましたけどね?
でもあれは、『華麗』と『カレー』をかけた、一応は意味のある商品でした。
しかし今回のこれは、洒落も無ければ、パンにする必然性も全く無し。何故TBSがこんなものを作ったのか、どうにも首を傾げてしまいますね~(悩)。

せめて、『佐々木夫妻の仁義なきジンギスカン』とかにすれば良かったのに。(←あくまでも『洒落』に拘る男:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


朝一番で僕がする事は、近所のスーパーの電子チラシを、インターネットで確認する事です。

なので今日もいつもの様に、出勤するなりすぐにIEを立ち上げ、スーパーのHPにアクセス。
しかしどこも特売はやっていない模様で、唯一チラシがあったのは、スーパーAの『バレンタイン企画』だけでした。
チョコレートなんて買ったって、酒のつまみにはなりません。なので考えました、今日の昼休みには、どこのスーパーに行くべきかを。

で、暫し考え、スーパーBに行く事に決定。
あの店ならばいつでも秋刀魚が1尾48円ですし、牛乳も1パック138~158円で、スーパーAよりも安いですからね?(笑)
それに、たまに野菜50円セールもやっていますので、上手く行けばお買い得品にありつけるかもしれませんし。

って事で、今夜のつまみは秋刀魚に決定♪
大根が安いと良いな~(笑)、などと思いながら、昼休みを待ちました。

そうして迎えた昼休み。チャイムの音と共に立ち上がり、タートル号(僕の愛車)へと向かいます。
昨日とはうって変わってスムーズな道のり。信号も青ですし、対向車の姿もありません。今日はかなり早く到着出来そうだと、思わず口角が上がりました(笑)。
秋刀魚♪ 秋刀魚♪ 秋刀魚♪ 心の中で呟きながら、とある交差点に差し掛かった、その瞬間。

・・・何やってんだ、僕?!(焦)

目の前に広がる、あまりにも見慣れた風景。そこを走りながら、僕は何と馬鹿なのだろうと、何度も何度も繰り返し自分を責めます。
馬鹿、馬鹿、精神障害、痴呆症!(怒)
自分を責め罵り、それでも取り返せぬ大失敗・・・いや、大失態。というのも、何と・・・。


スーパーBに行くつもりが、気づけばスーパーAに向かってた。。。_| ̄|○


いえ、実はですね、スーパーAと僕のアパートの方向が一緒なのですよ。
なのでスーパーBに行くつもりだったのに、つい無意識に、ハンドルをスーパーA(ってかアパート)に向けてしまっていたのです。
で、それに気づいたときには、スーパーBへの交差点から既に3分以上が経過。ただでさえ短い昼休み、これから引き返している時間なんてありません。

・・・仕方が無い、スーパーAに向かおう(汗)。

そう心に決め、秋刀魚を買う事は諦めました。
秋刀魚が食べたい気持ちはありましたが、これから向かうスーパーAで、秋刀魚を買う事なんて出来ませんから。。。

というのも、スーパーAは質の良いものばかり扱っている、所謂『ちょっと高級なスーパー』なのですよ。
白菜1/2カット198円、水菜1袋98円、豚肩ロース100g198円が普通の光景。
で、秋刀魚は1尾98円くらい・・・いつも50円以下で秋刀魚を買っている僕にとって、スーパーAの秋刀魚は、手の届かない『高嶺の花』なのです(涙)。

なので僕がスーパーAに行くのは、特売のチラシを確認し、ちゃんと買うものが決まっているときだけ。
いつ行っても値段の変わらない『もやし』や『ジュース』を買うとき以外は、何の準備も無く、いきなり行く事など無いのです。
だって、いきなり行ったって、お買い得品なんてありませんからね? 昼休みにわざわざ行って、もやし1袋25円で買い物終了だなんて、馬鹿みたいですから。
(それに25円の買い物でクレジットカードを使うなんて、恥ずかしくて出来ませんしね?:汗)

でも今日は、ちょっとしたトラブル(ってか馬鹿)で、いきなりスーパーAに行く事になってしまった。
なので、一体何を買ったら良いだろうと、軽く悩んでしまいました。
とりあえず、もやしを1袋。しかしジュースはまだありますし、牛乳は高くて(160円)買えませんし、魚や野菜なんて絶対に買えませんし。。。

ま、100円コーナーで缶詰でも買えば良いか(笑)。

すぐに気を取り直し、笑顔に戻ります。
だって、魚や野菜は高くて買えないとしても、缶詰の備蓄をする分には問題がありませんからね?(笑)
とりあえずカットトマト缶を3つも買えば、もやしと合わせて325円。一応3桁ですし、クレジットカードを使うのも問題無いですから♪(←そうか?:悩)

そうして買うものを決めたら、スーパーAのお楽しみ・・・ええ、実はスーパーAは、試食品がとっても充実しているのですよ!(笑)

青果コーナーでグレープフルーツを一切れ食べ、漬け物のコーナーで沢庵を一切れ、鮮魚コーナーで筋子を一切れ食べます。
後はメインディッシュである、『精肉コーナーの何か』を食べれば、試食品フルコースは終了。
その前に、クレジットカードを使うための『金額合わせの缶詰』を買っておこうと、缶詰コーナーへ足を向けようと思いました。

と、そこで唐突に頭に浮かんだのですよ。


どうせ備蓄するならば、缶詰よりも梅干しの方がいいや♪


・・・と。

以前も確か記事に書いた事があると思いますが、僕は毎朝必ず、1粒の梅干しを食べる事にしています。
胃腸の調子を良くするのもありますし、酒好きの僕がもっとも気にしている、肝臓にも効果のある食材ですので。
それに殺菌効果も高く、『朝っぱらから変なものを喰って腹をこわす』という危険を、幾分かでも和らげてくれるかもしれませんからね(笑)。

なので梅干しに関しては、どれだけ買い置きがあっても良いのです。腐るものではありませんし、どうせいずれ、必ず食べますから。
しかもスーパーAでは、1袋150g入りの梅干しが、いつも98円コーナーで売られているのですよ。
同じ『金額合わせ』のための買い物ならば、缶詰よりも梅干しの方が、僕にとっては良いですからね♪

で、思い立ったら即行動、いつも梅干しが置かれている『98円コーナー』へと向かいました。
しかし何故か、今日に限り、その場所に梅干しがありません。
場所が変わったのか、それとも売り切れたのか・・・訝しげに思いながら、周囲の陳列棚を眺めて回りました。

すると、いつもの場所よりもほんの少し離れた場所に、目当ての梅干しを発見!
とりあえず3~4袋くらい買っておこうと、手を伸ばしました。
と、その瞬間、僕の目に飛び込んで来た衝撃的な数字。僕が今日道を間違えたのは、実はこのためだったのかと、運命というものを心から感じました。

というのも何と、そこにあったのは・・・。


処分価格☆1袋38円の梅干し♪


もしもうっかり道を間違わなかったならば、決して出会わなかっただろう、特売(ってか捨て売り)の梅干し。
ここぞとばかりに無造作に掴み取り、ポイポイとかごへ放り込んで行きます。
そうしてゲットした、数ヶ月分の梅干したち。
d0044012_22542432.jpg
←紫蘇風味です♪
その後精肉コーナーで、試食品の『鶏の唐揚げ』を、喋れなくなるくらいに口の中へ。
買い物にも試食にも大満足し、店を後にしました。



いや~、今日うっかり道を間違えて、本っ当に良かった~♪(←たったこれだけの事で、午後の厄介な仕事を、笑顔でやり遂げた男:笑)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-01-30 23:03

今日の蠍座

【医師が任意後見契約、元患者女性の遺産数億円受け取る (読売新聞)】
 http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_doctor__20080129_3/story/20080129_yol_oyt1t00382/
 東京都内の私立大学病院の医師が、元患者の女性と任意後見契約を結び、昨年6月に女性が81歳で亡くなった後、
 遺言により数億円に上る全財産を譲り受けていたことがわかった。
 読売新聞の取材に対し、医師は代理人を通じ、「女性の遺志を尊重し、財産すべてを大学の研究などに寄付する」と回答した。


親族と疎遠だったお婆さんが、自分の遺産全てを、担当医に託した。
医師は受け取った遺産を、私的には決して使用せず、その全額を研究機関等に寄付すると言っている。
これに対し親族は、遺産は自分たちのものと主張、怒りを露わにしている・・・って何だか、2時間ドラマみたいな話ですね(笑)。

とりあえず僕は、『医師が受け取るべき』に一票。
この遺産を本当に世のため、人のために使う事が出来るのは、きっとこの医師だけですから!(←お前って、簡単に人に騙されるタイプだな:汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝のめざましテレビで、蠍座が最下位でした・・・ってまあ、別にそんな事は関係ありませんが、今日の昼休みは妙にツイていませんでした(汗)。

昼休みに買い物に行こうと思って、職場の駐車場を出た直後、すぐそこの信号機が黄色から赤に。
停止していると、遠くからこちらに向かい、近づいて来る車の団体。それが信号が青になるのとピッタリのタイミングで、僕の右折を邪魔したのです。
ただでさえ短い昼休み、こうした『たかが数分』の待ち時間が、物凄く長く感じられるものなのですよね~(汗)。

で、ようやく右折に成功した目の前、向こうから走って来る一台のトラック。
とにかく狭い道でしたので、途中ですれ違うのは不可能だろうと、手前の広い場所で待ちます。
するとそのトラック、僕の目の前までやって来たところで、いきなり急停止。僕はちゃんと車を寄せて待っていたのに、僕に更に、バックしろというのですよっ!

ヤロウ・・・トラックドライバーの癖に、一体どこまで運転が下手なんだ?!(怒)

ただでさえ時間の無い昼休み、湧き上がる怒りを必死に抑え、大人しく車をバックさせます。
そして、もうこれが限界というところまで車を寄せると、ようやく僕の横を通り過ぎるそのトラック。
にっこりと笑って僕に頭を下げるその仕草も、妙に腹立たしく感じられました。

とにかく時間が無い、急ごう!(汗)

そう思い、徐にアクセルを踏みしめます。
と、いきなりすぐそこの工場から、一台のトラックが飛び出して来たではありませんか!(驚)
急ぎブレーキを踏む僕。すると相手もようやく僕に気づいた様子で、慌ててバックを開始しました。

が、何しろ狭い道。しかも変な角度で急停車してしまったせいで、なかなか上手く、工場に戻る事が出来ません。
そんなトラックの運転手を、苛々しながら見つめる僕。
ただでさえ時間が無いというのに、そういうときに限って、こういう輩に巡り会うものですよね~(悲)。

そうして待つ事数十秒、ようやくバックに成功したトラックの目の前を、全速力で駆け抜けます。
これから買い物に行って、その後アパートに戻り、昼食を摂るのです。午後の仕事を考えれば、ぐずぐずしている暇などはありませんから。
赤信号で止まり、右折に手こずり、2台のトラックに邪魔をされた時間・・・この数分のロスタイムを取り戻すには、とにかく、全速力で走るしか無いのです!

急げ、急げ、急げ!(焦)

ただでさえ危険な冬道、慌てすぎて事故を起こさぬ様、急ぎながらも慎重な運転を心がけます。
そうして辿り着いた、スーパーの駐車場。
時刻を確認すると、いつもの到着時刻よりも、5分以上も遅れていました。

このままでは、本当に昼食抜きになってしまう!(汗)

とにかく時間がありませんので、急ぎ、その駐車場の空きスペースを探します。
が、こんなときに限って、なかなか駐車スペースが見つからないもの。
広い駐車場をどれだけ走り回ろうとも、一向に車を停める事が出来ませんでした。

と、店の入り口のすぐ近くで、一台のRVが駐車場から出て行こうとしているのを発見!(笑)
慌ててその場所に駆けつけ、RVが出て行ってくれるのを待ちました。
が、どうやらそのRV、頭から駐車スペースに入れてしまった模様。しかも相当に運転が下手らしく、何度も何度も切り返しながら、なかなか出て行ってくれません。

・・・何なんだ、今日は一体?!(涙)

ようやく空いたスペースに車を停め、急ぎ買い物を済ませたら、また慌ててアパートへと向かいます。
そして全速力で食事を終えたら、また急ぎ職場へと向けて発進しました。

時刻を確認すると、どうにかギリギリで、午後の仕事に間に合いそうな時間帯。
ほっと胸を撫で下ろしながら、また『今日は本当にツイて無かったな~(汗)』、などと考えました。
でもまあ、とりあえず買い物も出来ましたし、昼食も摂れたのです。午後の仕事にも無事に間に合いましたし、良かったと思っておきましょうか(笑)。

そうして無理矢理ポジティブシンキングをしていた、そのときです。道の先に、何やら円筒形の黒い物体が落ちているのに気づきました。
遠目なのでそれが何なのかは解りませんでしたが、大きさは大体、500mlの缶ビールくらいに思えました。
なので当然、こう思います。

タイヤで踏んで、吹き飛ばしてやろう♪

道路に落ちている、雪の塊やペットボトル、空き缶など。これらを車のタイヤで踏みつぶすのって、結構な快感なのですよね~(笑)。
なので、そういった面白アイテム(?)を発見したら、当然の如く『踏み潰したくなる』のが人間の心理。
しかも今日はやたらと待たされてばかりで、少々苛ついておりましたし、丁度良いストレス解消になると思いました。

遠くから慎重に狙いを定め、その『空き缶らしき物体』へと近づいて行きます。
時速は軽く80㎞オーバー。この速度で空き缶をはじき飛ばしたなら、きっとかなりの飛距離が出るだろうと、ワクワク気分です♪
そうして、物体まであと1秒と迫った瞬間、思わず全身の血液が凍り付きました。


はっ、ハンマーっ?!(焦)


そこに落ちていた、黒い物体。
僕が『ビールくらいの大きさの空き缶』と思ったそれは、実は空き缶では無く、大工が使用する大型の金槌!(汗)
慌てて回避しようと試みるも、何しろ時速は80㎞以上、ハンドルを切るのも間に合わず・・・。


ガンッ!!!


 刹那、宙に浮く右フロントタイヤ。。。
 直後、車体を地面に叩き付ける大きな衝撃。。。
 瞬間、真っ白になる頭の中。。。

突然の事にパニックを起こす『僕の脳細胞』に対し、衝撃により乱れた車の挙動を、フルオートで制御する僕の右腕と右足。
下手をすればスピンしていただろう車体を、何の抵抗もなく、まるでそれが当然の如く立て直します。
変な話、こういうときは自分で何とかしようとせず、自分の体の反応に任せた方が良いですね。ええ、緊急時には勝手に動きますから(笑)。

僕の右腕と右足が、勝手に危険を回避してくれた、その後。
職場の駐車場に向かい走りながら、ふとこんな事が頭を過ぎりました。
今朝のめざましテレビの星占い、蠍座は最下位だったな・・・と。



でもたぶん、これで事故を起こさなかったのって、かなりのラッキーだったと思います。星占いで、ダントツ1位と思えるくらいの。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-01-29 23:08

僕流 電子レンジ活用法♪

覚悟はしていましたが、ガソリンの暫定税率、やっぱり期間延長になりそうですね~(汗)。
とりあえず2ヶ月間、そしてその後も、どうせきっとずるずると・・・。

まあ確かに、いきなりこの税収が無くなってしまったら、とんでも無い事になるのは解るのですけどね?
不景気に拍車がかかるだろうし、これにより倒産する建設土木系の企業も、山ほど出て来るだろうし。
まあ、この税金が『正しい道路整備』だけに使われているならばこちらも納得が行くのですが、実際には他の

これ以上続けると、このブログの絶対禁止事項である『政治批判』に繋がりそうですので、この辺でやめておきます。

書きたいけど(涙)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


電子レンジの、『最高に素敵な活用法』を発見しました!(笑)

それを説明する前に、まずはほぼ毎回、僕が残業帰りにやっている事を書いておかなければなりませんね。
・・・ってまあ『何を今更?』と思われてしまいそうですが、僕の残業帰りの習慣とは、『手料理(晩酌のつまみ作り)』に関してなのですが(笑)。
ええ、冒頭に書いた『発見』とは、その手料理に関係のある事なのですよ。

で、例えば今日の様なメニュー(今夜は焼きラーメンです)の場合、帰宅と同時にお湯を沸かし始める訳です。
時間を一秒でも短縮する為、沸かすお湯の量は、限界ギリギリまで減らして。
でもこの『お湯が沸くまでの時間』って、結構勿体ないですよね? なので僕はこの時間、いつも『具材の下拵え』に充てる事にしているのです。

下拵えの前段として、僕はいつも、朝のうちに野菜や肉を刻んでおく事にしています。
そして、それをビニール袋の中に入れ、冷蔵庫にしまっておくのですよ。
そうして残業から帰宅したら、すかさずそれを電子レンジにかけ、加熱する! フライパンで炒める前に、予め火を通してしまうのです。

こうしておけば、麺が茹で上がったのと同時に、炒めに入る事が出来る・・・調理時間を最短にするための、最善の工夫です♪

で、肝心の『発見』とは、この野菜の初期加熱での事。
電子レンジに、野菜の入ったビニール袋を入れるとき、その下に『濡れタオル』を敷いておくのですよ。
すると何と、野菜の下拵えが終わると同時に、そこに『蒸しタオル』が出来上がっているのです!

残業帰りに温かな蒸しタオルがある・・・これって実は、最高の幸せなのですよ♪

で、そもそもどうしてこんな事を始めたのかというと、それは『レンジを汚さないため』です。
実は以前、今日と同様に野菜の加熱をしたとき、野菜から出た水分でレンジの床を濡らしてしまった事があったのですよ。
そして、それを拭かずに『オーブン』を使用したら、床を焦がしてしまいまして(汗)。・・・で、タオルを敷く様になったという訳です。

で、つい昨日まではそれを『汚れ防止』程度にしか思っていなかったのですけどね?
今日、何となくそのタオルを手にとってみたら、とっても熱くなっているではありませんか!(驚)
そこで、火傷しない様に軽く手で解し、少し温度を下げます。で、そのタオルで顔を拭いてみたら・・・。


もう、気持ちが良いの何のって!(至福)


この寒い季節、残業から疲れて帰って、そこに蒸しタオルがある幸せ。
軽く解し、それで顔と首筋を拭いたならば、もう天にも昇るほどの快感が全身を包み込みます♪
そして、この素晴らしい『蒸しタオル』をもたらすのは、野菜加熱時の電子レンジの廃熱。金なんて殆どかかっていない、『無駄熱』なのです!(笑)

これからの毎晩、残業帰りに電子レンジを使うときには、必ずもたらされるであろう恩恵。
僕は心から、こう叫ばずにはいられません。

ああ電子レンジよ、本当にありがとう!(笑)



・・・まあノリとしては、『居酒屋のおしぼりで顔を拭くオッサン』と、殆ど一緒ですけどね?(笑)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-01-28 22:48

仲間探し

今朝のテレビで知ったのですが、北京五輪の馬術競技に、何と66歳の候補が挙がっているのだそうなのですよ!(驚)

もしも本当に出場出来たなら、間違い無く、世界最年長のオリンピック選手になるでしょう。
そんな彼の名は、『法華津 寛(ほけつ ひろし)』さん。彼は正に、平成の世に蘇った、バロン西です♪
どうか彼がオリンピックに当選します様に、心の底からそう願いますよ!(笑)

で、いきなり体調不良とかで参加出来なくなったら、やっぱり法華津さんの補欠が出場する訳ですか。(←いや、そんなネタは要らないから:汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨日とはうって変わり、今日は朝から、とってもアクティブでした♪

朝8時半に起床し、朝食を摂ったら、すぐに服を着替えます。
いそいそとタートル号(僕の愛車)に乗り込み、向かった先は、ちょっと遠くにあるスーパー。
今日は27日。7のつく日は、その店で7日市(7円セール)があるのですよ!(笑)

まずは順当に、特売玉子77をゲット♪
d0044012_2122467.jpg

続けて、77円の生ラーメンと、97円のうどんをゲット♪
d0044012_21221771.jpg

昨日は素麺も買って来たし、これで暫くは食料に困りませんね(笑)。

そうして買い物を終えたら、その足で駅へと向かい、今度の出張のチケットを取りました。
d0044012_21223390.jpg

とりあえずこれで、今日やっておかなければならない事は、全て終了。
ほっと息を付き、いつもの日曜日の様に、温泉へと向かいました。

その温泉の会館時刻は、午前10時。
綿密に時間を計算しながら運転したお陰で、温泉に到着するのと同時に、鳴り出す館内放送。
特売品に続き、今日は一番風呂までゲットです♪

そうしてゆっくりと湯船に浸かりながら、周囲を見渡します。
するとそこには、僕と同じ、一番風呂狙いの老人達が一杯。
時代が幾ら変わろうとも、やはりお年寄りというものは、一番風呂が好きなのですね~(笑)。

と、そこで不意に思いました。
僕の周囲にいるのは、全員が『赤いちゃんちゃんこ』を着た事のある人々(還暦過ぎ)ばかり。そんな彼らが、今、内風呂で体を温めている。
という事は・・・(ニヤリ)。

徐に立ち上がり、露天風呂へと向かいます。するとそこは、完璧なる無人状態!(笑)
これは、僕の予想した通りの光景です。
お年寄りはまず、内風呂でゆっくりと体を温め、その後露天風呂へと向かう・・・いきなり露天風呂(つまり屋外)に出る事は無い、そう思ったのですよ。

つまり・・・。


まだ誰も入っていない、露天一番風呂ゲット~♪


いや~、一番風呂って、本当に良いものですね~。
しかも誰も入っていない、広々とした露天風呂を独り占めなんて、心も体も伸びやかになりますよ♪
お年寄りはしっかりと体が温まらない限り、外には出て来ませんので、それまでずっとこの独占状態を続ける事が出来るのです(笑)。

いや~、極楽極楽♪

手拭いを頭の上に載せ、その温かなお湯を愉しみます。
ときにはちょっと泳いでみたり、ときにはその辺の雪でボールを作り、お湯に浮かべて遊んでみたり。
周囲に誰もいませんので、やりたい放題です(笑)。

そうして、露天風呂独占状態を続ける事、数分。ふと僕の頭の中に、こんな事が浮かびました。

お年寄りは、一番風呂が好き。
だからこそこうして、朝一番の風呂を求め、こんなにも大勢のお年寄りたちが集まっている。
そんな中、彼らと一緒に一番風呂に浸かっている僕は・・・何だ?

ただの風呂好き。いや、この場合・・・。


今の僕、ひょっとして、『お年寄り』に分類されてます?!(焦)


慌てて立ち上がり、内風呂へと向かいます。
そうして洗い場やサウナ、他の湯船などをつぶさに捜索しました。
きっと僕だけじゃ無い、朝の一番風呂を求める『誰か』がいる筈だ・・・そう信じて。

が、目に映るのは『60代』、『70代』、『80代』の老人ばかり。僕の求める『誰か』の姿は、一向に見付かりません。
きっと僕だけじゃ無い・・・そう信じて歩き回るものの、どこをどう探しても見付からないのですよ(汗)。
このままでは、本当に僕は、『お年寄り』に分類されてしまう・・・そんな焦りを必死に抑え、向かった入り口近くの洗い場。

何とそこに、20代後半くらいの男性を発見!(笑)

そんな彼の姿に、ほっと胸を撫で下ろします。
やはり僕だけでは無かった、こんなに若い人だって、一番風呂に来ていたのだと。
・・・ってまあ、『一番風呂=お年寄り』と考える方が、そもそも変なのですけどね?(笑)

そうして再び露天風呂に戻り、四肢を伸ばして、思いっ切りリラックスします。
と、今の僕の行動を考え、ふと思いました。



何やってんだ、僕?(←我に返った:笑)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-01-27 21:34

二度寝禁止令

横浜に『港町十三番地』という住所が無い事を知り、軽く衝撃を受けるの巻。

・・・美空ひばりの嘘つき。(←今日ラジオで知るまで、ずっと実在すると信じていた男:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨夜は3時過ぎまで起きていたというのに、目が覚めたら、朝の8時でした。

いつのも習慣というのですかね? せっかくの休みなのだから、遅くまで眠っていれば良いのに、つい目が覚めてしまうのですよ(汗)。
で、トイレに行ってもう一度眠ろうとベッドに入るものの、どうにも寝付けない。
仕方がないので起き出して、朝食を摂り、洗濯を始める訳です。睡眠不足でボーッとしながらも、いつのも土曜日の様に。

そうしてボーッと、洗濯が終わるのを待っている頃、不思議とまた眠気が襲って来る。
で、どうにも耐えきれなくなった僕は、再びベッドに潜り込んで就寝。次に目が覚めたときには、午後1時を回っていたという訳です。
昨夜の睡眠時間が5時間で、次に眠りに就いたのが午前10時ですから、睡眠時間は合計8時間。・・・不思議と、帳尻は合うものですね(笑)。

再びベッドから這い出したら、台所に行って、今朝の朝食の洗い物。
ついでに炊飯器をセットしながら、今晩は何を食べようかな、などとボーッと考えます。そして冷蔵庫を覗き込むと、大したものは入っていない。
ならば買い物に行こうと、いつもの買い物バッグを手に取り、タートル号(僕の愛車)に乗り込みました。

冴えない頭を振りながら、辿り着いたスーパーで、適当な商品をかごに入れます。
しかし、今晩何を作ったら良いのかが、さっぱり解らない。
まあ面倒だし、何でも良いから適当なものを作ろう・・・そう思いながら、レジに並びました。

秋刀魚が1尾48円で、素麺が198円で、他の商品と合計して・・・幾らだ? う゛~ん、さっぱり計算出来ない(汗)。

何しろ起き抜け、自分が何を考えているのか、何がしたいのかがさっぱり解りません。
やっぱり駄目ですね~、二度寝って。もう『脳細胞が壊死した』というか、『痴呆症が始まったみたい』というか、とにかく全く頭が回転しないのですよ(汗)。
せっかくの土曜日を二度寝に費やすなんて、何だか、物凄~く人生を無駄にしている気がしました。

 レジ 「お買い上げ、○○○円です♪」

僕と正反対に、活き活きとした表情をするレジのお姉さんに、財布から抜き取ったクレジットカードを差し出します。
「カード払いですね?(笑)」お姉さんそう言ってカードを受け取ると、これまた活き活きと、レジ操作をこなしていました。
今日みたいな頭の冴えない日に、こうした溌剌とした笑顔って、あまりにも眩しすぎますね(汗)。

それにしても頭が働かない。
お姉さんからカードとレシートを受け取っても、それをどうしたら良いのか解らず、一瞬固まってしまうのですよ。
カードを受け取り、財布に戻す。いつもやっている作業なのに、それを行動に移すまでに、少しの『間』が生じてしまうのです。

・・・僕、今日は本気で『駄目人間』ですわ~(泣)。

それよりも、とにかく早く帰って、洗濯物を干してしまわなくては・・・そんな事を考えながら、お姉さんからレジ袋を受け取り、歩き出します。
今冷蔵庫の中には、エノキダケとパンチェッタがあるから、今夜はそれを使って何か作ろう。で、他の野菜類と言えば、キャベツと山芋とエリンギが・・・。

と、そこで初めて気付きました。何故か僕の右手に、レジ袋がある事に。。。

右手にはレジ袋、そして左肩には、空っぽの買い物バッグ。
うん・・・。


何で僕、レジ袋貰ってるの?!(焦)


人間、ボーッとしていると、本当に駄目ですね。
レジ袋が要らない様に、せっかく買い物バッグを持って行ったのに、これじゃあ何の意味もありません。
左肩に空っぽの買い物バッグ、そして右手にはレジ袋・・・あなたそれって一体どんなシュールなギャグですか?! って感じです(汗)。

僕って本当に馬鹿だな~、そう思いながら、心の中で大反省。



これからは、二度寝は絶対に禁止だな・・・心からそう思った、マイナス5℃が妙に温かく感じられた、冬の日の出来事でした(汗)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-01-26 21:20

変な日

本日1月25日は、プロボクサーの竹原慎二の誕生日です。36歳になったみたいです。
そして4日後の1月29日は、『獲ったど~』で人気のタレント、よゐこの濱口優の誕生日です。36歳になるみたいです。

見た目は竹原の方がずっと年上っぽいのに、実は二人は同い年。
人間、外見や雰囲気だけじゃ、本当の事は解らないものですね~(びっくり!)。
で、実は二人には、もう一つ大きな共通点が。

この二人って、僕よりも若いのに、僕よりも遙かに稼いでいるのですよね~。(←いや、意味も無く卑屈になるなよ:汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


携帯をいじりながら朝食を摂っていると、不意に玄関のチャイムが鳴りました。
時計を観ると、時刻は7時を少し回った頃。まだ起きたばかりで、髭も剃っていなければ、髪も整えてはいません。
なので、ちょっと考えました。

この時間ならば、まだ中の住民(僕)が眠っていてもおかしくは無いし、面倒だから居留守を使っちゃおうかな?

が、ふとこんな事が頭を掠めたのですよ。
『訪問して来たのはアパートの住民で、僕の車に擦ってしまったとか、ぶつけてしまったと言いに来たのでは?』
・・・と。

先程から妙に外が騒がしいと思っていましたし、もしも本当にそうだったら一大事です。なので慌てて立ち上がり、玄関へと向かいました。
覗き窓から確認すると、そこにいたのは、50歳前後の背広姿の男性。僕には、全く見覚えの無い顔です。
何となく気持ちが悪いので、玄関の鍵はかけたまま、ドア越しに「はーい」と声をかけます。するとその男性、満面の笑みで、

 男性 「○×タクシーです、お迎えに上がりました~♪」

・・・何だそりゃ?!(汗)

その男性が口にしたのは、僕がいつも飲み会のときに使っている、タクシー会社の名前。
しかし僕には、タクシーを呼んだ記憶などありませんので、きっと何かの間違いだろうと思いました。
が、不意に頭に浮かぶ、一抹の不安。本当にこれは間違いなのだろうかと、一瞬本気で悩んでしまいました。

だって、僕の携帯には・・・そのタクシー会社の番号が登録されているのですから!(泣)

何せ僕には、このブログにも何度か書いている通り、軽い『夢遊病癖』の様なものがありますからね?
寝ぼけて玄関のドアを開けたり、朝になったら大怪我をしていたり、台所で鍋を真っ黒にしたりするのなんて日常茶飯事。
そんな僕の家に、朝っぱらからタクシーが迎えに来た。まさかとは思いますが・・・。


ひょっとして僕、寝ぼけてタクシー呼んじゃいましたっ?!(焦)


もしも本当にそうだったら、流石にマズイですよね?(汗)
タクシーを待たせているのもそうですが、それだけ僕の夢遊病癖が悪化している、という事になりますから。
まずは携帯の発信履歴を確認し、本当にタクシーを呼んでいたならば、病院に行った方が良いだろう・・・そんな事を考えながら、恐る恐る声を出します。

 僕  「あの、タクシーって・・・」
 男性 「こちら、松本さんのお宅ですよね?(笑)」
 僕  「いえ、違いますけど」
 男性 「あ、すみませんでした~(笑)」


・・・間違いでした(疲)。

こんな感じで朝っぱらからリズムを崩され、何となく今日は低調モード。
それでも気を取り直し、朝一番の外での打合せを終えたら、オフィスに戻り仕事相手に電話をかけました。
そうして電話をしていると、不意に鳴り出す、僕のポケットの携帯。電話を続けながらも、携帯を開き、電話の主を確認します。

『048-755-XXXX』

048・・・携帯でも無いし、きっとどこかの市外局番なのだろうけど、048って一体どこだろう?(悩)

どうにもそれが気になった僕は、仕事相手に『後でこちらからかけ直します』と説明し、一旦電話を切ります。
そしてすかさず携帯の着信ボタンを押すと、「はい」と言って応答しました。
すると、そこから聞こえて来た声は、中年の女性(ってかお婆ちゃんかな?)のもの。かなり聞き取りづらい言葉で、どこの方言なのか全く解りません。

 僕  「もしもし、あの、どちら様でしょう?」
 女性 『(再現出来ないので、標準語に翻訳)えーと、○○さんの携帯ですよね?』
 僕  「いえ、違いますけど」
 女性 『あ、すみませんでした』


・・・間違い電話でした(疲)。

こんな感じで仕事を中断させられ、何となくもう、今日はまともに仕事を続けたくないモード。
なので徐にネットを立ち上げ、『048』がどこの市外局番なのかを調べてみました。
Googleに『市外局番 検索』と打ち込み、出て来たサイトに、先程の電話番号を入力。すると出て来た検索結果は、

[埼玉県/浦和市 大宮市周辺]

成る程、埼玉の人からの間違い電話だったのですね。
『浦和』や『大宮』がどの辺にあるのかは知りませんが、とりあえず東京の北の方でしょう。確か地図では、そんな感じだった気がしますから。
それにしても、今朝といい今といい、何で今日はこんなに間違われてばかりいるのですか?(泣)

今日はきっとあまり調子が良く無い日なのだろう・・・そう思った僕は、それ以降の仕事を、なるべく力を抜いて行う事にしました。
きっとこれは神のお告げだ、『真面目にやったら何かを間違えてしまう』、そう言いたいのだろうと考えて。(←仕事をサボる為の屁理屈だろ:汗)
そうして手を抜いて手を抜いて、いつもの残業も思いっっっ切り適当にこなした結果・・・。



・・・思いの外、仕事が進みました。(←やる気ゼロなのに、何故か数枚の書類を完成させてしまって、逆に困惑している男:笑)



何だか今日は、朝からずっと変な一日でしたね~(汗)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-01-25 23:41

大雪

今話題の中国系検索サイト、『百度』を試してみました。

結果、思っていたよりもスムーズですね。Googleみたいに余計な『類似ワード』まで出て来ないし、スピードも割と速いし。
でもあの左側の『検索ワードランキング』は、全く信用出来ませんね。何しろ、アクセスするたびにワードがコロコロ変わりますから。
その証拠。

これらは今日、百度に3度アクセスした、そのときに検索ワードランキングで1位として表示されていたものです。

・国際結婚
・確定申告
・1リットルの涙


これらのワードが、それぞれの時間帯でランキング1位って、どう考えても不自然ですよね?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


テレビや新聞でも話題になっておりますが、今日の北海道、大荒れでございます(汗)。

きっと、テレビの映像なんかでは解らないでしょうね、この厳しさ。
風は強いし雪は横殴りだし、足元はぬかるんでザクザク、ちょっと歩いただけで靴下までびしょ濡れです。
でも、こんな天候でも仕事は休めませんし、買い物にも行かなければなりません。いっその事、道民は冬場、冬眠する事にすれば良いのに(ボソ)。

で、こんな悪天候の中なのに、昼休みに近所のスーパーに買い物に行ったのですよ。
路面は雪でザクザク状態、轍にハンドルを取られる事も厭わずに、本当に必死の想いで。(←酒が切れてたからね)
そうして、ようやく辿り着いたスーパー。いつもの様に、屋上駐車場に車を停め、店の玄関へと向かいました。

それにしても、今日は本当に酷い雪!
ただ降り方が激しいだけならばまだしも、中途半端に気温が高い(久しぶりのプラス気温)せいで、屋上は水浸しになっていたのですよ(汗)。
そんな中、少しでも靴を濡らさない様にと、慎重に道を選びます。出来るだけ雪や氷の上に足を乗せ、水溜まりに足を落とさない様に。

そうしてようやく店の玄関に辿り着き、取っ手に手を掛けます。
が、力一杯に引いても、一向に開かない扉。
不審に思い、視線を上げます。するとそのガラス扉には、こんな貼り紙が・・・。


『悪天候により閉鎖中 反対側のドアをご利用下さい』


かなりデカデカと書いてあったのですが、なにしろ酷い吹雪で、その瞬間まで『貼り紙』に気づいていなかったのですよ。
まさか、こちら側のドアが封鎖されていたなんて・・・。
こんな事ならば、反対側のドアの方に車を停めていたのに!(怒)

ってまあ、それはともかく、閉鎖では仕方がありません。
何しろ短い昼休み、こんなところでモタモタしている訳には行かないと、急ぎ反対側の扉へと向かいました。
そうして向かった反対側。先程のガラス扉の向こうには、すぐ近くにその扉が見えていたのに、何故か外側からだと随分と遠く感じられました。

が、とにかく今は、考えている時間が惜しい!

屋上で溶けた雪により、びしょ濡れになったスニーカーを引きずりながら、急ぎドアへと向かいます。
時間が無い、時間が無い・・・そう心の中で呟きながら。
そうしてようやく壁を回り込み、その先に見えた風景に、思わず脱力。

成る程、随分と遠く感じると思っていたら、こういう構造だったのですね。
d0044012_2332297.jpg
←赤い線が、僕が辿った軌跡です。
反対側に回り込めば、あっという間にドアに辿り着けたのに、わざわざ遠回りをした・・・と。
うん。

ただでさえ時間の無い昼休み、靴下までびしょ濡れにしながら、僕は・・・。_| ̄|○

---

悪天候のせいで、片方のドアを閉鎖するのは、仕方の無い事だと思います。
が、入り口がこういった構造になっている場合には、最低限、ドアの前に『矢印』を付けておくべきだと思いませんか?

こちら側(右の方)に回ってください・・・と。

どう考えたって右の方が近道なのですし、片方のドアを閉鎖しなければならない程の悪天候に、お客様を遠回りさせるなんて酷い話ですからね?
特に今日の様な、屋上の駐車場が、『全面水溜まり』みたいな天候の日には。。。



今日の北海道、天候は大荒れ。

そして僕のスニーカーと靴下も、昼休み終了時には、大荒れの大惨事でした(泣)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-01-24 23:36

ブレーキは『警戒色』で

『浅野忠信』って、何となく古風な名前だと思いませんか?

何となく、浅野内匠頭とかの血を引いていそうで、関ヶ原の戦いとかにも参加していそうなイメージ。
もちろん東軍。そしてその正体は、実は東北辺りの大名様だったりして(笑)。
で、『実際には本当はどんな血筋なのか?』が知りたくて、ちょっとばかり調べてみたのですよ。『浅野忠信』でググッて。すると・・・。

 浅野忠信(あさのただのぶ 1973年11月27日生)
 本名、佐藤忠信(さとうただのぶ)。神奈川県横浜市南区出身。神奈川県立磯子高等学校出身。
 祖父はネイティブ・アメリカン(インディアン)。1995年、歌手のCHARAと結婚。血液型A型。(by.Wikipedia)


祖父がインディアン・・・彼の血筋は、僕の想像を遙かに超えていました(汗)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昼食を終えて職場へと向かう途中の道、赤信号で止まった目の前に、『変な車』を見付けました。

ってまあ、ただのワンボックスカーなのですけどね? 車種は解りませんでしたが、マツダのボンゴとか、ステップワゴンみたいな感じの。
で、僕がその車を『変な車』と思った理由は、とっても単純。
その車のウィンカーが、『真っ赤』だったからです。

運転免許を持っている人ならば、当然ご存じでしょうが、通常のウィンカーは『オレンジ色』です。
これは恐らく、日本の法律で定められている事なのでしょう。ライトは白か黄色、ウィンカーはオレンジ、ブレーキランプは赤、と。
だからどんな車も、ウィンカーはオレンジ色。多少の濃淡の違いはあれど、『その他の色』のウィンカーを付けている車など、存在しないのです。

なのに、僕が今日見掛けたその車には、『真っ赤なウィンカー』が付いていた。
それは一体何故か?
・・・ってこんなの、考えるまでもありませんね(笑)。ええ、理由は恐らく、


その車のオーナーが、自分で色を塗った(若しくはパーツを取り替えた)。


まあ、結構いますからね? こうしてランプ類の色を変える人って。
他の車とは少し違った『個性』を求め、クリアガラスに交換して、中の電球だけオレンジ色に取り替えたりする人たち。
このパターン、白い車に乗っている人に多いですよね? ボディの白に合わせ、ランプ類のガラスを交換して、外観を白で統一するパターンが。

でも、『ウィンカーが赤』というパターンに遭遇したのは、僕も今日が初めてですね。
大抵は、ガラスの色は違っていても、光ったらオレンジ色になる様にしておくものですから。
それが今回は、通常時も点滅時も、ウィンカーの色はずっと赤。そのせいで、最初に観たときには、『え、ブレーキランプ?』と思ってしまいましたよ(笑)。

で、そんな珍しいウィンカーを眺めながら、つい昔の事を思い出してしまいました。
今思い出しても腸の煮えくり返る、いっそぶん殴ってやりたいくらいの、キチガイドライバーと遭遇したときの事を。。。

---

これは今から10年近くも前、僕が、『前の前の前の街』に住んでいた頃の話です。(←転勤族です)

季節は確か、秋の終わり頃だったと思います。
その日は珍しく仕事が早く終わり、夕焼けに染まる街の中を、家に向かってのんびりと走っていました。
時刻は丁度、通勤ラッシュのまっただ中。ピクリとも動かない交差点で、僕は前の車のテールランプを眺めながら、本当に『ボーッ』としていたと思います。

渋滞した交差点付近が、ようやく動き出したのは、それから数分が経った頃。
僕も、前の車が進んだのを確認し、ゆっくりとアクセルを踏み込みます。
そこから僕の家までは、あとほんの2~3㎞。渋滞もようやく動いてくれたし、どんなに遅くても20~30分以内には帰宅出来るだろう、そう考えました。

と、そのときです。僕の前を走る車のテールランプが、不意に白く光ったのですよ。

思わず、『これは一体何の光だろう?(悩)』、そう思いました。
何しろ僕の目の前、その光は『赤』でも『黄色』でも『オレンジ』でも無く、純粋な『白』だったのです。
車のランプで『白』といえば、バックランプくらいのもの。しかし前進しているときにそれが光る筈もありませんし、本気で悩んでしまいました。

しかし僕の悩みは、そのほんの0.2秒後、恐怖に変わる事になります。
というのも、白いランプが光った、その直後・・・。


前の車が、急停止していたのですよ!(驚)


ブレーキランプは赤、それが常識。なので僕は、目の前で光った白いランプを、『ブレーキ』と認識出来ていなかったのです。
何か光ったけど、あれは何だろう?・・・その程度の感覚でしか。
しかしそれは、前の車の急ブレーキ! もしも僕が、あと0.1秒でも気づくのが遅れたならば、確実に追突していたでしょう(汗)。

ギリギリでブレーキ操作に間に合ったものの、そのあまりの衝撃に、思わずハンドルに項垂れる僕。
本当に・・・本っ気で怖い体験でした!(泣)

---

で、ちなみにこれ、もしも本当に追突していたらどうなっていたと思います?

事故のきっかけは、ブレーキランプを白に変えた、前の車のオーナーです。もちろんこれは違法ですので、罰せられるでしょう。
が、実は道路交通法上、一番悪いのは『追突した方』なのですよ。
原因を作ったのは前の車なのに、それに関してはただの『整備不良』としかされない。追突した方が100%悪い、それが今の日本の法律なのです(涙)。

まあ今更、『法律が間違っている!』なんて叫ぶつもりはありませんけどね? それを言ったら、ただの電球切れも、とんでもなく重たい罪になってしまいますし。
それに、ランプの色を個性的なものに変えるのだって、別に悪い事とは思いませんよ?
ファッショナブルだし、それだけ車を大事にしているという事ですからね。個性を大切にするのは、決して悪い事ではありませんから。

が、最低限、『光ったときにはちゃんとした色になる』という風にしておいて欲しいのですよ。
普段は白くても、ブレーキを踏んだときには、ちゃんと赤く光る様に。
でなければ、あのときの様に、『不必要な危険』を招く事になってしまいますからね。本当に危険ですから、ブレーキを白にするのは。



ブレーキの赤は警戒色、後続車に『危険を知らせる』ための色。
ウィンカーを他の色に変える事はあっても、ブレーキだけは、ちゃんと赤のままにしておいて欲しいところです。

ええ、心の底から、そう願います(涙)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-01-23 23:20

防犯の意識

本日、1月22日は、カレーの日なのだそうです。
その由来は、

1982年、全国学校栄養士協議会で1月22日の給食のメニューをカレーにすることに決められ、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出された。

82年といえば、僕もまだ高校に上がる前ですから、きっと給食でカレーを食べていたのでしょうね。
ってまあ、あの頃食べていたのは『カレー』では無く、『カレーシチュー』でしたけどね? 僕の頃はまだパン食が基本でしたし、スプーンだって先割れでしたし。
で、それはともかく・・・。

そもそも、『1月22日に一斉にカレーを食べる事になった理由』は、何なのでしょうね?(調べましたが、全く解りませんでした:汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ぶっちゃけ、毎日の昼食を『外食』で済ませる様な経済的余裕は、僕には無いのですよ。(←何だいきなり?:焦)

なので、同僚と一緒に出張先で食べる以外は、基本的にコンビニやスーパーで買ったものが昼食。
それはパンだったりおむすびだったり昨夜の残り物だったり、その日の気分や状況で変化しますが、時間のあるときには帰宅して何かを作ったりもします。
で、今日の昼休みは思いっ切り時間がありましたので、一時帰宅してインスタントラーメンを作る事にしたのですよ。

そんな感じで帰宅し、簡単に食事を終えたら、煙草を一服しながら『笑っていいとも』を眺めます。
(そこで知ったのですが、ケーキの『モンブラン』って、『山』の意味だったのですね。てっきり『栗』の事だと思っていました:汗)
で、昼休みが終わりそうな時間になり、午後の仕事に向かうべく立ち上がりました。テレビを消し、台所の火の元を確認したら、いざ出発です。

玄関の扉を開き、外に出たら鍵を右手に・・・と、そのときです。何やら人の気配を感じ、振り返りました。
するとそこにあったのは、スキーウェアを羽織った、中年と思われる男性の後ろ姿。
その男性を観た僕、自分でも理由は良く解りませんが、瞬間的にこう思ったのですよ。


- この男、犯罪者だっ!(焦) -


そう思った理由は、残業から帰宅した今でも、良く解りません。単なる勘、というかただの妄想、思い込みだったとは思うのですが・・・何だったのだろう?(悩)
ともかく僕は、その男性を観た瞬間、犯罪者(ってかたぶん詐欺師)と思ったのです。
なので、その男性がこれから何をするのか、観察しようと思ったのですが・・・。

悲しいかな、時刻は昼休み終了間近。
不審者見物をしている余裕などある筈も無く、しっかりと施錠をしたら、後ろ髪を引かれる想いでその場を後にしました。
あの男は絶対に犯罪者だ・・・そんな根拠の欠片も無い事を、心の中で叫びながらも(泣)。

そうして職場に向かい車を走らせながら、『もしも空き巣だったら、我が家は大丈夫だろうか?』などと考えました。
ええ、僕はあの男性を『詐欺師』と考えましたが、単純に『泥棒』だった可能性だってあるのですよ(ってか兼業の可能性も)。
なので考えます。あの男性が、僕のアパートのドアを、突破する可能性を。。。

・・・可能性、ゼロだな。

考えることおよそ3秒、そう確信しました。
泥棒がうちのアパートのドアを突破する事は、ほぼ不可能、可能性は限りなくゼロです。

この自信の根拠は、まず一つは、ドアが『鋼鉄製』であるという事。ドリルも通じませんので、今流行りの『サムターン回し』をやる事は、まず不可能なのですよ。
そしてもう一つ、それは僕のアパートのドアの鍵が、『電子キー』だから。一般的な形のキーでは無い為、針金を突っ込んで開ける様な事は、出来ないのです。
これらを複合的に考えた結果、どんな泥棒も我が家のドアを突破する事は不可能・・・絶対に安全だと言い切れた訳なのです。

とりあえず、気にしなくても大丈夫だな(ほっ)。

そう思いながらも、『もしも我が家に泥棒が入ったら、一体どれくらいの被害があるだろう?』と考えました。
まず狙われるとすれば、無造作に置いてある現金でしょう。クローゼットの中の『非常用の現金』数万円と、500円玉貯金の数万円、たぶん合わせて10万円くらい。
家財道具に高級品などありませんから、『物』として盗られるのは、腕時計くらいでしょうか。あとは玄関の水晶玉と、ニンテンドーDSくらいの筈・・・。

こうして改めて考えてみると、我が家って、泥棒に入られても全然困りませんね~(笑)。

そんな事を考えながら、心の中で軽く笑います。
が次の瞬間、とんでも無い事を思い出し、全身から血の気が引きました。
というのも・・・。


貯金通帳と印鑑、家のバッグの中に入れっぱなしだったのですよ!(焦)


しかもそのバッグは、奥の部屋のチェストの上に、無造作に載せた状態。
黒い革製のセカンドバッグですので、泥棒で無くとも、『この中には何か貴重品が入っている』と思う事でしょう。
ええ、実際入っているのですよ、そのバッグの中には通帳と印鑑・・・僕の全財産が!(泣)

もしもあの男が本当に泥棒だったならば、狙うのは僕の家の筈です。
何しろ僕は、あの男の目の前でドアに施錠をし、あの男の目の前で車で外出したのですからね?
確実に留守になっているのを知った泥棒が、それを目の前にして、犯行に至らない筈がありませんから!(泣)

 我が家のドアは鋼鉄製、しかも難攻不落の電子キー。ドアを突破する事なんて、どんな泥棒だって、ほぼ不可能だろう。
 しかし窓は? 単なるガラスで、防犯ブザーなど付いていない。周囲の目を盗みベランダから侵入する事なんて、その辺の中学生だって可能な事だ。
 そして侵入したその部屋には、通帳と印鑑の入ったバッグが置いてある。泥棒が侵入して真っ先に発見するだろう位置に、僕の全財産が。。。


あの男が、本当に泥棒だったらどうしようっ?!(泣叫)


そんな不安を抱きつつも、午後からの仕事を思えば、アパートに引き返す事など出来ません。
悲しい話ですが、それが『サラリーマン』の宿命ですから。
どれだけ不安だろうが、仕事に行かなければならない・・・それが、『食べて行く、生きて行く』という事なのですから(涙)。

きっと、あの男が犯罪者というのは、僕の気のせいだ・・・走りながら、自分にそう言い聞かせます。
が、やはり心のどこかに、微かな不安が。
あの男性は犯罪者だという、何の根拠もない確信だけが、ずっと僕の心を責め続けていたのです。

---

で、いつもの残業から帰宅した今、部屋は何とも無かった訳ですけどね?
通帳も、クローゼットの中の現金も、500円玉貯金もそのままで。
まあ、当然といえば当然ですが(笑)。

しかし、今になって思うのですよ。幾らドアが電子キーで安全だからといって、通帳や印鑑を放置しておくのは、あまりにも不用心だと。
せめて印鑑は、どこかに隠しておくべきですよね? 額縁の裏とか、冷凍庫の中に。(←どちらもバレバレです)
通帳は・・・本棚の小説の間にでも挟めておきましょうかね。とりあえず、僕の大好きな『角川ホラー文庫』の間にでも。(←いや、それブログに書いちゃ駄目だろ:汗)



油断大敵。

僕のだらしなさが最悪の事態を招かない様、最低限の防犯だけは、常に心がけておく事にしようと思います(汗)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2008-01-22 23:28