<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ミカンノウマ

:604194

気が付けば今日は9月30日、明日からはもう10月です。
つい先日までは、毎日が暑くて仕方が無かったのに、月日の経つのは本当に早いものですね。

はぁ、今年も何にも良い事の無い一年だったな~。(←いや、そのコメントは流石にまだ早い)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『神田日勝(かんだにっしょう)』という画家をご存じでしょうか。

東京市板橋区練馬に生まれ、疎開のため北海道は鹿追町へと移り住み、そのまま定住。
農業を生業とする傍ら、『ベニヤ板に直接絵を描く』という独自の油絵のスタイルを確立し、世に認められた人物です。
そうして彼は全道美術協会展などで活躍しながらも、惜しくも僅か32歳という若さで、この世から旅立ってしまいました。

そんな神田日勝の代表作に、『馬(未完の馬とも呼ばれる)』というものがあります。
d0044012_21462529.jpg
これは製作途中で病に倒れてしまった為、胴体の前半分しか描かれていない、正しく『未完の作品』です。
しかし未完ながらも、その独特の風合いと力強さが人の心を捉え、今では『神田日勝記念美術館』のシンボル的存在になっています。

さて、僕がこの絵を知ったのは、中学生くらいの頃でした。
確かテレビで、札幌近代美術館で『神田日勝美術展』が開催されるというニュースが流れていて、そこでこう紹介されていたのですよ。

『あの代表作、未完の馬も公開されています!』

・・・と。

僕の知らなかった、『神田日勝』という画家の名前。
そして画面に映るのは、体の前半分しか無い、不思議な馬の絵画。
聞き覚えの無い画家の名前と、『ミカンノウマ』というその奇妙なタイトル・・・それは妙に僕の興味をそそり、僕は心の中でこう思いました。

『ミカンの馬』って、どうしてミカンなのだろう?(謎)

画面には絵画のみが映されており、肝心の作品タイトルが表示されていませんでしたので、『ミカン』の意味が解らなかったのですよ。
もしもちゃんと文字として表示されていれば悩む事も無かったのでしょうが、何しろあるのはその絵画の画像のみ。
本気でその意味を理解しかねました(汗)。

何しろその絵の持つ迫力は、僕の目には『完成作』としか映りませんでしたからね?
この中途半端な書き方も、きっと画家の意図するものなのだろう・・・そう思ってしまった為、『未完』という漢字が頭に浮かばなかったのですよ。
なので、色々と考えました。ミカンはやっぱり『蜜柑』なのか、それともこの馬の名前が『ミカン』なのか・・・と。

まあ、知ってしまえば、当然のタイトルでしたけどね?
何しろこの絵は、未完のまま終わってしまった、描きかけの絵画だったのですから(笑)。

それにしても、未完ながらもここまで人の心に訴えかけてくるものがある・・・神田日勝という人物は、本当に素晴らしい画家ですね♪

---

温泉に向かう途中、ラジオから、こんな話題が流れて来たのですよ。

『今○×(聞き取れなかった)では、○×(これも:汗)祭りが開催されております。
 ここでは神田日勝の代表作、未完の馬をモチーフにしたクッキーが売られており、大変な好評を博しております♪』


どうやら今日はどこかの町(鹿追町かな?)で何かのお祭りがあり、そこで未完の馬のクッキーが売られている様です。
で、ラジオの説明によると、どうやらそのクッキーは『普通の味』のクッキーなのだとか。

それを知り、ちょっとだけ残念な気分になってしまいました。



どうせなら、蜜柑味のクッキーの方が良かったのに。。。(←だから『未完』だって!:汗)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2007-09-30 21:51

一流偽善者の復活

621167:617188

先週、殻のまま冷凍しておいた栗を、今日2時間半かけて全て剥き終わりました。
本気で疲れましたが、それなりに充実感はあります。
が、どれだけ一生懸命剥いたとしても、結局は栗ご飯にしかならないのですよね~(悲)。

やっぱり、もう生栗を買うのはやめよう。(←本気で懲り懲りの男:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


郵便受けに、一通の封筒を見付けました。

それを手に取った瞬間、思わず僕は、心の中でこう叫びました。
これでやっと、僕の本当の居場所に戻って来られたのだ!(笑) ・・・と。
d0044012_21432365.jpg
これは僕がこの一年間、じっと待ち続けていたもの。
何故なら、僕の予想が正しければ、この封筒の中には『凍結解除』の文字が書かれている筈だからです。
ずっと悩み後悔しながら背負っていた僕の重責、それを一瞬にして払拭してくれる・・・この封筒は、僕の免罪符である筈なのですよ!(笑)

---

昨年の9月19日、ドナーコーディネーターのDさんからかかって来た、一本の電話。
それは悲しくも、骨髄ドナー候補であった僕が、不適格者になってしまったというものでした。
理由は、そのとき僕が服用していた薬のせいです。(※解らない人は、こちらを参照下さい)

アテローム腫という病気、その治療のために服用していた化膿止めのせいで、僕はドナー候補から除外されました。
しかもそれは、そのときのドナー候補から外されたというだけでは無く、


一年間のドナー登録凍結


という、驚くべき処分!
恐らくドナーバンク側としては、たかが化膿止めとは言え、薬である事には違い無いので、慎重を期したのでしょうね。
が、それは『超一流偽善者』を名乗る僕にとっては、あまりにも重すぎる処分。電話でもDさんに、声を荒げて言いましたよ。

「病院の先生は大丈夫だって言っていたじゃ無いですか! 服用期間だってほんの半月程度なのに、何故一年間も登録を抹消されなければならないんですか!(怒)」

そんな僕に、Dさんはただひたすらに謝り続けるだけ。
今考えてみれば、Dさんに責任があった訳でも無いのに、悪い事をしてしまいましたね(汗)。

そうしてドナーになる事も叶わず、ただじっと待ち続けたこの一年間。
ようやく僕は、この場所に戻って来られた。
見えない誰かを救う可能性を秘めた、ドナー登録者としての自分の場所に・・・。

いつもの『骨髄バンク通信(登録者に定期的に送られて来る会報誌)』とは明らかに違うこの封筒。
この中にはきっと、こう書かれている筈です。
『一年間の凍結が解除となりましたので、今後もドナーとして続けて行く意思があるかの、ご確認をさせて下さい』、と。

今後もドナーを続けるか?  Yes or No?
迷う筈はありません。
僕は待っていた。この一年間、じっと『見えない誰かを救う事の出来る可能性』が、僕の中に戻って来る事を。

ドナーになる意思はありますか?


Yes! Yes! Yes!!!


前回は駄目だった。見えない誰かを救う事は出来なかった。本当に悔しくて悔しくて、自分の運命を呪った。
そして、その見えない誰かを想った。
僕が候補から外れ、元気になれたのか? 今は普通に生活出来ているのか? ・・・と。

しかし今は違う。
また『誰か』を救う可能性を持った立場に戻って来られた。
もしもまたドナー候補の通知が来たならば、僕はもう決して薬を飲んだりはしない! その『誰か』のために自分に出来る全力を尽くす意思がある!


超一流偽善者のプライドとして、同じ失敗は二度としない!(気合)


そう心に固く誓い、そっと封筒にハサミを入れます。
そして、中に入った薄い紙を取り出し、深呼吸。中に書かれているだろう『凍結解除』の文字を探しました。
するとそこに書かれていた文章は・・・。
d0044012_2144357.jpg
ただの、登録内容の確認だけでした(汗)。
(※電話番号が間違っていたので、先程ネットで修正しておきました)

そこには『凍結解除』の文字など無く、ただ住所と電話番号が記載されているだけ。
恐らく意思確認も糞も無く、時間が経てば、勝手に登録が戻るシステムになっているのでしょうね。
何だか、封筒を観ただけでこんなに盛り上がっていた自分が、馬鹿みたいです(汗)。

でもまあ、自分がドナー登録者に戻っているのは間違い無さそうですので、まずは良しとしておきましょうか。



さて、次にあの大きな封筒(ドナー候補決定通知書)が来るのは、いつの事かな?(笑)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2007-09-29 21:54

最強ぬいぐるみ伝説

:620190

・巨峰
・豊水梨
・ウィンナーソーセージ
・鮭フライ

今日の試食品は、割と当たりでした♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昼休みがもうすぐ終わろうという時間、フジテレビの『笑っていいとも』を観ていました。

出演していたのは、つい先日結婚したばかりの小池栄子。
どうやら、『小池栄子に問題を出して、正解出来なかったら○が付くビンゴ♪』みたいなコーナーをやっている様でした。
で、その中の問題に、

 Q.怪力女優 小池栄子の握力は、30㎏以上あるか?

という、もはやクイズじゃねーだろこれ?!(焦) みたいなものが出て来たのですよ。
で、幾ら女性でも握力30㎏未満という事は無いだろう・・・そう思っていたのですが、実際に計測してみたら29.6㎏! 30㎏無かったのです。
これは小池栄子がたまたま力が無かっただけなのか、それとも女性のパワーはその程度なのか、少々気になって調べてみました。

で、ネット検索で出て来た数値がこれ。

 歳  男 / 女(kg)
 10 17.79 / 16.61
 15 39.14 / 25.84
 20 46.16 / 28.11
 25 47.69 / 28.87
 30 48.89 / 30.15
 ←男女とも、30歳前後が一番強い様ですね。
 35 48.19 / 29.77
 40 48.29 / 29.87
 45 46.82 / 29.52
 50 45.34 / 28.29
 55 43.80 / 26.96
 59 41.32 / 25.56


驚いた事に、女性の数値のほぼ全てが、30㎏を切っていたのですよ。
しかも、男性の数値に目を向けてみると、どの年代も50㎏を切っている状態。
僕の友人に握力50㎏未満の人間などいませんが、平均するとこんなもの・・・日本人のパワーって、僕が思っていた以上に貧弱だったのですね~(驚)。

ちなみに僕の握力は、20代半ばの全盛期の頃で、最大65㎏くらいありました。
やけに強いと思われるでしょうが、その頃はウェイトトレーニングをしていて、ほぼ毎日鉄アレイを持ち上げていたからです。
それで、妙に握力があった訳ですね。

ってまあ、最近は全く運動していませんので、きっと50~55㎏程度まで落ちているでしょうけどね?
で、仮に僕の今の握力が50㎏だとして、上の表に照らし合わせると・・・40歳の平均値が48.29㎏なら、ほぼぴったりくらいですか。
まあ、とりあえず平均ならそれでいいか。
(何となくこれを書いていて、実際の今の握力を知りたくなりましたが、どこに行けば調べられるのでしょうね?)

ところで握力と言えば、猿は人間の5~10倍もの握力があると聞いた事があります。
これは恐らく、彼らが『樹上生活』をしているからなのでしょうね。
木から木へと手を使って移動する生活、それが彼らの握力を、飛躍的に強化させているのに違いありません。

実際ネットで調べてみると、こんなデータが出て来ました。

 チンパンジー・・・200㎏
 ニホンザル・・・300kg
 オランウータン・・・300kg
 ゴリラ・・・500kg
 コアラ・・・1t


人間に近いとされるチンパンジーで、握力はおよそ200㎏。成人男性の平均が50㎏くらいと考えれば、これは人間の、実に約4倍もの数値です。
で、ゴリラはあの巨体に見合った、500㎏という怪力。そんなパワーで捕まれたら、人間なんて、一瞬でグッシャリですね(笑)。
そしてそのゴリラをも凌駕するパワーを持っていたのは、やはり樹上生活をメインとする・・・。

・・・。


コアラの握力が1トン?!(焦)


d0044012_23105034.jpg
←1トン?

・・・。

・・・。

・・・。

いえ、先にも書きました通り、確かに樹上生活をしている動物は握力が強いですよ?
なので恐らく、コアラの握力もそれなりに強いでしょう。
が、コアラですよ? 天敵もおらず、ただ木の上でボーッと葉っぱを囓っているコアラですよ? そのコアラの握力が1トン?!

・・・。


 まさか~(笑)。


確かに樹上生活する動物ですので、それなりに握力が強いのは本当でしょうが、『握力1トン』は幾ら何でも嘘でしょう。
ええ、そもそもコアラに、そんな握力が必要とは思えませんからね?
仮にコアラの祖先がそれだけの力を持っていたとしても、進化の過程で力は弱まって行った筈。何しろそんなパワー、彼らには必要がありませんから。

ダーウィンの進化論によれば、進化とは、『必要な能力を持った個体が生き延びた結果』です。
そのとき、その環境に最も適した存在だけが生き延び、そうで無かった個体は死に絶えて行った・・・そして、今の生命があるのです。
そうして考えた場合、コアラにそれだけの握力が必要と思いますか? ただユーカリの木に登って、葉っぱを食べるだけの彼らに。

仮にコアラの体重を、最大30㎏程度と考えて、必要な握力はせいぜい200㎏が良いところでしょう。
所詮は『子供をおぶって樹上を移動する』程度の運動しかしないのです、それ以上あっても、何の意味もありませんから。
なので、1トン以上の握力があるというのは、真っ赤な嘘! 誰かが流したデマに違いありません。

でも、もしもコアラの握力が本当に1トンあったなら、それはそれで面白いですね(笑)。

 ゴリラと腕相撲をして軽く蹴散らしてしまうコアラ。
 ベンチプレスで軽々と乗用車を持ち上げてしまうコアラ。
 張り手一発で朝青龍を吹き飛ばすコアラ。

ぬいぐるみの様な愛らしさで、本当は凶暴なコアラ。
少しでも怒らせたら、翌日の朝刊に『動物園の飼育係、コアラに絞め殺される』のニュース。世界中が騒然・・・全米が泣いた!



誰が流したのか知りませんが、このデマ、最高♪

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2007-09-28 23:16

もう一つの選択肢

:620174

このド腐れ公務員めっ!!!(←今日、何かあったらしい:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕は、らっきょう(辣韮)が苦手です。

まず駄目なのが、あの独特の香り・・・何となく鼻を抜ける様な、あの香りが駄目なのですよ。
甘いんだか辛いんだか苦いんだか良く解らない味も駄目だし、中途半端にシャキシャキした食感も、あまり好きではありません。
なので、余程の事が無い限り、自ら進んで食べる事はありません。そもそも、らっきょうなんて、栄養があるのかどうかも解らない食材だし。

思えば僕は昔から、香りのきつい野菜が苦手の様です。大葉や紫蘇、それにセロリも苦手だし・・・(汗)。

あ、でも調理法によっては、食べられるものもあるのですよ?
セロリに関しては、ミネストローネを作るときなんかは入れた方が絶対に美味しくなりますし、紫蘇入りの梅干しは大好物です。
イカ刺しに大葉が入っているのも、全然平気で食べられます。

つまり、僕が嫌いな食べ物は、香りの強い『生野菜』という事ですね。

で、そんな僕が『大嫌いならっきょう』を食べたのですよ。普通の、漬け物の奴を。
そうしたら、食べる前に想像していた通り、やっぱり不味かったのです。
これは『苦手意識』とか『食わず嫌い』では無く、きっと本当に駄目なのでしょうね。体質的に受け入れないのでしょう、きっと。

・・・どうしてこんなに不味いものが作られているのだろう?(疑問)

こんな事を書くと、らっきょう好きの人に怒られてしまうかもしれませんが、本気でそう思うのですよ。
何故わざわざあんなに手間暇を掛けて、こんなにも不味いものを作るのだろう? ・・・と。
(※らっきょう漬けは、作るのにとても手間のかかる食べ物です)

らっきょうを食べた後、口直しに『長芋の天麩羅』と『ポークソテー』を食べました。
なのに、どちらも美味しかったのですが、どうにも最初に食べたらっきょうの味が舌に残ってしまって、充分にその味を愉しめなかったのですよ。
これでも一応、なるべく、一番小さいらっきょうを選んだつもりだったのですが・・・いやあ、らっきょうって味の強いものですね~(汗)。

らっきょうさえ無ければ、もっと美味しく食べられた筈なのにな・・・(悲)。

食べたばかりのポークソテーを横目に、軽く溜め息。そのまま、とぼとぼと歩き出しました。
そうして辿り着くと、ポケットから財布を取り出し、クレジットカードを抜き取ります。
それをレジのおばさんに差し出しながら、ふと、こんな事を思いました。

良く考えてみたら、『食べない』という選択肢もあったのだな・・・と。

 そこにある食べ物は、可能な限り、残さずに食べる。
 その食べ物がある事に喜び、それを育ててくれた人と、調理してくれた人への感謝の念を決して忘れない。
 漬け物の一枚、茶碗に付いた米の一粒すらも、大勢の人々の努力と苦労の結晶である。


昔から、ずっとそう思って来ました。
だから僕は、余程の事が無い限り、食べ物を残しません(※宴会料理は除く)。
何しろ勿体ないですし、そうしなければ、一生懸命作ってくれた人に顔向け出来ませんからね?

でも良く考えてみたら、あのらっきょうに関しては、そこまで意地になって食べる必要は無かったのですよ。
ええ、食べずにそのまま素通りしたって良かったのです。
実際殆どのお客さんが、そこに置かれたらっきょうに手を付けず、そのままスルーしていましたし。



『試食品を見つけたら、それがどんなものであれ、食べておかなければ気が済まない』



・・・この貧乏人根性、どうしたら治るでしょう?(汗)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2007-09-27 23:06

何となく不安にさせるワカメ

:622178

残業帰り、とても綺麗な月を観ました。
今日が満月かは知りませんが、それは本当にまん丸で、吸い込まれそうなくらいに美しく感じられましたよ♪

十五夜は昨日だけど。(←綺麗だったなら、それでいいじゃん)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕が子供の頃、ワカメ(若布)は茶色でした。

・・・って、いきなりこんな事を書いても、これを読んだ人は『はぁ?:悩』の状態ですよね?(笑)
まあ、これには特に深い意味がある訳では無く、今書いたその通りの意味です。
というのも、恐らく僕と同年代以上の人ならば知っていると思いますが、昔の乾燥ワカメは本当に茶色かったのですよ。

(※信じられない人は、お爺ちゃんやお婆ちゃんに聞いてみて下さい。たぶん、『ワカメは茶色』と答えると思いますので)

しかし、現代のスーパーで売られている干しワカメは、殆ど全てが緑色のもの。
茶色のワカメが売られている場面など、僕もこの数十年、一度もお目にかかった事がありません。
昔は茶色しか存在しなかったのに、今はどこにも無い。・・・それは何故か?

理由はとても単純、『茶色のワカメは作るのに手間がかかるから』です。

そもそも何故、スーパーに売られているものは緑色なのか? その理由は、製作工程の違いにあります。
実は現代の乾燥ワカメは、ワカメを乾燥させる前に、一度茹でているのですよ。で、ワカメを始めとする海草類は、茹でると緑色に変色するのです。
それを乾燥させれば、乾物になったワカメも緑色になる。実に、単純な理屈です。

それに比べ、僕が子供の頃に食べていた(作られていた)ものは、生のまま天日で乾燥させていたもの。
生を天日干しするか、茹でてからドライヤーで乾燥させるか・・・色の差は、そこで生まれるのです。

昔ながらのくすんだ茶色のワカメに比べ、現代の茹で干しワカメは、色鮮やかで目に美しいもの。
しかしその風味は、昔の天日干しされたものとは比較にならないくらいに、味気ないものとなってしまいました。
確かに天日干しは時間もかかるし、大量生産の為には、茹で干しにするしか無い・・・解りますが、昔の味を知っている人間にとっては、寂しい限りです(悲)。

ってまあ、昔の味を懐かしむのはともかくとして。。。

実はここ最近、毎朝の様にワカメを食べています。
以前、『ここのところ、朝食にリゾット(ってかお粥?)を食べるのに凝っています♪』と書きましたが、実はその具材に使っているのですよ。
リゾットの具にワカメなんて変に思われるかもしれませんが、歯触りが良くて、意外に美味しいのです♪

[ちなみにレシピ]
 (寝る前に)鍋に水を入れ、肉や魚や野菜等の好きな具材を入れ、火にかけます。
 沸騰したら、そこに適当に砕いた乾燥若布を入れ、火を止めて蓋をします。
 朝になったら再び火にかけ、レンジで加熱したご飯を入れます。
 軽く塩胡椒し、カレー、シチュー、ハヤシ等のお好みのルーを入れたら、完成です♪

朝起きたら火を点けて味付けするだけの、簡単リゾット(ってかお粥?)。
起き抜けの胃にも優しいし、昼食までの腹持ちも良い一品。
何より嬉しいのは、鍋を沸騰させている間、歯磨きや髭剃りなどの他の作業が出来る事ですね。ええ、忙しい朝にぴったりです♪

で、そんな感じで、ほぼ毎朝食べている乾燥ワカメ。
勿論それほど高級な品では無く(ってかワカメに高級品なんてあるのだろうか?:悩)、100円ショップで買って来た安物です。
乾燥ワカメなんてどれも味は変わらないし、安い方が良いだろう、そう思っていましたから。

・・・つい先程、乾燥ワカメの袋の裏側に書かれた、これを読むまでは。
d0044012_22585919.jpg
いえ、別に国産だろうが輸入品だろうが、どうでも良いのですけどね?
どうせ海草なのだし、栽培している訳では無いだろうし、危険な農薬など使える筈もありませんから。
でも・・・。

『これは中国で採取されたものですが、大丈夫です♪』



こういう書き方をされると、これを食べるのが、逆に不安になると思いませんか?(汗)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2007-09-26 23:05

火星の穴

:616186

今日は十五夜なのに、満月じゃありません。(←十五夜は必ず満月だと信じていたので、ちょっとショックな男:笑)
で、そんな日ですので、ラジオの天気予報からもこんな話題が。

『今夜は全道的に曇が多いですが、現在の天気図から予測すると、日付が変わった頃には中秋の名月が観られそうです♪』

日付が変わってからって・・・もう十五夜終わってるじゃん!(汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


注:今日の記事は、宇宙に興味が無い人にとっては、たぶん読むのが苦痛なだけです。(←久しぶりの警告文だね:笑)

---

今朝、出勤前に見掛けたフジテレビの『とくダネ』という番組で、とても興味深いニュースを目にしました。
しかし何しろ時間が無く、最後まで観られなかったので、職場に行ってからそのニュースを検索してみたのですよ。
で、出て来たのがこれ。


【火星:洞窟か、穴7カ所発見--米探査機が写真】
 米航空宇宙局(NASA)は21日、火星周回探査機マーズ・オデッセーが軌道上から撮影した火星表面の写真に、
 地下の洞窟の開口部とみられる地形が7カ所見つかったと発表した。
 専門家らは「過去に洞窟内で生命が存在した可能性もある」と指摘している。

 問題の開口部は南半球の極付近にある火山「アルシア山」の斜面にあり、直径約100~250メートル。
 「セブン・シスターズ(7人の姉妹)」と命名され、それぞれに女性の名がつけられた。同山の頂上は周辺の台地より約9000メートル高い。

 マーズ・オデッセーに搭載された赤外線カメラで昼夜の温度差を計測したところ、周辺の地表より昼は温度が低く、夜は高いことが分かった。
 米地質調査所の研究者らのチームは、地下にある洞窟の開口部だと推測している。
 (毎日新聞 2007年9月22日 東京夕刊)



何と、火星の地表面に、直径100~250mもの穴が見つかったと言うのです!(驚)
d0044012_2327971.jpg
←ネットで拾った、その写真。
写真を観ると、確かに他のクレーターとは深さが違う様子。
これまでも『人面岩』だの『ピラミッド』だの怪しい話が多かった火星なだけに、そのまま信じるのは憚られますが、面白い話題なのは確かです♪

- 火星に穴が空いている。

そう聞いて、夢のある人が咄嗟に考えるのは、『中に何かいるかも♪』なんて事ですよね?(笑)
今朝の『とくダネ』でも、小倉アナが『中に宇宙人がいる』なんて事を言っていましたが、まあ彼は馬鹿なので放っておきましょう。(←おい:汗)
それはともかく、実は僕も、全く同じ事を考えました。ええ、『中に何らかの生物がいるのでは無いか?』、と。

と言っても、僕が想像したのは『カビ』や『苔』の様な、とてもシンプルな生命体の姿でした。
ええ、それは現在の地球の植物ほども進化していない、『最も単純な生き物』の形です。
そう考えた理由は単純ですが、

・火星の大気はとても希薄である
・その大気の大部分が二酸化炭素で構成されている
・昼と夜の温度差が150℃もある


これを地球の常識に照らし合わせた場合、もしも二酸化炭素により呼吸する生命であるならば、動きは極めて鈍重(若しくは動けない)な筈。
そして、この温度差に順応するのですから、体にあまり水分を持たない生命である筈です(でなければ熱膨張に耐えられないから)。
結果、もしもこの穴の中に生命がいたとしても、それは乾燥した生命・・・カビの様なもの、と想像した訳です。

ってまあ、これはあくまでも『地球の常識』に当てはめた場合ですけどね?
もしも『二酸化炭素をエネルギーにして活発に活動出来る生命』というのがいるのであれば、勿論、火星人がいる可能性だってゼロではありません。
(まあ、そんな生命がいるなんて、僕には思えませんが)

で、生命がいるかどうかの与太話はともかく、そもそもこの穴は何なのでしょう?
パッと想像出来るのは、『クレーター』か、若しくは『火山の噴出口』といったところでしょうか。
まあ、穴が真円に近い事を考えれば、火山というのは少々考えづらいですので、どちらかと言えばクレーターの方が可能性が高いかな?

しかし写真を観る限り、明らかに他のクレーターとは深さが違う様に感じます。

過去の実験より、
・どんな角度で衝突しようとも、クレーターは必ず真円になる。
・衝撃の強さに比例してクレーターは大きくなり、その深さも衝撃力に比例する。

という事が解っていますので、このクレーターだけが深いなどという事はあり得ません。つまり、クレーターでは無い可能性が高いのです。

写真で観た印象では、確かに他のクレーターよりも深そうな感じがしますよね?
ええ、このニュースで言っている通り、『穴』にしか観えません。
記事に『研究者チームは地下にある洞窟の開口部と言っている』と書いてありますし、この時点では、本当に穴が空いている様にしか思えないのですよ。

が、この研究チームが言っているのは、少なくとも半分は間違いです。
何しろ、もしもこれが本当に『洞窟の開口部』であったなら、それが真円になるのはおかしいですからね?

仮に『隕石が当たって、地中の空洞部まで貫いた』というのであっても、真円にはならない筈です。
その場合『地表面の弱い部分を破壊するだけ』ですので、地殻の厚さに合わせ、その形はいびつになるでしょうから。
勿論、『偶然丸く穴が空いた』という可能性もありますが、『7箇所全てが真円』というのは妙な話。ええ、幾ら何でも不自然です。

つまりこの穴の正体は、クレーターでも、洞窟の入り口でも無いのです。

 この穴はどうやって空いたのか?
 穴の中には何があるのか?
 入ったらマルコビィッチになれるのか?(←解りづらいギャグ書くなよ:汗)

考えながら、これを撮影した『探査機マーズ・オデッセー』に意識を向けました。
長さ2.2m、高さ1.7m、幅2.6mの小さな箱。この中には、放射線実験装置や熱放射映像システムなどの、ハイテク機器が詰め込まれています。
その他にもバッテリーや通信機器、機体制御の為の装置etc・・・こんなにも小さな箱の中に、驚く程の機械類が、びっちりと入っているのです。

こんなに小さな箱の中に、機械類がびっちり。
これを設計した人間の心理になれば、『要らないものは徹底的に排除』した筈。
もしも僕が設計者だったなら・・・。

探査機のカメラに、連写機能は付けない。

もしもこの仮説が正しかったなら、探査機のカメラは連写が出来ない=写真は一枚ずつしか無いという事。
そして、過去に火星に行った探査機、マーズ・パス・ファインダー、マーズ・グローバル・サーベイヤーもこの穴は発見していないという事実。
これらの情報から、僕が推理した結論。それは・・・。


本当は、穴なんか無い。


というもの。
恐ろしく突飛な考えではありますが、僕はこの写真を観て、こう考えたのですよ。

・穴に見える物体は、火星と探査機の間に浮かんでいる『宇宙の塵』であり、その影が写真に写っただけ。

穴がほぼ真円に見えるのも、『対象が近すぎてピンぼけしているから』と考えれば簡単に説明が出来ますし、一番の疑問点である、
・何故今まで何万枚も撮影されて来た火星の写真に、ただの一枚も写っていなかったのか?
という疑問も説明出来ます。ええ、今回だけ撮影出来た理由は、『これまでの探査機と撮影システムが違う』からですよ(笑)。

いや~、我ながら面白い仮説を考えたものだ♪

何て事を思いながら、もう一度このニュースを確認してみました。
するとそこには、今朝の僕が見落としていた、こんな事実が。

『昼夜の温度差を計測したところ、周辺の地表より昼は温度が低く、夜は高いことが分かった』

あ、穴が空いているって、ほぼ間違いの無い事だったのですね。
何しろ、宇宙の塵のせいで地表面の温度が変わるなんて事、あり得ませんから。という事は・・・。

はい、僕の仮説、一瞬にして終了~(悲)。
(ってかそもそも、今冷静に写真を見直してみたら、影の方向で『浮遊物体では無い』という事は明白でしたね:汗)

という事で、火星に穴が空いているというのは、どうやら本当の事っぽいです。(←ってかそもそも、NASAの見解に異論を唱えるなよ:汗)
では一体、この穴の正体は何なのか? そして、どの様にしてこの穴は生まれたのか?
う~ん・・・(汗)。



真実は解りませんが、今の段階では、『宇宙人の秘密基地』と思っておくのが一番楽しそうですね♪

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2007-09-25 23:34

特売品の価値観

621166:616191

今更ですが、この↑体脂肪率って、かなり適当だと思いませんか?
(※上に書かれた数字は、『午前:体重62.1㎏・体脂肪16.6%』、『午後:体重61.6㎏・体脂肪が19.1%』という意味です。念のため)
普通、体脂肪率って、一日でそんなに変化しませんよね?

やっぱり電池切れかな?(汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この三連休の最終日は、『栗』だけで終わりました(汗)。

というのも、昨日スーパーで、栗1㎏198円の特価品を見付けたのですよ。
で、早速購入し、昨日は栗ご飯を作った訳です。
しかし昨日使ったのは、買って来た分のほんの一部だけで、まだまだ大量の栗が残っていたのです。

栗は、殻を剥かなければ食べられませんよね?
なので今日は、その1㎏もの栗の殻を一気に剥いてしまおうと、朝10時過ぎから作業に取りかかる事にしたのですよ。

下茹でだけは、昨日のうちにやってありました。
ええ、良く洗った栗を鍋に入れて、水から沸騰させて5分間煮立たせておいたのです。
で、栗ご飯に使う分だけ昨日のうちに剥いて、残りは冷蔵庫で保存。そして今日は、その残りの分の殻剥きをしようと思った訳です。

冷蔵庫から栗を取り出し、軽く水に浸したら、ペティナイフを使って鬼皮(外側の固い殻)を剥がします。
そして次に、渋皮(内側の柔らかい茶色い皮)を剥がして行くのですが、もうこれが剥がれない事剥がれない事!(汗)
鬼皮を剥くだけでも手が痛くなるというのに、渋皮を剥くのに、平均1個5~6分かかるのです。気が付けば、大変な重労働になってしまっていました(泣)。

で、作業開始から実に3時間! ようやく剥き上がったのは、全体量の僅か半分のみです(涙)。
d0044012_21552676.jpg
もう指も限界ですし、剥いたものもそうで無いものも、とりあえず全て冷凍保存しておく事にしました(汗)。

それにしても、殻を剥きながら思ったのは、『これは本当にお買い得だったのか?』という疑問。。。
確かに栗1㎏198円は安く感じますが、この手間を考えると、どうも一概にそうとも言い切れない気がしたのですよ。
何しろ作業時間3時間ですよ? 3時間かけてたったの半分ですよ? つまり残りを剥こうと思ったら、また3時間かかるのです。

仮に僕の時給を、650円としましょう。(←妙にリアルな単価だな:笑)
今日剥いたのは全体量の半分でしたので、栗の単価は購入金額の半分です。
そこに『僕の労力に対する賃金』を加えて考えてみれば、

 650円/時間 × 3時間 + 198円 × 1/2 = 2,049円

500gの栗を食べるのに、かかった金額は2,049円!(驚)
あくまでも計算上の話ですが、たかがこれだけの栗の為に、2千円以上もの金がかかった事になるのです。
これならば下手な生栗に手を出すよりも、『甘栗むいちゃいました』か『瓶詰めの甘栗』を買って来た方が遥かに安価だと思いませんか?!(泣)

・・・ってまあ、そもそも『自分の労力を金に換算する』という考え方が、間違っているのかもしれませんが(汗)。

が、昔の偉い人はこう言っていました。
『時は金なり』、と。
流れ行く時間、それは決して茫洋としたものでは無く、金銭に値する価値のあるものなのだと。。。

僕は今日、栗の殻剥きのために、3時間もの時間を費やしました。
その労力は決して『無価値』なものだった訳では無く、確かにあの特売の栗に『下茹でして殻剥きした栗』という付加価値を与える事となりました。
結果、その僕の行動は、あの特売の栗を決して『お買い得品』では無く、『かなり高価な剥き栗』という立場にまで昇華させてしまったのです!!!

 結論:安いからと言って安易に手を出すな

今回の事で、僕は学習しました。
一見安そうに思える商品でも、それが本当にお買い得なのかどうかは一概には言えない・・・という事を。
そして、半分の殻剥き作業を終えた今、心の底からこう思っているのです。



残りの栗の殻剥くの、本気で嫌っ!(←半ば『残りは捨てるか?』とか思っている男:笑)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2007-09-24 22:03

回数券?

:608181

近所のスーパーで、珍しい試食品を見付けました。
その試食品とは、何とご飯! にぎり寿司くらいの大きさのおにぎりに、ごま塩がかけてあったのですよ。
どうやら『米』のアピールのために置いてあったらしいですが・・・ご飯だけ置かれても、試食する気になれませんよね?(汗)。

確かに美味しかったけど、せめて漬け物くらい欲しかったな~。(←何だかんだ言って、しっかり食べて来た男:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


毎週日曜日(たまに土曜日)は、温泉の日と決めています。

最近僕が気に入っているのは、家からちょっと離れた場所にある、小さな町営温泉。
近所にある大きな温泉も良いのですが、その小さな温泉って、何故だかとてもくつろげるのですよ。
お爺ちゃんしか入っていない様な、田舎の温泉。でも訪れる人が少ないせいか、のんびり出来るのですよね~♪

ちなみに、先日ジッポライターを持ち込んだのも、その温泉です。
何しろこの温泉ならば、湯船の中でライターをゴシゴシ洗っていても、誰にも何にも言われないのですよ。
浴槽の縁で昼寝をしている人もいるし、刺青をしたおじさんも平気で歩いているし、自由度はかなり高めなのです(笑)。

そんな素敵?な温泉ですが、今日そこの券売機の下を観ると、そこに『回数券』のボタンを見付けたのですよ。
今まで5回くらいその温泉に行っていますが、回数券があるのを知ったのは、今日が初めてでした。
値段を観ると、そこに標記されていたのは、通常の入浴料の10倍の値段。なので『きっとこの値段で11回入浴出来るのだろうな~』、そう考えました。

どうせ何度も来る温泉ならば、回数券を買った方がお徳に決まっています。
なので財布から一万円札を取り出すと、券売機の投入口にそれを入れ、『回数券』と表示されたボタンに指を伸ばしました。

ボタンを押しながら考えるのは、『どうやって回数券が出て来るのか?』という事。
というのも、回数券というものは通常、『束』になっているものだからです。
束になったものを出せる券売機など滅多にありませんので、引換券が出て来るのが通常でしょう。それをフロントに渡し、本物の回数券と取り替えて貰うのです。

さて、どんな風に出て来るのかな?(わくわく:笑)
そんな事を漠然と考える目の前、券売機が低く唸りました。

ガキョンッ!

少々間抜けな射出音。
出て来たチケットに目をやります。
すると、そこにあったのはいつも通りの、ただの『入浴券』でした。

・・・あれ? 僕、今、ちゃんと『回数券』のボタンを押したよね?(汗)

回数券を購入したつもりが、出て来たのはただの入浴券。
再び『僕が押したボタン』の文字を観ますが、そこに書かれた文字は、確かに『回数券』となっています。
一体これはどういう事だろう?(悩) ・・・そう思った、次の瞬間。

ガキョンッ!

え?

ガキョンッ!

ええっ?(汗)

ガキョンッ!ガキョンッ!ガキョンッ!ガキョンッ!ガキョンッ!ガキョンッ!ガキョンッ!ガキョンッ!


ええええええええええええええーっっっ!!!(焦)


唖然とする僕の目の前で、連続11回射出される入浴券。
回数券って・・・これ?!(驚)
あまりの光景に、僕が言葉を失っていると、フロントにいた女の子が近づいて来て、

 「回数券をお求めですね? ではこちらの『チケット入れ』をご利用下さい♪」

そう言って手渡されたのは、まるでJRの切符を入れる様な紙の袋。
成る程、どうやらこの温泉の回数券とは、『通常の入浴券が一気に出て来るもの』だったのですね。
で、紙の袋に収納して持ち歩く、と。。。

まあ、とりあえずシステムは解りました。
でもね?

この光景を観ると・・・。
d0044012_21444699.jpg


何となく、『回数券』を買った気がしないのは、僕だけでしょうかね?(←入浴券11枚出されてもね~:汗)

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2007-09-23 21:52

買い物バッグの油断

:619187(←体脂肪、一気に元通り:笑)

先日出したYシャツを取りに、クリーニング屋に行って来ました。
カウンターに立ち、奥を観ると、そこにいたのは前回と同じおばさん
そのおばさん、僕の顔を観るやいなや立ち上がり、名前も聞かずにYシャツを差し出して来ました。

どうやら僕、あのおばさんに、完全に顔と名前を覚えられてしまった様です。・・・別にいいけど。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


三連休の初日、今日は朝からかなりのレベルでグダグダでした(汗)。

朝8時に起きたら朝食を摂り、洗濯を開始。
洗濯が終わるまで、ぼーっとテレビを観ながら、ベッドの上でゴロゴロしていました。
そして目が覚めたら午後1時。気付かぬ間に眠りに就き、貴重な休日を、半日以上も寝て過ごしてしまったのです(汗)。

ってまあ、どうせやる事も無いし、いいか・・・そんな風に自分に言い訳し、洗濯物を干すべく立ち上がりました。

と、いきなり僕の目の前を通過する、小さな黒い点。
どうやら昨日、玄関のゴミ袋の傍で見付けた虫が、まだ家の中をうろちょろしている様ですね。
でもまあ、ゴミ袋は片付けてしまいましたし、奴らに食料は無い筈。放っておけば、2~3日で姿を消してくれるでしょう。

それよりも、さっさと洗濯物を片付けてしまおう。

洗濯機から洗濯物を取り出し、物干しにかけて行きます。
そうして作業を終えたら、今度は台所で洗い物。と言っても、朝食で使った食器だけですので、あっという間に終わってしまいました。

さてと、今日はこれから何をしようかな?

何はともあれ、とりあえず煙草を一服しよう。そう思い、テーブルへと向かいます。
と、そこでゴミ箱の中に、キャベツの芯を発見!
確かそれは、昨日焼きうどんを作ったときに、出て来た生ゴミです。

先程僕の目の前を通過した、小さな虫。
放置しておけば勝手に餓死するだろうと思っていましたが、もしかすると、こうした小さな生ゴミを栄養としているのかもしれません。
という事は、キャベツの芯をこのままの状態にしておくのは、少々危険な気がしました。

よし、買い物に行こう!(笑)

そう思い立ち、早速そこにあったスポーツバッグを手に取りました。
いえ、僕は普段買い物に行くとき、なるべくバッグを持参する様にしているのですよ。
理由は単純ですが、レジ袋を貰いたく無いからです。ただでさえ原油高で石油製品が高騰しているのに、勿体ないですからね、資源が。

タートル号(僕の愛車)に乗り込み、いざ近所のスーパーへ。
スポーツバッグを手に、お買い得品を探し求めます。
もやし、醤油、ジュース、なめたけ・・・目に付くものを適当にかごに入れ、とりあえず今夜のおかずをゲットしたら、レジへと向かいました。

かごをレジの台に置き、財布を取り出します。
そしてスポーツバッグをそこに置き、ジッパーを開・・・。
と、そこで思わず手が止まりました。

・・・しっ、しまった!(焦)

いつもならば、バーコードを読みとった商品を、ダイレクトにバッグの中に入れて貰う僕。
しかし今日はバッグを手にしたまま、レジのおばさんが台の上に商品を置くのを、じっと待ちます。
そして置かれた商品を、おばさんにバッグの中を観られない様に注意しながら、手早く自分でバッグの中に収めて行きました。

クレジットカードを手渡し、精算を終えると、そそくさとその場を立ち去ります。
額からは軽く汗が。バッグの中を観られなくて本当に良かった・・・心からそう思い、また大きく息を付きました(疲)。
というのも・・・。

そのとき僕のバッグの中に入っていたもの、それは何と生ゴミ!(汗)

実は、買い物帰りにコンビニに寄って、そこのゴミ箱に捨てるつもりでいたのですよ。
何しろ、家に生ゴミを置いておいたら、あの小さな虫たちが繁殖してしまうかもしれませんからね?
本当はスーパーに入る前に、車の中に置いて来るつもりだったのに、うっかりそのまま買い物に持って来てしまうなんて・・・我ながら、本当に馬鹿ですよね~(汗)。



それにしても、レジのおばさんに観られなくて、本当に良かった♪

実にくだらない事で、本気で焦ってしまった、そんな三連休の初日でした(汗)。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2007-09-22 21:19

そのときの僕に出来た最大限の優しさ

:619166

↑今更ですがこの数字、僕のその日の、体重と体脂肪率を記録しているものです。
最初の『:』は朝と夜を分けるもの。もしも今日、朝起き抜けの計測をしていたら、『:』の前にも数字が入っていたという事です。
つまり今日のこの数字は、帰宅時の体重が61.9㎏で、体脂肪率が16.6%だった事を意味しています。

記録を始めて数ヶ月、今日、初めて体脂肪率が17%を切りました。
一切運動していないし、食事の量はむしろ増えている筈なのに・・・何故?(←いや、体重計の電池切れだろ?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


近所のスーパーのチラシに『豆腐1パック29円』の文字を見つけた僕は、昼休み、喜び勇んでスーパーへ買い物へと向かいました。

買い物を終えて一旦家に戻ったら、豆腐とエノキダケを冷蔵庫に入れ、冷蔵庫から昼食になりそうなものを取り出します。
そうしてそれを食べながら、今朝寝坊して出来なかった、食器類の洗いもの。
それを終えたらベッドを整えて、周りの物を片付けていると、もう昼休みも残り僅かな時間となってしまいました。

さてと、そろそろ仕事に戻るか。

ポケットから鍵を取り出し、玄関を出ようとすると、そこに置いてあった『燃えるゴミ袋』に小さな虫がいるのを発見!(汗)
前に出してからまだ10日しか経っていませんので、ゴミから虫が湧いたという事は無いでしょうが、何となく気持ちが悪いので処分する事に決定。
ゴミ袋の口をしっかりと縛ったら、それを持ち上げ、しっかりとドアを施錠しました。

そうして向かうゴミ置き場。
そちらに目を向けた瞬間、思わず心の中で、『あっ!』と声を上げました。
というのも、隣の家のベランダから・・・。
d0044012_23171271.jpg
←布団が落ちていたのです。
今日は天気は良いものの、少し風が強かったので、きっと飛ばされてしまったのでしょうね。
で、その家の人は、まだその事に気づいていないのでしょう。
でもまあ、落ちたのが土の上では無く、アスファルトの上で良かったですよね? この程度ならば、軽く叩けば埃も落ちるでしょうから。

まずはそのままゴミ置き場に向かい、ゴミ袋を捨てます。
そして振り返り、またその布団に目を向けました。
確か今日は、午後から雨の予報だった筈。もしもこのまま布団を放置しておけば、きっと大変な事になるだろう・・・そう思いました。

今、この布団が落ちている事を知っているのは、僕だけ。
ならば、この家の人に落ちている事を教えてあげるか、布団を拾ってベランダに戻してやるのが親切というものでは無いのか?

一瞬そんな事を考えながらも、すぐに思い直します。

もしも雨が降って来れば、今ベランダに干してある布団だって、びしょ濡れになる筈。なので当然、雨になれば、家人が回収に来るでしょう。
という事は、今はこれに気づいていなくとも、そのときに必ず気づく筈です。
ならばわざわざ教えずとも、このまま放置しておいても、問題無いだろうと思いました。が・・・。

もしもこの家の人が、留守だったら?

ベランダに布団が干してあるからと言って、必ずしも誰かが家にいるとは限りません。
今日は午後から雨の予報ですが、朝は割と天気が良かったですし、天気予報を知らずに出掛けた可能性だってありますからね?
もしもそうなら、やはり拾ってやるべきでしょう。何しろベランダで雨に打たれるのと、地面で雨に濡れるのとでは、ダメージが全く違いますから。

どうする? やっぱり拾ってベランダに戻してやる?

布団が干してあったベランダは一階で、手摺りまでの高さはせいぜい2m弱。
なのでここでその布団を拾い、そのベランダの手摺りに戻してやる事なんて、僕にとっては造作もない事でした。
が、やはり躊躇われるのは、『僕がその家の人と面識が無い』という事。その家の住人の顔も名前も、僕は知らなかったのです。

もしもその布団を拾ってあげて、手摺りに掛けてあげているときに、その家の人がベランダに出て来たら?
下手をすれば、『布団を盗もうとしている』と勘違いされる可能性だってあるでしょう。
僕が『下に落ちていたので・・・』と説明し、仮に向こうが納得してくれたとしても、布団を赤の他人に触られるなんて気持ちが悪いでしょうし・・・。

 - 今日は午後から雨の予報。
 - 目の前には手摺りから落ちた布団。
 - しかしそれをやれば、僕が泥棒扱いされる可能性もある。
 - でも雨が降れば、この家の誰かが眠れなくなるかもしれないし・・・。


何しろ短い昼休み、オフィスまで戻る時間を考えると、あまり悩んでいる暇はありません。
すぐに腕時計に目を落とし、時間を計算しました。
布団を手摺りに戻し、布団ばさみを付けるための時間は、かかってもせいぜい30秒・・・拾ったせいで仕事に遅れる、などという事は無さそうです。

・・・拾うべきか、このまま放置しておくべきか?(悩)

悩みながら、また腕時計に目を落とします。
と、そこでようやく気づきました。
今は昼休みの終わり・・・という事は、やはりこの布団は『拾うべきでは無い!』という事に。。。

昼休みの終わり、つまり、もうすぐ午後1時。
僕のアパートの近くは小学校の通学路になっていますので、あと一時間もしたら、下校の子供たちがこの辺を歩く事になるのです。
そして子供たちは、この布団を見つけるなり、口々にこう言って笑い合うでしょう。


 子供たち 「わーい、布団がふっ飛んでるー!(笑)」


ドラゴンボールの孫悟空も口にしていた、日本で最もメジャーな駄洒落。
当然、小学生が知らない筈はありません。
今僕がこの布団をベランダに戻す事は、即ち子供たちのそんな喜び・・・想い出になるだろう出来事を潰す事となるのですよっ!(汗)

 子供たちの、そんな楽しみを奪ってはいけない!
 良識ある大人として、それだけは絶対にやってはいけない事だ!


人として一番大切な事に気づいた僕は、そのときの僕に出来る最大限の優しさとして、布団を放置したままその場から立ち去りました。
ええ、子供たちの、そんな無邪気な笑顔を守るために・・・。



雨が降り出したのは、それから一時間後の事です。あの布団がどうなったのかは、当然、僕は知りません。

独身男の「今晩のつまみ」
[PR]
by crystalgem | 2007-09-21 23:22