<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ルルドの特定

今朝の。

 体 重:65.1㎏
 体脂肪:18.1%

帰宅時。

 体 重:64.5㎏
 体脂肪:18.5%

今日こそは、昨日の売れ残りの鰻が半額になっているだろうと思い、昼休みに近所のスーパーへ行って参りました。
しかしその結果、全てが定価販売。半額どころか、30円引きの商品すら無かったのですよ。
昨夜の閉店間際に、まだかなりの数が余っていましたので、昨夜のうちに全て売り切ったとは思えませんし・・・。

鰻って、安売りしないものなのですかね?(←昨日の残りは、店員が全て買って行ったのでは?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕の顔の湿疹を癒した、温泉についてです。

一昨日の日曜日の記事に、『A温泉かB温泉か解らず、仮にB温泉の泉質が一種類だったとして、確率は1/3』と書きました。
が、訂正します。どちらに転んでも、『確率は1/2』でした。
というのも、今日の時点で、一気に二つのお湯の可能性が消えたからです。

ええ、A温泉に入って二日、今の時点で『顔の湿疹が全く良くなっていない』からですよ。

もしもこの病気に効果のあるお湯が、A温泉のものだったなら、今現在少しでも良くなっていなければおかしいですよね?
何しろ僕は、日曜日に、A温泉の『露天風呂』と『内風呂』の両方に入っていたのですから。
持ち帰ったお湯がどちら(露天・内風呂)のものであれ、もしもA温泉の効能だったのならば、今の時点で良くなっていないのはおかしいのですよ。

つまり、ここで断言出来る訳です。『顔の湿疹に効果のある温泉は、A温泉では無い』と。

そしてもう一つ。どうやらA温泉の露天風呂のお湯は、僕の顔には逆効果の様です。
というのも、昨日から顔の湿疹は悪化して来ている様ですし、しかも温泉水を顔に塗るとヒリヒリと痛むのですよ。
もしも塗って良くなる水ならば、それにより痛みを伴う筈はありませんよね? ええ、持ち帰った温泉水は、真っ赤な偽物だったのです。

と言う訳で、僕の顔の湿疹に効果があるのは、B温泉のお湯という事でほぼ間違い無し。
あとは、『B温泉に何種類の泉質があるのか?』というのが問題でしたので、B温泉のHPを確認してみました。
するとそこに書かれていたのは・・・。

 『泉質:単純泉』

この書き方から察するに、恐らくB温泉のお湯は、一種類のみ。
ええ、もしも複数の泉質があるならば、そう標記するでしょうからね。なので恐らく、この温泉の源泉は一本しか無い筈です。
もしもそうならば、つまり僕の顔の特効薬は、『B温泉にある、たった一種類のお湯』と特定出来た訳です。

ええ、僕の顔の湿疹に効果があるのは、このB温泉のお湯をおいて他に無いのですよ!(笑)

この推論が合っているかどうかは、今度の土曜日に実際にB温泉に行って確かめてみようと思います。
上手く行けば、日曜日には多少なりとも良くなっているでしょうし、駄目ならば変化無しの筈ですから。

でもまあ、恐らくは大丈夫でしょう。
何しろ二週間前、僕の皮膚病は確かに『どこかの温泉』で癒されていたのですからね。
それがA温泉では無いと解った・・・つまり、B温泉以外にあり得ないのですから(笑)。



どうか今度こそ、この原因不明の湿疹が、完治してくれます様に。
そしてB温泉が、温泉水を容易に持ち出せる様な『セキュリティの甘い温泉』であります様に。(←一番のポイントだね:笑)

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-07-31 22:30

『カツ丼』と『カツ重』

今朝の。

 体 重:64.5㎏
 体脂肪:18.4%

帰宅時。

 体 重:64.8㎏
 体脂肪:18.0%

残業を終え、向かった先は、近所のスーパー。特設コーナーを眺めると、そこには普段通りの値段の商品。
気を取り直し、次に向かった先は、閉店間際のもう一軒のスーパー。が、そこでも平常通りの値段の商品。
思わず、特設ブースに蹴りを入れてやりたくなりましたよっ!(怒)

『土用の丑の日の鰻』って、閉店間際でも値引きしないものなのですかね?(←結局何も買わずに帰って来た男:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は若手を引き連れ、一日中、外回りの仕事をして来ました。

午前中の仕事を終え、訪れたのは、とある片田舎の食堂。
丁度昼時に行ったせいか、店内は大賑わいです。
待たされるかな? と思いましたが、幸運にも一番奥の座敷のテーブルが空いていましたので、そこに席を取りました。

「今日は皆頑張ったから、昼食は僕が奢ってあげよう。さあ、何でも好きなものを頼んでいいよ♪」

僕がそう言うと、若手の皆は大喜び。
そして僕も、『たかが昼食で若手を手懐けられれば安いもの♪』と、心の中でニヤリ。
互いの、利害関係が一致した瞬間です(笑)。(←基本、腹黒い男です:笑)

左手にあったお品書きを開き、若手の前へ。そして反対側から、僕もメニューを眺めました。
僕がご馳走する手前、僕もそれなりに『値段の高いメニュー』を頼まなければなりません。
ええ、僕があまり安い物を注文すると、若手が遠慮してしまいますからね。

しかし、値段の高いセットメニューは、食べきれる自信が無いし・・・(汗)。

何しろ僕、普段の昼食はパンやラーメンの様な軽いものしか食べていませんからね。
正直、昼食にあまり重たいものは食べたく無かったのですよ。
なので、なるべく値段が高くて、それでいて軽いメニューは無いものかと、割と真剣にお品書きを眺めました。

今日は土用の丑だし、鰻があったら注文するのにな~(悲)。

そう思いましたが、残念ながらその店のメニューに鰻はありません。
出来れば千円以上で、僕でも食べきれるメニューは・・・。

そう思っていると、若手のA君が、「僕、カツ丼にします!(笑)」と一言。
それが書かれた場所が解らず、お品書きの中を探します。
するとそこに、『カツ重』という文字を発見。きっとこれなのだな、と思いました。

「A君はカツ重ね。それじゃ、B君は何にする? こっちのセットとかがボリュームがありそうだよ♪」

僕が言うと、A君、「いえ、僕が食べたいのは、カツ丼の方です」と訂正して来ました。
しかしお品書きに書かれたメニューは『カツ重』。一体どういう事だろうと、そのお品書きを凝視します。
すると、『カツ重』のすぐ近くに、『カツ丼』という文字があったのですよ。

ははあ、さてはA君、僕に遠慮して安い『カツ丼』の方をチョイスしたのだな?

そう思いました。
大抵の場合、『重』と『丼』があれば、『重』の方が高いのが普通ですからね。
鰻重と鰻丼だってそうですが、基本的に、丼よりも重の方が高級な場合が多いですから。

でも、どうせ僕の奢りなのだから、高い方を頼めば良いのに・・・。
そう思いながら、値段に目をやります。するとそこには、

・カツ重 九八○円
・カツ丼 九八○円

同じ値段? ・・・じゃあカツ丼とカツ重って、何が違うの???(悩)

本気で解りませんでしたので、A君に「これって、何が違うんだろうね?」と尋ねてみました。
するとA君、「う~ん、やっぱり器ですかね?」・・・まあ確かに、パッと頭に浮かぶ違いと言えば、それくらいですよね。

そういえば最近、ネット(だったかな?)で、『鰻重と鰻丼は何が違うか?』という記事を読んだのですよ。
まあ単純に考えれば、『器が違う』というのが最も大きな点。あとは、鰻重が高級品で、鰻丼が廉価っぽく感じるというところでしょうか。
でも値段が違えば、当然の事ながら中身も違う筈。なので僕は、『鰻重は高級な鰻を使っているから高い』と思いました。

が、その記事にはこう書かれていたのですよ。

『鰻丼も鰻重も中身は全く同じ。重箱の方が鰻が多く入り、肝吸いやお新香を付けているので、鰻重の方が値段が高くなっている』

殆どの鰻屋から返って来た答えが、これだったそうです。
何だか、ちょっと意外な感じがしますよね?
庶民向けの安物が鰻丼で、ちょっと高級なのが鰻重だから、良い鰻を使っているのが鰻重というイメージがありましたから。

ちなみに僕は、『鰻丼』というものを、これまで一度も店で食べた事がありません(家ではありますけど)。
せっかく鰻を食べるのならば、多少高くても、『鰻重』を食べたいですからね。
やっぱり高級感から言えば、鰻重ですから(笑)。

で、肝心の『カツ丼』と『カツ重』ですが、やはり器が違うだけなのでしょうか?
まあ値段が同じですので、恐らく中身は一緒なのでしょう。
しかし、もしも中身が同じならば、何故わざわざ二種類のメニューを設定しているのか・・・正直、本気で謎です(汗)。

そうして結局、僕らが注文したのは、全員がカツ丼。
特に深い意味は無かったのですが、単純に、『重箱よりも丼の方が食べやすそう』と思ったからです。
どうせ値段も一緒ですし、味だってきっと同じでしょうからね?(笑)

でも、今になって思うのですよ。せめて僕だけでも、カツ重を選んでいれば良かったな~、と。
そうすれば、この二種類のメニューが、実際に何が違うのか解りましたらからね。
今回の謎・・・これらのメニューが、本当に器が違うだけなのか、それとも何か拘りのある違いがあったのか、を。



もしもまたいつか、あの店を訪れる事があったら、次は『カツ重』を注文してみようと思います。
これで本当に器が違うだけだったら、それはそれで面白いですよね?(笑)
[PR]
by crystalgem | 2007-07-30 23:04

ルルド1/3

今朝の。

 体 重:64.6㎏
 体脂肪:17.7%

夕方。

 体 重:63.3㎏
 体脂肪:18.6%

今日は朝から、投票に行って参りました(笑)。

うちの職場が推しているのは、理由は不明ですが、民主党。(←建設業だからだろ?)
なので当然の事ながら、上からの指令は、民主党に票を入れる事です。
こんな状況ですので、当然、僕が入れたのは・・・。

民主党・・・じゃ無い政党です♪(←おいっ!:汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


二週間前に行った、とある温泉。
その温泉の効能により、病院でも治らなかった僕の顔の湿疹が、とても良くなったという記事を書いたのを覚えているでしょうか?
(※7月16日の記事参照)

しかし症状が良くなったのは、そのときだけ。その三日後には、今まで通りの症状に逆戻りしてしまったのです(悲)。
まあ、当然と言えば当然ですけどね?
医者でも治せなかったこの病気が、たった一回温泉に入ったくらいで、完治する筈なんてありませんから。

が、あの温泉(どっちの温泉か解りませんが)で症状が緩和されたのは本当の事。
なので今日は、この顔の湿疹を完治させるべく、あの温泉へと行って参りました!(笑)

タートル号(僕の愛車)を飛ばし、向かった先は、7月14日に入った山奥の温泉。
ひょっとしたら、15日に入った方の温泉が正解かもしれませんが、何となくこちらの温泉の効能の気がしたからです。
深い意味は無いのですが、何となく、入浴料が高い方が良い温泉っぽいですし(こちらは700円、もう片方の温泉は400円でした)。

家を出て走り出してから一時間が経過した頃、山の中腹に、一人の警備員が立っているのを見付けました。
道路の真ん中に設置されたバリケード・・・何やら、検問めいた事をしている様ですね。

工事中の片側交互通行かな? でも日曜日なのに、どうして作業をやっているのだろう(悩)。

不思議に思いながら、そのバリケードのもとへ。
するとその警備員、僕の車を停車させ、運転席に近づいて来ました。

 僕 「あの・・・何かあったんですか?」
 警 「実は昨日の大雨で、この先の崖が崩れたんですよ。それで今、この先の道が、全面通行止めになっているんです」
 僕 「ええっ! それじゃあ、○○温泉には・・・(汗)」

すると警備員、にっこりと笑い、

 警 「ああ、○○温泉に行くんですか。崖崩れはその先ですから、温泉までなら行けますよ♪」

ほっと胸を撫で下ろす僕。
それと同時に、心の中で、ニヤリ。
この先は、崖崩れで全面通行止め。という事は、つまり・・・。

 警察の取り締まりは絶対に無い!(笑)

そこから先は、制限速度無しのアウトバーン。
アクセル全開で、温泉までのワインディングロードを爆走しましたよ(笑)。

そうして『走り』を堪能しながら、辿り着いた温泉。フロントの男性に入浴料の700円を支払い、早速、露天風呂へと向かいます。
周囲を見渡し、他に客がいない事を確認すると、徐にバッグから取り出したのは焼酎のペットボトル。
お湯の噴き出し口にペットボトルをかかげ、一杯に溜めたら、『顔の湿疹治療薬』の完成です♪
d0044012_2222222.jpg
←またしても温泉に携帯を持ち込んだ男(笑)
こうしてペットボトルで持ち帰れば、家での治療に使う事が出来ます♪
・・・ってまあ、本当にこの温泉のお湯で治ったのかは解らないのですけどね? ひょっとしたら、もう片方の温泉が正解かもしれませんし。
でも、もしもこれで効果が無ければ、来週にでももう片方の温泉に行けば良いだけの事。ええ、単純な話です(笑)。

確率は1/2。でも上手く行けば、これで僕の顔の湿疹が消えてくれるのですよ!(笑)

そうしてペットボトルにお湯を溜めたら、他のお客さんに見付からない様、急ぎ脱衣所のバッグの中に隠します。
顔の湿疹治療薬、4L。これだけあれば、一ヶ月は治療に使う事が出来るでしょう。
毎朝の洗顔後にこれを少量、顔の患部に塗りつけるだけ。上手く行けば、その一ヶ月で完治です♪

こうして顔の特効薬(温泉水)を手に入れた僕は、安心して露天風呂へ。お湯で顔をバシャバシャと洗うと、そこに軽く塩味を感じました。
そういえばここの温泉は『塩泉』でしたね。もしかしたら、この塩分が顔の湿疹に効果があるのかもしれません。
塩分が顔に効く・・・そう思った僕は、再びお湯で顔をバシャバシャ。100回以上も、温泉での洗顔を行いましたよ(笑)。

一頻り露天風呂を満喫したら、今度は内風呂へ。
d0044012_2224593.jpg
←ここでも携帯写真を撮って来た(笑)
この先が崖崩れで通行止めになっているせいか、客は僕一人だけ。こんなに広い内風呂を、独り占めです(笑)。

広い温泉って、やっぱり気持ち良いですね~♪
タオルを頭の上に載せ、大きく伸びをしたら、再び温泉で顔をバシャバシャ。
早く湿疹が良くなるといいな~、などと考えながら、顔を・・・。

と、そこで気付きました。
このお湯で顔をバシャバシャ。が、このお湯・・・塩の味がしない?

一瞬気のせいかと思い、再び顔をお湯でバシャバシャします。が、やはり塩気を感じない。
両手でお湯を掬うと、露天風呂のお湯とは違い、ほんのり薄く白濁しています。それに露天風呂のお湯とは、微妙に香りも違う様ですし。。。
って事は、ひょっとして・・・。


この温泉の露天風呂と内風呂は、それぞれ泉質が違うのでは?!(汗)


僕の顔の湿疹を癒したと思われる、二つの温泉。
ただでさえ、どちらの温泉の効能なのか解っていないのに、その上こちらの温泉だけでもお湯が二種類あるなんて・・・(汗)。
『こっちが駄目なら、もう片方の温泉に行けば良い♪』などと考えていましたが、問題はそんなに簡単ではありませんでした。

何しろ、仮にこの温泉が正解だったとしても、そのお湯が『露天風呂』のものなのか『内風呂』のものなのかが解りませんから!(泣)

とりあえず今日はあの温泉の『露天風呂』のお湯を持ち帰って来ました。
もしもこれで効果が無ければ、次回はあの温泉の内風呂のお湯を持って来るべきか、それとももう片方の温泉に向かうべきか・・・。
悩むところですね(汗)。



あの温泉の泉質は二種類。仮にもう片方の温泉が、一種類の泉質だったとして、確率は1/3。
願わくば、一発で当たりが出てくれます様に(祈)。

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-07-29 22:07

最悪の土曜日

今朝の。

 体 重:64.4㎏
 体脂肪:19.0%

夕方。

 体 重:64.2㎏
 体脂肪:19.7%

明日は選挙ですね。
勿論僕も行きますが、期待はしません。
何しろ明日の選挙、どうせ誰が当選しようとも、世の中は変わりませんから。

どうせ今回の選挙、何の発言力も持たない、貴族院の選挙だし。(←いや、参議院って言えよ:汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝は酷い土砂降りの音で目が覚めました。

時計を観ると、午前7時過ぎ。
せっかくの休みなのに、随分と早く目覚めてしまったものですが、何となくそのまま起きる事にしました。
そうして、昨夜のうちに用意しておいた朝食を温めようと、鍋を火に掛けたのです。

トイレに行き、用を足して、鍋が温まるまでベッドの上でゴロゴロ。
何となく携帯をいじりながら、今日は何をしようかな~、などと考えていました。
そうして気付かぬうちに、再び眠りの中へ。。。

・・・。

何やら香ばしい臭いが鼻につき、目が覚めたのは、午前8時過ぎの事でした。
しっ、しまった!(汗)
慌てて飛び起き、台所へ。するとそこには、真っ黒に焦げた、得体の知れない物体が・・・(汗)。

 - 最悪の一日の始まりでした(涙)。

気を取り直し、朝食を済ませたら、洗濯機のスイッチを入れます。
その間、特売の玉子を買いに近所のスーパーへ。帰宅したら洗濯物を干し、茶碗を洗い、とりあえず今日の日課は全て完了。
今日はこれから何をしようかな~。再びベッドに寝転がりながら、漠然とそんな事を考えていました。

と、不意に外から、ちり紙交換の声が。

『古新聞、古雑誌、空き瓶などがございましたら・・・』

チャンスだ! そう思いました。
何しろ僕の部屋には、毎週買っている漫画雑誌が、約半年分も溜まっていましたからね。
ちり紙なんて要りませんが、とにかく誰かにこの古雑誌を、持って行って欲しかったのですよ(笑)。

窓を開け、ちり紙交換のおじさんに合図をすると、向こうもそれに気づき手を振り返して来ました。
雑誌を窓枠の上へ載せ、こんなにあるんだよ~、という事をアピールします。
そしてちり紙交換のトラックがこちらに来るのを待っていると・・・何故か、その場から遠ざかって行く、ちり紙交換のトラック。

ちょっ、ちょっと待ってよ!(汗)

慌てて雑誌を両手に持ち、玄関を飛び出します。
そして、全速力でちり紙交換のトラックへ駆け寄りました。
すると僕に気付いたそのおじさん、まるで人を馬鹿にする様に、『ダメダメ』とこちらに手を振って来たのですよ。

 僕 「え、雑誌は駄目なんですか?!(汗)」

無言で頷くおじさん。そしてトラックは、そのまま走り去って行きました。
遠くから聞こえて来る、『古新聞、古雑誌、空き瓶などがございましたら~』というスピーカーの声。
古雑誌が駄目なら、セリフから外せよ!(怒) ・・・心の中でそう呟き、とぼとぼと家路へと向かいました(涙)。

そうして部屋に戻ったら、苛立ちげに雑誌を床に叩き付けます。
すると、雑誌の向こうから『ガンッ!』という音。
視線をそちらに。するとそこには、雑誌をぶつけられ、倒れている空気清浄機の姿が。。。

何だか今日はついて無いな~(泣)。

空気清浄機を立て、再び電源を入れようとすると、何故かランプが光りません。
確認してみると、何と『イオン化線』が切れているではありませんか!
(※イオン化線・・・マイナスイオンを発生させる金属製の線)

今の衝撃で線が切れたんだ~(涙)。

泣きそうになりながら、そのイオン化線を握りしめ、電器屋へと走りました。
電器屋の修理カウンターの女の子に、新しいイオン化線を注文します。すると女の子から返って来た言葉は、

『今日は土曜日で問屋が休みですので、問い合わせは来週の月曜日になります』

別に急いでいませんので、パーツが届いたら連絡を下さい。
そう言って、またとぼとぼと家路へつきました。

帰宅しても別にする事も無く、ただベッドの上でぼーっと過ごす僕。
何もする事も無く、ただぼーっと。
・・・。

せっかくの土曜日なのに、今日は朝から災難続き。
こんな日は、家でじっと大人しくしているのが一番なのです。
でも、やっぱりこう思うのですよね~。



あー、無駄な休日だった(涙)。

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-07-28 20:49

今度は納豆三昧です

今朝の。

 体 重:64.4㎏
 体脂肪:18.3%

帰宅後。

 体 重:63.9㎏
 体脂肪:17.2%

昨夜は『豆腐ナゲット』系の手料理を食べましたので、もっと一気に太っていると思っていたのですが、そうでも無かった様ですね。
前回、これ系のメニューを食べて、翌日1㎏増えていたのは何だったのだろう?(謎)
解りませんが、一応書いておきましょうか。7月18日の記事で、誤解を与えてしまった人がいると困りますので。

 豆腐ナゲットは太りません!

とりあえずこれで、このレシピを考えた人へのフォローは完了♪(←何?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨夜まで四日間続いた『豆腐三昧』がようやく終わり、今夜からは自由に好きなものが食べられる様になりました♪
(※豆腐三昧・・・特売の豆腐を4丁も買ってしまい、これを食べきるまで、他のものが食べられなかったという出来事)
何を食べても良いと言われれば、やっぱり最初に食べたいのはパスタ。なので今夜はパスタにしよう! 朝起きて、すぐにそう思いました(笑)。

冷蔵庫を開けると、そこにはキャベツと、昨日の残りの玉葱が。
続けて冷凍庫を開けると、そこにベーコンがありましたので、今夜はこれらを使ったパスタにしようと考えました。
と、そこで気づきます。

 冷蔵庫の中に、納豆が5つも・・・(汗)。

そのうちの3つ(1パック)は、確か先週、100円ショップで50円で買ったものです。
当然ですが、製造されてからさほど経っておらず、まだ瑞々しさを保ったままの状態だと思われます(たぶん)。
が、残りの2つはそれよりも遙かに古いもの・・・恐らく、製造後数ヶ月は経っていると思われる納豆でした。(←最近、冷蔵庫の隅から発掘したもの)

 Q.賞味期限が切れてから、仮に半年経っていたら、その納豆は食べられますか?

この問いに、僕ならば、笑顔でこう答えます。

 A.余裕で食べられます♪

そもそも納豆は、味噌や醤油と同じ、発酵食品です。
これら発酵食品は、製造から何年経過しようとも、『変質』する事はあっても『腐敗』する事はありません。
まあ、カビが生えたら流石に食べられませんけどね? そうで無ければ、基本的に、いつまでも食べられると僕は思っています。

ええ、僕はそう思っています。発酵食品は、基本的に腐らないと。
だから大丈夫です。賞味期限をどれだけ過ぎようとも、食べても全然平気です。
大丈夫です・・・たぶん。

・・・。

ってまあ、堂々とこう書きましたが、冷静に考えてみると、僕はそこまで古い納豆を食べた事がありません!(汗)
ええ、せいぜい賞味期限切れ一ヶ月程度が最高でしょう。
(そのときには納豆の表面に何か白いポツポツとしたものが出ていましたが、納豆の結晶だと思って、あまり気にせずに食べました)

・・・しかし、現代の納豆でも、本当に腐らないのだろうか?(悩)

僕が『発酵食品は腐らない』と思っているのは本当の事ですが、それは『昔の製法で作られていたら』の話。
現代の様な『すぐに添加剤や防腐剤を入れてしまう製法』の場合、喩え発酵食品だからと言って、絶対に腐らないという保証は無いのですよ(汗)。
なので、大丈夫とは思いながらも、念のために調べてみました。現代の納豆が、一体どれくらいの期間、保つものなのかを。

 検索ワード:納豆 賞味期限

すると出て来る出て来る。『教えて!goo』だの『Yahoo!知恵袋』だのに、同様の質問がびっしりです。
で、その回答の殆どが、納豆はどれだけ古くなっても食べられるというもの。中には、一年経った納豆を食べたという強者までおりました(笑)。
やはり発酵食品である納豆は、決して腐る事は無いのですね♪

しかし、確かに腐る事は無い様ですが、そう安心ばかりもしていられない様です。
というのも、今日調べた結果、『腐らないけど不味くなる』という事が解ったのですよ。
理由は、発酵が進む過ぎる事による、臭気の悪化。やはりどんなものにも、美味しく食べられる期限があるという事ですね。

どうせ食べるならば、不味いよりも美味い方が良いに決まっていますよね?
なのでこの納豆は、とっとと食べてしまう事にしました。
ええ、明日から徹底的に、この納豆を手料理してやりますよ!(笑)



冷蔵庫の中に納豆のパックが5つ・・・豆腐三昧の次は、納豆三昧か(汗)。

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-07-27 23:18

スケジュール表の指令 ~幽霊の日~

今朝の。

 体 重:64.0㎏
 体脂肪:19.0%

帰宅時。

 体 重:64.0㎏
 体脂肪:18.5%

安定してますね~。
でも多分、明日の朝は1㎏くらい太っているでしょう。
ええ、前回もこれを食べた翌日は、しっかり太っていましたから(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕が職場に行き、一番最初にする事は、PCの電源を入れる事です。

PC画面にまず立ち上がるのは、今日の予定が書かれた、ポップアップ式のスケジュール表。
それを確認したら、次にメールを立ち上げ、新着メールのチェックをします。
ざっとメールのタイトルを眺め、特に急ぎのものが無ければ、始業時間までIEのお気に入りを閲覧する・・・それが、僕の職場での日課です。

今朝も職場に行くなり、PCの電源をON。
そして、いつも通りにスケジュール表に目をや

・・・何だこれっ?!(汗)


---


僕にはいわゆる『霊感』というものが一切ありませんので、『幽霊の類』など、ただの一度も目にした事はありません。
まあ勘違いをした経験ならば、何度かありますけどね?
例えば、消火栓と女子高生を間違えたりとか・・・って、そんな話、もう誰も覚えていませんよね(笑)。

で、勿論これも勘違いの話・・・いや、これは『白昼夢』と呼んだ方が良いかな?
壮大な『気のせい』、ええ、そんなレベルの話です(笑)。

これは確か、僕が○○市に住んでいたときだから、もう今から10年以上も前の事だと思います。
季節は夏。夏休みで帰省する為、実家に向かって走っている最中の事でした。
場所は定かではありませんが、どこかのトンネルに入ります。そして、トンネル内のカーブに差し掛かったときの事。

カーブの中央付近の壁に、グレーのスーツ姿の中年男性が、立っている『気がした』のですよ。

これは、現実にそこに人が立っていた訳ではありません。
気のせいです、妄想です、そう断言出来ます。
というのも、他ならぬこの僕自身が、『この場所に人間などいない』と認識していたからです。

なのに、何故かそのとき、僕は・・・。

そこには誰もいない。それを理解しながらも、そこにグレーのスーツ姿の中年男性が立っている、という事をイメージしていたのです。

そんな妄想の中、先代のタートル号(僕の昔の愛車)のハンドルを握りながら、そのスーツ姿の男性を一瞥。
カーブを通り過ぎる瞬間、僕は心の中で、こう呟いたのです。

 - こんな場所で事故ってんじゃねーよ、バ~カ!(失笑)

頭の中に浮かぶ、一台の乗用車がカーブを曲がり切れずに壁に激突、大破する映像。
それを思い浮かべながら、一体どうやったらこんな場所で事故を起こす事が出来るのかと、本気で呆れていました。
ボーっとそんな事を考えながら、そのトンネルを通り抜けます。そうして暫く走り続け・・・。

と、そこで我に返りました。
今自分が考えていた事に気づき、思わず身震い。

 ・・・今、僕は何を考えていた?
 ・・・スーツの男って何だ?

 ・・・ってか、激突事故って何?!(焦)



勿論これは全て僕の妄想。長時間、何も考えずに走り続けていたせいで、軽い催眠状態になったものです。
その証拠に、僕はそこに人間などいない事を理解していた。カーブに人などいない事を、はっきりと認識していたのですから。
だから気のせいと断言出来るのです。真夏の炎天下、長時間に亘るドライブをしていたからだ、と。

・・・でもそれが白昼夢だと解っていても、内容が内容だっただけに、それから暫くの間は気持ち悪さが残っていましたけどね?(汗)

あ、一応これ、ノンフィクションです。
このブログは基本的に、嘘は厳禁ですので。

でも本当はこんな話、書きたく無かったのですけどね?
幾ら白昼夢だったとは言え、あまり気持ちの良い話ではありませんから。
が、他の『それっぽい体験』も思い出せませんでしたので、仕方無く今日はこの話題を記事にしたのです。

・・・それにしても僕、どうしてこんな事をしたのだろう?(悩)

解りませんが、何となくメモ程度の意識で打ち込んでいたのでしょうね。きっと、面白いかも? と思って。。。


---


今朝職場に行き、PCの電源を入れると、いつも通りにスケジュール表がポップアップして来ました。
そこに書かれたスケジュール。
午前中に資料を提出し、午後からは外勤・・・そしてその下に、こう書かれていたのですよ。

『幽霊の日』

調べてみると、どうやら今日は、本当に『幽霊の日』の様です。
きっと何かでこの日を知った僕が、忘れない様に、スケジュール表に打ち込んでおいたのでしょうね。たぶん、面白半分で。
それが今朝、ポップアップと共にPC画面に表示されたのでしょう。

でも一瞬、本気で焦りましたよ。今日の予定、『幽霊の日』って何?! ・・・なんて(笑)。

なので、何となく今日はこんな記事にしてみました。
一応スケジュール表に書かれていた事だし、やっておいた方が良いかな~、と思いまして。



これで今日のスケジュール、一応全て完了、かな?(笑)

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-07-26 23:21

副業ドライバー

今朝の。

 体 重:65.1㎏
 体脂肪:17.8%

同僚と飲みに行った帰り。

 体 重:64.2㎏(←本気で、帰宅してすぐ量った体重です)
 体脂肪:18.1%

今日はちょっと色々とありまして、同僚達と一緒に飲みに行って来たのですよ。
まあ、明日も仕事ですので、ほんの軽くですけどね?
殆どつまみも食べず、ただビールだけをひたすら飲んで参りました。

にしても、あれだけ飲んで、何故体重が減っている?!(汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


という訳で、本日は同僚と飲みに行って参りました~♪

と言ってもまあ、上に書いた体重でも解る通り、殆ど何も食べずにひたすら飲んで来た訳ですけどね?
つまみはほどほど、酒は大量に・・・基本です。(←何の基本だ?)
で、酒を飲むのですから、当然の事ながら移動手段はタクシー。ええ、まさか飲酒運転する訳には行きませんからね(笑)。


---


 運 「実は私、タクシーはバイトでやっているんですよ」
 僕 「え、本業じゃ無いんですか?(驚)」

雑談の流れで、そんな話題になりました。

今日僕が乗ったタクシーの運転手さんは、昼間はちゃんとした会社に勤めているのだそうです。
で、会社が終わったら、深夜までタクシーに乗ってアルバイトをしているのだとか。
そんな話をされるので、てっきりどこかの零細企業の社員なのだろうと思っていると・・・。

 運 「お客さん、あそこのビルの屋上に、㈱○×って看板が見えるでしょう?」
 僕 「ああ、あの看板ですね。あの会社って、テレビで派手にCMやってますよね~♪」
 運 「実は私、昼間はあの会社で働いているんですよ。本当はバイト禁止なんで、タクシーは内緒なんですけど(笑)」
 僕 「へえ、運転手さん、あの会社で働い・・・」


何ですと?!(驚)


運転手さんが口にしたのは、会社名は伏せておきますが、日本人ならば知らぬ者はいない程の大企業。
しかもそこの営業担当だと言いますので、普通に考えても、年収は相当なものでしょう。
まあ、ざっと見積もって一千万クラス。最低でも、僕の倍は貰っている筈です。

そんな人物が、どうしてタクシーのバイトなどしているのか?

当然思う疑問です。
なので、さりげなくバイトの理由を尋ねてみました。
すると返って来た答えは、

『子供のため』

運転手さんの口振りでは、やはり会社の給料はかなり良いらしいです。
が、どうやら子供が本州の大学に通っているらしく、学費と仕送りでかなりの出費があるそうなのですよ。
しかも二番目の子供も近々大学に上がるらしく、二人同時に大学に通わせるには、今の給料でも少々厳しいそうなのです。

 運 「一人卒業させて、次の子を大学に通わせるのなら問題無いんですけどね? でも二人同時は、流石に厳しいんですよ(汗)」

そう言って笑う運転手さん。
念のために学費(仕送り含む)を聞いてみると、大学四年間で、ざっと一千万くらいかかるそうです。
それが二人ともなると、これだけの大企業に勤めていても、やはり生活は楽では無いみたいですね。

 僕 「でも、本当はバイト禁止なんですよね? もしもバレたら、あの会社なら、かなりマズイですよね?(汗)」
 運 「マズイですね~(汗)。もしも会社にバレたら、たぶん、ただでは済まないでしょう」
 僕 「間違って同僚でも乗せたら、それこそピンチですね~(笑)」

冗談で言ったつもりだったのですが、運転手さんから返って来た言葉は、

 運 「ああ、私のタクシーを止めようとした同僚がいましたよ。目の前で、手を上げて」
 僕 「ええっ?!(驚) で、どうしたんですか?(汗)」

すると運転手さん、笑いながら。

 運 「勿論、顔を背けて逃げましたよ。ええ、全速力でね?(笑)」


---


今日出会った、あの運転手さんの言葉。
昼間は一流企業で働き、夜はタクシードライバー・・・あれが真実なのか、客を退屈させないための嘘なのかは解りません。
が、僕は心の中で、こう叫びたい。



運転手さん、愛する子供のために、頑張れ!(笑)

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-07-25 23:29

超特価?

今朝の。

 体 重:64.6㎏
 体脂肪:17.7%

残業帰り。

 体 重:64.1㎏
 体脂肪:18.2%

仕事で、少々ヤバイ事態に陥ってしまいました(汗)。
状況が状況なだけに、記事にする事は出来ませんが、本気で非常事態です!
もしも明日更新しなかったら、この状況から逃げ出したか、青木ヶ原樹海に向かったと思って下さい。(←割と本気:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スーパーの値引き商品を観ると、ついつい買いたくなってしまうのは、人間の性でしょう。

そんな値引き商品の中でも、特に嬉しいのが、スーパーの閉店間際に貼られる『半額』のシール。
『100円引き』や『30%オフ』の文字も確かに嬉しいですが、やはり『値段が半分になる』という魅力には叶いません。
仮に500円の商品があったら、250円で購入出来る・・・これはつまり、定価の250円引きという事。100円引きのシールなんて目じゃありませんからね♪

但し、ここで一つ注意をしなければならない点があります。
それは、『その半額の商品の、元の値段は幾らか?』という事です。

例えば、鶏胸肉が半額になっていたとしましょう。
しかし半額だったからと言って、すぐに手を出してはいけません。
何故ならここで、『元の値段』をチェックをする事こそ、最も重要だからです。

まずはグラム当たりの単価を確認しましょう。
もしも100g68円と標記されていたならば、その半額ですので、その商品は100g当たり34円という事になります。
この場合、この半額商品は全くお買い得ではありません。何故ならば、僕の近所のスーパーでは、たまに100g28円まで下がる事があるからです。

特売の日に100g28円で買えるのに、それよりも高い『古くなった半額商品』を買うなんて、納得行きませんよね?

この様に、喩えその商品が半額になっていたとしても、本当にお買い得かどうかは解らないもの。
ええ、ちゃんと確認しなくては、逆に損をしてしまう事だってあるのですよ。

実際、僕がいつも行っているスーパーでも、よく手羽先が半額で売られています。
その元の価格は、決まっていつも100g当たり128円。その半額という事は、100g64円という事になります。

賞味期限切れ間近の鶏手羽先が、100g64円・・・却下ですよね?


---


今日仕事をしていると、不意に携帯のベルが鳴りました。

・・・しまった、マナーモードにするのを忘れていた!(汗)

慌てて、ポケットから携帯を取り出します。
そして急ぎマナーモードへ。
携帯を開き、今のメールを確認すると、それは本州に住む僕の友人からのもの。

『これ、幾らだと思う?』

そんなタイトルで、添付写真が一枚。
すぐにその写真を開きます。するとそこには・・・。

d0044012_22491051.jpg



本当にこれ、幾らなのだろう???(悩)

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-07-24 23:02

手放したくない蛍光灯のリモコン

今朝の。

 体 重:64.1㎏
 体脂肪:18.3%

残業帰り。

 体 重:63.7㎏
 体脂肪:18.4%

今日は昼食後に甘いデザートを食べたので、体脂肪が増えているかと思いましたが、意外にも変化無し。
人間の体の仕組みって、どうなっているのでしょうね?(悩)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


居間の蛍光灯が故障したのは、昨夜、眠りに就く直前の事でした。

蛍光灯からぶら下がる紐、それを引けば『カチッ』という音と共に、蛍光灯が点灯する。
もう一度引けば、5本ある蛍光灯のうち、2本が消える。更にもう一度引けば豆電球になり、次に引けば電気が消える・・・ごく一般的な蛍光灯です。
それが昨夜いきなり、引っ張っても『カチリ』という音がしなくなったのですよ。

どこかに引っかかったのかな?

暗闇の中、テレビの電源を入れ、その灯りを頼りに蛍光灯に手を伸ばします。
カバーを外し、スイッチ周りを点検。が、何しろ暗くて、どこがどうなっているのかさっぱり解りません。
唯一解ったのは、『恐らく故障はスイッチボックスの内部にある』という事だけ。・・・つまり、僕の手に負えるものでは無いという事だけです。

・・・こりゃあ明日、不動産屋に電話しなくちゃ駄目だな(汗)。

その蛍光灯は、このアパートに、元から備え付けられていたものです。
ですので、もしも故障したならば、僕が勝手に修理するのでは無く、不動産屋に相談しなくてはならないのですよ。
それに故障の原因が僕に無いならば、僕が修理代を出すのは変な話ですしね? 消耗品以外の備え付けのものの管理は、不動産屋の責任ですから。

でも、もしも修理に数日かかったらどうしよう?(汗)

それを考え、少々不安になりました。
僕のアパートは2LDK。メインで使っているのは居間の部分で、他の2部屋は倉庫と物干し部屋に使用しています。
テレビもベッドもPCも、生活に必要なものは全て居間。その居間の蛍光灯が使用出来ないという事は、即ち『生活出来ない』という事になるのですよ。

とりあえず、蝋燭でも買って来るか? でも部屋の中で火を使うと、壁を汚すし・・・。
じゃあ、ポータブルの蛍光灯を買って来る? でも2~3日しか使わないのに、勿体ないし・・・。
それなら、他の部屋に移住する? でもテレビとPCが居間にあるから、他の部屋には行きたく無いし・・・。

蛍光灯の修理に何日かかるのか・・・そんな不安を抱えたまま、昨夜は眠りに就いたのです。

そうして今朝目覚めるなり、再び蛍光灯に手を伸ばします。
昨夜と違い、今朝は窓から入って来る陽の光がありますので、詳細まで良く確認出来ます。
その結果解った事。それはやはり、僕の手には負えないという事実でした。

 まずは不動産屋に連絡して、不動産屋から電気屋に連絡して、電気屋が来る時間帯を打ち合わせする。
 今日は大事な仕事が入っているから、日中に来て貰う事は難しいだろう。となれば残業後になるが、暗闇の中で蛍光灯の取り外しなど出来るのだろうか?
 日中で無ければ駄目という事になれば、それはつまり今週末まで無理という事。暗闇の中で一週間・・・ちょっと辛すぎないか?(汗)

そんな事を考えていたら、段々と苛々して来ました。
何故この蛍光灯のスイッチは、唐突に故障してしまったのか。僕は何一つ悪い事をしていないのに、本当に突然に。

「クソッ、何で僕がこんな目に・・・(怒)」

腹立ち紛れに、蛍光灯の紐を思い切り引っ張ります。
すると、スイッチボックスの内部から、『カチッ』という音が。
ピキンピキン、と蛍光灯に通電する音。それに続き、光に包まれる我が家の居間。

・・・あれ? 直った?(驚)

昨夜、唐突に故障した蛍光灯のスイッチ。
それはまたしても唐突に、まるで何事も無かったかの様に、静かにその光を取り戻したのです。
呆然としながら、二度、三度と紐を引っ張ります。その都度、実に正常な反応を示す蛍光灯。そこに、故障の痕跡など微塵も無く。。。

何故いきなり直ったのかは解らないけど・・・とりあえず、良かった♪

蛍光灯が蘇った事を喜びながら、ふと、これからどうするかを考えました。
何故いきなりスイッチが故障したのか、冷静にそれを考えたとき、ある事が頭に浮かんだからです。
その『ある事』とは・・・。

蛍光灯のスイッチのリモコンです。

これは『蛍光灯のスイッチの紐に、紐を結びつけて、ベッドの枕元に結びつける』というものです。
こうしておけば、ベッドの中から照明を点けたり消したり出来ますからね?
僕に限らず、こうして蛍光灯の紐を延長している人は、大勢いるでしょう(笑)。・・・たぶん。

唐突に故障した蛍光灯のスイッチ。
もしもその原因が、

『スイッチの紐に、リモコン用の紐を結びつけた事により、変な方向に引っ張られ続けたせい』

だった場合、悪いのは僕の横着・・・リモコン用の紐が全ての元凶という事になります。
ならば、壊れない様にするのは簡単な事。ええ、その紐を取っ払ってしまえば良いのですよ。
が、寝ながらスイッチをオンオフ出来るあの快適さを思うと、そんなに簡単に取っ払う気にもなれませんし・・・(汗)。



蛍光灯を壊さぬ様、紐を取り外すべきか? それとも便利さを考え、故障覚悟で紐を使い続けるか?

どうでも良い事と思われるでしょうが、僕にとっては、割と切実な問題です。(←生来の横着者だからね~:笑)

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-07-23 23:06

とある温泉での出来事

夕方の。

 体 重:63.8㎏
 体脂肪:19.0%

実は今週、とても嫌な仕事が入っているのですよ。
出来ればパスしたいけど、そんな訳にも行かないし・・・。

あー、今週仕事行きたく無いっ!(←お前、それでも本当に大人か?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


毎週日曜日(たまに土曜日)は、温泉の日と決めています。

今日向かったのは、家から30分圏内にある温泉。
これは前の三連休に、他の温泉に向かって走っているとき、たまたま看板を見付け、その存在を知ったものです。
そんな場所に温泉があるなど、今まで全く知りませんでしたので、次は絶対にこの温泉に入ろうと決めていたのですよ(笑)。

看板を頼りに、温泉へと走ります。
すると見えて来たのは、隠れた場所にあるにしては、割と立派な町営温泉(町村合併で今は市営ですが)。
駐車場に車を停め、中へと急ぎました。

靴をロッカーに入れ、券売機のところへ。するとそこには小さな女の子が一人、千円札を握りしめて佇んでいます。
「大きい人を2枚買うのよ! 大きい人!」
母親らしき人物が、遠くからそう叫びます。しかし女の子、どうしたら良いのか解らない様子で、券売機の前をウロウロと。。。

・・・邪魔だな~(汗)。

そこにあった券売機は、その一台のみ。その女の子が入浴券を買うまで、僕も買う事が出来ません。
するとフロントにいた男性が、「お客さん、こっちこっち!」と、僕を手招きします。
行ってみると、「千円でしょ? はい、おつり700円ね」そう言って小銭をフロントに差し出しました。

 男性 「待っていると苛々するでしょ? お金、ここでいいから(笑)」

僕は男性に千円札を差し出すと、そこに置かれた小銭を、財布の中にしまいました。
男性に温泉のある方向を男性に尋ね、そちらに向かって歩きます。
歩きながら、心の中で、こう思いました。

券売機を通さなかった入浴料・・・きっとあの男性のジュース代になるんだろうな~。(←いや、疑うなよ:汗)

浴室に入ると、そこには大浴場が2つと、ジャグジーと、打たせ湯。それにサウナと水風呂、露天風呂がありました。
泉質はアルカリ系かな? お湯は濁っていましたが、それほど匂いはきくつ無く、割と良い感じの温泉でした。

そうして温泉を愉しんでいると、そこに小さな男の子がやって来ました。
どうやらお爺ちゃんと一緒に来ている様子です。洗面器でお湯をすくったり、温泉に飛び込んだり、実に楽しそうにはしゃいでいました。

サウナに入り、次に水風呂に入っていると、その男の子が僕の傍にやって来ました。
そして僕に、「入れる? 入れる?(笑)」と、嬉しそうに聞きます。
僕もにっこりと笑い、「ここは冷たいけど、入れるよ? 結構気持ち良いよ♪」と答えました。

その後も何故か、僕の傍から離れない男の子。
僕が露天風呂に行けば、その子も露天風呂へ。内風呂に入れば、その子も内風呂へ。
理由は解りませんが、気に入られてしまった様ですね(笑)。

そうして気が付けば、その温泉を訪れてから、既に一時間半が経過していました。
そろそろ上がろう、そう思い、脱衣所へと向かいます。
ロッカーの前で体を拭いていると、後ろから先程の男の子の声。振り返ると、楽しそうに体重計に乗って遊んでいました。

「えーとねー、体重・・・21.7㎏だった~(笑)」

身長は僕の半分くらいで、体重は約1/3。
まあ、あれくらいの歳の子ならば、標準的な体重なのでしょうね。たぶん。(←適当だね:笑)

「片足だったらどうかな? 半分になるかな?(笑)」

そう言って楽しそうにはしゃぐ男の子。
片足になれば体重が半分になる・・・実に可愛らしい発想ですよね♪
しかし残念ながら、物理の観点から言えば、片足になろうが質量は変化しません。なので、当然の事ながらこうなります。

「あれ~、変わらないや」

その男の子、体重計の数値を観ながら、不思議そうな顔。
きっと子供は、こうして物理や科学などを学んで行くのでしょうね。
実際に体重計に乗り、色々とやってみて、質量の変化しない事を知る。そこから重力や、物理学を学んで行くのです。

僕にも、あんな頃があったな~。
そんな事を思い、つい幼少の頃に、親父と行った銭湯の事などを心に思い浮かべました(笑)。

「四つん這いになったら変わるかな~?(笑)」

2本足を1本にしても、体重は変化しない・・・それを学習した男の子が次に考えた事、それは4本足になる事でした。
何かを試してみて、そこから学び、次の方策を考える。実に頭の良い子供ですね♪
そうして4本足で試してみて、それでも体重が変化しない事を知る。そこからきっと、体重計の仕組みを理解して行くのでしょう。

「えーとね~、体重・・・21.4㎏! 減ったー!」


何ですとっ?!(焦)


急ぎ振り返り、男の子に目を向けます。
が、しっかりと体重計の上に手足を乗せる男の子、そこに一切の不正はありません。
ただ普通に体重計に乗り、普通に体重を量っているだけ。普通と違うのは、両手と両足を、体重計にかけているだけ。

なのに体重が・・・(汗)。



人間は四つん這いになると体重が減る・・・僕は今日、新たなる事実を知りました。(←いや、ちょっと待て:汗)

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-07-22 21:55