<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

怠け者の油断

今朝の。

 体 重:65.6㎏
 体脂肪:18.9%

昨夜とほぼ一緒。
目標の65.0㎏、いつ達成出来るのかな?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


目が覚めて、時計の針に目をやると、時刻はまだ午前6時。

今日は土曜日、仕事は休み。
特に何の予定も入っていないし、早起きをしたところで何もする事は無い。
ならばゆっくり眠っていよう。

そう思い、一度トイレに行ったら、再びベッドの中へ。またすぐに夢の中へ落ちて行きました。

何やら外から「プーン」という感じのブザー音が聞こえて来て、次に目が覚めたのが、午前9時過ぎ。
今のは何の音だろう?
軽く疑問に思うものの、眠気はまだ取れていません。なのでそのまま、また眠りに入ろうと思った、そのときです。

「プーン」

またしても奇妙なブザー音。
一体何の音でしょう? まるで何かの検査でもしているかの様な。。。

・・・はっ!

そこで一気に目が覚めました。
すっかり忘れていましたが、今日は例の『火災報知器の点検』の日だったのですよ!(汗)
(※6月19日と27日の記事参照)

慌てて飛び起き、部屋の中を見渡すと、最近掃除をさぼっていたせいでグッチャグチャ!
しかしブザー音がすぐ近くから聞こえて来るところをみると、僕の家に検査が回って来るまで、もうさほど時間が無い筈です。
とりあえずベッドメイキングをしたら、部屋にあったものを全て隣の部屋へ。そうして自分のいる部屋の、最低限の体裁だけは整えました。

そして次に、台所の整理。報知器があるのは台所ですので、そこさえ綺麗に片付ければ、とりあえずはOKだと思ったからです。
まずは報知器周りのペットボトルを台所の隅に寄せ、出しっぱなしだったフライパンや鍋を片付けます。
後はシンクの上の散らかった調味料類をどこかに隠せば大丈夫・・・と思ったところで、玄関のチャイムが鳴りました。

「ごめんくださ~い、火災報知器の点検に来ました~」

起き抜けだという事を悟られない様、水で顔を洗ったら、急ぎ玄関へ向かいました。
「ど、どうも、ご苦労様です(汗)」
そう言って点検の人を部屋の中に招き入れます。そして台所へ案内・・・と思いきや、いきなりその男性、居間の方へ足を向けたのです。

何で居間に行くの??? 報知器なら、台所に・・・はっ!(汗)

そこでようやく、自分の勘違いに気付きました。
今日の点検は、『火災報知器』。なのに僕はすっかり、『ガス検知器』の点検とばかり思い込んでしまっていたのですよ!(汗)
火災報知器がセットされているのは、居間の中央の天井部分。なので当然、点検の人が向かうのは、居間の中心だったのです。

点検の人は、長い棒の様な道具を天井のセンサーに向け、トランシーバーで外部の人と交信します。
直後、外から「プーン」というブザー音。どうやらこうして、センサーがちゃんと機能しているかを検査している様ですね。
そうしてそのセンサーの検査を終えると、その人、徐に隣の部屋のドアに手を掛けて・・・。

きゃーっ、そっちの部屋は散らかってるから入っちゃ駄目~!!!(焦)

僕の心の叫びなど全くお構いなしに、隣の部屋に足を踏み入れる検査の人。
その散らかった光景を目の当たりにし、一瞬動揺しながらも、すぐに気を取り直し検査を開始します。
そしてその部屋の検査を終えると、今度は奥の部屋に。

その部屋は僕が倉庫代わりに使っている部屋。積み上げられたダンボール箱に軽く怯みながらも、検査を続ける点検の人。
そんな検査風景を眺めながら、羞恥心から、背中に妙な汗が流れます(汗)。
そうして一通りの検査が終了・・・と思いきや、今度はクローゼットの扉を開ける検査の人。


って、何でクローゼットの中にまで火災報知器があるんだーっ!!!(泣)


何故かサランラップやトイレットペーパーまでが収納された我が家のクローゼット。
検査の人も、僕の家に段々と慣れて来たのか、それを目にしても全く驚きません。
しかしそれとは逆に、どんどんと沈んで行く僕の気持ち・・・まるで心の中に土足で踏み込まれた気分です(泣)。

そうして、全ての検査が終了したのは、およそ10分後の事でした。


---


部屋の片付けを頑張ろう。そう心に誓った、土曜日の朝の出来事(涙)。

独身男の「今週の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-06-30 22:18

いつかなりたい自分

今朝の。

 体 重:65.4㎏
 体脂肪:18.6%

帰宅時。

 体 重:65.6㎏
 体脂肪:19.0%

昨夜は久しぶりに、鶏の照り焼きを作りました。面倒なので、今日は写真はUPしませんが。(←おい:汗)
理由は簡単、冷凍庫の奥の方から、鶏もも肉を発掘したからです。
何ヶ月前の肉か解りませんが、冷凍してありましたので大丈夫でしょう。実際、今日も体調はバッチリでしたし♪

・両面にしっかりと塩胡椒をし、フライパンを加熱したら、皮の方から弱火で焼き始めます。
・肉の方にすり下ろしたにんにくを塗りつけ、蓋をします。
・皮がパリッとしたら、ひっくり返して蓋をします。
・八分くらい火が通ったところで蓋を取り、醤油、酒、味醂で味付けします(砂糖or蜂蜜を入れてもOKです)。

馬鹿でも作れる、鶏の照り焼きのレシピです。
が、昨日の僕は何を勘違いしたのか、ここに大量のおろし生姜を投入!
出来上がったメニューは、生姜の風味の利いた、普通の照り焼きとは全く違う一品に(泣)。

・・・。

結果、昨夜のメニューは、『鶏の生姜焼き』でした。
食べてみたら意外に美味しかったのが、何故か妙に腹立たしい!(←何でだろうね?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


移動中の車の中、ラジオから流れて来たテーマは、『もしもなれるとしたら、どんな人になりたいか?』でした。

何ででしょうね? 別に今日は何も、特別な歴史なんて無い日なのに。
しいて言えば、

・引田天功(マジシャン)
・清水アキラ(タレント)
・倍賞千恵子(女優)
・野村克也(プロ野球の監督)
・サン・テグジュペリ(『星の王子様』で有名な作家)

・・・らの誕生日の様ですが、『なりたい人』とは、何の関係もありません。
野村克也なんてなりたくは無いし、清水アキラにもなりたくありません。引田天功は『観るもの』であり、自分でなるものではありませんし。
まあ、サン・テグジュペリなら、ちょっとなってみたいですけどね?(笑)。

 - どんな人になりたいか。

ちょっと考えて、すぐに頭に浮かぶのは、やはり『金持ち』でしょう。
働かなくても、一生食べて行けるだけの財産を持った人間。
10億円くらい持っていたら、全て国債に投資すれば、利息だけで充分に生活が成り立ちますからね(笑)。

若しくは、財産など無くても良いから、定期的に何らかの金が入って来る人間も良いですね。
アパートの経営者とか、何かの特許を持っている人とか、印税の入って来る人とか。
食べて行けるだけの収入がコンスタントにあるならば、多少貧乏でも全く構いません。元々僕は、貧困には慣れていますから。

逆に、有名人になりたいとは全く思いませんね。
街を普通に歩けなくなるのは嫌だし、人からいつも注目されるなんて、気持ち悪いですから。
役者や歌手も、華やかそうなイメージはありますが、割と仕事がハードそうですし。失敗しても、潰しが利かなさそうな仕事ですし。

同じ有名人でも、『レーサー』にならばなってみたいですね。
理想はF1レーサー。片山右京みたいに、時速300㎞で走ってみたいですね(笑)。

あと、飛行機のパイロットも、一度はやってみたい職業です。
旅客機では無く、自衛隊の戦闘機の方。とにかく一度で良いから、音速の壁を破ってみたいものです(笑)。
宇宙飛行士なんかも良いですね~。ロケットで宇宙までひとっ飛び~って感じで♪

これらを総合的に考えた結果、単純に僕はスピードが好きって事ですね。
何も考えず、ただぶっ飛ばしたい。それだけ。
それで喰えるならベスト、そう考えているだけ。

・・・でも、現実的に考えて、一番理想的な職業って何だろう?

やはり収入の多い職業が理想ですが、医者は責任が重いから嫌・・・ってか僕には無理。弁護士も難しそうだから却下。教師は大変そうだから駄目。
出来れば、なるべく頭を使わない仕事がベスト。時間を拘束されず、適当にやっていて食べて行けそうな仕事が理想。
自由でいて、ちゃんと生活が出来て、とにかく楽な職業。

そうして色々と考えた末、僕が行き着いた、僕が最も理想とする職業。


 - ヒモ。



ぶっちゃけ、働きたくないって事ですね。(←お前、正真正銘、人間のクズだな:汗)
[PR]
by crystalgem | 2007-06-29 23:08

近所のスーパーで売っていたもの

今朝の。

 体 重:66.0㎏
 体脂肪:19.1%

帰宅時。

 体 重:65.9㎏
 体脂肪:18.6%

昨夜、実は寝る前に蕎麦を食べたのですよ。晩酌のすぐ後だったのですが、何となく物足りなくて。。。(←いや、太るぞ?:汗)
で、その蕎麦を口に含んだ瞬間、思わず吹き出しそうになりました。
というのも、何とそれはそばつゆじゃ無く、生醤油だったのです!(焦)

台所に置いてあった、醤油とめんつゆのペットボトルがそっくな形だったので、つい(涙)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


玉子1パック98円の特売をチラシで知り、今日の昼休み、大急ぎでそのスーパーまで買いに行って来ました。

店内に入ると、脇目もふらず一直線に玉子コーナーへ。
観ると、残りは僅か5パック程度!
いつもは『殻が割れていないか?』などとじっくり観察しますが、今日は時間も残り個数も無く、手に取ったものをそのままかごへと放り込みました。

何はともあれ、超特価の玉子ゲット~♪(笑)

目的の玉子を手に入れ、るんるん気分で、他のお買い得品を探しに行きます。
そうして青果コーナーで1束50円の水菜をゲット、続けて豆腐1パック55円を3つゲットします。
その後、他のお買い得品も探しましたが、さしてめぼしい物は無し。朝食のときに飲むジュースをかごに入れたら、そのままレジへと足を向けました。

と、そのときです。
スーパーの入り口に近い、青果コーナーの一角。そこに、それを発見してしまったのですよ。
一瞬、『これ、青果コーナーで良いのか?!(汗)』などと思いましたが、冷静に考えればそれは『青果』です。
ええ、ジャンルは良く解りませんが、とりあえず『植物』ですから。

それにしても、一体誰がこんなものを買うのだろう?(悩)

時間もありませんでしたので、値段は確認しませんでしたが、恐らく1個500円前後でしょう。
その程度ならば、物珍しさから買う人もいるかもしれませんし、逆にそれ以上高かったらきっと誰も買わないでしょうしね?
あ、でもまだ1個も売れていない様子でしたし、もしかしたら結構高かったのかもしれませんね(笑)。

もしも安かったら、話のネタに1個買っても良いかな?(笑)

一瞬そんな考えも浮かびましたが、僕の家にはナタものこぎりもありませんので、やめておきました。
ええ、せっかく買っても、食べられないのでは意味がありませんからね?
普通の包丁で切れる筈も無いし、金槌で殴ったって割れないだろうし。ってか、仮に割れても調理法がさっぱり解らないし。

でもこの売り場の担当者、どうしてこんなものを仕入れようと思ったのでしょう。
よっぽどユーモアのある人物なのか、それとも本当に売れると信じて入荷した、勇気溢れるチャレンジャーなのか。。。
店のディスプレイを兼ねて置こうと思ったなら、それなりに計算高い人物なのでしょうけどね?(笑)

とりあえず2~3日様子を見て、300円以下まで値下げしたら、勇気を出して買う事にしよう♪

ええ、それ以上は出せません。
何しろ『本当に食べられる』という保証は全く無いし、仮に食べられても美味しいとは限らないし、そもそも調理法があるのか疑問だし。
一か八かで手を出すのです、300円以上は絶対に出せません!(本気)

いずれ値下げするのは間違いの無い事でしょう。何しろ、あんなものを買う人など、滅多にいないでしょうからね。
諸外国の食事情は知りませんが、少なくとも、この日本では。



ええ、『椰子の実』の需要が、この日本で、それほど高いとは思えませんから。
[PR]
by crystalgem | 2007-06-28 22:53

めざましテレビの占いで、僕の星座が一位だった日

今朝の。

 体 重:65.8㎏
 体脂肪:18.9%

帰宅時。

 体 重:65.8㎏
 体脂肪:18.2%

朝起きて食事して仕事に行ってコーヒーを飲みながら仕事を続けて昼食を食べて途中飲み物を口にしながら残業して帰宅。

食べればプラス。
トイレに行けばマイナス。

そうして増減を繰り返して、朝と全く同じ体重で帰宅するなんて、何だか面白いですね(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『今日は朝から全く仕事が身に入りませんでした』

と打とうと思ったら、
『ミニは要りませんでした』
と誤変換されてしまいました。何だよ、ミニはいらないって!(笑)

まあ、誤変換はともかく。

今日は本当に仕事に集中出来ませんでした。
というのも、もうずっと頭痛というか、歯痛というか、精神痛というか。。。
とにかくもう、まるで体を削られる様な、そんな苦痛がずっと続いていたからです(泣)。

今日の北海道は、朝からずっと、澄み渡る様な青空。
僕の職場は今現在、省エネの為にエアコンの電源が切られているせいで、オフィスは真夏の暑さです。
辛いけれど、これは仕方の無い事。この不景気、どこの会社でもやっている事ですが、経費は節減しなければならないものですからね?

でもそのまま仕事をしていたら、当然ですが、全く身が入りません。ってか、身が持ちません(汗)。
なので窓を開け放ち、少しでも外気を室内に取り入れ、オフィスを冷やそうと思う訳です。
窓を開ける事で、室内の温度を2~3℃下げる事が出来る。ええ、最も原始的で、最も効率的な『環境作り』です。

が、それが今日の痛みの原因・・・もう、夕方近くまでずっとこの痛みに苦しめられ続けたのですよ!(涙)

痛みの原因を発生させていたのは、すぐ近くの工事現場。
一応僕もその手の仕事(建設業)を生業にしていますので、普通の『ドガガガガッ!』という音ならば、よほどの大音量で無い限りは耐えられます。
が、今日の音は『キーン』という、何かを削る様な音。

これには、本気で耐えられませんでした。
仕事柄、かなりの騒音に慣れているこの僕でも、あの甲高い音だけは駄目だったのです。
だってあの音、僕が幼少の頃より恐怖の対象となっている・・・あの音にそっくりだったのですから。

・・・ええ、歯医者のドリルの音と(泣)。

聞いているだけで、歯が痛い様な、頭が痛い様な錯覚に囚われる。
かと言って窓を閉めれば、そこに待っているのは灼熱地獄。窓を開けても地獄、閉めても地獄です(泣)。
そうしてそのまま、聞こえて来る騒音と戦いながら(ってか一方的にやられながら)、仕事を続ける事数時間。気がつけばもう夜です。

何となく気持ち悪いし、今日は早めに帰ろう。

そう思い、今日はいつもよりも少々早めに残業を切り上げて帰って来てしまいました。
そして玄関の郵便受けを覗き込むと、そこに一枚のチラシを発見。開いてみると、中にはこう書かれていました。

『消防設備点検のお知らせ』
 ~ 来る6月30日、消防法第17条に基づく点検を実施いたします。つきましては、午前9時から・・・


ああ、先日不動産屋から電話のあった、例の点検ですね。
てっきり電話で知らせがあると思っていたのに、結局チラシで済ませた訳ですか。
あのときわざわざ会議中に電話をして来て、散々僕を『もしや火事では?!(焦)』とビビらせた癖に、結局チラシで。。。


ならあのとき、電話なんて要らなかったじゃん!(怒)


解りませんが、それを考えた途端、また一気に疲れが蘇って参りました。
何だか、今日は朝からずっとやられっぱなしです(汗)。



・・・明日は頑張ろう。
[PR]
by crystalgem | 2007-06-27 22:55

タンクローリーの消火器

今朝の。

 体 重:66.2㎏
 体脂肪:18.8%

帰宅時。

 体 重:65.6㎏
 体脂肪:19.0%

帰宅後に体重が減っているのは、今日色々とあって、昼食をまともに食べられなかったのが原因だと思います。
一応カロリーの高そうなクッキーを口にしたのですが、『体重=摂取したものの重量』なのでしょうね。結果、軽くなってしまいました。
まあ、今しっかりと夕食を食べていますので、明日の朝にはちゃんと元通りの体重に戻っていると思いますけどね?(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


出張先から職場へ戻る車の中、後部座席に座り、ぼーっと外の風景を眺めていました。
今日の天気は、あまりぱっとしない曇り空。
こんな日は、何となく気分が滅入ってしまいますよね~。何となく、気分的に(まあ、暑いよりは良いですが)。

流れ行く風景。信号が黄色から赤に変わり、僕の乗った車が停車しました。
何となく横に目を向けると、僕の目の前に停車した車は、ガソリンスタンドの名前の入ったタンクローリー。
特に意味も無くその車を眺めていて、後ろの方に、何やら赤い箱が付いているのを見付けました。

『消火器』

どうやらこの赤い箱の中には、消火器が入っている様ですね。
車内では無く外に設置されているのは、いつ火災が起きても、素早く対処出来る様にという配慮なのでしょう。
ええ、これならば迅速に対応出来ますからね。何しろ『ガソリン』を積んだタンクローリーなのです、この手の装備は必需品なのでしょう。

・・・そう言えば、僕の車に消火器って付いていたっけ?

一瞬考え、車に付いているのは『発煙筒』だけで、消火器は付いていなかった事を思い出しました。
きっと一般の車両には、設置義務が無いのでしょうね。
で、こうしたタンクローリーの様な車には、設置が義務づけられている・・・恐らくその車の『危険度』によって、設置義務が定められているのでしょう。

と、そこでふと思い出しました。
僕が就職したばかりの頃、職場の車(ライトバン)のトランクには、何故か消火器が設置されていた事を。

何故そんな事を覚えているのかと言うと・・・実は僕、その消火器が使われる瞬間に、立ち会っていた事があるのですよ。


---


就職して間もない頃の話です。
僕は先輩の運転する車の助手席で、今日と同じ様に、流れゆく風景を見つめていました。
すると、道の向こうに、煙が上がっているのを発見したのです。

この先で焚き火でもやっているのかな?

そう思いながら、そちらに注意を向け続けます。
と、その先のカーブを過ぎ、目の前に現れた風景に、思わずドキリとしました。

そこにあったのは、炎上している一台の乗用車! 一体何があったのか、見事なまでにひっくり返っていました!(焦)

横に目を向けると、その光景を呆然と見つめる男性が一人。
どうやら、自力で脱出した運転手さんの様です。
車は燃えていますが、どうやら運転手に怪我は無かった様で、ほっと一安心です♪

まあ車は燃えているけど、運転手さんが無事なら、放って置いても平気だろう(笑)。

そうして僕がぼーっとしていると、ハンドルを握っていた先輩が車から飛び出し、ライトバンのトランクへ。
消火器を手に取ると、炎上する車に向かって走り出し、その消火器を発射したのです。
何も出来ずただ見つめていただけの僕に比べ、迅速な対応を取った先輩・・・今考えると、本当に素晴らしい行動力だったと思います。

ってまあ、炎上する車が消火器一本で鎮火する筈も無く、ほぼ『焼け石に水』状態だった訳ですけどね?(笑)


---


あのとき、どうしてうちの職場の車には、消火器が設置されていたのだろう?

少々疑問は残りますが、きっとそういう時代だったのでしょうね。ライトバン等の商用車には、消火器を設置するのが一般的だった、と。
こんな事、深く考えても仕方がありませんので、そういう事にしておきます。考えるだけ時間の無駄だし。
そして今はその常識が無くなった。だから今のうちのライトバンには消火器が無い、きっとそういう事なのでしょう。

全ては時代の流れ、そのときの風潮なのです。

でも今も、タンクローリー等の車には、消火器を設置するのが一般的になっている。
理由は解りませんが、きっとそういう流れになっているのです。そういう事にしておきましょう。
何しろ、こんな事、考えるだけ時間の無駄ですからね?

・・・そもそも、タンクローリーが炎上したとき、消火器で鎮火する事なんて出来るのか?(汗)

そんな疑問も無くは無いですが、きっとそういう決まりなのでしょう、そういう事にしておきます。
ええ、考えるだけ時間の無駄ですから。



ええ、『タンクローリーの火災が、たかが消火器で消せる訳無いだろ!』というツッコミは禁止です。
それが、きっと今の常識なのです。

・・・たぶん。
[PR]
by crystalgem | 2007-06-26 23:10

寄る年波?

今朝の。

 体 重:66.5㎏
 体脂肪:19.1%

帰宅後。

 体 重:66.3㎏
 体脂肪:19.2%

今日も変化無し。
ってか、昼に食べた『チーズ入り揚げパン』の分の重量が、体重に加算されていないのは何故?!(悩)
・・・。

僕の使っている体重計って、本当に正確なのでしょうか?(汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この異変に気づいたのは、今朝起き抜けの事でした。

ってまあ、『異変』と言うのは、ちょっとオーバーですけどね?(笑)
せいぜい、何かを持ち上げたときに少し痛む、という程度ですから。
が、『気のせいだよ』と言えるレベルで無い事だけは確か。ええ、これは確実に、『痛み』なのです。

痛い部分とは、右腕。今朝起きたら、まるで前日にテニスをしたかの様に、肘から先の方が筋肉痛になっていたのです。
しかし昨日、僕は筋肉痛になる様な事はしていませんでした。運動らしい運動と言えば、午前中に少し自転車に乗っただけです。

確かに昨日、僕は献血の予定を思い出し、慌てて家へダッシュしました。
が、それが原因で筋肉痛になるのは、『足』の筈。なのに今痛いのは腕・・・どう考えても、自転車は無関係の筈です。

では、他に右腕を使う様な事をしたか?

考えますが、右腕を使ってした事と言えば、『成分献血』くらい。
献血で筋肉痛になる事などあり得ませんから、恐らくこれも無関係です。

ならば、一体何が原因で筋肉痛になった?

【朝起きて、食事をして、自転車で買い物に行って、献血に行って、夕食の納豆パスタを作って、歯を磨いて寝る】・・・昨日の行動です。

確かに、全ての場面で右腕を使っていますが、筋肉痛になりそうな場面は一つもありません。
ええ、パスタを作って筋肉痛になるなんて、聞いた事がありませんから。
しかしこの腕の痛みは、確実に『右腕を酷使した後の筋肉痛』。何かやらなければ、この様な痛みになる筈は無いのです。

筋肉痛になる様な出来事・・・。
例えばスポーツをやった後に、こんな筋肉痛になる事はあるけれど、僕がスポーツらしき事をやったのは一昨日の事だし。。。

と、そこで気づきました。
僕のこの右腕の痛みに合致する出来事、それは恐らく、一昨日『彼女』と行ったボウリングです。
使ったボールは15ポンド。投球の際、『久しぶりの運動だし、明日は筋肉痛かな?』などと思っていましたが、今日その痛みが訪れたのですよ。

ええ、今日痛みが訪れたのです。筋肉痛の痛みが。
一昨日のボウリングの痛みが・・・。




筋肉痛が、翌日では無く、二日後に訪れる。

いつかそんな日が来るとは思っていましたが、遂に僕も、そんな年齢に・・・。 _| ̄|○
[PR]
by crystalgem | 2007-06-25 22:46

今日も爆走

今朝の。

 体 重:66.4㎏
 体脂肪:18.6%

夕方の。

 体 重:66.1㎏
 体脂肪:19.8%

午後になって、ちょっと軽くなったのは、献血に行って血を抜かれたからだと思います。
つまり・・・今日も変化無し!(汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は何しようかな? 朝食後の食器を片付けながら、そんな事を考えていました。

掃除と洗濯は昨日のうちに済ませてありましたし、『彼女』との約束もありませんし、今日は本当に何の予定もありませんでした。
買い物は昨日うちに終わらせているし、ちゃんと煙草も買ってある。出掛ける用事など、全く無かったのです。
でも、せっかくの日曜日に家でゴロゴロしているのは勿体ない。なので、切れかかっていたパスタ用の白ワインを買いに出掛ける事にしました。

空は曇っているけれど、割と暖かな天候。こんな日に車に乗るなんて勿体ないと思い、昨日と同様、自転車を用意します。
リュックを背負い、いざ出発。汗をかかない程度にのんびりと、頬を抜ける風を愉しみながらのサイクリング。実に気持ちの良い日曜日です♪
そうして目的地の酒屋で白ワインを購入したら、何となく、100円ショップへとハンドルを向けました。

100円ショップの今日の目玉は、2個パックの舞茸と、2個で105円のカップ麺。それらをかごに入れたら、満足げな表情でレジへと向かいます。
そしてポケットから財布を取り出したとき、携帯のバイブレーターが振動を始めました。

メールかな?

今は精算の真っ最中、メールなどいつでも打ち返せますので、気にせずそのまま放置します。
そうして、レジのお姉さんにお金を手渡したとき、気付きました。

・・・携帯のバイブレーターが止まらない? って事は、これ、メールじゃ無く電話だ。。。

その場で電話に出ようか迷いましたが、とりあえず店を出てからにしようと思い、電話が切れるのを待ちます。
そうしてお姉さんからお釣りを受け取りながら、『一体誰からの着信だろう?』などと頭の中で考えました。
と、そこでふと脳裏に蘇った、先週木曜日の出来事。。。


---


仕事中、携帯のバイブレーターが振動しました。
メールかな? そう思いながらも、仕事中だったのでそのまま放置。が、振動が止まらない。どうやらメールでは無く、電話の様です。

「はい、もしもし?」
『あ、もしもし。crystalgem様でしょうか? こちら、赤十字血液センターですが』
「ああ、こんにちは。献血の依頼ですね?」
『今度の日曜日なのですが、ご都合の方は宜しいでしょうか』
「大丈夫ですよ。時間は・・・はい、10時半ですね。はい、はい、大丈夫です。では、日曜日の午前10時半に」


---


腕時計に目を落とすと、時刻は10時50分。
うん。
・・・。


完っ璧に忘れてたっ!!!(汗)


急ぎ自転車に飛び乗ると、家へ向けて全速力で爆走!
20分かけて走って来た道を、汗びっしょりになりながら、僅か10分で引き返します。
そして、買って来た品物を家の中に放り込んだら、すかさず携帯で血液センターに電話しました。

「あ、もしもし、crystalgemと申しますが・・・」
『ああ、こんにちは。今日はどうかされましたか? 10時半のお約束だった筈ですが』
「すみません、実は献血の予約をしていたのを、すっかり忘れていまして(汗)・・・これから行っても大丈夫ですか?」
『え~と、到着は何時頃になりますでしょう?』

僕の家から血液センターまでは、車でおよそ25分。
が、約束の時刻はとっくに過ぎているし、ここはやはり・・・。


『15分で行きますっ!(汗)』


電話を切るなり、タートル号(僕の愛車)に飛び乗り、いきなりアクセル全開! 本気モードで疾走します。
火照る体を、窓から入って来る風で冷やしながら、考える事は一秒でも早い到着。全神経をハンドルとアクセルに向け、タコメーターは常にレッドゾーン。
そうして本当に15分で到着するなり、血液センターに駆け込みました。

 僕  「すみません、すっかり遅くなってしまって・・・(汗)」
 受付 「いえ、大丈夫ですよ。それよりもcrystalgemさん、先程の電話は、この近くからだったんですか?」
 僕  「・・・? いえ、家からですが」
 受付 「でもcrystalgemさんのお宅って、○○ですよね? あそこから15分で来るなんて、普通に考えたら絶対に無理かと・・・」

その言葉に、思わず額から汗が。
「遅刻してしまったので、なるべく急いで来ました」とりあえずそう言って、愛想笑いを浮かべました(汗)。

それにしても・・・。



昨日といい今日といい、まるで見えない何かが、中性脂肪の高い僕に運動をさせようとしている気がします。(←いや、お前が馬鹿なだけだろ?)

独身男の「最近の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-06-24 21:58

青空サイクリング

今朝の。

 体 重:66.3㎏
 体脂肪:18.5%

(※帰宅が午前0時を過ぎたので、午後の計測は無し)

全く変化無し。
昨日の『中性脂肪』の件もあるし、やっぱり少しは運動しなくちゃ駄目ですかね?
まあ、今のところ、やる気は一切ありませんけど。(←そうだろうね)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は午後から『彼女』とドライブの約束。なので午前中のうちに食料を買っておこうと、近所のスーパーへ向かいました。

・・・ってか、別に付き合っている訳でも無いのに、何故こう毎週会っているのでしょうね?
解りませんが、きっと『彼女』も暇なのでしょうね。
でもどうせ遊ぶなら、もっとまともな人間を選べば良いのに。(←全くだね)

という事で、食料の買い出しに近所のスーパーへ。特売の舞茸と、パスタの必需品である顆粒コンソメをかごの中へ入れました。
他に良い野菜が無いか探しましたが、どうも鮮度の悪いものしか無く、そこにあったキュウリをかごに入れて買い物を終了。
これだけでは全く足りませんので、次のスーパーへハンドルを向けました。

そうして次のスーパーで、特売のキャベツとセロリをゲット♪
今夜はミネストローネのスープパスタを作ろう! そう思いながら、ふと『彼女』との約束を思い出しました。
ええ、今夜は『彼女』と一緒の夕食なので、パスタは作れないのですよ。。。

・・・でもまあ、スープだけ先に作っておけば、いつでも食べられるか。

そう考え、帰宅するなり包丁を手にし、野菜をぶつ切り。
鍋の中に全て放り込んで、カットトマトの缶詰をぶち込んだら火を点けて、軽く沸騰させます。
そうして、ダンボールの中に毛布を入れ、鍋を包み込みました。
d0044012_127749.jpg
←毛布とダンボールしか見えなくて解りづらいですが、保温調理中の鍋です。
後はこのまま数時間放置すれば、長時間煮込んだ野菜スープが出来上がります。
まあ、シャトルシェフの原理ですね。
塩胡椒等の味付けは一切していませんので、そのときの気分で、何にでも変化させる事が出来る一品です♪

 ※朝11時前にセッティングしたのに、帰宅(午前0時過ぎ)して触ってみたらまだ鍋が熱かったので、ちょっとびっくりしました。
  毛布の保温力って、凄いですね(感心)。

そうして時計に目をやると、時刻はまだ午前11時前。
溜まった空き缶を資源ゴミに出し、新しいゴミ袋を探したところ、どうやら空き缶用のゴミ袋を切らしてしまっていた様でした。

まだ時間もあるし、買って来るか。

車のキーを手に、外に出ます。
すると、今朝買い物に出掛けたときには曇り空だったのに、驚くほどの晴天に変わっていました。
こんな良い天気に車で外出なんて勿体ない。なので、久しぶりに自転車に乗る事にしました。

青空の下、風を感じながら走る自転車。実に良い気持ちです♪
スーパーでゴミ袋を購入した後も、このまま家に帰るのは勿体ない気がして、そのままサイクリングを続ける事にしました。
あても無く、家の近所の住宅街をウロウロ。今まで知らなかった中華料理屋や喫茶店、床屋や動物病院、パークゴルフ場まで発見し、新鮮な驚きです。

こうして自転車に乗らなければ、きっとこんな風景を見付ける事なんて、出来なかったのだろうな。

暫く走って行くと、今度は小さな公園が見えて来ました。
そこを通り過ぎると鶏を養殖している農家があり、一面のジャガイモ畑があり、野球場がありました。
僕は本当にこの街の住民なのだろうか? ・・・と、一瞬疑いたくなるほどに、生まれて初めて観る光景ばかりです。

腕時計に目を落とすと、時刻は昼の12時。
そろそろ家に帰ろうかな、そう思い、そこで初めて気付きました。


・・・家の方角が解らない(汗)。


まあ、カーナビがあるから大丈夫・・・って僕、今、自転車じゃん!(焦)

心の中でボケとツッコミを同時にこなし、深呼吸をして周囲を見渡します。
が、見事なまでにどっちに行けば良いのか解らない。
途中かなり曲がりくねりながら走って来ましたので、完璧に方向を見失ってしまっていたのです(汗)。

『彼女』との約束の時間まで、あと僅か。
一応携帯がありますので、いざというときには電話で事情を説明する事も出来ますが、『実は迷子になりました』は格好悪いので言いたくはありません。
なので、何とかこの場を脱出しようと、再び周囲を見渡しました。

とりあえず、大きな道路を探そう。

遠くを走る車の姿を発見し、まずはそちらに向かいます。
そして、それなりの道路を見付けたら、大きな建物の見える方角へ爆走。軽く汗を滲ませながら、とにかく自分の知る風景を探しました。
そうして20分後、ようやく自分が今いる場所を把握し、ほっと息を付きました。



一瞬本気で焦ったけど、お陰で『中性脂肪』が、少し減った気がします(笑)。
[PR]
by crystalgem | 2007-06-23 23:59

メタボリックの扉を開けて


今朝、起き抜け。

 体 重:66.4㎏
 体脂肪:19.5%

そして帰宅後。

 体 重:66.6㎏(←オーメン:笑)
 体脂肪:19.6%

何だかこの測定、段々とどうでも良くなって来ました(汗)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先月だったかな? 職場の健康診断があったのですよ。
毎年秋頃に行っている、体重だの身長だのを計測したりバリウムを飲んだりするのとは違い、血圧と血液検査だけのシンプル奴が。
何でも『労働基準法』がうんたらかんたらで、所定の残業時間を超過した場合に、必ず受けなければならないとか何とかの馬鹿馬鹿しい奴が。

で、今日、その検査結果が届いたのです。

まあ、その中身なんて、わざわざ確認するまでもありませんけどね?
どうせ異常値は、たったの一項目だけなのですから。

 - γ-GTP -

肝臓の状態を示す値です。
皆さんご存じの通り、僕は大の酒好きです。毎晩飲んでます。それもかなりの量を。休肝日なんてありません。毎晩です。
そんなですので、当然の如く肝臓は悪いです。解っていますが、酒をやめる気はありません。好きだからです。

γが高いのは自分でも承知の上。半ば開き直りの精神で、その検査結果を開きます。
その結果、

 γ-GTP:104IU/L(上限値70IU/L)

ほ~ら、思った通り、異常値です。
でもまあこの程度、基準値をほんのちょっと外れただけですからね、放置しておいても全く問題はありません。
こんなの酒を一週間もやめれば、すぐに元に戻りますから。やめられないけど。(←おい:汗)

血液検査の結果は、僕の予想していた通り。
なので気にせず、そのまま通知を閉じようとしたとき、ふとこんな文字が目にとまりました。

 【要精密検査】

・・・へ? たかがγ値がちょっとオーバーしただけで、精密検査???

随分と変な診断だな、そう思いながら、内容に目を通します。
するとそこに書かれた文章は、

 『高脂血症が疑われます。すぐに近くの内科を受診して下さい』

γ値が基準を外れただけで、何故『高脂血症』の診断なのか。そして、何故精密検査が必要なのか。
不思議に思い、再び検査結果の内容に目を通します。
そして、気づきました。要精密検査の、本当の項目の存在に。。。


 中性脂肪:266mg/dL(上限値150mg/dL)


コレステロールやその他検査項目には一切の異常値無し。なのにたった一つだけ突出した異常値、それは中性脂肪!

最近太って来たと実感していましたが、それは決して気のせいではありませんでした。
ええ、こうして数値に現れる程に、僕は確実に肥満していたのですよ!(汗)
しかもこの数値、『ちょっと太って来た』とか、そんな可愛いレベルではありません。最近話題の、あの病気に違いないのです。


 メタボリックシンドローム


運動不足で食べ過ぎの中年男性が最も恐れる病気、メタボリック。
噂には聞いていたものの、まさか自分がそうなってしまうなど、夢にも思っていませんでした。だって僕、全然標準体重以下ですし。
が、今目の前に・・・というか、既に罹ってしまっていたのです、メタボリックという不治の病に。(←いや、不治の病じゃ無いよ?:汗)

それにしても、何故こんな病気になってしまったのでしょう? 生活スタイルは、以前と全く変わっていないのに・・・。

僕は何故太ったのか、そして何故こんなにも中性脂肪の値が増えてしまったのか。
疑問に思い、調べてみました。中性脂肪が多くなる、その原因を。
そして出て来たのが、これ。

・食事で摂取するエネルギーの量が多すぎると高くなります。
・肥満と深い関係があり、肥満している人ほど高くなりやすい傾向があります。
・検査の前に食事をした場合に高くなります。


要は『喰い過ぎ』って事ですね。食べる量を考えろ、そして少しは運動しろ、と。・・・実にもっともな意見です(汗)。

僕の食べる量は、以前と全く変わっていません。なのに『喰い過ぎ』という結果。
理由はきっと、『代謝が下がったから』という事なのでしょうね。
人間は歳を重ねるにつれ、必要なエネルギー量が減って行く。なのに食べる量は変わらないから、栄養過多になってしまう、という事です。

つまり、歳を取った、という事ですね。・・・切ない心に風が吹きすさぶ~(涙)。

って事で、これから少しは『何か』をしようと思います。
このまま行くと、本気でヤバイので。動脈硬化とか脳梗塞とかが怖いので。心筋梗塞も嫌なので。
なので、本当に思う事にします、『何か』をしようと。

・・・まあ、思うだけですけどね?(←ええっ?!:汗)

という訳で、これから自己暗示をかけます。中性脂肪が下がって行く、体重が減って行く、と。
中性脂肪は自分では測定のしようがありませんので、今後の管理は『体重』でやって行く事にします。
要は『太りすぎ』という事なのですから、痩せれば良いのです。たぶん。



人は『思う』だけで、どれくらい自分の体を変化させられるのか?

新しいチャレンジの、始まりです(笑)。

おまけ ~個人向け国債のはなし~
[PR]
by crystalgem | 2007-06-22 23:11

嫌な仕事がしたくなるゲーム

今朝の。

 体 重:66.3㎏
 体脂肪:19.3%

こうして数週間に亘り記録して来た体重&体脂肪ですが、今日、こんな事実を知りました。

[とある体脂肪計に関する説明]
 起床時は水分が体に均一に分布しており、日常の生活をおくるうち、徐々に脚の方へ下りて来ます。
 体脂肪計は、体に微弱な電気を流し、その抵抗により脂肪率を測定する機械です。なので、水分量のバランスにより、その数値は大きく変化します。
 一般的に、体重計と体脂肪計が一緒になっている機種の場合は、午後6~8時頃に測定するのが一番良いとされています。

成る程、午後6時から8時の間に測定するのが、最も適しているのですね。
で、朝起き抜けの値は正確ではない、と。
うん。

 駄目じゃん!(汗)

仕方が無いので、これからは、『体重は朝、体脂肪は帰宅後』の数値を記録する事にしましょう。
う~ん、何だか段々と面倒になって来たな~。(←3日以内にやめる方に、一万円賭ける:笑)
とりあえず今日の帰宅後の測定値。

 体 重:66.3㎏(帰宅後)
 体脂肪:20.1%

成る程、本当の僕の体脂肪率はこんな感じですか。
体重は一緒で、体脂肪だけ増えている、と。

解らないけど、暫くやってみます(汗)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


面白い本を読みました。(←この忙しいのに、良くそんな暇あったな?:驚)

それは所謂『自己啓発』の本で、自分を高めるにはどうしたら良いか? みたいな系統のものです。
この手の本って、一時期(7~8年くらい前だったかな?)、物凄く流行りましたよね~。
僕も当時、色んな本を読みましたよ♪ ・・・まあ、ただの一つも身につきませんでしたが(悲)。

で、今回読んだ本について。
(自分の解釈で勝手に内容を変えていますので、本のタイトルは書きません)
まあ、ある種のゲームの本だと思って下さい。基本的なルールは、

・自分が実際に行った事に対し、架空の給料が支払われる

これだけ。

例えば仕事で書類を一枚片付けたとしましょう。それをやるのに一時間かかったとして、それで給料が3万円貰えるとします。
『書類一枚で3万円なんて、そんな馬鹿げた金額があるか!(怒)』
とか思っちゃ駄目。自分にはそれだけの価値があるのですから、あり得ない様な金額を付けて良いのです。

この金額は、自分で自由に決める事が出来ます。あの仕事は簡単だから1万円とか、あれは嫌な仕事だから10万円とか、勝手に設定します。
が、ここで注意点が一つ。『自分が決めたルールの中で、それに見合う値段』にしなければなりません。
自分にとって簡単な仕事なのに、100万円にしたりしちゃ駄目です。自分自身が納得出来る値段にする、それが重要なポイントです。

そして、ここからが面白いところ。
この『自分が稼いだ架空の賃金』を、実際に家計簿に付けて行くのですよ。

目標額は一億円(これは任意で変更可能)。
それを達成するまで、ただひたすらに家計簿を付けて行くのです。

これだけ聞いたら、『結局仕事してるだけじゃん、馬鹿馬鹿しい!』と思われるかもしれませんね?(笑)
僕も最初、この本を読み始めた頃は、そう思っていました。
が、読み進めて行くうち、気づいたのですよ。

これは、『モチベーションを上げる為のゲーム』なのだと。

例えば、Aという仕事と、Bという仕事があるとしましょう。
Aは自分が得意な仕事、Bは自分の苦手な仕事。Aは締め切りまで余裕があって、Bはあまり時間が無い。
この場合の優先順位は、考えるまでも無く、Bが先ですよね?

しかしこんなとき、今までの僕ならば、迷わずAを先に始めていました。
Bを先にすべきというのは解っているけれど、苦手意識から、なかなかBに取りかかれずにいたのですよ。
自分にとって楽しいAをやりながら、嫌いなBを遠ざける。で、期限が目の前となり、やっとBに手を付ける・・・勿論、これが駄目なのは解っていますが(汗)。

が、このゲームをやると、その優先順位が入れ替わります。ええ、Bを先に片付けようという気持ちになるのですよ。
勿論それは、『自分が苦手な仕事の方が、貰える賃金が遙かに上』だからです。
値段を設定するのは自分自身、苦手な仕事をするのは苦痛な訳ですから、その賃金はそれだけ大きくなるという訳です。

ゴールである一億円に辿り着くには、値段の高い仕事(苦手な仕事)を、より多くこなすのが一番の近道。
ええ、このゲームをやっていると、自然と『自分が嫌いなもの』から先に手を付ける様になるのです。
今まで嫌だった仕事を、あえて求める様になる。そうして一億円貯まる頃には、きっと幾つもの苦手が消えている事でしょう。

そうです、このゲームをやっていると、自分のスキルが勝手に上がって行くのですよ!(笑)

尚、このゲームは、仕事だけを対象にしたものではありません。
主婦ならば『掃除をしたら3万円、料理を作ったら5万円、苦手な奥様の長話に付き合ったら30万円』、なんて設定もありです。
但し、『自分が好きなもの』に高い金額は付けない事。それをしてしまうと、好きな事ばかりやってしまう様になりますからね?(笑)

僕もまだこのゲームを始めてはいませんが、そのうち折をみて、試してみようと思っています。
設定は個人の自由ですので、自分の苦手なものを高くして、得意なものを安くして。

『苦手な同僚と、にこやかに会話出来たら100万円』

こんな現実的には困難な事でも、きっとこのゲームを始めたなら、自分からチャレンジ出来る様になる。
そう、思います(笑)。



もしもこれを実践すれば、今の職場の人間関係も、少しは改善されるかな?(笑)
[PR]
by crystalgem | 2007-06-21 23:23