<   2007年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

煩悩の呪縛

午前中、珍しく僕の家のベルが鳴りました。
普段は誰も訪れないこの家に、一体誰がやって来たのだろう?
郵便か、それとも新聞の勧誘か・・・そんな事を考えながら、玄関に立ちます。

 僕 「はい、どちら様でしょう」
 男 「NHKの者ですが、こちらはcrystalgem様のお宅ですよね?」
 僕 「(ちっ、NHKか・・・:汗)ああ、間に合ってますので、結構です」
 男 「そうですか、また宜しくお願いします」

最近のNHKの集金人って、根性が無くて良いですね♪ 追い払うの、凄く簡単(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨日に引き続き、今日もダルダルモード全開。朝から全く何もやる気が起きません。
どうしたのでしょう、ひょっとして、僕は本当に鬱病になってしまったのでしょうか?(汗)
解りませんが、仕事は明日から頑張る事にして、今日は一日家でゆっくりしている事にしました。

とりあえず朝食を摂り、洗い物を台所に放置したら、ベッドの上に寝転がります。
そうして何となく、枕元のニンテンドーDSで、頭のトレーニング。
脳年齢のチェックをしてみたら、前回は27歳だったのに、今日は31歳。どうやら本当に駄目駄目モードの様です(汗)。

何だか注意力も散漫だし、もしかしたら僕は、かなり疲れているのかな?

今の仕事の事、職場の人間関係、将来の事・・・思えば、最近の僕には、悩む事ばかりが山積しています。
一つの事に集中出来ない、意欲が湧かないのも、こうした雑多な悩みが僕の中に溢れかえっているからなのかもしれませんね。
もしかしたら、ずっと微熱が続いているのも、それが原因なのかも・・・。

よし、日頃の悩みを解消するため、一つ座禅でも組んでみるか!(笑)

座禅・・・どうして急にそんな事を思い付いたのか、自分でも良く解りませんが、とりあえずやってみる事にしました。
ベッドの上で胡座をかき、片方の足を上に載せ、更にもう片方の足を上に載せます。
両足に感じる痛み。それをじっと我慢して、膝の上に両手を軽く載せたら、ゆっくりと目を閉じました。

煩悩を振り払い、意識を無の状態に持って行く。それにはまず呼吸だ。ゆっくりと鼻から息を吸って、少し止め、またゆっくりと口から吐き出して行く。
暗闇の中、自分の呼吸音が耳に響きます。そしてストーブの音と、外から響くトラックのエンジン音。

あ、どうやら誰かが外を歩いてる様ですね。この音から察するに、大人なのかな?
音の感じから、たぶん隣の旦那さん。きっとこれからお出掛けなのでしょうね(笑)。
ってか、これ終わったら、台所の洗い物片付けなくちゃな~。

・・・って、全然『無』になってないじゃん!(汗)

気を取り直して、もう一度。

集中、集中。頭の中の全てを消し去り、自然と一体となるのだ。
頭を空っぽにして、ただ自分の命の事だけを考える。いや、空っぽなのだから、命とか考えちゃ駄目だろ。ってかそんな事考えてたら全然無になれないじゃん。
ってか、さっきからずっと頭フル回転してるんですけど・・・僕は今座禅を組んでいるんだよ? 駄目でしょ、余計な事考えてたら!(汗)

何も考えるな、考えるな。無になれ、無になるのだ。
何も考えず、ただ『無心』になる事だけを考えるのだ。
って、『無心になる事』を考えていたら、結局何かを考えている事になるのでは? ってか、駄目じゃんそれじゃ!(汗)

気を取り直し、再び瞑想に入ります。
何も考えないのは難しいので、自分が自然の中にいる事をイメージする事にしました。(←妥協した:笑)
緑の草原、そこに座る僕。辺りには黄色い花が沢山咲いており、遠くに一本の木が見えます。花々を飛び交う蝶々の群、爽やかな風が流れています。

爽やかな風・・・でもちょっと寒いな。
ストーブの目盛り、もう一段階上げた方が良いだろうか?

・・・って、何で草原にストーブがあるんだよっ!(焦)

無にもなれない、自然をイメージする事も出来ない。
せっかく座禅を組んでいるのに、僕の頭の中に浮かぶのは、雑念ばかりです(泣)。

やっぱり素人には、瞑想なんて無理なのかな。。。

諦めかけていたそのときです。
目を閉じているのに、先程からチラチラと、瞼の裏に淡い光が見えるのに気付きました。
まるで煙の様な、青紫の光。それは広がりは消え、消えてはまた現れるという、実に奇妙な光でした。

これは一体何だろう? 瞼を流れる血液がそう見せているのか、それとも外からの光が瞼を透かして入って来ているのか。。。

奇妙な光に意識を集中させます。
するとそれはライオンの様な形となり、次に人の顔の様になり、はたまた何かの食べ物を連想させる様な形となりました。
面白いので、じっとその光を観察し続けます。

次は何だろう? 出来れば一度くらい、仲間由紀恵みたいな形になってくれないかな~(笑)。

瞼の裏の映像、その奇妙な光を愉しむ僕。
光の正体は解らないけれど、そんなものはどうでも良い事。大切なのは、面白いか、面白く無いかです。
まあ、これがそこまで面白いかと聞かれると、少々微妙ですが(汗)・・・ま、少なくとも退屈ではありません。

そうして訳の解らない座禅を続けていた、そのときです。
ピピッという電子音。目を開けて時計を観ると、時刻は昼の12時。昼ご飯の時間です。

さてと、座禅はこれにて終了。
ワイパーを夏用に取り替えて、それから車屋に行って、新しい夏タイヤを買って来なくっちゃな~。


---


こうして座禅を組んでみて解った事。
それは、『人間の煩悩はそんなに簡単には消えない』という事です。
どれだけ意識を無にしようと思っても、つい何かを考えてしまう。これはもう、人間である以上どうしようも無い事なのでしょうね。

・・・あ、だから坊さんは修行するのか。(←今気付いた:笑)



でも座禅って、背筋もピンと伸びるし、割と心もすっきりしますね。
いつになるか解らないけど、また今度やってみようっと♪(←どうせ煩悩は消えないけどね?:笑)
[PR]
by crystalgem | 2007-04-30 21:51

知らぬが仏

僕はもう駄目かもしれません(汗)。

今日は仕事に行くつもりだったのに、何故だか朝から全くやる気が起きなくて、結局仕事に行く意欲も湧いては来ませんでした。
とにかく何をする気にもなれないのですよ。テレビも観たく無いし、何かを食べたいとも思わない。本も読みたくは無いし、出掛ける気にもなれなくて・・・。
爬虫類子さんから、遊びの誘いのメールが来ましたが、面倒なので断ってしまったし。(←それは二人っきりで会うのが嫌だっただけだろ?:笑)

何のやる気も起きない・・・もしかしたら、これが『鬱病』という奴なのかもしれません(泣)。

とりあえず明日やる気になったら、仕事に行こうと思います。が、果たしてどうなる事やら・・・(汗)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


凄い場面に出くわしましたっ!

今日は本当に何にもやる気が起きなかったのですが、一日家の中でじっとしているのも嫌でしたので、自転車の修理に行く事にしたのですよ。
まあ、修理と言っても、ただのタイヤ交換ですけどね?(※昨年11月7日の記事参照
そういえば、そろそろ車のタイヤ交換もしなくっちゃな~。・・・って、話が逸れてしまいましたね(汗)。

タートル号(僕の愛車)を飛ばし、向かった先は近所のホームセンター。
駐車場に車を停め、鍵をかけます。
そして玄関に向かって歩き始めた、そのときです。隣の車が、後ろの車とぴったりとくっついている様に見えたのですよ。

もしかして、ぶつかっているのでは?!(汗)

何となく興味を惹かれ、実際にその場に行ってみる事にしました。(←物好きな奴:笑)
車の後ろの回り込み、問題の箇所を目にします。そしてその光景を目の当たりにし、本気で驚きました(汗)。
というのも、

何と、その車に取り付けられた牽引金具が、後ろの車のフロントバンパーに突き刺さっていたのですよっ!(驚)

この車が後ろの車に突き刺したのか、それとも後ろの車が牽引金具に気付かずに突っ込んでしまったのか・・・。

解りませんが、一つだけはっきりしているのは、後ろの車に大きな傷が付いてしまったという事。
何しろ牽引金具が突き刺さっているのです、どう考えたって無事では済まないでしょう。

前の車(牽引金具が付いている方)に目を向けると、オーナーらしき男性が、荷物を車の中に運び入れている真っ最中。
暢気な表情から察するに、どうやらこの事実には全く気付いていない様子です。

・・・どうしよう、教えてあげた方が良いかな?(汗)

かなり迷いましたが、やめておきました。だって、もしもこの人が加害者だった場合、そんな事を教えられたらいい迷惑でしょうからね?
ええ、『お前が犯人だ!』と言われる様なものですから。
この場面、ただの通りすがりである僕に、この事件に首を突っ込む権利なんてありませんからね。

深く考えるな。いいんだよ、どうせ僕には関係の無い事だし。。。

そうしてその場を立ち去ろうとした、そのときです。後ろの車のオーナーらしき女性が、その場に現れたのです!
一体どうなる事かと、ドキドキしながら状況を観察します。
が、何も気にせず、そのまま車に乗り込む女性。やはり事故には気付いていない様子で、車をバックさせると、そのまま走り去ってしまいました。

事故の当事者同士がすぐ近くにいた。が、事故に気付いているのは、その中で僕ただ一人だけ。
どちらが加害者でどちらが被害者なのかは解りませんが、その二人の中では、『事故など存在しない』事になっているのです。

もしも僕があのとき、二人にこの事実を伝えていたら、どうなっていただろう?

もしも本当にそうしていたなら、きっとお互い話し合い、警察を呼んで事故調書を取っていた事でしょうね。
そして、『お前がやった、いいやお前だ!』と喧嘩になっていたか、それともどちらかが正直に『私が犯人です』と名乗り出ていたか。
どちらに転んだとしても、お互いにいい気分はしなかったでしょう。

たぶん、今日僕が黙っていたのは、正解だったのだと思います。
言ったって、誰も幸せにはなれないだろうし、僕だって良い気持ちにはなれなかっただろうし。



言わない方が良い事もある、知らない方が幸せな事もある。

あの事故があったという事実は、この記事と僕の心の中だけに、そっと封印しておく事にしましょう(笑)。

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-04-29 21:49

外国人が日本にやって来たときのルールについて

明日から、誰もが待ち望んだ『ゴールデンウィーク』とかいうイベントがあるそうですね!(笑)

まあ、残念ながら僕はそのイベントの詳細を知りませんので、愉しめませんけどね?
明日は休むつもりですが、明後日は仕事です。書類の整理、打ち合わせ相手との会合、色々と詰まっています。
・・・。

来年、転職するつもりです(汗)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日のYahoo!ニュースにこんな記事を見付けました。


R・ギアさんらに逮捕状=女優へのキスでわいせつ容疑-インド 4月26日22時0分配信 時事通信

インド北部ジャイプールの裁判所は26日、米映画俳優リチャード・ギアさん(57)とインドの人気女優シルパ・シェティさん(31)が
公衆の面前でキスしたのはわいせつ容疑に当たるとして、2人に逮捕状を出した。
ギアさんは15日、ニューデリーで開かれたエイズ撲滅キャンペーンの式典に招待された際、大勢の人が見守る中で同席したシェティさんを抱擁、
ほおにキスするなどした。
ヒンズー至上主義政党のメンバーや保守的な市民らは「インド文化や女性を侮辱するものだ」と非難し、2人を模した人形が焼かれるなどの騒ぎ
に発展。当局に告発状が出されていた。



公衆の面前でキスしただけで逮捕・・・(汗)。

国により文化の違いはあるのでしょうが、たかがキスで逮捕されるなんて、びっくりですよね~(汗)。
しかも、怒った市民が『2人を模した人形を焼く』って、

お前らのやってる事の方が、よっぽど酷い行為じゃ無いのか?!(汗)

と、思わずツッコミを入れたくなる様な騒ぎです。
まあ元々、『女性は人前に素顔を晒すべきでは無い』みたいなところのあるインドですから、キス=わいせつと感じてしまったのかもしれませんけどね?
それにしても、たかがキスで過剰に反応しすぎだと思うのは、僕が日本人だからでしょうか?

それに相手(ギア)は外国人、自分達と考え方が違うからといって、一方的に批判するのはどうかと思います。
『外国人を自国に迎え入れる』という事は、同時に『外国の文化を受け入れる』という事。
もしもそれが嫌ならば、最初から国に入れなければ良かったのですよ。若しくは入国条件に『人前でのキス禁止』とはっきり明示しておくとか。

そんな事を考えながら、ふと思いました。
もしも『窃盗が罪に問われない国』から来た人が、日本で盗みを働いたら、その罪を免除すべきなのか? と。。。

いえ、外国の文化を受け入れるという事は、その国の考えを理解するという事です。
その理論で行くと、上に書いた様な『窃盗が犯罪では無い国』の人が日本で泥棒をやっても、簡単には逮捕出来ないという事になってしまいますからね。
何しろ、相手の国の文化を尊重するのならば、日本の常識を無理矢理押しつける訳には行きませんから。

そんな危機を回避すべく、とりあえず、入国条件に書いておく必要があります。
・日本国内で窃盗を行ったら逮捕します

これを書いておけば、窃盗に関しては安心ですね♪
ええ、もしも外国人が国内で盗みを働いても、堂々と逮捕する事が出来ますから(笑)。
世界一安全な国・日本。これで治安が守れます☆

・・・って、待てよ? もしも殺人や暴行が罪に問われない国があったら?

そんな国があるとは思えませんが、念のため、これも入国条件に追加しておくべきでしょう。
・日本国内で暴力をふるったり人を殺したりしたら逮捕します

あとの不安要素と言えば。。。
ギアのキスはテレビなので良いですが、全く知らない女性にいきなりキスをするのは犯罪ですよね? 当然、体に触れたりするのも駄目ですし。
なので、
・日本国内でわいせつ行為をしたら逮捕します
この項目を追加しておきましょう。

あとは・・・。

・勝手に人の家に入ったら逮捕します
・お金を偽造したら逮捕します
・詐欺行為をしたら逮捕します
・無免許運転をしたら逮捕します
・その他道路交通法に違反したら逮捕します
・天皇は日本の象徴です



冷静に考えてみたら、外国人の入国条件に、『入国中の法律は日本国憲法に準拠する』と一行書いておく方が早いですね(笑)。
[PR]
by crystalgem | 2007-04-27 23:59

車中睡眠の不思議

今日の夕方、赤十字血液センターから、成分献血に来て欲しいという電話がありました。5月3日、祝日にです。
ほんの一ヶ月ほど前にも電話が来たばかりだと言うのに、あまりにも早すぎる、次の依頼です。
今週の月曜日の記事の冒頭にも『A型とO型が危機的状況の様です!』と書きましたが、どうやら今、本当に血液が不足している様ですね(汗)。

こんな馬鹿ブログに来て下さった皆様、どうかお願いします。
見えない誰かの命を救う為、是非献血にご協力を!

『危機的状況』がどの程度なのかは解りませんが、こんなペースで献血の依頼が来るのは、どう考えても異常な事態です。
恐らく、本当に今、かなりヤバイ状況なのでしょう。

どうか、どうか献血にご協力を!(願)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日の仕事で、遠くの町に行って来ました。

初めて行く場所ですので、事前に地図を用意します。
そして出発前、今日の運転手である同僚にその地図を見せ、事前にしっかりと目的地の確認をしました。
これだけ確認すれば、多分もう大丈夫。安心して、どっかりと助手席に座り込みます(笑)。

流れゆく風景をのんびりと眺めながら、ラジオの音楽を愉しみます。
今日は、天気はいまいちですが、割と暖かな気候。
車窓から時折差し込む陽の光が体に心地よく、助手席に乗っていた僕は、気づかぬ間にうたた寝を始めていました。

 眠る僕を乗せ、車は目的地に向けて順調に進みます。
 海の見える田舎道を、のんびり、のんびりと。。。

そうして出発してから小一時間ほどが経過しようというところでしょうか、とある交差点に差し掛かったとき、不意に僕の意識が蘇りました。
瞬きを数回、周囲を見渡すと、目の前に町名の書かれた看板を見つけました。
どこかで見覚えのある町名・・・はっ! と思い出し、同僚に向かい、

 僕 「今の交差点、右っ!(汗)」

僕の声に驚き、車を停め、地図に目を落とす同僚。確かに前の交差点で右折しなければならなかった事に気づき、慌てて道を引き返します。
もしも僕が偶然目覚めていなかったら、一体どこまで走り続けていたのだろう?(汗)
そんな事を考えながら、ふと思いました。

・・・どうして僕はこのタイミングで目覚めたのだろう?

曲がらなければならない交差点で目覚める。しかも、同僚が道を間違えそうになった、その瞬間に。
偶然と言ってしまえばそれまでですが、あまりにも出来過ぎています。
そこで気付きました。考えてみれば、この手の事があまりにも多いという事実に・・・。

例えば出張先からの帰り道、運転手以外の全員が居眠りをしていても、何故か職場の手前に差し掛かると必ず目覚める。
しかも全員が、ほぼ同時に。
本当に不思議な事ですが、実際にそうなのですよ。駐車場で揺り起こされる者など決しておらず、皆必ず『少し手前』で目が覚めるのです。

これまでは特に何とも思っていませんでしたが、冷静に考えると本当に不思議な事。
『眠っている癖に、必要なときに目が覚める』
・・・これって、何なのでしょうね?

解りませんが、きっとこういう事なのだと思います。

眠っている様に見えて、実は起きている。ちゃんと場所や時間を確認しながら、同僚の運転をしっかりと観察している。

だからこそ、同僚が道を間違えそうになったとき、僕はしっかりとそれを指摘出来たのでしょう。
運転を同僚に任せっきりで、お気楽に助手席に座っていると思ったら、それは大間違い!
実は周囲を確認しながら、危険物は落ちていないか、対向車は危険な挙動を見せていないかと、常に注意を払っていたのです。

今日の移動の数時間、ただ乗っているだけの僕を『お気楽な立場』と考えるのは大間違い。
本当は、運転をしていた同僚と同じくらい、周囲に気を配っていたのです。
常に心配し、常に運転席の彼を想い、意識の中では共に一緒に運転していたのですよ!

だから・・・。



今日の移動中、ろくに会話もせずにずっと助手席で寝ていたみたいに見えるだろうけど、本当は起きていました!

でも○○さん、何となくごめんなさいっ!!!(←結局謝るのかよ:笑)
[PR]
by crystalgem | 2007-04-26 23:59

夢は切らさない

今日、仕事の話で、とある会社に電話をかけたときのこと。
担当者が不在だった為、受付の女性に、その方から電話が欲しいとお願いしたのですよ。
そして電話を切るときに、一般的な礼儀として、

 僕  「ではすみませんが、宜しくお願い致します」
 女性 「はい、どうもで~す♪」

仕事の電話の受け答えで、『どうもで~す♪』という返事はどうかと思うのですが・・・。
僕、古い人間ですかね?(汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


年末ジャンボとドリームジャンボ、合わせて100枚の換金をしていなかったので、今日の昼休みに引き替えに行って来ました。

ドリームについては、僕の買った売り場で高額当選が出ていませんので、外れている事は解っています。
しかし年末ジャンボは『2等一億円、この売り場から出ました!』と大きく看板が出ていますので、こちらについては期待満々です♪

もしも当たっていたら、今日の午後にでも退職願を上司に叩き付けよう!(笑)

かなり本気でそんな事を考えながら、タートル号(僕の愛車)を走らせます。
十数分後、宝くじ売り場に到着。胸のポケットから『宝くじ収納巾着』を取り出し、そっと袋に手を入れます。
右手に持った100枚の宝くじ。この中に高額当選が眠っている事を本気で祈り、売り場のおばさんに手渡しました。

もしも一億円手に入ったら、まずは全額で国債を買おう。
一年で金利1%だから、純粋に年間100万円の利益、10年で一千万になる。それをまた国債に投資して、雪だるま式に増やして行く。
暫くの間は、今ある貯金だけで生活し、適当にバイトでもしながら将来の事を考える。そしていつか自分の会社を造る。

そんな淡い夢を想像しながら、液晶画面に表示された数字をカウントして行きます。

 高額当選  0
 当選    5
 はずれ   53・・・54・・・55・・・


残り約40枚、次々に増えて行く『はずれ』の数字。それを眺めながら、次第に欲望のレベルが下がって行きます。
せめて一千万でも良いから当たってくれ。それが駄目なら100万で良い、それも無理ならせめて10万・・・(汗)。
祈りながら、唐突に深い悲しみが込み上げて来ました。

本当は、ここで高額当選を果たし、仕事を辞めたかった。
今すぐにでも自由になりたかった。
もしも神様がいたならば、きっと助けてくれるだろうと信じていた。なのに・・・(涙)。

心の中を渦巻く、深く暗いネガティブな感情。今僕は正に鬱病になろうとしている、そう確信出来る程の、深い、深い悲しみ。。。

目の前の液晶画面が表示する、悲しい現実。

 高額当選  0
 当選    10
 はずれ   90

 - 当選金額 3,000円


解っていた。こうなる事は解っていた。
宝くじで高額当選するなんて、何十万、何百万人に一の確率。これに比べれば、雷に打たれて死ぬ方が、余程確率が高いだろう。
そんな宝くじが当たる筈が無い。解っていた、解っていたけれど・・・。

何故だろう、心の中に風が吹いている。
そうか、たった一つの心の支えを失ったからだ。現実から逃避する事の出来る、たった一つの心の希望を・・・。
油断すれば、今にも零れ落ちそうな涙。今初めて気づいた事実・・・。

僕は、こんなにも疲れていたのです(涙)。

楽になりたい、今すぐどこかに逃げ出したい。
そんな気持ちが、宝くじに希望を託したのです。それも、こんなにも過剰に。

が、その希望は潰えました。今日、あの瞬間に。。。
もう僕の心に、希望の灯火はありません。もう、縋るべきものは、一つも無いのです。一つも、一つも・・・(悲)。

・・・。

 店員 「100円くじはいかがですか?(笑) 現在、『関東・中部・東北自治宝くじ』、絶賛発売中です♪」

観るとそこには、一等三千万円の、青いパッケージの宝くじ。
瞬間、思わず僕が口にした言葉は、

 僕  「今の当選金(3,000円)で、30枚下さい!(笑)」



って事で、買って来たのがこの宝くじ。
d0044012_030436.jpg
じゃ~ん、一等三千万の、関東自治宝くじで~す♪
一等当たったら、とりあえず仕事辞めて、暫くはトラックの運転手でもやってようっと!(笑)
そうして本当にやりたい仕事を考えて、いずれは自分の会社を造って。。。

僕の夢、第二ラウンド突入~♪(笑)



現実逃避と責められようが、これが現実の僕です。
他力本願、自分から何かをしようとは全く思わない。今の職場で勝とうなんて欠片も思わない。。。

・・・格好悪いけれど、こんな僕でも、いずれ人生に勝つ!(←それ、人間としてどうよ?:汗)
[PR]
by crystalgem | 2007-04-25 23:59

薬の味と葛藤

今日の北海道は突き抜ける様な青空。
気温もぐんぐん上昇し、車の窓を少し開けないと、暑くて耐えられないくらいでした。
沿道の躑躅の花も満開だったし、春間近ですね♪

でも、物凄く強い風!

これって、春一番って奴なのかな?(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうしよう?(汗)

近所のスーパーのスナックコーナーで、本気で悩む僕。
時刻は12時半、急がなければ昼食を摂る時間が無くなってしまいます。
なのになかなか決断が出来ず、いつまでもグズグズと悩んでいる僕。そして、刻々と迫る制限時間。。。

悩みの理由とは、とてもくだらない事なのですが・・・目の前にある『かぼちゃの種』を、買うかやめるか、です(汗)。


---


僕は今、頻尿の治療のためにかぼちゃの種を食べています。
このかぼちゃの種は、近所の二軒のスーパーで扱っており、A店は75gで198円、B店は150gで268円です。
前回も計算しましたが、100g当たりの単価は、

 A店 264円/100g

 B店 179円/100g


と、圧倒的にB店の方が安価でしたので、次回からは必ずB店で買おうと思っていました。
・・・実際に食べてみるまでは(汗)。
はい、食べ比べてみたら、A店の品の方が遙かに美味しかったのですよ(焦)。

次回からどうしよう?(困)

片方は美味しいかぼちゃの種、もう片方は、不味いとは言わないものの少々味の落ちるかぼちゃの種。
どちらも同じ種ですから、その効能(頻尿治療の)にそれほど違いは無いでしょう。
が、どうせ食べるなら美味しい方がいいし、でもこの値段の差は気になるし・・・。

ここは冷静に分析します。

そもそもかぼちゃの種は、僕にとってはただの『薬』であり、味を楽しむ為のものではありません。
そういう風に考えれば、やっぱり安い方を選ぶのが正解なのでしょう。

が、僕はどちらかと言うと『薬』としてよりも、『酒のつまみ』として食べている部分が大きい。
ってか、ぶっちゃけ気に入っています。今は、晩酌にかぼちゃの種が無ければ寂しい、と感じるくらいに。
そう考えれば、多少高くても『美味しい方』を買うべきでしょう。

高くて美味しい方を買うか、安くてイマイチの方を買うか・・・それが問題だ!(←そこまでの問題じゃ無いだろ)

こうして昨日一晩悩んだ結果、多少高くても、美味しい方を選ぶ事にしました。
75g入り198円。確かに高いけれど、無理すれば買えない値段ではありませんからね?(←お前本当に社会人か?:汗)

よーし、今晩からは美味しいかぼちゃの種だ~♪

そんな感じで、るんるん気分で向かったスーパー。
スナックコーナーの一角に立ち、それを見た瞬間、思わず目が点になりました。


『かぼちゃの種・・・228円』


75g入り、228円ですか。
うん。


値上げしてる~っ!!!(号泣)


---


75g入り228円という事は、100gに換算すると、304円。B店の、実に2倍近い値段です。
確かにA店のかぼちゃの種は美味しい。が、倍の金を払ってまで食べたいか? と聞かれると、流石に微妙。。。
同じ値段なら、多少不味くても2倍の量を食べた方が良い気もしますからね。

・・・これが今日の昼休み、僕が本気で悩んでいた内容です(汗)。

結局、暫く悩んだ末、清水の舞台から飛び降りるつもりで1袋だけ買って来ました。
このまま食べるのは勿体ないので、B店のものと混ぜ合わせて、中間くらいの味にして食べようと思います(笑)。



社会人としてのプライド? ああ、全く気にしていません。
自分の経済状態、考えたら負けだと思っていますから。(←開き直りか?)
[PR]
by crystalgem | 2007-04-24 23:59

職業上のシックスセンス

今日、移動中のラジオで知ったのですが、現在A型とO型の血液が『危機的状況(不足している)』にあるそうです。

A型なんて日本人に一番多い血液型だし、豊富にありそうに感じますが、考えてみればそれだけ需要も多いのですよね?
そして、何型にでも対応出来るO型は、やはり必要性も高いのでしょう。
とにかく『危機的状況』と聞いては、偽善者として黙ってはいられません。今週末は、献血にレッツゴーです!(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


超能力って信じますか?

僕は信じません。だって、指で擦るだけでスプーンが曲がる筈はありませんし、念じるだけで壊れた時計が動き出す筈がありませんからね?
これだけは断言出来ます。その手の超能力は現実には存在しません、全てトリックです!

何故ここまで言い切れるのか? ・・・理由は簡単、『必要性が無い』からです。

人間の体・・・というか生き物全般の体は、基本的に無駄が無い構造になっています。
歩く為の足、物を掴む為の手、周囲を観察する為の目。
目は敵や獲物を見つけ、足はそれから逃げる為、又は捕らえる為に動く。捕食者が相手に襲いかかるとき、素早く手を動かす。

そうです、全ての生命の体には、基本的に無駄が無いのですよ。
ここに超能力なんて要りますか? スプーン曲げが生きる為に活用出来ますか? トランプの数字を当てたら敵に勝てますか?

これが、僕が『超能力』を全否定する理由です。
地球上の生物は、進化もすれば退化もする。が、それは必要に応じて、体を変化させているからに過ぎない。
要らない能力は捨て、必要な能力を求めて形態変化する、それが『進化』や『退化』なのです。

進化の途中に、スプーン曲げが必要になる場面なんて来ると思いますか? ええ、ある筈が無いのですよ!(本気)


---


どうして昨日はブレーキ点検をされなかったのだろう? ・・・今日の移動中、ふとそんな事を思いました。

これは昨日の出来事なのですが、昨日、以前記事にもしたガソリンスタンド(※3月25日の記事参照)に行って来たのですよ。
で、前回はブレーキランプの点検をしてくれたのに、何故か昨日はそれが無かったのです。
昨日はそんな事に全く気づかずに、普通に精算をしてスタンドを出たのですが、ふと思い出したら気になって来てしまって。。。

前回ブレーキランプの点検をしてくれたときは、偶然ですが本当にランプが切れていました。
自分では全く気づいていなかったブレーキランプの球切れ、点検してくれた店員さんには、本当に感謝です♪
このスタンドでは、いつもこうして車の各部の点検をしてくれるのだろう・・・そう思い、これからはこのスタンドで給油する事にしたのですよ。

だから昨日、あのスタンドに行った。が、昨日はランプの点検をされなかった。・・・それは何故?

今からおよそ一ヶ月前、この車のブレーキランプの交換をした事を覚えていたのだろうか?
しかし、僕があのスタンドに入ったのは、前回が初めてでした。
一日に何百台とやって来るだろうガソリンスタンドで、一ヶ月も前に偶然立ち寄った僕の車を覚えていたなんて、到底思えません。

では前回、あの店員さんには、ブレーキランプが切れているのが見えていたのか?

しかしあのとき、店員さんの位置からは、絶対に僕の車の後ろ側は見えていなかった筈。
それは角度的に考えても、間違いの無い事実です。
周囲にはミラーも設置されていなかったし、店員さんに僕の車のブレーキランプの状態を知る術は、恐らく無かったでしょう。

ならばどうしてあのとき、店員さんはブレーキランプのチェックをしたのか。そして、どうして昨日はそれを怠ったのか。

普通に考えれば、『昨日はたまたまランプの点検を忘れた』、若しくは『面倒なのでしなかった』。
・・・それが正解なのでしょうね?
昨日はたまたま点検をしなくて、そして前回は偶然ランプ切れのときにたまたま点検をしただけ、ただそれだけ。

が、何やら釈然としないものが・・・。

いえ、何となく思うのですよ。
前回の給油のとき、あの店員さんには、『ランプ切れが解っていたのでは無いか?』・・・と。

これは僕も何度も経験があるのですが、仕事で書類を眺めているときなど、ふと『違和感』を覚える事があるのですよ。
書類の中の数字、何の変哲も無い数字の羅列の中に、何やら『気持ち悪さ』を感じる。
どうにも気になって、その数字の中身を確認してみると、思い切り単純なミスをしていたりするのです。

表面上は何の変哲も無い数字。誰が見たって、中身の間違いなんて解りません。
なのに気づく、気づいてしまう。これは職業上のシックスセンス、『見えないものを見抜く力』に他なりません。
『超能力』というよりは、経験に基づく感覚ですので、『職人芸』と呼んだ方が近いかもしれませんね(笑)。

あのスタンドの店員さんも、そんな感覚・・・というよりも『勘』で、ブレーキランプが切れている事に気づいたのでは?

・・・今、そんな気がして仕方がありません。


---


生命にとって必要の無い能力が存在する筈が無い、故に超能力が存在する筈が無い。
冒頭でそう書きましたが、後半の『ブレーキランプ』や『書類のミス』に気づく能力は、確実に存在すると思います。
それは不可思議な超常現象では無く、経験が成せる、ある種『感覚的』な能力。



ええ、馬鹿みたいなスプーン曲げとは違い、これは『仕事をする上で必要な能力』ですからね(笑)。
[PR]
by crystalgem | 2007-04-23 23:59

部屋に緑の潤いを

最近残業が多く、間食が増えたせいか、少々太り気味。
つい半年前までは体重62㎏前後だったのに、今は66㎏オーバーです。
まあ、元々が痩せていただけですので、この程度の増量は全く問題ありませんけどね?

温泉に行き、浴室に入る前に、体重計に乗りました。
デジタル表示が一気に数値を重ね、66㎏前後で揺れ動きます。そして止まった、その数字は・・・。

 66.6㎏

最近の僕の体調不良は、本当に疲れだけが原因なのでしょうか?(汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なかなか熱が下がらないのは、部屋に生命力が足りないからなのかもしれない・・・部屋の中を見回し、その殺風景さに、ふとそう思いました。

我が家の居間にあるものと言えば、本棚とベッドとテーブルとストーブ、それに空気清浄機くらい。
台所に目を向けても、そこにあるのは、冷蔵庫や電子レンジなどと生活必需品だけ。
居間の壁には仲間由紀恵のポスターが貼ってありますが、インテリアと呼べるものはそれくらい。他にあるのは、本当に必要なものだけです。

この部屋に観葉植物の一つもあれば、少しは部屋も明るく見えるのにな・・・。

思えば、僕の部屋に緑があったのは、今から十年以上も前の事です。
ホームセンターで500円くらいで買ったアロエ、それが最後でした。
結局そのアロエも、馬鹿みたいに巨大化してしまったため、持ちきれずに人にあげてしまいましたが・・・(汗)。

よし、ここは思い切って、新しい観葉植物を買ってしまおう!(笑)

思い立ったが吉日、タートル号(僕の愛車)に乗り込むと、向かった先は近所のホームセンター。
園芸コーナーへ足を向け、そこにあった観葉植物を物色します。
本当に美しい植物たち。それに目を向け、少々うっとりとなります(笑)。
d0044012_2142836.jpg
いや、マジでいい感じ♪
色とりどりの花たち。観ていて、本当に癒されますね~(笑)。
でも花って、一年中咲いている訳じゃ無いし、やっぱり普通の緑の奴にしておこうかな?

花が散るのを観ると気分が滅入りますので、一年中青々としていそうな植物を探す事にしました。
名前は解りませんが、とりあえず観ていて心の落ち着く奴。で、出来れば丈夫そうで、あまり手の掛からない奴を物色しました。
が、残念ながら『初心者用』とか『丈夫です』の説明が無く、どれが良いのか全く解りません。
d0044012_215056.jpg
う~ん、どれが良いのだろう?(惑)
解らないので、店のお姉さんに聞いてみようかと、周囲を見渡します。
が、そこにいた店員さんは、残念ながら男とおばさんばかり。なので、聞くのはやめる事にしました。(←何が目的だ?)

僕の目的は『癒し』です。
観ていて心が安らいで、そして疲れを忘れられる様な植物。

何か良い植物は無いかな~。
d0044012_2152131.jpg
あ、ポトス♪
割と良く見掛ける植物だし、これなら僕でも育てられるかな?(笑)
そう思いながら、ポトスに手を伸ばそうとして、ふと考えます。

ポトス。観葉植物。
観葉植物とは、文字通り、鑑賞するためにある植物。鑑賞するだけ。それだけ。
でもどうせ育てるなら、実の成るものの方が良いのでは?

例えば『プチトマト』とか、『イチゴ』とか、花を愉しみながら収穫する事の出来る植物。
目で楽しんで、舌で愉しめる植物ならば、一度に二度美味しいですよね?(笑)

目に美しく、尚かつ食べられる・・・そんな理想の観葉植物を探し、店内を歩き回ります。
出来れば手間が掛からず、水やりだけでいつまでも青々としている植物。
で、もっと理想を言えば、一年中食べられる植物。。。

そんな事を考えながら、結局購入した植物は、これ。
d0044012_2154699.jpg
じゃ~ん、パセリで~す♪
これならば一年中食べられるし、育てるのも簡単そうですよね♪
とりあえずもうちょっと育てて、パスタの材料として活用したいと思います!(笑)



こうして我が家にやって来た、十年ぶりの植物。
毎日水をやって、育って行くのを楽しみに、そしてその緑を慈しむべく存在。

当初の目的とはかなり違うけど、細かい事は気にしない。
[PR]
by crystalgem | 2007-04-22 21:06

爬虫類

『寝るより楽はなかりけり』

って言葉がありますが、変に寝過ぎると腰を悪くしますので要注意です。
そういう僕も、今腰が痛くて仕方がありません(汗)。

これなら、休日出勤している方が楽だったかも?(泣)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここ暫くずっと体調が悪かったので、昨日書いた通り、今日は朝からずっとベッドの中にいました。

僕の微熱が始まったのは、昨年の12月頃。大した発熱では無いのですが、37.0~37.5度くらいの間を行ったり来たりしているのですよ。
まあ、風邪の症状もありませんし、きっと忙しさのせいで精神的に参っているのが原因なのでしょうけどね?
なので今日は、その症状を一掃してやろうと、徹底的に休む事にしたのです(笑)。

今朝は8:30に起床。朝食を摂ったら、すぐに洗濯を開始。洗い物は台所に放置し、すぐにベッドに潜り込みました。
洗濯機は全自動ですので、スイッチを入れておけば勝手にやってくれます。
洗い物は次に目覚めたときにやれば良い。今はそれよりも、体を癒す事に時間を使いたかったのです。

ベッドに入り、じっと目を瞑ります。
なるべく何も考えず、体を休める事だけを目指して。
すると、僅か数分の後、僕は深い眠りの中へと落ちて行きました。

 本州のどこかへの出張。今日は北海道へと帰らなければならず、明日は大事な会議の日。
 課長達と一緒に電車へと向かいますが、ホテルに携帯を忘れた事に気づき、僕一人がホテルへと引き返しました。
 「明日は例の会議だから、絶対に遅れるなよ?」
 そんな課長の言葉に、「大丈夫、解ってますよ!(笑)」そう元気に返事をする僕。
 が、結局時間には間に合わず、東北辺りで途方に暮れる僕。。。


目が覚めると、午前11時でした。
洗濯は既に終了している様でしたが、面倒なのでそのまま眠り続ける事にしました。
洗濯物なんて起きてから干せば良いのだし、今はそれよりも、体を癒す事だけを考えたかったのです。

じっと目を瞑ると、すぐに眠りの世界へと落ちて行きました。
幸せな、眠りの世界へ。。。

 デスクでPCのキーボードを叩きながら、見積書のチェックをしていました。
 すると課長がいきなり、
 「タートル号が大破したのは、どうしてかね?」
 僕は素直に、「道路の路肩から転落してしまいまいまして(汗)」
 するとその会話を聞いていた僕の部下が、
 「タートル号って何ですか?」
 僕は、「僕の愛車のニックネームだよ♪」
 それを言って、はっと思いました。僕の上司のPC画面に表示された、僕のブログ。そして、それをグーグルで検索しようとしている部下。
 絶対に秘密だった僕のブログが、同僚達の目の前に・・・(汗)。


『やまだ~、やまだ~つよし、やまだつよしを宜しくお願いいたします~』

選挙カーの騒音に叩き起こされ、現実世界へと引き戻された僕。
時計に目をやると、時刻は12:00でした。
今日は一日寝て過ごすと決めていた僕。ベッドの中で寝返りを打ち、再び眠りの世界へ。。。

 デスクで忙しく働いている僕。
 PCの画面の見積書が、何故か計算が合わない(汗)。
 その原因を見付け出そうと、必死になって画面を見つめます。と、そこへ電話が・・・。


目覚めると、午後3時でした。
これだけ眠り続ければ、きっと体も回復しているだろうと、体温計を持ち出します。
そして計測。その結果・・・。


- 37.3度。


これだけ寝ていたのに、どうして?!(汗)

最近の僕の体調は、午前中は割と良好なのに、午後になると徐々に悪くなっていくというものでした。
なので、きっと疲れが体に影響しているのだと思っていたのですよ。
実際、体温だって、午前中が36.5度くらいで始まり、午後9時頃が37.5度で、帰宅してから徐々に下がって行く感じでしたので。

簡単に例を挙げると、

 08:30 36.5度
 12:00 37.0度
 17:00 37.3度
 21:00 37.5度
 24:00 36.9度

仕事に行った当初は割と体調が良くて、仕事をしながら徐々に悪化し、帰宅してから少しずつ回復して行く。
これはきっと、精神的なものだと思っていました。
仕事の忙しさが体に変調を与え、帰宅してからは緊張が解けるから、体温も下がって行くのだろうと。

が、今日は一日寝ていたのに、午後3時にはきっちり体温の上がっていた僕。
これは何かの病気なのか、それとも、寝るくらいでは快復しない奇病にかかっているのか。
それとも・・・。



精神的な問題では無く、実は僕、変温動物だったのかも?(←いや、ほ乳類としての自覚が足りないだけだろ)

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2007-04-21 21:59

逆頻尿の不安

明日と明後日は仕事休みます!(笑)

とりあえず明日は一日ベッドの中にいて、風邪の治療(ずっと微熱が続いています:37.3度)をしようと思います。
で、元気になったら、明後日はどこかに遊びに行こう!
久々の休暇、嬉しいな~♪

死ぬほど溜まっている仕事は、来週に後回し。(←それでいいのか?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そういえば、全然トイレに行っていないな?

・・・それに気づいたのは、午後2時のことでした。

今朝は出勤前(8:00頃だったかな?)にトイレに行き、デスクについてからは、午前中はずっとデスクワークでした。
昼休みに近所のスーパーで買い物をして、今日の昼食はパンと牛乳。
その後、PCのキーを叩きながら、気づけば午後2時。その間一度もトイレに行っていませんでしたので、実に6時間もトイレに行っていなかった事になります。

つい先日まで『頻尿』のせいで、1時間に一度はトイレに行っていたのに、随分と症状が良くなったものですね~(笑)。

ここまで頻尿の症状が良くなったのは、ほぼ間違い無く『かぼちゃの種』のお陰でしょう。
毎日、毎食、手のひらに振り掛ける程度。そんな少量でも、僕の病気を改善させてくれたのです。
ありがとうかぼちゃの種。本当に、心の底から感謝していますよ!(笑)

・・・と、無邪気に喜びながらも、ふと思いました。

今朝の朝食時に飲んだアップルジュース。
その後、コップに一杯の水を飲み、職場でデスクについてからコーヒーをマグカップに3杯くらい。
昼食に飲んだ牛乳と、食後のコーヒー。そして午後の仕事をしながら、ずっとコーヒーをちびちびと。。。

これだけ飲んでおいて、どうして尿意を感じないのだろう?

僕は今、『頻尿』という病気に罹っている。この病気は、短いスパンで何度も尿意を感じるというもの。
その症状が和らいで来たのは、かぼちゃの種を食べているから。
でも・・・。

利尿作用のある『コーヒー』をがぶ飲みし、その他にもこれだけの水分を摂っていたら、普通なら健康な人でもトイレに行きたくなりますよね?
それが、頻尿であるこの僕が全く尿意を感じないなんて、どう考えても変です!(焦)

確かにかぼちゃの種には、頻尿の症状を緩和する効能があるのかもしれませんが、それはあくまでも『頻尿の治療』のためのもの。
『全くおしっこに行きたくなくなる』ためのものではありません。
・・・ってか、これじゃ逆に不健康ですよ!(汗)

そんな事を考えていたら、段々と不安になって来ました。
まさか、こんな事は考えたくはありませんが・・・。


かぼちゃの種の食べ過ぎで、尿閉塞になってしまったのでは?!(恐)


軽い不安を抱えながらも、尿意が来るのを待ちながら、じっと仕事を続けます。
が、まるで尿意を迎えないまま、30分が経過。
時計の針が示す時間は、午後2時半。流石に怖くなって来たので、尿意は殆ど感じないものの、とりあえずトイレに行っておく事にしました。

結果、しっかりと勢いのあるおしっこが出て、ほっと一安心です♪

それにしても・・・。



出過ぎても困る、出なきゃ出ないで不安・・・泌尿器系の病気って、本当に厄介なものですね(汗)。
[PR]
by crystalgem | 2007-04-20 23:59