<   2005年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

大晦日のバトン

皆さん、今年はいい年でしたか? 僕は最悪の一年間でした(泣)。
でも真っ直ぐ前を向いてさえいれば、いずれいい事も訪れるでしょう。そう信じて、明日を夢見ましょう!

来年は、良い年になるといいですね♪

そう言えば、今日は久しぶりに「うるう秒」のある日でしたね。
23時59分59秒と00時00分00秒の間に、23時59分60秒を足して、地球の自転速度の誤差を調整する。
どうしてこんな細かい計算が出来るのか解りませんが、天文学者ってのは偉いものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


と言う訳で、本年の更新はこれで最後です。
いつもこの不人気ブログを訪れて下さっていた方々、一年間、本当にありがとうございました(ペコリ)。
ちなみに次回の更新は来年、一月一日から行う予定です。
それまでどうか皆様、お元気で~(名残惜しみながら)。


---


その一年の締めくくりに、このブログの常連さんから、バトンが回って参りました~!(笑)

この最後の日にそのバトンを持って来たのです、きっとそれは、一年を締めくくるのに相応しい名前のバトンなのでしょう。
では、早速行ってみましょう!
今年最後のイベントを飾る、そのバトン。

そのバトンの名前とは!

・・・何ですか?

いえ、回してくれた人物のブログを訪れたのですが、肝心のバトンのタイトルが書かれていなかったのですよ(汗)。
仕方が無いから、ググッてみましょう。えーと、『バトン』と『回してくれた方の印象をどうぞ』をキーワードにして、検索して・・・と。

はい、出ました。どうやら今回のバトンの名前は、

『印象バトン』

だそうです。
ちなみに、このバトンを渡してくれた「そそっかしい人物」とは、

ゆるゆる釣り日記』のruwotoさんです!(笑)

では早速、レッツゴー!



【Q1.回してくれた方の印象をどうぞ 】

・無責任!
 はい、バトンを回しておいて、肝心のタイトルを教えないなんて、無責任に他なりません!
 後は、
・おっちょこちょい
 はい、どちらかと言うと、こっちの方が正解ですね(笑)。

 でもタイトルの通り、釣りと料理とエロが大好きな、とっても気持ちのいい僕と同じ三十代独身男ですよ♪
 ruwotoさん、来年も宜しくです!(笑)



【Q2.周りから見た自分はどんな子だと思われていますか? 5つ述べてください】

 どんな「子」って・・・僕、三十代ですよ?(汗)
 まあいいや。とりあえず、パッと頭に浮かぶ単語を5つ挙げてみますか。

・馬鹿
・能なし
・酒浸り
・ニコチン中毒
・貧乏性

 何だか、バトンを受け取るたびに、精神的ダメージを受けている僕・・・ _| ̄|○

 ・・・まあいいや(笑)。
 はい、気を取り直して、次の質問行ってみよーっ♪



【Q3.自分の好きなタイプについて5つ述べてください】

d0044012_21235969.jpgこれはつまり、僕に仲間由紀恵について語れと言っているのでしょうか?
元々仲間由紀恵はアイドル歌手としてデビューし、その後・・・
って、違いますね(汗)。

はい、真面目に行きましょう。僕の好きな女の子のタイプは、

・優しい人
・約束を守れる人
・気持ちを理解してくれる人
・頭のいい人
・決断力のある人

 ちなみにリアル世界での理想の女性像は、芸能人で喩えると・・・しつこいですね(汗)。



【Q4.では反対に嫌いなタイプは?】

・時間にルーズな人
・人の気持ちを蔑ろにする人
・金に汚い人
・やたらと自慢する人
・嘘つき

 何だかこの質問事項って、性格バトンと被ってますね。
 とにかく僕が嫌いなのは、人に対して思いやりの無い人です。思いやりがあれば、上に書いた5項目は、全て当てはまらない筈ですから。



【Q5.自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?】

・賢くて、優しくて、ユーモアがあって、誰からも信頼される様な人物が理想です。

 そんな大人に、僕はなりたい!(←今は正反対だけどね:笑)



【Q6.自分の事を慕ってくれる人に叫んでください!】

・今ならまだ引き返せる、僕だけはやめておけ!
 特にA君とS君とI君とT君、僕をそんなに信頼するな~!!!(←どこまでも自分に自信の無い男:笑)



【Q7.そんな大好きな人にバトンタッチ5名!】

 5人・・・無理っす(汗)。
 えーと、調味料バトンと性格バトンで回していなくて、今回のバトンをまだやっていない人と言えば・・・。

morning bourbon blues」のらくきちさん
ぐだぐだ日記」のkaoさん

 のお二方にお願いしたいと思います。
 もしもお暇があったなら、お付き合いください(笑)。
 あ、スルーされても勿論OKですよ~♪

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-12-31 21:30

修行中の男

ガソリンスタンドで給油している時、室内を拭く為の雑巾を貸してくれるスタンドは多いと思います。
今日訪れたスタンドも、そのサービスのあるスタンドでした。
が、そこで貸してくれた雑巾は、何とほっかほかの暖かい雑巾!

それを受け取り、思わず顔を拭きそうになった僕は、オヤジですか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日、暇だったので、ちょっと遠くまでドライブに行って来ました。
これはその帰り道に出会った、一台の車とのエピソードです。


---


時刻は午後2時過ぎ。僕は国道5号線を、小樽から札幌に向かって走っていました。
そして信号に捕まった時、目の前に奇妙な車を見付けたのです。

車種は日産のR32スカイラインGTS-4、色は白でした。
古い車ですが、特に目立った改造もしておらず、極普通の車です。
では、一体何が奇妙だったのか?

それは、その車のトランクに、一枚の板きれがぶら下げられていたからです。

トランクからぶら下げられた一枚の板きれ。そこに書かれた文字は、『修行中』。
d0044012_14371488.jpgどうやらこの人物、何かの修行をしている様なのです。

何の修行をしているのかな?

何となく気になり、次の信号の時に横に付いてみました。
車の中を覗き込むと、乗っていたのは、眼鏡をかけた若い男性。
どこか穏やかなその表情は、とても何かの修行をしている人物には見えませんでした。

が、これだけ堂々と『修行中』の看板をぶら下げているのです。きっと外見からは解らない、厳しい修行をしているに違いありません。
その修行とは一体何なのか、それを確かめるべく、ついて行く事にしました。(←暇な奴:笑)

そして暫く走り続け、周囲の車が多くなって来た、その時です。
その車、何台も走っているその車の群を、スラロームしながら抜き始めたのですよ!

成る程、「彼」のやっている『修行』とは、きっとドライビングテクニックを磨く為の修行だったのでしょう。
こうして何台もの車の間をすり抜け、運転技術を磨いているに違いありません。

段々と、ついて行くのが難しくなって来ました。
何しろ相手は5ナンバーなのに対し、タートル号(僕の愛車)は3ナンバーなのです。
混雑した道路でのスラローム走行は、正直辛いものがありました。

そしてどうにかついて行くうち、ようやく周囲に車がいなくなりました。

きっとここから全開走行に入るのだろう。そう思って、こちらも身構えます。
が、その車、時速80㎞以上出そうとしません。
路面コンディションは悪く無く、その気になれば120㎞くらい出せそうな感じなのに、「彼」にその気は無い様です。

へえ、意外と安全運転なんだな。

運転技術は磨くけど、意味も無くスピードは出さない。「彼」のそんな紳士な態度に、少し好感を覚えました。

そして走り続け、車は張碓トンネルに突入して行きました。
ライトを点け、遠くを見ます。前方、遙か遠くに数台の車が連なって走っているのが見えました。
と、不意に遙か前方の車のブレーキランプが光るのが見えました。

トンネルの先が詰まってるのかな?

そんな事を考えた、次の瞬間。
「修行中の彼」の車のブレーキランプが点灯、一気に減速を始めたのです。

え?!

トンネル内での、突然のフルブレーキング。何が起きたのか解らず、僕も慌ててブレーキを踏みます。
が、何とトンネルの中は完全なアイスバーン! ABSがガリガリ音を立てるものの、車は全く止まろうとしないのです!

ま、まずい! 追突するっ!!!

両手でガッチリとハンドルを握り、右足で力一杯ブレーキを踏み抜きます。
が、全く止まらない。
ズルズルと滑り続けるタートル号を、何とか停止させようと踏ん張りながら、遙か前方に見えるブレーキランプまでの距離を考えます。
停止しなければならないポイントまで、残りおよそ100m。現在時速50㎞で滑り続けている、と考えると・・・。


まずい、絶対に止まれない!!!(焦)


本気で焦りながらも、とにかく止まってくれと祈りながら、ブレーキを踏み続けます。
前方を走る「修行中の彼」も、恐らく同じ恐怖を感じているでしょう。「彼」の車のブレーキランプも、ずっと光ったままです。
そうして滑り続ける事およそ50m、ようやくタートル号のタイヤが路面を噛み始めました。
徐々に減速するタートル号。そして前方の車のほんの10m手前で、ようやくタートル号は完全停止する事が出来たのです。

止まってみると、そこにあったのは一台の事故車両。フロント周りがグッシャリと破壊され、見るも無惨な状態です。
きっとまだ事故を起こしたばかりなのでしょうね。運転席には、放心状態になったドライバーが一人、虚ろな目をして座っていました。

が、その時に放心状態だったのは、こちらも同じ事。タートル号が止まった瞬間、全身が小刻みに震えていましたから。

とにかく、この場にいてはこちらも危険です。なので、すぐにでもトンネルを脱出しようと、ハンドルを左に切りました。
(張碓トンネルは片側二車線あり、事故車両がいたのは右車線でした)
そして、事故を起こした可哀想な人物を横目に、トンネルを脱出したのです。

  事故を起こした人、助けてあげられなくてごめんなさい。僕もあの場にいるのが怖かったのです(汗)。

トンネルを抜けた後も、暫く体の震えが止まりませんでした。当然、スピードなんて出す事は出来ません。
が、「修行中の彼」は平然と、先程と同じスピードで走り去って行きます。
それはまるで、たった今体験した恐怖など、忘れ去ってしまったかの様に。。。



「修行中の彼」は、どうやら精神修行も完璧だった様です。

独身男の「今日のランチ」
[PR]
by crystalgem | 2005-12-30 21:47

ザクとは違うのです

今日の夕方4時頃、石山通りで追突事故を起こしていた女の人へ。

事故車両は、速やかに安全な場所へ移動させましょうね?
はい、事故を起こして興奮しているのは解るのですよ。でもね、道路の真ん中で事故相手と話し合いをされると、はっきり言って・・・。

邪魔ですから。

警察の現場検証は、事故車両を移した後でも出来るのですよ。
だから、今日みたいな怪我人もいない軽い追突の時には、すぐに車両を移動させましょうね?
はい、今日のあの渋滞は、ある意味あなたのせいですからね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


注:今日の話題は、ガンダムを知らない人が読んでも、たぶんつまんないです。


---


携帯の充電器を職場に置きっぱなしだった事を思い出し、今日の昼前、オフィスに取りに行った時の話です。

デスクから充電器を取り、それを手にオフィスの玄関へと向かいました。
すると玄関の前に、一人の女性が立っているのが見えたのです。

一瞬、ドキッとしました。
それは、その女性が細川ふみえを少し細くした様な美人だったのが一つ。もう一つの理由は、彼女が僕の顔を、潤んだ瞳でじっと見つめて来たからです。
こんな美人が僕をじっと見つめている、これは普通に考えて、あり得ない状況です。
なので、こう思いました。

・・・壺でも売りに来たのかな?

新興宗教の勧誘だったら嫌なので、用心しながら近づいて行きました。
すると彼女、僕が傍に行くなり、

「はまっちゃったんです、ぐすん」

悲しそうな声で、そう言いました。
どうやらこの近くで、車が雪にはまってしまい、助けを求めて来たみたいですね。

成る程、それであんなにも潤んだ目をしていたのですか。
いえ、彼女、本当に潤んだ瞳をしていたのですよ。喩えるなら、生き別れのお兄さんにようやく出会えた、みたいな。
助けを求めてやって来て、ようやく何とかしてくれそうな人間を見付けたから、そんな目をしていたのでしょうね。


  ところでこれは余談なのですが、僕、「ぐすん」という単語を実際に口に出して言う人間を初めて見ました。
  こんな言葉、初対面の男性に向かって言えるのは、世界中でさとう珠緒くらいかと思っていましたが(汗)。


とりあえず、その女性の車を見に行く事にしました。

見てみると、積もったばかりの新雪の上に、見事にはまっている軽自動車が一台。
雪の深さはおよそ50㎝。きっとこんなにも雪が積もっている事に気付かず、そのまま突っ込んでしまったのでしょうね。

その女性がそこにはまってしまった理由は、容易に理解出来ました。
何しろ、その吹き溜まりの手前まで、雪はせいぜい10㎝程しか積もっていなかったのですから。

手前にはサラッと軽く積もった雪があり、その奥に行くに従って雪が深くなって行く。
車に乗っている人間には、その深さの差が判別出来ません。何しろ、一面真っ白な世界ですからね。
で、気が付けば車がスタックして動かなくなる。この季節、よく見掛ける光景です。

「バックで出した方がいいですね。前から押しますので、ギアをバックに入れてください」

前に出そうにも、その先は更に雪深い場所です。なので後ろに出した方が良いだろうと判断し、女性にそう指示しました。
そして僕は、その車を、前の方から渾身の力を込めて押します。
すると車はあっけなく脱出成功。女性は僕に何度も頭を下げ、笑顔で去って行きました。

僕は女性に手を振りながら、ニヤリと小さく微笑みました。

そして、タートル号(僕の愛車)に乗り込みます。
エンジンをかけ、見つめた先は、もちろんあの場所。

はい、あの女性の軽自動車が動けなくなったポイントです♪

軽自動車が行けない場所でも、タートル号ならば簡単に行ける、そう踏んでの行動です。
4WDにセットし、ギアをローに入れたら、いざ出発。女性が行ったタイヤ痕をトレースする様に走って行きます。
そして、軽自動車がはまったポイントを通り過ぎ、更に進むタートル号。
思わず心の中でこう叫びます。


ザクとは違うのだよ、ザクとは!(笑)


軽自動車とタートル号。その性能は正に「量産型」と「シャア専用」くらいの格差があります。ええ、実に3倍もの能力差があるのですよ。
なので、軽自動車がはまったポイントよりも深い場所でも、すいすいと走破する事が可能なのです。




雪をかき分け、まるで無人の野を行くが如く、悠然と進むタートル号。

う~ん、快感♪
[PR]
by crystalgem | 2005-12-29 21:27

一年を振り返って

も~ い~くつ寝~る~と~ お正月♪
お正月にも~ロンリーに~ あくまで孤独に過ごしましょう♪

・・・はぁ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いよいよ今日で、今年の仕事が終了いたしました。
明日から遂に、正月休みで~す♪

今年も残すところあと3日。ラストスパートですね。
と言う事で、ちょっと早いですが、今日はこの一年を振り返ってみる事にしました。

まずは、今年印象に残った出来事をリストアップしてみましょう!
さあ、どんな素敵なエピソードが思い浮かぶのかな?(笑)

・腰を痛めた!
・熱帯魚の大量死!
・買ったばかりの冷蔵庫からネジが取れた!
・やたらと虫に襲われた!
・炊飯器が壊れた!
・銀歯が取れた!
・仕事での大失敗!
・宝くじ全敗!
・鬱病発覚!
ショウタンの山歩録のキリ番を逃す!





   _| ̄|○ ボクノジンセイ ロクナコトガナイ・・・




ま、まあ、何も悪い事ばかりじゃ無い筈だし(汗)・・・もうちょっと明るい事を思い出してみましょうか。
えーと・・・。

・・・。



 - 5分経過 -



何かある筈です。よく考えてみれば、思い出す筈です。
はい、真剣にやってみましょう!

今年あった、ポジティブな事件。それは一体何だ?!



 - 更に10分経過 -



・ブログを始めた!(←ようやく見付けた明るい話題:笑)

はい、これは僕にとって、大きな出来事でした。
何しろこの怠け者の僕が、このブログの前にやっていたweb日記(2005.1.22~5.5)と通算して一年近くも、ほぼ毎日こうして続けて来られたのですからね。
これは今までの僕では考えられなかった事です。何しろ、何をやろうとも全て三日坊主なのが僕でしたから。

こんな駄目駄目野郎の僕が、まるで歯を磨いたり顔を洗ったりするかの様に、当たり前にほぼ毎日続けて来られたブログ。
きっとこれだけ続いたのは、ブログが何を書いてもいい、「自由な場所」だったからでしょう。
何の制約も無く、自分が書きたい事を好きに書ける。そんなブログだったからこそ、こんなにも続いたのだと思います。

ブログって、本当に素晴らしいものですね♪

しかも、ブログを通じて様々な人達に出会う事が出来ました。
例えバーチャル世界のみとしても、年齢や性別を越えた、素で話の出来る友人が出来たのです。これは、とても素晴らしい事でしょう!(笑)

よし、明るい話題一つゲット!(笑)
更に行ってみましょう!



お次の明るい話題はこれ。

・料理を始めた!

これも、僕にとっては大きな変化でした。
何しろ今まで、包丁なんて殆ど持った事が無かった僕です。食事と言えば、外食かコンビニの弁当、スーパーの総菜ばかり。
栄養だって偏っていただろうし、何よりも食費が嵩んで大変でした(汗)。

が、料理をする事によってそれを解消!
きっと痩せたのも、食生活が改善されたお陰なのでしょう♪ ・・・たぶん。

僕が料理を始めるきっかけを作ってくれた福島在住の女性ブロガー、本当にありがとうっ!!!(笑)



よーし、この調子で、明るい話題をもっと探してみましょう!(笑)
えーと・・・。

・灯油バトルに初勝利!
・γ値が下がった!
・ロッカーから100円出て来た!


ええ、これらだって、とってもハッピーな話題です(笑)。

うん。

・・・。

・・・これだけ?

・・・。

   _| ̄|○ ボクノジンセイッテ




来年はせめて、悲しい事よりも楽しい事の多い一年になります様に(祈)。

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-12-28 21:54

危険を感じた時、反射的に人が取る行動

夕方過ぎ、先日話題にした例の信号機の下を通りかかりました。
d0044012_23331732.jpg
←例の信号(実物です)

見ると、上に雪がありません。
これって、ようやくおじさんの作業が終わったのか・・・それとも、太陽の熱で溶かされてしまったのでしょうか?

頑張るおじさんの姿が観られなくて、ちょっと残念。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日の移動中、渋滞があまりにも酷かったので、脇道に入る事にしました。

そうして侵入した細い市道。
一応この付近の抜け道になっているのですが、何しろ細いので、あまり除雪が行き届いていません。
なので路面はデコボコ。しかも除雪のせいで道路の端が高くなり、全体的に凹形になっていたのです。
(※雪の多い北海道では、除雪した雪が道路の端に溜まり、全体的に中央が低く端が高い、お椀の底の様な路面になってしまいます)

走りづらいな~、なんて思っていたその時です。
遠くから、一台の背の高いトラックが走って来るのが見えました。

そのトラックも、渋滞が嫌になり、この抜け道に入って来たのでしょうね。
が、やはり路面の悪さのせいか、とてもフラフラと頼りない走り方をしていました。
d0044012_23333943.jpg
ってかおい、斜めになってるじゃん!(汗)


車道の中央に向かって傾きながら、こちらに走って来る大型トラック。
もしもこれが倒れたら、僕の車なんてペッチャンコです。なので、トラックに少しでも平らな所を走らせてやろうと、僕も可能な限り車を左に寄せて走りました。

が、きっと相手のトラックも気を遣ったのでしょうね。僕の気持ちとは裏腹に、向こうも反対側の道路ギリギリに車を寄せてしまったのです。
結果、そのトラックは先ほどよりも更に傾く事に・・・。

そしてすれ違う瞬間、横を見ると、そのトラックはまるで僕を押し潰すかの様に、最大に傾いていたのです。


ぎゃあああ、潰される~!!!(汗)


本気で、そう思いました。
そしてその時、無意識に僕が取った行動は・・・。

何と、右手でハンドルを握ったまま、左手でトラックを受け止めようとしていたのですよ!
d0044012_23335788.jpg
←解りづらい解説図


人間というものは、こんな危険な目に遭った瞬間の行動は、本当に馬鹿げたものですね。
仮に倒れて来たとしても、10トン以上もあるトラックを、しかも車の中から片手一本で受け止められる筈は無いのですから(笑)。
今回はトラックは倒れず、そのまま通過してくれたから良かった様なものの・・・。

が、もしも・・・。
もしもビルの上から何かが落ちて来たとしたら?



逃げれば助かるのに、反射的に受け止めようしてしまいそうで、ちょっと不安です(汗)。

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-12-27 23:42

血の気の引いた朝

昨日はとても風が強くて、その風音で朝まであまり眠れませんでした。
しかもあまりにも風が強すぎて、朝見てみたら、何と掛け布団がベッドの下に吹き飛ばされていたのですよ!

・・・。

ツッコミは要りませんよ?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


横着が身を助ける事もあるものです。

今朝の事です。いつもの様に、慌ただしく身支度を整えていた時、テレビからそのニュースが流れて来ました。
それを観た瞬間、息が止まりました。
一瞬何が起きたのか理解出来ず、そしてその事実を理解するのと同時に、全身から冷たい汗が流れ落ちるのを感じたのです。

---

実は昨日、本当は「ある計画」を考えていました。
それは、少し前から何となく考えていた、あるチャレンジについてです。

そのチャレンジとは、ある意味、「度胸試し」です。

確実に安全な事は解っている。が、いざとなると「もしも駄目だったら?」というネガティブな思考が表に出て来て、その一歩を踏み出せない人も多いでしょう。
ええ、世の中の大部分の人がそうだと思います。

が、昨日のチャレンジは特別でした。それが成功する確率はほぼ100%、あとは自分の勇気だけ、そんなチャレンジだったのですよ。
なので、今の弱気な自分を変える為にも、それを実行に移そうと思っていたのです。

そのチャレンジとは、


冬のボーナス全額、有馬記念一点勝負!


・・・利発な方ならば、もうご理解頂けましたよね?

はい、そうです(汗)。
勇気を振り絞って、ディープインパクトの単勝に、先日貰ったボーナス全額をぶち込むつもりだったのです!

ええ、ディープインパクトが圧勝する事は、ほぼ間違いありませんでしたからね。これほど安全な度胸試しもありませんでしたから。
が、昨日は年賀状を書いたり買い物に行ったり、色々と忙しかったのですよ。
なので、遠くにある場外馬券売り場まで車を飛ばすのは、少々大儀でした。
何しろその時には、果実酒を作る事も考えていたし、夜のスペシャルメニューの準備もありましたからね。
で、結局こう思ったのです。

どうせ勝ったところで、配当なんて往復のガソリン代にもならないくらいに安いだろうし・・・面倒だからやめておこうっと♪

これは嘘では無く、昨日、僕がそのチャレンジに賭ける意気込みは、かなりのものでした。
が、昨日はそれ以上に僕の横着心が勝ってしまい、結局買いに行くのをやめてしまったのです。

ほぼ確実に勝つと解っている馬に、大金をつぎ込む。これはある意味、ロシアンルーレットに近い心境でしょうか?
確率的には圧倒的にこちらに有利。負けるなんて、考える必要も無い事です。
が、勝負は時の運。一発目からいきなり弾丸が飛び出す事だってあります。
なので、それを実行に移せない臆病者は数多くいる現実。

が、僕は本気で買うつもりでした。
しかし僕は買いに行かなかった。

その理由はたった一つ。
・・・いえ、本気で面倒だったのですよ(汗)。僕がそれを買わなかったのは、ただ単に行くのが面倒だったから。ただ、それだけです。

そして、今朝のテレビから流れて来たニュース。



『ディープインパクト、四冠ならず!』



それを観た瞬間の僕。

・・・。(←立ったまま、テレビ画面を見つめている)

・・・。(←頭の中で事態を整理している)

・・・・・・え゛?!(←ようやく理解した:笑)




今朝これを知った瞬間、全身から血の気が引いて行くのが解りました。




今になって思います。
・・・僕が横着な人間で、本当に良かった~(史上最大の大汗)。

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-12-26 23:31

年賀状はもう出しましたか?

メリークリスマスです。
何だか日本人って、クリスマス当日よりも、イヴの方を重要視している気がするのは僕だけでしょうか?
とにかく昨日はイヴ、メインは今日なのです!

まあ、どっちにしろ僕は今年も独りですけどね。あははははは・・・  _| ̄|○


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


年賀状を元旦に届けるには、今日までに出しておかなければ間に合わないそうです。
と言う事で、今日は朝から、年賀状作りをしました。

とりあえず、毎年徐々に年賀状を出す人数を減らして行く計画ですので、要らない人間の削除から始めます。
惰性で出し続けている同期や、とっくに隠居してる元上司、何年も会っていない友人をバッサリと切り捨てて行きました。

そして出す相手が決まったら、まずは住所録の整理から。
昨年貰った年賀状と、PCの中に入っている住所の整合を取ったら、一気に表面印刷をかけます。

あとは裏面のデザインですが・・・面倒だから、去年と同じでいいや。(←去年も同じ事やってたよね?)
『酉年』のイラストを削除して、そこに『戌年』のイラストを挿入。
まあ、どうせ去年の年賀状と見比べる人なんていないから、誰も気付かないでしょう。

で、後はその人に合わせたコメントを入れれば、完成です。
では早速、コメントを考えましょう。
まずは、昔お世話になった、元上司へ。


「○○さん、お元気ですか。僕はもう駄目です」


ちょっと待て! 年始の挨拶にこれはマズイだろ?(汗)
はい、もうちょっと真面目に考えましょう。


「○○さん、お元気ですか。僕がこの土地に来て、早くも○年。そろそろ体力の限界を迎えようとしています」


・・・っておい!(汗)

何故でしょう、楽しい文章を書こうと思うのに、不思議と暗い方向に言葉が行ってしまいます。
きっとこれは、時節の候が入っていないせいですね。ちゃんと季節に合った言葉を先に持って来て、後に最近の話題を入れれば良いのですよ。
「寒くなりましたね~」から始めれば、それなりに文章も纏まるというものです。
では気を取り直して。


「○○さん、お元気ですか。外はすっかり雪景色。毎朝、寒さが厳しい季節になりましたね。
 確か○○さんのお嬢さんは、今年大学生になるんですよね? 小さかったあの子が、気が付けばもうそんな歳。月日の経つのは早いものです。
 僕も気が付けば、もう3X歳。普通ならば子供の2~3人いても不思議の無い年齢となってしまいました。
 人生50年と言っていたのは遠い昔の話ですが、僕に限っては、それが当てはまる様な気がします。
 何しろ最近の僕の衰え様は著しいものがあり、先日も腰を」


・・・。

何で? 何でこんな流れになる?!

別にわざとやっている訳では無いのですが、「失礼の無い様、ちゃんとした文章を」と考えているうちに、何故か悲しい方向へ話題が流れてしまいます。
これではいけません。もっと礼儀正しく、それでいて新年から幸せな気持ちになれる様な話題に持って行かなければならないのです。

えーと、ハッピーな話題、ハッピーな話題、と。

そうして、文章を考える事数十分。
幾多のコメントを書いては消し、書いては消し、そしてようやく辿り着いたコメントは、


「あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします」


余計なコメントを考えるよりも、シンプルイズベスト。

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-12-25 21:23

プレゼント

Happy Merry Christmas!
聖なる夜、皆さんは誰とお過ごしですか?

・・・え、僕?

今年も独りだよ! けっ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


という訳で、今年もロンリークリスマスイヴを過ごしております。
ってか僕、生まれてから今まで、幸せなクリスマスなんて、ほんの数える程しか経験がございません。
まず、プレゼントを貰った事が殆ど無いのですよ。

僕の生まれた家は、絵に描いた様な貧乏な家でした。
当然、クリスマスなんてやりませんし、ケーキなんていう高級品は滅多に食べられませんでした。
これはクリスマスに限らず、誕生日だって同じです。ええ、ケーキは手の届かない、雲の上の品だったのです。
なので、当然の様にプレゼントは無し。クリスマスを祝うなんて、ほんの一部の上流階級だけだと思っていました。

きっとサンタさんが来るのは、お金持ちの家だけなんだろうな~。

何て事を、子供心に本気で思っていたのですよ。
こうやって考えてみると、寂し~い子供時代ですよね(笑)。

で、生まれて初めて貰ったプレゼントが、昔付き合っていた彼女から貰った「何か」です(それが何だったのか、実は覚えていないのですが:汗)。
次に僕がプレゼントを貰えるのは、一体いつの事なのでしょうね?

まあいいや。

本日は、温泉に行って参りました。
いえ、昨日、腰をやってしまいましたので、湯治に(汗)。

これは今日、その温泉で起きた、ちょっとだけ奇妙な話です。


---


脱衣所に行き、貴重品用のコインロッカーに眼鏡と財布と車の鍵を入れ、投入口に100円玉を入れました。

眼鏡をロッカーに入れるのって、たぶん、変ですよね? でも僕は、いつもそうしています。
理由は簡単、眼鏡を傷つけない為です。
眼鏡は意外と貧弱なものです。脱衣所のカゴに、服と一緒に入れてしまうと、壊してしまう可能性があります。なので僕は、いつも眼鏡をロッカーにしまっているのです。

そうして、いつもの様に眼鏡や財布をロッカーに入れ、鍵をしめようと思いました。
が、ふと見ると、お金の返却口に100円玉があったのです。

・・・あれ、戻っちゃったのかな?

投入した硬貨が戻るのは、それほど珍しい事でもありません。なので、さほど気にせず、またその100円玉をコインの投入口に入れようとしました。
が、投入口に何かが引っかかり、入りません。
どうやらロッカーの調子が悪いみたいですね。

隣のロッカーも空いていましたので、そちらを使う事も出来ました。
が、一度入れた財布類を移し替えるのも面倒です。なので、無理矢理にでも100円玉をねじ込もうとしました。が、やはり入りません。

何だよこのロッカー!

腹立たしく思いながら、100円玉を握りしめたまま、鍵を回してみました。
すると驚いた事に、ロッカーの鍵がかかったのです。

ひょっとしてこのロッカー、最初から硬貨なんて必要無かったのかな?

銭湯にあるロッカーには、硬貨の必要なものと、不要なものがあります。
今日行った温泉にあったロッカーには、コインの投入口があったので、てっきりお金が必要なタイプなのかと思っていました。
が、中には投入口があったとしても、コインの不要なものもあるのです。

きっとこのロッカーは、そういうタイプだったのだろう。
そう思う事にし、100円玉をポケットにしまいました。


そして温泉から上がり、タオルで体を拭きました。
眼鏡はロッカーの中ですので、タオルで頭を拭きながら、コインロッカーに鍵を差し込みます。
それを回すと・・・。


何と、返却口から100円玉が出て来たのです!


??? 何で? 僕、100円玉入れてませんけど?

僕の勘違いかな、と思い、念のため服のポケットを確認します。が、そこにはちゃんと、100円玉が入っていました。
つまりこれ、入れていない100円玉が返却されてしまった、という事なのです。

まるで狐につままれたかの様に、暫しの間、そこに立ち尽くしていました。

そして、冷静になって考えてみます。
ひょっとしてこれは・・・。


サンタさんからの、クリスマスプレゼントなのでは?


子供の頃から、ずっと憧れていたサンタさんからのクリスマスプレゼント。
きっとサンタさんは、人前に出る事が出来ないから、こうやって巧妙な形を取り、良い子にプレゼントを与えているのでしょう。
もしもそうならば、サンタさん、プレゼントをありがとう! 本当にありがとう!(笑)

でもね?




出来れば来年のプレゼントは、硬貨では無く、札の方でお願いします(ペコリ)。

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-12-24 21:19

冬ごもり

備忘録:明日こそ年賀状を買って来るぞ!(←明後日までに出さないと、元旦に届かないよ?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本日は、今年二度目の部屋の模様替えを行いました。
と言っても、その目的はインテリアとは全く関係ありません。
理由は、たった一つ。

冬になったからです。

僕がいつもいる部屋は、6畳の和室と8畳のフローリングがくっついた様な形になっています。
本当はその間に襖があるのですが、狭いのが嫌なので、普段は取り外してあります。
そして、ストーブはフローリングの方に、ベッドとテレビとPCは和室の方にあり、当然僕は普段、和室の方にいる訳です。

が、この寒い季節、ストーブが遠くにあるのはやはり寒い。
なので冬になると、ベッドやテレビを全てフローリングの部屋に持って来て、間に襖を入れるのです。
どうせ部屋を暖めるなら、「6畳+8畳」よりも、「8畳」だけの方が効率も良いですしね。灯油代の節約にもなりますから。

と言う事で、朝っぱらから部屋の模様替えを始めました。

和室から持って来るのは、テレビとPCとDVDレコーダーの入っているサイドボード。それと、ベッド。
逆にフローリングの部屋から持ち出すのは、鏡とチェスト。
なかなか、大がかりなお引っ越しです。

<<本日の模様替え計画概略図>>
d0044012_2121773.jpg←これを
d0044012_21211856.jpg←こうしたい


まずは、一番簡単そうなチェストの移動から始めました。
当然チェストの中には服が入っていますので、一人で運ぶには、その中身を出さなければなりません。
が、そんな事をするのはちょっと面倒です。なので、そのままの状態で、引きずる様に和室の方へ。

そして今度はサイドボードの移動。様々な配線がされていて、こちらも分割するのは面倒です。なのでそのまま、引きずる様にフローリングの部屋へ。
移動させたら、取り外しておいたモデムを接続し、電源を入れてみます。
とりあえず『小西真奈美の日めくりムービー「今日の大丈夫。」』を開き、小西真奈美に「大丈夫♪」と言って貰います。
そして次に『ろじっくぱらだいす。』を開きます。が、遊んでいてはいつまで経っても終わらないので、移動作業を再開します。

ベッドの上には当然布団が乗っていますが、それを降ろすのも面倒なので、そのまま運びます。
そうして、全ての家具の移動を終えたら、別の部屋に置いてあった襖を持って来て、部屋の間にはめ込みます。

全部で4枚ある襖を、1枚ずつ移動させていたその時、いきなり腰がミシッて・・・。

多分、ベッドを移動させていたあたりが、僕の腰の限界だったのだと思います(汗)。
横着は敵ですね。次からは、ちゃんと中のものを取り出してから、移動作業をしようと思います。



まあ、何はともあれ、とりあえずこれで冬の準備は万全です。
よーし、明日からガンガン引き籠もるぞー!(←おい)

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-12-23 21:33

天道虫

今日の午前8時、煙草を吸いました。
そして仕事をして、残業を終えて帰宅するまで、ただの一本も煙草を吸いませんでした。
それでも、全くと言っていい程、煙草を吸いたいとは思わなかった僕。

忙しかったせいもありますが、ひょっとして僕、その気になれば・・・禁煙できますか?(←反動で今いいだけ煙草を吸いながらブログを書いている男:笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝のことです。
いつもの通り髪を洗い、仕事に出掛ける準備をしていました。
そして、そろそろ着替えようかと思いながら、ふと視線を下の方へ。
すると座椅子の上に、何やら黒っぽい点が落ちているのを見付けました。

何だろう?

髪を洗ったばかりで、まだ眼鏡を掛けていなかったので、その黒い点がよく見えていませんでした。
なので腰を屈め、その点に顔を近づけてみます。
するとそれは、一匹のテントウムシ。どこから入り込んだのか、僕のお気に入りの座椅子に、気持ち良さそうに座っていたのです。

全く、しょうがない奴だな(笑)。

軽く笑い、眼鏡を取りに行きました。


---


皆さんは、テントウムシの語源を知っていますか?

テントウムシは、漢字で「天道虫」と書きます。
これはテントウムシが、上へ上へと登って行く習性を持っている事から付けられた名前だそうです。

例えばこの虫を指に止まらせると、指の先を上に向かって上り続け、指先まで辿り着いた所で、空に向かって羽ばたいて行きます。
「天へ向かって登る」、「天への道を歩く」、「天道虫(テントウムシ)」となった訳ですね。

ちなみに英語では「ladybird(又はladybug)」と言い、これは聖母マリアを意味する言葉なのだとか。
理由は、背中にある七つの星(ケンシロウは関係ありません)を、聖母マリアの七つの悲しみとみなした事からだそうです。
きっとキリスト教では、テントウムシを神聖な虫として扱かっているのでしょうね。

可愛らしいイメージは、そのスタイルの丸さから来ているのかな?
嫌われ者の多い昆虫の世界。その中で、これほどまでに世界中から愛された虫もいないでしょうね(笑)。


---


座椅子の上に静かに佇む小さな愛らしい虫。
見付けるなり、ガムテープを持ち出しました。
それを15㎝ほどにちぎり、テントウムシを貼り付けると、ガムテープを二つ折りにします。
後はゴミ箱にポイ。こうしておけば、ティッシュでくるむのとは違い、絶対に脱出不可能ですからね(笑)。




テントウムシ。
人々からどれだけ愛され親しまれようが、僕にとっては、ただの虫です。

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-12-22 23:07