<   2005年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

浜言葉

明日からいよいよ12月。
ラストスパート、気合い入れて行きましょう!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝の北海道新聞のコラムに、面白い記事を見付けました。
それは、「動物にも方言がある」というものです。

カラスにはカラス語というものがあり、それは地方によって言語が異なるのだとか。
なので、都会のカラスを森の中に連れて行くと、言葉が通じずノイローゼになってしまうそうなのです。
カラス語という動物の言葉があるのにも驚きですが、その言葉に方言があるというのは面白いですね。

その記事を読み、何となくこう思いました。
これが、人が故郷に帰りたがる理由なのかな?、と。

僕の職場には、北海道出身者に限らず、色んな地方から(仕事を求めて)やって来た人々がいます。
その人たちの話を聞くと、殆どの人がいずれ故郷に帰り、そこで暮らしたいと願っている様です。
これはやはり、その地方独特の言い回し・方言がある場所が、その人にとって最も安らげる場所だからなのでしょうか?

勿論言葉に限らず、生まれ育った気候・風土・友人なども大きく関係しているでしょう。
が、耳慣れた言葉の発音もその要因の一つになっているのも、十分に考えられる事ですよね。
標準語がどことなく冷たく聞こえるのに比べ、方言が暖かく聞こえるというのは、きっとそういう理由もあるのでしょう。

故郷の言葉。いいものですね。


---


僕は仕事で、色んな場所に行きます。
そこで色んな人に出会い、その話に耳を傾けます。

地方には、色んな人がいて、色んな言語があります。
でも、そんな地方に住む人達に、いつも思うこと。特に、浜の方に住む人達に思うこと。

せめて仕事の話をしている時だけは、標準語で話して欲しいな。
だってね、


あなたが何を話しているのか、さっぱり解りませんからっ!(泣)


・・・北海道の海岸付近に住む人達の言葉って、本気で理解出来ません(泣)。
[PR]
by crystalgem | 2005-11-30 23:47

暖気の季節

たった今の事です。
愛すべき我が家のペット、ネオンテトラ君の姿を、久しぶりに観かけました。
彼の元気な姿を観るのは、実に4日ぶりの事です。
半ば死んでしまったのかと思いながらも、今日その元気な姿が観られて、本当に嬉しいです。
そんな彼を観て、心底こう思います。

・・・正直、ペットを飼っている気がしない(泣)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝は普段よりも少し起きる時間が遅かった為、いつもの朝ならば真っ暗な筈の窓の外が、既に薄ぼんやりと明るくなっていました。
蛍光灯を点け、カーテンを広げます。
見上げると、暗いながらも雲一つ無い晴天がそこに広がっていました。

今日は久しぶりにいい天気だな。

そんな事を心の中で思いながら、まずはテレビを点けました。
いつでもまん丸いアヤパン(高嶋彩)の顔が、いつも以上に丸く観えると思いました。
それにしても寒いな。そんな事を考えながら、時間の無い朝の、やらなければいけない事をこなして行きます。

手早く朝食を摂ると、茶碗を洗い、夜の為の炊飯器のセットをしました。
そして仕事に行くために着替え、財布を確認して、車の鍵を持った時の事です。
ふと、何かを忘れている様な、奇妙な感覚に囚われたのです。

・・・何を忘れている?

奇妙な想いは晴れないものの、その正体が解らないまま、家の鍵を閉め、タートル号(僕の愛車)に向かいました。
そして車の前に立ち、ようやくその理由を思い出しました。

目の前に、静かに佇むタートル号。その姿を見て、思わず深く溜息を付きます。

そこにあったのは、まるで漁業組合の鮪用巨大冷凍庫の中に長時間入れてあったかの様に、真っ白く凍り付いたタートル号の姿。
僕が今朝忘れていた事、それはエンジンスターターのスイッチを入れる事だったのです。

---

僕は普段、あまりアイドリングというものをしません。
理由は、Co2の排出を防ぐ為です(はい、偽善者はそういう所にも拘るのです)。
ちゃんとリモコンのエンジンスターターが付いているにもかかわらず、僕がそれを使うのは、ある限られた時だけです。

僕がエンジンスターターを使う時。それは、外が異状冷却された時だけ・・・つまり、車が確実に凍り付いている時だけなのです。

外を見て、車が凍っていそうな時には、エンジンスターターを使ってアイドリングをさせます。
その目的は、車を溶かす事です。
車が凍っていると、それを動かせる状態にするのに、数分から数十分もかかります。
勿論そんな事をしていては仕事に遅刻してしまいますので、そんな時にはスターターで予め車を暖めておくのです。
発進する数十分前に車を暖めておけば、発進出来るまでの間に、その余熱でとりあえず車のコンディションを整えておく事が出来ますからね。

で、車が凍っているかどうかの判断基準は何かというと・・・それは、朝の天候です。

今朝の様に、晴れている時にはスターターが必要。
曇っていたり、雪が降っている時にはそれは不必要。
きっとこう書くと、「それ、逆だろ?」と思われるでしょうね。が、北国では、それが常識なのです。
その理由は、この自然現象によるものです。


「放射冷却」


晴れていれば暖かいというのは、暖かい地方では常識でしょうね。はい、北海道だって、夏場はそれが常識ですよ?
が、北海道の様な北国では、冬場天気がいいと、逆に早朝の気温が異常低下するのですよ。
なのでこんな天気のいい朝は、ちゃんとエンジンを掛けておかないと、すぐに発進する事が出来ないのです。
何しろガラスが全て凍り付いていて、その氷を削り落とさないと、運転席から外が全く見えませんからね。

---

白く凍り付いたタートル号を見ながら、また一つ溜息を付くと、車の中からスノーブラシ(雪を払う道具)を取り出しました。
そして、柄の部分に付いたプラスティック製のヘラで、フロントガラスをガリガリと削ります。
湾曲したフロントガラスから飛び散る氷の欠片。
削られた部分から見える透明なガラスは、一瞬の間を置き、再び白く凍結して行きます。

もしもちゃんとスターターを使ってアイドリングをしていたならば、既にガラスの氷は溶けていた筈なのに・・・。



悴む手を息で暖めながら、こんな事を想いました。

明日からは、ちゃんと天候を観て、忘れずアイドリングをしよう。
そして、もしも宝くじが当たったら、車が凍らない様な暖かい地方へ移住しよう、と。。。
[PR]
by crystalgem | 2005-11-28 23:24

今年最後の勝負!

本日遂に、このブログが200回を迎えました~!(笑)

いや~、よくこんなにも長い間、一つの事をやり続けて来たものです。
しかも飽きずに(ほぼ)毎日。

あ、明日から年末の仕事で、今までよりも更に忙しくなります。
たぶん本気で不定期更新になりますが、とりあえず更新してなくても生きてますのでご心配無く(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先週の金曜日、遂に発売となりましたね。
はい、今年最後の夢、

年末ジャンボ宝くじです!
d0044012_2141127.jpgはい、今回も連番で50枚で~す♪

思えばこのブログ、これまで
「ドリームジャンボ」
「サマージャンボ」
「オータムジャンボ」
と、三度に及ぶチャレンジをして来た訳ですが、その結果は、

ドリームとサマーでそれぞれ3,000円一本ずつ当たっただけ・・・(泣)。 ※結局オータムは全部ハズレでした

と、正に惨敗!の歴史を歩んで参りました。
単純にここまでの収支を計算すると、

 支出:45,000円
 収入:10,500円

と、実に34,500円ものマイナスです。
まあ、所詮は宝くじですので、当然と言えば当然の結果なのでしょうが・・・。

が、今回は気合いが違います。
何しろ今年は、宝くじ生誕60周年という記念の年なのですからね!(←それは誰にとっても同じなのでは?)
だから、当たらない筈が無いのですよ!(←その理屈が意味不明)

宣言しましょう。
もしも3億円当たったら、仕事を辞めます。
そして、3億円の一部をある所に寄付して、残りの金で新しく事業を始めます!

どうか、今度こそ当たります様に(祈)。

---

という事で、今回は年末ジャンボの抽選前に、軽く前哨戦をやっておきましょう。
これは先日、仕事で立ち寄った場所の近くにあった宝くじ売り場で、何となく購入していたものです。
その名も、

スクラッチ!
d0044012_2143115.jpg擦っただけでその場で当たりが解る。
つまり、インスタント宝くじですね。

これを買ったのは、先週の火曜日です。が、今まで擦らずに、ずっと懐の中に暖めてありました。
何故かって?

はい、すっかり忘れてました(笑)。
いや~、仕事の途中に何気なく買ったもので、意識の中に全然残っていなくて(汗)。

では早速、行ってみましょう!

1枚目。
d0044012_2144965.jpg・・・。
ま、まあ、まだ1枚目ですからね(汗)。
はい、そんなに簡単に当たる訳ありませんよ。
チャンスはまだあと9回も残っているのです。挫けずに行きましょう!


2枚目。
d0044012_215438.jpg・・・。
まだ、あと8回あります。
僕の経験上、10回のうち、最低でも2回は当たりがありますから。


3枚目。
d0044012_2151931.jpg・・・。
いきなり「ハズレ」の文字がカタカナになったのが異常にムカつく。


4~6枚目。
d0044012_2153321.jpg・・・。
本当に当たりなんて入ってるのか、これ?


7~9枚目。
d0044012_2155249.jpg・・・。
9枚目に出て来た、このカタカナと平仮名を混ぜて表示しているのは、人を馬鹿にしているのでしょうか?

とにかく、次が最後の一枚です。これに全ての希望を託しましょう。
では、レッツゴー!


10枚目。
d0044012_2161036.jpg

・・・・・・。

普通、こういうのって、1枚くらいは当たりを入れておくものですよね?
実際僕も昔、これと同じ宝くじをやった事がありますが、ちゃんと10枚中2~3枚は当たりましたよ?
まあ、その時もプラスにはなりませんでしたけど・・・。

でもね、今ブログを書きながらこれを擦っていて、本当は1~2枚は数百円でも当たっているだろうと思っていたのですよ。
それが幾ら何でも全敗って、あり得ないでしょ?
何ででしょうね? 普通は、最悪でも1枚は当たりが出るのに。

・・・いや、ひょっとして?

もしかしたらこれは、まだ運を使ってはいけない、という神のお告げなのかもしれません。
そうです、あくまでも目標は3億円なのですからね。
「こんなちっぽけな宝くじなどに使っている運は無いぞ!」、そう神様が言っているのですよ!

よし、よくぞ外れてくれた! これでこそ、年末ジャンボに全てを賭ける甲斐があるというものだ!
僕はきっとツイてるんだ、そうに違い無いのだ!
あーっはっはっはっはっは!!!(笑)



  _| ̄|○

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-11-27 21:11

続・警察官立寄所

今朝、久しぶりに家の中の拭き掃除をしました。
家具が輝いているのって、見ていて本当に気持ちがいいですね♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前、このブログで、こんな話題を書いた事があります。
それは、警察官がパトカーでコンビニに昼食を買いに行っていた、というもの。

パトカーにしても、それを走らせるガソリンにしても、警察官の制服にしても、それを買うのに使っているのは僕らが納めている税金です。
その貴重な税金を使い、彼らがやっていた事・・・それは、コンビニでの買い物。
それは私的にパトカーを使用し、無駄なガソリンを浪費する、公金横領に他ありません!

たかがパトロールのついでの買い物と思ってはいけません。これは、れっきとした犯罪なのです。
何しろ、そうして買い物をしている時間だって、彼らにとっては勤務中の筈なのですから。

弁当を買う為にポケットから財布を出す時間、そんな時間にも、彼らの給料として税金が浪費されているのです。
許すまじ、公務員の公金横領っ!

皆さん、こんな些細な事からも、奴らの犯罪は始まるのです!

---

近所の銭湯に行って来ました。
車を駐車場に停めようと、ふと見た先。何とそこに、一台のパトカーが停まっているではありませんか!
勿論、その銭湯は警察官立寄所ではありません。
なのにこんな場所に停まっているという事は、つまり・・・。

こいつら、コンビニで買い物するだけに飽きたらず、パトカーを使ってひとっ風呂浴びに来ているのですよ!

あり得ない・・・もう、怒りを通り越して呆れ返ってしまいました。

風呂屋の暖簾を潜り、番台のおばさんに料金を払います。
そして中に入ると、そこには手帳を広げ、真剣な眼差しで客の話を聞いている警官の姿が。
それは、あまりにも銭湯の休憩場に相応しくない風景でした。

「・・・何かあったんですか?」

番台のおばさんに尋ねると、

「お客さんのお財布が無くなったみたい」

どうやら、窃盗事件だったみたいですね。
・・・。
そうですか。サボっていた訳じゃ無かったのですね。
ええ、そりゃそうでしょう。幾ら何でも、パトカーで勤務中に風呂入りに来るなんてねぇ(笑)。



・・・貴重品は、ちゃんと鍵付きロッカーに入れましょうね?(汗)

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-11-26 21:16

人間変われば変わるもの

ちょっと意外だと思いました。
消してしまいましたが、昨日ブログに書いた事、意外と反響がありませんでしたね。
皆さん、肝臓が丈夫なのですね。

あ、秘策が必要だった方には、あとでその方法をメールしますね?(笑)
こんな事を書くのもアレですが・・・。

その方法、本気で効きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は久しぶりに早く帰れました。というか、無理矢理帰って来ました。
いえ、ちょっと今週は忙しかったものですから、少々疲れてしまいまして(汗)。

で、家に食料が無かったので、近所のスーパーへ。
料理を作るのが面倒なので、今日も適当な総菜を買おうと思い、総菜コーナーへ向かって歩き始めました。
すると、特売の焼きそばを発見!
計画変更です。作るのは面倒だけど、今夜は焼きそばにしようと思いました。

やっぱり焼きそばにはキャベツと豚肉ですよね? なので、キャベツを求めて野菜コーナーへ。
そこで、1/4カット48円の白菜が30円引きになっているのを見付けました。
つまりこの白菜、1/4カットで18円という驚異の安さです! 思わず購入してしまいました(笑)。

またしても計画変更です。
今夜は、白菜を使った何かにしようと思いました。

白菜・・・やっぱり鍋かな? ちゃんとした鍋を作るのは面倒だし、豚肉と一緒に茹でて、ポン酢で食べれば美味しいかもしれない。

そんな事を考えながら、今度は精肉コーナーへ。
そこで、豚のハツ(心臓)のスライスが半額になっているのを見付けました。
思わず、それを籠の中へ。

そして帰宅し、何を作るか考えます。家にあった玉葱と、買ってきた食材を組み合わせて・・・。

と、そこで思いました。



いつの間にか、料理するのが嫌じゃ無くなってる・・・?



ほんの少し前まで、包丁を持つ事すら滅多にしなかった僕。
それが、気が付けば「食材から何を作るか想像出来るレベル」にまでなっていたのです。
これは僕の今までの歴史上、考えもしなかった出来事です。
何しろ、自分で料理をするなど、つい数ヶ月前までは想像すら出来なかった事なのですから。

きっかけは、ある女性ブロガーから貰った、たった一言のコメントでした。

『料理の出来る男の人って素敵!』

たったそれだけ。何の変哲も無い、ただのコメント。
なのにその一言だけで、こんなにも僕の生活は変わってしまったのです。
この一言だけで、料理=格好いいという、方程式が組み上がってしまったのですよ!



今更ですが、思います。
人間って、些細なきっかけで変わるものだな~、と。(←人はそれを「単純馬鹿」と言う:笑)

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-11-25 22:15

灯油バトル・エクセレント

峰ねじ子(僕の使っている冷蔵庫)の冷凍室なのですが、今まで一番上の棚が使いづらいな~と思っていました。
今日、何となくその段を一つ下に移してみたら、もうそれが使いやすいの何のって!
簡単な事なのに、それがいつも通りだからと言って気付かない事、あるものですね(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


休日出勤はどうしてこんなにも仕事が捗るのでしょうね?
理由は、たぶん電話が来ないからでしょう。
余計な雑音が無いと、本当に集中出来ます(笑)。

今日は秋分の日勤労感謝の日です。
なので仕事中でも外出は自由。マイカーで気の向くまま、心の向くままにどこへでも。
コンビニに煙草を買いに行くついでに、灯油が無くなっていたのでセルフスタンドへ行って来ました。

仕事が残っているし、勝負(※)はどうでもいいから、早く入れてしまおう。
そう思い、クレジットカードを機械に差し込んだら、思い切りレバーを握りしめました。

 ※このブログでは、「灯油バトル」と称して、セルフスタンドでピッタリの数字を狙うという勝負をしています。
  1本目を18.00L、2本目を36.00L、3本目を54.00Lとぴったり揃える事が出来れば僕の勝ち、駄目ならスタンドの勝ちです。
  以前やっていたweb日記の頃から勝負をして来ましたが、今のところその戦績は0勝です(汗)。

あまり戦う意志もないので、適当なところで手を離します。
その結果。
d0044012_2113211.jpgお、巧く行った!(笑)


さほど勝負をする気も無かったのですが、最初の1本目がジャスト18.00Lだと嬉しくなるものです。
なので、何となく2本目もジャストの数字を狙ってみました。
メーターの数字が、30、31と進んで行きます。
そして、36Lに近づいた瞬間、パッと手を離しました。

すると・・・。
d0044012_21133547.jpg何と、2連続成功です!(笑)


実は、過去に一度だけ、これと同じく2連続勝利した事がありました。
が、その時には三度目でまさかの失敗。きっと緊張しすぎたのでしょうね。
でも今回は、あまり勝負をするつもりが無かったお陰で、きっといい具合に肩の力が抜けていたのでしょう。

偶然の要素も含まれているものの、ここまでは、見事なまでにピッタリの数字となりました。

残るポリタンクは1本のみ。
勝負する気は無いと言いながらも、「初勝利」という文字が頭に浮かび、流石に緊張して参りました。

注入口をポリタンクに差し込み、まずは一つ深呼吸。狙うは54.00Lという数字です。
肩の力を抜き、一気にレバーを握りしめます。
指先に伝わる液体の感触。その細かな振動を腕から二の腕、肩、首、そして脳へと伝達させて行きます。
メーターの数字が目にも止まらぬ早さで進む中、そのリズムを心の中でカウントし、そして自分の心とレバーの振動が一致した瞬間。

パッ! 手を離しました。

メーターの数字は?!
d0044012_21135266.jpgえ・・・え、え、



エイドリアーン!!!(←?)


何と、初勝利です!
ポリタンク3本、連続でピッタリの数字を出す事に成功してしまいました!(笑)

やった~!!!(笑)



と言う事で、嬉しいので今日は早々に仕事をやめて帰って来てしまいました。(←おい)
とにかく初勝利おめでとう! やったね!(笑)

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-11-23 21:19

ある日の備忘録

今なら、「生協の白石さん」のテレビCMがこのサイトで観られます。
http://www.sonymusic.co.jp/anime/destiny/
30日までですので、お見逃し無く(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日、自宅のメールチェックをした後、何気なく昔送られて来たメールを眺めていました。
すると、7月1日に、僕から送られたメールを見付けました。
どうやら職場から自分に向けて送ったらしいのですが、それは僕の記憶には全く残っていない事です。
メールのタイトル欄を見ると、「日曜日の予定」と書かれていました。

日曜日の予定? 一体、僕は自分に何を送ったのだろう?

興味を惹かれ、そのメールを開いてみました。
するとそこには・・・。


『○○マート 9:00~
 きらら397
 卵(L)
 ほうれん草』


成る程、どうやらこれは備忘録の様ですね。
きっと職場で特売のチラシを見付け、お買得商品を忘れない様にメールで送っておいたのでしょう。

そこで思い出してみました。今年の7月1日は金曜日。その次の日曜日、僕がどうしていたのかを。

きっとこのメールは、二日後の日曜日にこの特売に行くつもりで書いたメールなのでしょう。
が、僕はその日、特売に行ったのか?
それを考えてみました。
勿論、そんな昔の事は覚えていません。かなり考えましたが、実際にその日、僕が取った行動など全く思い出せませんでした。
が、これだけは断言出来ます。

僕はその日、特売には行っていません。いえ、行っていない筈です。
何故なら・・・。



このメールが、未開封だったからですよっ!



・・・備忘録の意味無いじゃん(汗)。

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-11-22 23:20

プーシキン美術館展に行きたい

昨日、彩花ちゃんの話題をこのブログに載せましたが、肝心の振込先を書いていませんでした(汗)。
morning bourbon blues
これは、僕がこの活動を知った、個人のブログのアドレスです。
詳細はこのURLの、11月20日をご覧下さい。そこに、この子を救う為の振込先が書かれています。

皆様どうか、この事実を周囲に流布願います。
僕たち個人の力など、たかが知れています。が、この小さな力が集まれば、この子の命を救うだけの、大きな力になり得るのです。

どうか、ご協力をお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日、休憩中にネットを眺めていると、そこに懐かしい名前を見つけました。
その名前とは、今、東京都美術館で開催されている『プーシキン美術館展』です。

実は僕、以前、この美術展に行った事があるのですよ。
それは就職して、すぐの頃に・・・。

もう今から15年以上前の話。
札幌のどこかに(もう場所も忘れてしまいましたが:汗)この美術展がやって来た事がありました。
当時、生意気にも美術に興味を持っていた僕は、その美術展を観に行く事にしたのです。

バスで2時間以上もかけ、訪れた美術展。どこから涌いて来たのか、そこには大勢の客達が集まっていました。
列に並び、入場料の1,500円くらい(値段もうろ覚え:汗)を支払います。
当時は給料も安かったので、その1,500円くらいが異常に高く感じられたものです。

大勢の人混みに押されながら、ゆっくりと列は進みます。
壁一面に飾られた、色とりどりの絵画たち。
ピカソやルノワールなどの、名のある絵画を観ては、「買ったら幾らするかな?」、などと要らぬ勘ぐりをしたりして(笑)。
時折現れる「僕にとって素晴らしい絵」を見付けては、溜息を付いていました。

そうして見付けたゴッホの絵。タイトルは確か・・・『刑務所の中庭』だったかな? ごめんなさい、これもうろ覚えです(汗)。
下手な絵だな~、なんて思いながら観ていると、その絵の上の方に鳥みたいな飛行物体が描かれているのを発見!
きっとこれは自由を表現したものなのだろう、などと勝手に解釈してみました(実際には何なのか解りませんでしたが:汗)。

そうして、感動のうちにも列は進んで行きます。
本当はもっとゆっくりと観たかったのですが、その時はとても混んでいて、立ち止まる事は許されませんでした。
やがて会場を一周。全ての絵画を観たものの、あまりにも早すぎて、少々頭が混乱していました。

と、その時です。
会場の入り口付近に、パンフレットが置いてあるのを発見しました。
それはパンフレットと言うよりは、美術本と言っていい程の出来でした。フルカラーで、確か一部3,000円くらいだったと思います。
高いけど、買ってしまおう!
そう思い、財布を手に取った時、ふとこんな事が頭に浮かびました。

もしもこれを一冊だけ買って、実家に帰ったら、母親に取られてしまうのでは無いか?

僕の母親も美術が好きな人間で、実家には沢山の美術本が置かれています。
その美術展を観た帰りは、久しぶりに実家に帰省する予定でした。なので、そこでこのパンフレットを母親に見付かれば、横取りされてしまう気がしたのです。
なので、念のために実家に電話を入れました。
母親を呼びだし、「パンフレットいる?」と聞きます。

母「それ、幾らするの?」
僕「一部3,000円」
母「いらない」

どうやら、値段が高いのでいらないみたいですね(笑)。
安心して、自分の分のパンフレットだけを購入しました。
そうして実家に帰省し、母親がせがむので、パンフレットを見せました。母親がそれを観ながら、妙な目つきをしていたのを覚えています。

そしてその翌日、帰ろうと思い、荷物を纏めていた時の事。

母「これ、ここに置いて行くんでしょ?」

その時母親が手に持っていたのは、何と、昨日のプーシキン美術館展のパンフレット!
その目を見ると「置いてけ~、置いてけ~」と訴えかけています。

僕「いや、それは・・・」

当然、そのパンフレットは僕のものです。が、母親の目つきは、尋常では無い様な鈍い光を放っていました。
「置いてけ~、置いてけ~」、と。。。
おいてけ堀かよ! と心でツッコミを入れるものの、ここまで育てて貰った恩・・・嫌とは、言えませんでした(泣)。

あれから十数年、あのパンフレットはずっと実家に監禁されたまま。
ピカソにもゴッホにもルノワールにも、今では実家に帰省しない限り、会う事が出来ないのです(泣)。



久しぶりに絵を観に行きたいな。出来れば、このプーシキン美術館展に。

ネットでこの美術展の話題を目にしてから、ずっとそう思っています。
が、東京は遠い。あまりにも、遠い・・・。

北海道にも来ないかな~、プーシキン美術館展。
もしも来てくれたら、またパンフレットを買うのに・・・。
[PR]
by crystalgem | 2005-11-21 23:10

性格バトン

「暗闇の中にいても、目標を持って一日を過ごして、夢をかなえましょう!」

名言ですね~。
24時間は誰でも同じ。それをどう使うかによって、人生は全く違ったものになるのです。

高橋尚子、最高!!!(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


えーとですね、「morning bourbon blues」のらくきちさんからバトンが回って参りました。
『性格バトン』だそうです。

これって、以前回って来た事のある『調味料バトン』の変形かな?
今回は、自分の性格に関する質問に答えて、次の人に回していくというものみたいですね。
良く解りませんが、とりあえずやってみましょう!



①あなたは賑やかな人おとなしい人どっちですか?

 はい、間違い無く大人しい人ですね。
 昼休みも大抵は本を読んで過ごしますし、休日も一人でいる事が多いです。
 勤務中もあまり無駄話しませんし、酒を飲んでもこの性格は変わりません。

 でも人からはよく「面白い人」と勘違いされます。何でだろう?



②あなたの性格に相応しい単語を5つ挙げてください

 ・馬鹿
 ・優柔不断
 ・小心者
 ・貧乏性
 ・変なところ凝り性

 プラス要素が何も思い浮かばない・・・_| ̄|○



③好きな友達のタイプ

 頭のいい人。
 一緒にいて疲れない人。
 人の心の痛みが解る人。

 僕には特に仲の良い友人が5人いるのですが、そんな奴らばっかりですよ♪
 ってか、そんな奴らだからこそ、友達でいられるのかな?



④嫌いな友達のタイプ

 いい加減な人。
 時間を守れない人。
 嘘つき。

 僕には特に仲の良い友人が5人いるのですが、一人だけ、とても時間にルーズな男がいます(汗)。
 あの性格って、きっと治らないんだろうな・・・。



⑤立ち直りは早い方ですか?

 物凄く遅い方です。辛い事があると、いつまでもイジイジ悩んでしまいます。
 でも、そんな時にはこの言葉を思い浮かべます。

 『今から一年も経てば、今の私の悩みなど、およそ下らないものに思えるだろう』

 イギリスの作家、サミエル・ジョンソンの言葉です。
 今がどれだけ辛くても、その悩みはいつまでも続くものではありません。今を悩むよりも、明るい明日を思い描きましょう!(笑)

 ん? これって質問の意図とずれてる?



⑥恋人にしたいタイプ

d0044012_2175898.jpg仲間由紀恵みたいに明るくて、
仲間由紀恵みたいに髪が綺麗で、
仲間由紀恵みたいに穏やかで、
仲間由紀恵みたいに面白い人が好きです!
 ところで、由紀恵withダウンローズのブログって、変なアイコンが一杯で読みづらくないですか? はい、どうでもいいですね(汗)。

 まあ、仲間由紀恵はともかくとして、好きなタイプは「頭が良くて優しい人」です。
 あと料理が上手ければ最高かな?
 容姿はあまり拘りません。本当に大切なのは顔やスタイルや年齢では無く、心ですからね。
 はい、三十路になってから、その辺の事がよ~く解る様になりました(笑)。



⑦恋人と一番の親友、選ぶならどっち?

 仲間由紀恵を選びます!(←おい)

 って、本当はたぶん、友人を選ぶと思います。
 何だかんだ言っても、男同士の友情って強いものなんですよ。
 でも実際彼女が出来たらどうなるかな? ・・・その時になってみないと解らないですね(笑)。



⑧バトンを回す5人

 5人ですか? うぅ、この過疎ブログにそんなにお友達はいないのですが・・・(汗)。
 前回の『調味料バトン』で指名していない人で、このブログに遊びに来てくれる人と言えば。。。

 「こ の 雨 あ が れ」のhikariさん。
 「ココロで思うこと・・」のnorikoさん。

 のお二人を指名させて頂きます。
 あ、迷惑でしたら、無視されて全然結構ですから(汗)。
 もしもお暇があれば、お付き合いください(笑)。

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-11-20 21:13

寂しい熱帯魚

気が付いたら寝てました。

いえ、ブログ更新しようと思って、昨夜11時過ぎにPC立ち上げて、メモ帳にブログ書いて。。。
で、今気が付いたらこんな時間。えーと、現在時刻、20日の午前2時か。
知らない間に眠っていたみたいですね。いつもはこんな事無いのに・・・疲れてたのかな?

ってか、エキサイトブログって、時間を遡る事は出来るのかな?
出来れば昨日の午後11時の記事にしたいのですが・・・とりあえず、チャレンジしてみますか。
はい、本当はこの記事を更新したのは、20日の午前二時です。が、とりあえず書いたのは19日の午後11時なので、その時間にしてみます。
出来るのかな?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


皆さんは、このブログで7月の中頃に起こった、『熱帯魚騒動』を覚えていますか?

何となく立ち寄ったホームセンターで、つい衝動買いしてしまったネオンテトラ。
水槽に入れ、それを眺めて愉しんでいました。
が、その翌日から原因不明の大量死! 色々と考え、それを『金属による中毒』と結論付け、慌てて中和剤を買いに行きました。

その後の話はブログには書いていませんでしたが、実はあの後も、死の連鎖は続いていたのです。

中和剤を水槽に入れ、一時はネオンテトラ達も落ち着いたかの様に見えました。
が、悲劇はその後も大きな口を開けて待ちかまえていたのです。

元気に泳ぎ回るネオンテトラ達を襲ったのは、水槽の水を循環させるモーターでした。
あろう事か、そのモーターに巻き込まれ、残りのネオンテトラ達全員が、悲しい死を迎えてしまったのです。

悲しみに暮れながら、ネオンテトラ達の遺体を引き揚げ、水槽の電源を切りました。
空になった水槽。しかし、何となくそれを片づける気になれず、その後暫くの間、水槽はそのままの場所に放置されていたのでした。

そうして全滅から一週間。何となく視線を向けた水槽の中に、何やら動く影が見えた気がしました。
何だろう? 近づいて見てみますが、何もありません。
きっと気のせいだったのだろう。そう思い、また数日が過ぎ去りました。

そんなある日の事。
夜、テレビを観ながら酒を飲んでいました。すると何やら、背後に気配を感じたのです。

何だろう? 振り返った視線の先・・・何と、水槽の中に一匹のネオンテトラが泳いでいるではありませんか!
一瞬、これは夢かな? と思いました。
が、近づいてみると、紛れもなくそれは一匹のネオンテトラ。全滅した筈なのに、何故か一匹だけ、そこにいたのです。

・・・どうして?

もしかすると、一匹だけ生き残っていたのだろうか?
しかし、この小さな水槽の、一体どこに隠れていたのか・・・しかもこの半月以上、電源も切っていたし、餌なんて与えていなかったのに。

不思議に思いながらも、そのネオンテトラに餌を与えました。

それから5ヶ月が経ち、その最後の一匹も、初雪が降る頃から全く姿が見えなくなりました。
きっと、仲間のもとへ旅立ってしまったのでしょう。

今までありがとう、本当に良く頑張ってくれたね。

心の中でそう呟きました。
不思議と、あまり悲しみは感じませんでした。
きっと、本来ならばあの時に死んでいた筈なのに、それが今まで生き残ってくれた、それだけで充分に嬉しかったのだと思います。

そして、彼の姿が消えてから10日余り。
今日、遂に水槽を片づける決心をしました。

台所に水槽を持ち込み、ホースで水を捨てます。
d0044012_203534.jpgそして、彼の体を引き揚げてやろうと、水槽の中を覗き込みました。
が、姿が見えません。

一体どこに消えてしまったのだろう?

d0044012_21434.jpg奇妙に思いながら、モーターや水温計などのパーツを全て剥ぎ取りました。
が、やはり遂に、彼の姿はどこにも見あたりませんでした。


ひょっとして・・・。
不意に、こんな事を思いました。



・・・本当はあのネオンテトラは、最初からいなかったのでは?



7月の中旬に我が家にやって来たネオンテトラ達。
その突然の死に耐えられず、僕が見ていた幻・・・それが彼だったのでは無いか? と。

そう考えれば辻褄が合います。
何しろ、あの悲劇の日から半月以上も、彼は餌もポンプもヒーターも無しで生き続けていたのですからね。
ええ、こんな事、普通では考えられませんから。

しかも、僕が実際に彼の姿を見る事が出来たのは、この5ヶ月の間、せいぜい3日に一度くらい。
普段はどこに隠れているのか、探しても見られない日が殆どだったのです。

幻か・・・。

何となく納得しつつ、早く水槽を片づけてしまおうと、水槽の底板を外しました。
d0044012_212877.jpg酷く濁った水。当然と言えば当然ですね、この5ヶ月で、水槽の完全清掃をするのは、今回が初めてなのですから。
さてと、この水を全部捨てて・・・。

って、何だこれ?

d0044012_22192.jpgえ?


生きてたの? ・・・ってか、こんな場所にいたの?!


どうりで、滅多に姿が見えなかった訳です。
こいつ、今までずっと水槽の底板の下に隠れていたのですよ!

解りやすく図解してみます。
d0044012_221946.jpgつまり、前から見るとこういう事です。
水槽は、下から「底板」「敷き砂利」「ポンプ」の順番に重なっています。
底板の中は空洞になっていて、そこからポンプで水を吸い出す仕掛けになっているのです。

奴はあろう事か、その一番下の底板の中に潜んでいたのですよ!


当然、外からそれを見る事など出来ません。
だから今まで、どれだけ水槽を覗き込もうとも、その存在を確認する事が出来なかったのです。

それにしても、まさか生きていたとは・・・。



今日のブログのタイトルを変更します。

 ×寂しい熱帯魚
 ○逞しい熱帯魚

これは、今日3時間かけてようやく撮影に成功したものです。
近づくたびに底板の中に隠れてしまって、餌でおびき寄せてようやく成功ですよ。

d0044012_224030.jpgまあ、何か知らないけど、長生きして欲しいものですね。

[PR]
by crystalgem | 2005-11-19 23:00