<   2005年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

整理整頓を心がけましょう

ふとした瞬間に、頭の中に何かのメロディーが流れる事ってありますよね?

今日、仕事をしていると、不意にサザンの曲が頭の中に流れて来ました。  あ~れは~ 神の~し~ま~♪
「どうしてこの曲なのだろう?」と不思議に思っていましたが、帰宅する為にマイカーに乗り込み、エンジンをかけた瞬間に、ようやくその理由が解りました。

今朝の通勤の時、マイカーを職場の駐車場に停め、エンジンを止める時、車の中にかかっていた曲がこれだったのですよ。

きっと仕事をしている時、何かのきっかけでそれを思い出したのでしょうね。
以前から思っていましたが、人の脳って、本当に面白いものです(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝、職場のデスクにつくなり、こんな事を思いました。

「あの書類、どこに置いたっけ?」

先週末、確かにデスクの横に置いた筈なのに、その書類がどこにも見当たらない。
そういう事って、良くありますよね?(←お前だけじゃねえの?)

・・・。

他の人は良く解りませんが、僕は良くあります。
ってか、実はしょっちゅうです(汗)。

大事な契約の書類とかをその辺に置きっぱなしにして、「後でファイリングすればいいじゃん♪」とか思いながら、暫く放置している間に、どこに置いたのか解らなくなる。
はい、忙しいビジネスマンには、とてもありがちなミスです。(←お前ほどの頻度で同じミスを繰り返している人間も珍しいと思うが・・・)

と言っても、今回はその書類がある場所は解っていますので、別に焦る事はありませんが(笑)。

d0044012_22337100.jpg
まあ、いつもデスクの上がこの状態ですので、すぐに見つからなくても何ら不思議はありません。(←事実です)

きっとこの書類の山の中に眠っているのだろう事は、間違いありませんでした。
なので今朝も、すぐにその書類を探し出そうと思ったのです。

でも、書類を探すなら、いっその事、この山を片づけてしまおうか?

どうせやるのならば、ついでにこの書類の整理をしてしまった方が良いだろう。
そう思い、今日は朝から書類の整理に取りかかる事を決意したのです。

決断したならば即実行! 書類の山を、上から順に整理して行きました。
要るものは種類別にファイルし、要らないものはその場でゴミ箱に。

そうして作業を続ける事、実に2時間!
30センチ近くも積み重なっていた書類の山が、何と10センチ以下にまで減ったのです!(←でも山は無くならないんだね:笑)

まあ、書類が片づかないのは当然の事です。(←当然か?!)
はい、積み重なった案件が、書類整理程度で消える筈は無いのですから。
しかし、今まであった書類の山が低くなったのは、本当に喜ぶべき事ですよね?
はい、素直に喜びました。
d0044012_2235484.jpg
←こんな風に。
整理してみて、本気で思ったのですが、とても自分のデスクが広く感じるのですよ!
もう、明日からはこのデスクで、バリバリ仕事が出来そうですっ!(笑)


・・・が。


結局、本来の目的であった書類は、その山からは発見出来ず・・・。

本当に重要な書類でしたので、多分捨ててはいないと思うのですが・・・。
いえ、本気で大切な書類だったのですよ。なので、きっとどこかにあるだろう事は間違いありません。
きっとどこかのファイルに、無意識に綴ってしまったのでしょうね。うん、本当に大事な書類でしたから、そうに違いありません。
はい、あまり悩まずに、そのうち出て来るだろう事を期待しましょう(笑)。




業務連絡です。
数日中にこのブログが更新されなくなったら、その時は仕事をクビになったのだと思ってください。(←本当は今、本気で焦っている奴:笑)

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-10-31 22:09

省エネ作戦

先日のスーパーに行くと、たこ焼き8個300円に値下がりしてました。
思わず、吹き出しそうになりました(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


と、言う事で。(←どういう事だ?)

今年はとにかく灯油が高い!
ただでさえ不景気で給料は下がる一方だし、税金は上がる一方だし、そこに持って来てこの灯油高騰ですよ。
何なんですか、これって? いじめですか? 新手のいじめですか?!
とにかく、この灯油高騰に何らかの手だてを講じないと、財布の中まで真冬の寒さになってしまいます。

どうしたら灯油を節約出来るかな?

団扇で天井をパタパタと扇ぎながら、そんな事を考えていました。
d0044012_21245255.jpg←座椅子に座りながら、天井をパタパタする僕

どうして天井を扇いでいるのかと言うと、ストーブから出た熱の大部分が、天井近くに溜まっているからです。
当然ですが、暖かい空気は上に行き、冷たい空気は下に下がる性質がありますからね。
実際、座椅子に座っている時は寒いのに、立ち上がると、とても暖かいのですよ。

なので、こうして団扇で扇ぐ事によって、空気を循環させているのです。
馬鹿みたいに見えるかもしれませんが、実際これって、とても効果があるんですよ?
ただ、この方法って、結構疲れるんですよね(汗)。

こうして体を動かして、自分の熱で暖かくなるのも一つの手かな?

などと一瞬だけ考えましたが、それは無理というものです。
何しろ、人の体力には限界がありますからね。
こうして団扇で扇ぎ続ける事が出来るのは、せいぜい2~3分がいいところです。(←体力無いからね)

楽をして省エネする方法、そんな手は無いかな~。
天井をパタパタしながら、ずっと考え続けていました。
その時です。唐突に思いつきました。

これって、扇風機を使えばいいのでは?

団扇で扇ぐよりも、扇風機で空気を掻き回した方が手っ取り早いし、何より楽です。
但し、この方法には、一つだけ大きな弱点がありますが。

大きな弱点、それは電気代。

そもそも灯油代の値上がりに対抗すべく、省エネの方法を考えていたのです。
そこに持って来て、更に扇風機の為に電気代をかけるなんて、本末転倒と言える愚行でしょう。

しかし・・・。

扇風機を使えば、ストーブの目盛りを一つ下げる事が出来るかもしれません。
そうなった場合の、灯油代と電気代の比較をしてみなければ、どちらが得なのかは解りませんよね?

早速、ググッてみる事にしました。
PCを立ち上げて、「扇風機・電力」で検索をかけます。
すると、出て来ました。
色んな種類の扇風機がありますが、その中でも、今回の僕のアイディアに最もマッチした扇風機を探し・・・。(←ある商品に目が留まった)

サーキュレーターって、何?


 - サーキュレーターを調査中 -


何と、室内の空気を循環させる為の、専用の扇風機がありました。
その名も、『サーキュレーター』。
どうやら、僕の今回のアイディアは、既に商品化されていた様ですね。
この僕の天才的な閃きを、既に実用化していた会社があったとは、驚きです。・・・って、誰でも思いつくか(汗)。

とりあえず専門用語(サーキュレーター)が解りましたので、今度はそれで検索をかけてみました。
すると出て来る出て来る。たかが扇風機なのに、色んな種類があるのですね。
で、ワット数を見てみると、殆どが30W程度。電気代に換算すると、一時間たったの0.5円です。

僕の家で、一日に消費する灯油の量は、真冬で約4~5Lくらい。
もしもこれを導入する事によって、灯油の消費量を一日0.5リットル軽減させたとして、一日に10時間これを使ったとしたら、

 灯油代0.5L×65円 - 電気代0.5円×10時間 = 27.5円のお徳

となります。
これはもう、導入するしかありませんね!!!

と言う訳で、早速買って来ました。
d0044012_21252476.jpgじゃーん、サーキュレーターで~す!(笑)


今日買ってきたサーキュレーターは、消費電力45Wの強力なタイプです。なので恐らく、電気代は一時間に1円くらいですね。
それにしたって、

 灯油代0.5L×65円 - 電気代1.0円×10時間 = 22.5円のお徳

です。
う~ん、何てお徳なのでしょう!(笑)

そして、今日実際に使ってみたら、その効果は抜群! 昨日までとは打って変わった暖かさです♪
いや~、買って良かった! これを買うのに、2,980円も出した甲斐がありましたよ!(笑)


ん?


・・・ちょっと待てよ。
1日22.5円お徳にするのに、2,980円出したと言う事は、減価償却までにかかる日数は、

 2,980円 ÷ 22.5円/日 = 133日間

北海道で一年間にストーブを使用するのは、10月下旬から4月上旬までだから、およそ半年。
という事は、単純計算すると・・・。


よし、ワンシーズンだけで元が取れる!(笑)


しかも、2年以上使えば、それ以降はどんどんお徳になって行きます。
更にそれだけでは無く、前よりもずっと暖かく快適に過ごせるなんて・・・。

サーキュレーター、マジお勧めです♪



ただ、ちょっと音がうるさいですけどね(汗)。
[PR]
by crystalgem | 2005-10-30 21:28

灯油バトル

ここ最近、週末になると必ず天気が崩れます。
平日は凄くいい天気なのに・・・。
悪いローテーションにはまってしまっている様で、ちょっと悲しい。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕がこのブログを始める前、あるweb日記をやっていたというのは、ここにも何度か書いたと思います。
そのweb日記に、時折出て来る話題がありました。
その名も、

『灯油バトル』

何の事は無い、ただセルフスタンドに灯油を買いに行くというだけのものです(笑)。
が、この灯油購入には、あるルールがあるのですよ。

そのルールとは、ポリタンクにピッタリの量だけ購入するというもの。

僕がいつも買いに行くのは、18Lのポリタンク3本分。
つまり、最初の1本目を18.00L、2本目を36.00L、3本目を54.00Lぴったりに合わせるのです。
もしも成功すれば僕の勝ち、駄目ならスタンドの勝ちというルールでした。

以前やっていたweb日記では、実に全敗! 一度も勝った事が無かったのです。


---


数日前から、夜だけですが、ストーブを焚いています。

今日の昼頃、「今日の手料理」を作った後、何となく灯油タンクの目盛りを確認してみました。
すると、今にもメーターを振り切りそうなくらいしか残っていなかったのです。

・・・灯油、買い置きあったかな?

玄関にある倉庫を覗き込んでみると、そこにあったポリタンクは全て空でした。
買いに行かなくちゃいけないな、そう思った時、上に書いたルールを思い出したのです。

つまりこれが、今シーズン初の灯油バトル!
今までただの一度も勝てず、ずっと苦汁を飲まされてきましたが、遂にその復讐を果たす時がやって来たのです!

ここに宣言しましょう。


今日こそ勝つ!!!


 華麗なまでのテクニックを用い、ぴったりの数字を必ずやこのブログに載せてあげましょう。
 2本目までは、勝って当たり前。本当の勝負は3本目です。
 はい、この勝負は、たった一つのミスすらも許されない、シビアな勝負なのです。
 2本目までを軽くクリアし、残った3本目の勝負、それがこの灯油バトルの最大の見所です。


愛車のタートル号に空のポリタンク3本を積み込み、いざ出陣。向かった先は、いつものセルフスタンドです。
灯油を扱っている場所を見ると、どうやら先客が一人。まだ10月だというのに、既にストーブを焚いているのは、僕だけでは無かった様です。

と言う事で、早速機械にクレジットカードを差し込みます。
ポリタンクに給油口を突っ込み、レバーを握りしめます。勢いよく注ぎ込まれる灯油を見ながら、じっと手を離すタイミングを計っていました。
そして、ジャストタイミングで離した手。メーターが示していた数字は・・・。

d0044012_21441945.jpgう・・・。



 初 戦 敗 退

   遂にその復讐を果たす時がやって来たのです

   たった一つのミスすらも許されない、シビアな勝負なのです

   残った3本目の勝負、それがこの灯油バトルの最大の見所です

・・・。


ルールを変えましょう。(←あっさり前言撤回:笑)

ポリタンクが3本もあるのに、その全てをパーフェクトにこなさなければいけないなんて、あまりにもスタンド側に有利過ぎるルールです。
せっかく3本なのですから、3回勝負が妥当です。はい、それが民主主義なのです。(←意味解って言ってるのか?)

とりあえず、第1ラウンドは僕の負けですが、次こそは勝ちますよ。ええ、絶対です。
1回目が18.02Lでしたので、次を36.02Lにすれば僕の勝ち。駄目なら潔く、敗北を認めましょう。
では、勝利を信じて、レッツゴー!

d0044012_21443652.jpgよし!



何とか軽く二回戦を制しました!(笑)
まあ、これが当然の結果なので、特にコメントしようとは思いません。はい、僕の実力ならば、これが当然の結果です。
しかし、一回戦を敗北してしまったのも事実。あり得ない結果でしたが、それが紛れもない、事実なのですよ。

が、まだ勝機はある!

まだ勝負は1対1、全くのイーブンなのです。
残るは1回のみ、この第3ラウンドを制した者こそが、真の勝者なのです!

緊張する指先に祈りを込め、力強くレバーを握りしめました。

灯油を入れるという事は、一つの音楽を奏でるのと同じ事。
手のひらに伝わる灯油の流れる振動をリズムとして捉える。美しいメロディーが流れ、その興奮が絶頂となった瞬間に、パッと手を離す。
そうすれば、必ずや54.02Lという勝利を示す数字がメーターに刻まれるのですよ。

じっと見つめるメーターの数字。50、51、52・・・タイミングを計り、ここだ!という絶妙のタイミングで手を離しました。

その結果は!

d0044012_21462274.jpg





・・・_| ̄|○

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-10-29 21:48

「袋に入れますか?」実験

今朝のめざましテレビで知った、あまりにも恐ろしいニュース。
『他の癌患者と間違えられ、健康な筈の前立腺を摘出されてしまった可愛そうな男性』

この医療ミス、例え賠償金を一億円支払われたとしても、僕ならば絶対に許しません!
男ならばきっと、誰だってそう思うでしょう。はい、それくらいの罪ですっ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前コンビニで煙草を三つ買った時、何故かレジの女性に、袋に入れるかどうかを問われた事がました。
(※過去ブログ参照)
あの時はとても不思議に思いましたが、きっとあのコンビニでは『煙草三つ=袋に入れる必要無し』となっていたのでしょうね。

今日は、その後日談です。

今日の昼休み、またしてもそのコンビニに煙草を買いに行きました。
最初は三つ買うつもりだったのですが、何となく以前の事(袋に入れますか?)を思い出し、個数を変えてみる事にしたのです。

三つだと、袋に入れるかどうかを聞かれる。では、五つにしたらどうなるのだろう?

何となくワクワクしながら、レジにいた女性に「五つ下さい」と言ってみました。
常識で考えれば、そんな数の煙草をポケットに入れろとは言わないでしょう。はい、黙って袋に入れてくれるのが普通です。

でも、このコンビニならば、その常識を覆してくれるかもしれない。
『袋に入れる必要無し=最大6個まで』とかいう、不条理を成立させてくれるかもしれない。
それどころか、僕が「はい、入れてください」と答えた瞬間、チッと舌打ちをしてくれるかもしれない。

そんな事を想像しながら、じっとレジの女性の指先を見つめます。

どうするのかな? 「袋に入れますか?」と聞いて来るのかな?

期待しながら待ちました。
結果、残念ながらその女性、何も言わずに、黙って5つの煙草を袋に入れてしまったのです。

・・・。

まあ、当然ですよね?
どう考えたって、煙草五つは袋に入れるのが普通ですから。
はい、それが当たり前なのです。世間一般の常識なのです。

はい、そんな当たり前の事に、過剰な期待をしてしまった僕が悪いのです。

・・・。


でも、三つの時は聞いてくるのに、五つの時は当然の様に袋に入れる。・・・では、四つの時にはどうなるのか?

これって、新たなる実験のテーマですよね!(笑)

このコンビニの常識は、『三つ=とりあえず聞いてみる』、『五つ=袋に入れるのが当然』です。
ならば、四つならばどうなのか。

これは、とても興味深い話です!(笑)



・・・ってか僕、何やってるんですか?!



【10月29日訂正】
前回のブログを確かめてみたら、あの時の個数は、3個では無く5個でした。
つまり同じ個数なのに、前回は聞かれて、今回は無言で袋に入れてくれた訳です。
袋に入れる入れないは、その時のレジの女性の気分なんですかね?

独身男の「今日の手料理」
[PR]
by crystalgem | 2005-10-28 22:33

たこ焼き屋の昼食

残業が終わって、帰った真っ暗な家。
冬の寒さと心の寒さを、同時に感じる瞬間です。
正直、冬なんて嫌いだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


食料を買いに、近所のスーパーに行きました。
入り口近くに設置された特設ブース。そこで売られていたのは、たこ焼きです。

店に入るとき、何となくそれを作る職人のおじさんの顔を見ると、何となく元気の無い様子。
まあ、当然でしょうね。全然売れて無いのですから。

このスーパーの一日の集客数など、当然僕は知りません。
が、仮に千人いたとして、その中で「買い物のついでにたこ焼きを買う人」の数など、たかが知れているでしょう。
一日にどれくらいのたこ焼きを売れば、このおじさんの生活が成り立つのだろう?
そんな事を考えながら、買い物へと店内に足を向けました。

時間は昼時。
買い物を終えて、そのおじさんを見ると、丁度昼食を摂っているところでした。
何を食べているのかな?
覗き込むと、それはこのスーパーで売られていた弁当でした。

どうせ売れて無いんだから、たこ焼きを食べればいいのに・・・。

そう思いましたが、きっとそれは、してはいけない事なのでしょう。
売れていないとは言え、そのたこ焼きは「商品」です。自分の売る商品には手を付けてはいけない、それがたこ焼き売りとしてのプライドなのでしょうから。
でも、どうしても売れ残ってしまったたこ焼きは、やっぱり食べるんでしょうね。
捨てるのも勿体ないですし、プライドはともかくとして、食べ物を粗末にしてはいけませんからね。
そこまで考えて、ふとこんな事が頭に浮かびました。

ひょっとして、このおじさん、たこ焼きが嫌いなんじゃ?

こうしてたこ焼きを作って、お客さんに売って、余ったたこ焼きを毎日自分で食べる。
きっとたこ焼き屋を始めた時には、たこ焼きが大好きだったでしょう。だからたこ焼き屋をやっているのだろうし。
しかし、いくら大好きなたこ焼きとは言え、その売れ残りを毎晩毎晩食べ続けていたら・・・。

・・・たぶん僕なら、一週間で大嫌いになるでしょう。

ならば、幾らたこ焼きが売れ残っていようが、昼食くらいは別のものが食べたい。
プライド云々よりも、たこ焼きなんか食べたくは無いのです。
はい、その心理は痛いほど良く解ります。

1つ買ってあげようかな?

寂しげなおじさんの表情を見て、一瞬そう思いましたが・・・やめました。
だって、高いんだもん。

たこ焼き8個400円。たこ焼きのサイズはノーマル。
僕がこれに出せるのは、せいぜい350円までです。
この50円の差は、果てしなく大きい。(←この貧乏人気質は一生抜けないね:笑)
[PR]
by crystalgem | 2005-10-27 22:18

変な昼食を摂る男

まるで何事も無かったかの様に復活。

別に気にしちゃ駄目ですよ?
何しろこのブログ、こんなブログなのですから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昼休み、職場近くのスーパーに、食料を買いに行きました。
適当な商品をかごに入れ、レジへと向かいます。

見ると、レジの前には長蛇の列が。

そのスーパーのレジは全部で5つ(くらい)あり、その中で稼働しているのはたったの二つだけです。
それを見て、ちょっと腹が立ちました。
だって、専業主婦はともかくとして、サラリーマンの昼休みはただでさえ時間が無いものですからね。こんな時間帯くらいは、ちゃんと全てのレジを稼働させておいて欲しいものだと思いました。

とまあ、怒っても仕方が無いので、大人しくレジに並びます。

待っている間暇だったので、何となく周囲に置いてあるものを眺めていました。
レジ横にあるガムやお菓子類。きっとこうしてレジの順番を待っている間、ついそれらを購入してしまうのを待っているのでしょうね。
店側の戦略、勿論承知していますので、僕はかごには入れませんよ?・・・たぶん(汗)。

そんな風に、ダラダラと順番を待つうち、ふと僕の目の前に並んでいる人に目が行きました。
それは、サラリーマン風のスーツ姿の男性。年の頃なら二十代の後半くらい、何となくぼーっとした印象を受ける風貌です。
どうしてその男性に意識が行ったのかと言うと、その男性が手にしているものが、とても変なものだったからです。


昼食時、男性が持っていた商品とは、この3点です。
・イカサラダ(イカとゴボウと人参をマヨネーズで和えた様な総菜)
・ベビーチーズ(5個入り)
・焼き鳥の缶詰


何となく、奇妙に思いました。
だってこのメニュー、昼食にはあまりにもそぐわないと思えましたから。
何しろその男性の買い物メニュー、それだけなんですよ? 他におにぎりも弁当も無く、それだけなんですよ?
奇妙に思うのって、当然ですよね?

あの、昼食にそれを食べるんですか? ・・・心の中で、思わずそんなツッコミを入れてしまいました。

自分のイメージでは、これらの商品は、全て酒のつまみです。
が、今は昼休み。きっと午後の仕事もあるでしょうし、当然酒を飲む事など出来ないでしょう。
なのにこの男性の買い物メニューは、これだったのです。

会社の飲み会の買い物か?

一瞬そうも思いましたが、その男性が持っていた商品は、一人が食べれば終わってしまうくらいの少量です。
なので、恐らくこれは、この男性が一人で食べるために買おうとしている商品なのでしょう。

・・・ひょっとして、今日は午後から休暇なのかな?

にしても、こんな時間から酒を飲む人がいるとも思えないし・・・じゃあ、やっぱりこれが昼食なのかな?

そんなことを考えていると、ようやくその男性の順番がやって来ました。
レジのお姉さん、それらの商品を、何の疑問も無い様子で袋に詰めて行きます(当たり前だけど)。

・・・まあ、変に感じてしまったけど、きっとあれがあの男性の昼食だったのでしょうね。
そう思う事にしましょう。



でも僕が買い物をする時は、こんな変な想像をされる様な組み合わせだけは避けようと思います。
だって、誰かに変な勘ぐりされたくありませんからね。

僕がこうして思ったみたいに。。。
[PR]
by crystalgem | 2005-10-26 22:06

最終回

突然ですが、ブログが書けなくなってしまいました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いえ、今日も書こうとは思ったのですが、書いている最中、どうしても別の方向に意識が向かってしまいまして・・・。
どれだけ脳天気な事を書こうと思っても、それに集中出来なくなってしまったのですよ(汗)。

いえ、別に僕の身に何かがあった訳ではありませんよ?
健康です。相変わらず煙草と酒に溺れているものの、とにかく健康です。
ただ・・・最近ちょっとですね、色々と考える事がありまして。。。

いつも来て下さっていた方々、本当に申し訳ありません。

本当に突然ですが、とりあえず 「このブログを」 閉じさせて頂きたいと思います。
何しろ、この気持ちがいつになったら復活出来るのか、自分でも解りませんので・・・。


なので、今まで来て下さった方々、本当にありがとう。
本当に・・・今までありがとう。


大変我が儘な事なのですが、皆様から頂いたコメントを守る為、このブログを消滅させる事だけはしないでおこうと思います。
きっと、exciteが存在する限り、このブログも存在し続けるでしょう。
・・・しかし、次に更新されるのは、一体いつになるやら。


だから今日が、とりあえずこのブログの最終回なのです。


このブログを訪れて下さった方々、これまで本当にありがとうございました。
こんな過疎ブログの最終回を、少しでも寂しいと思ってくれる人がいたら・・・ちょっとだけ、嬉しいな(笑)。

皆様、これまで本当にありがとう。
そして、さようなら。




      三十代独身男こと、crystalgemより
[PR]
by crystalgem | 2005-10-21 21:44

警察官立寄所

本気で寒いけど、ストーブはまだ焚きません。
はい、意地でも焚きません。
・・・。

だって今年、本当に灯油高いんだもん(泣)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昼休み、コンビニに買い物に行きました。
駐車場に車を停めようと思い、ふと見ると、そこに一台のパトカーの姿が。

 -  まさか、事件か?!

な~んて、勿論思いません(笑)。
だって、駐車場には他の車も沢山停まっていますし、全く事件っぽい雰囲気はありませんでしたからね。
店のガラス扉には、『警察官立寄所』のステッカーがキラリ☆ きっと今このコンビニに、警察官が立ち寄っている最中なのでしょう。

ところで、以前から思っていたのですが、このステッカーって何の意味があるのでしょうね?

この『警察官立寄所』のステッカー、注意して見ると、意外と多くの場所に貼られています。
コンビニや、銀行や、ちょっと大きな会社の片隅。あちらこちらに、このステッカーが貼られているのです。
目的は知りませんが、一部の銀行では、店内の隅に警察官用の椅子とテーブルが用意されていたりします。

・・・警察はこの場所に来て、一体何をしているのだろう?

疑問に思い、ちょっとだけ考えてみました。
警察官が、要所要所を訪れる理由。銀行やコンビニに立ち寄り、そこで何かをしている警官。
目的は、何となく想像出来ます。

恐らく、犯罪を未然に防止する為、自分の姿を周囲の人間に見せているという演技をするため、それをしているのでしょう。
見せるだけで、犯罪を防ぐ事が出来るなんて、制服の力は偉大ですね~(嘲笑)。
・・・ってか、そんな演技をしている暇があるなら、もっと真面目にパトロールをして欲しいものです。

何しろ、この頭の悪い計画が、そんなに巧く行く筈はありませんからね。

幾ら警察官が立ち寄ると言っても、それは一日のうちの、ほんの数分間。
たったそれだけで、犯罪を防ぐ効果があるとは思えませんから。

もしも警官が訪れるのが、毎日同じ時間帯だった場合、どの程度の犯罪抑止効果があるでしょう?
恐らくは『皆無』です。
だって、警官の来る時間が解っているならば、その時間を外して犯罪をすればいいだけですからね。

そうです。警察で行っている『警察官立寄所』というシステムは、所詮はただの警察のイメージアップ工作なのですよ。
勿論、何の効果も期待出来ません。
何しろ、警官は何もせず、ただパトロールの途中にそこで休んでいるだけですから。所詮、ただのポーズでしか無いのですからね(笑)。



・・・でも、もしも警官が訪れる時間帯が、ランダムだったら?



ちょっとだけ考えてみましたが・・・これならきっと、効果は絶大でしょうね。
少なくとも僕なら、いつ警官が来るか解らない様な店に、強盗に入ろうとは思いませんから。

と言うか、もしも僕が犯罪者ならば、『警察官立寄所』のステッカーのある店で犯罪をしようとは思いません。
だって、リスクは最小限に抑えたいですからね。

それは、最初に考えた「警官が毎日同じ時間に来る店」であっても、そこでの犯罪は絶対にしません。
何故なら、幾ら毎日同じ時間にしか来ないからと言って、今日もそうとは限らないからです。
犯罪をしようとしている日に限って、いつもと違う時間に警官が来たりしたら、たまりませんからね。


・・・。

警察を批判するつもりで書いていたのに、ちょっと路線がズレて来た気が・・・。


まあいいや、いつも通り、心のままに行きましょう。
書いている僕自身にも結論が解らないのが、このブログですからね(笑)。(←過疎ブログの原因は、それじゃ無いのか?)

とりあえず、結論に行きます。

『警察官立寄所』・・・半分馬鹿にして来たシステムですが、思っていたよりも、ずっと効果のあるものだったのかもしれません。
何しろ僕、警察が大っ嫌いな男ですよ? その僕が、ちょっとだけ警察のやり方に感心しているのですから。
・・・まあ、ちょっとだけですけどね(汗)。


---


そうしてコンビニに入り、そこで警官が何をしているのか見てみると、二人の警官・・・・・・・・・弁当買ってました(笑)。
まあ、昼時でしたからね。警官だって、昼食は摂るでしょうし、さほど疑問にも思いません。

が、コンビニの買い物にパトカーなんて使っていいんでしょうかね?

何しろ、パトカーのガソリン代だって、僕らの税金から支払われているのですから。
まあ、裏金作るよりは、ちょっとはマシなプチ横領かもしれないけど。。。

・・・やっぱり警察は嫌い。
[PR]
by crystalgem | 2005-10-20 22:32

大豆のお金

言葉とは偉大なものです。

実は僕、ついさっきまで、とても気持ちが落ち込んでいたのですよ。
それは、ある人物を、僕が傷つけてしまったと思っていたから。。。

でも、その人物から頂いた言葉に、本当に癒されました。お陰で、今はとってもハッピーな気分です♪
言葉って凄い、本当に偉大です。皆さんも言いましょう、ありがとうって!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日もいつも通り、外回りの仕事をしていました。
移動中の車の窓から見えた風景。澄み渡った空の下、見るからに不毛な畑が広がっているのが見えました。
つい、暗い気分になってしまいました。

窓から見えた畑、そこに生えた作物は皆枯れ果て、いかにも寒々しい雰囲気を醸し出していたのです。
そのあまりにも悲惨な光景を見て、思わずこんな言葉が口から出てしまいました。

「・・・何なんだよ、この畑?」

一緒にいた同僚に尋ねると、どうやらこれは大豆畑なのだそうです。
見た目は悲惨だけど、枯れ果てているのでは無く、これが正常な状態なのだとか。

大豆って、こうして枯れるまで放置して、乾燥させてから収穫するものだったのですね。
みんな枯れているから、てっきり栽培に失敗してしまったのかと思ってしまいました(汗)。

『大豆』・・・考えてみたら、これほど我々の生活に根ざした作物もありませんよね。
日本人の主食である米、そして大豆。この二種類の穀物を無くして、日本の食生活は語れないと言っても過言では無いでしょう。

米に関しては言うまでもありませんが、大豆と言えば『醤油・味噌・納豆・豆腐』等の製品として、広く知られています。
正直、「これらを口にしない日など無い」と断言しても良いくらいの存在でしょう。
実際、僕の今日の朝食は、豆腐と納豆でした。


それくらい、僕たちにとって、大豆とは身近で大切な穀物なのです。


古来、日本では米を金の様に扱って来ました。
昔の大名の領地を、『百万石』とかいう数え方をしていたのも、全ては米の石高を単位として用いていたからです。
つまり、古代の日本では、米は金と同じ意味があったのです。

が、今の日本の事情を考えると、米よりも大豆の方が貴重で価値の高いものですよね?
何しろ、我が国の米の自給率がほぼ百パーセントなのに比べ、大豆の自給率はたったの3パーセント程度、残りは全て輸入に頼っているのですから。

こう考えてみました。
古来、金として扱われて来た『米』。しかし近年、それよりも『大豆』の方がより貴重なものとなっている。
ならば現代、金として扱うべきなのは、『米』よりもむしろ『大豆』なのでは無いだろうか?、と。

恐らくこの僕の仮説は、当たっている筈です。
その証拠に、最近、矢田亜希子がよくこんな歌を歌っていますから。

よ~く考えよ~ お金はダイズだよ~♪



色々書いたけど・・・結局、この駄洒落が言いたかっただけ(笑)。
[PR]
by crystalgem | 2005-10-19 22:39

限界脳力

今朝のめざましテレビで、こんなニュースを目にしました。
それは、マリナーズのイチローが『古畑任三郎』の犯人役として出演するという話題です(正月特番らしいです)。

これは凄い!・・・あのイチローがドラマに出るなんてっ!(驚!)

一体どんな演技をするんでしょう? ってか、誰を殺すんでしょうね?
殺される人の役・・・新庄だといいな(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『そうだ、○○君にあれを伝えておかなくちゃ!』・・・唐突に、それを思い出しました。

勿論、それは仕事の話です。内容は書けませんが、とにかく重要な用件でした。
しかし、○○君のデスクを見ると、どうやら今は不在の様です。メモを置くのも何なので、後で会った時に直接伝えよう、そう思いました。

その後、上司から打ち合せに入る様指示を受けました。
一時間ほどの打ち合せを終え、その会議内容を整理しようとしていると、後輩から仕事の相談を持ちかけられました。
内容を聞いてみると、割と厄介な案件です。本を開いたり、過去の資料を確認していた時、不意に電話が鳴りました。
その電話に応対し、今の話に戻ろうとした時、また上司に呼び出されました。本日二回目の打ち合せです。
それを終えた後、また他の打ち合わせに参加し、それが終わり書類を片づけようとしていた所に、また次の電話が。

気が付けば、それまでの会議資料を整理する間も無く、昼になっていました。

午後になり、今度は上司と一緒に外に出掛けました。
相手の所に行き、打ち合せを行った後、また場所を移動します。そこでまた別の人物と会い、仕事の話をします。
その後また別の人物と会い、その後ようやく職場に戻りました。
戻ってから、再び後輩の話を聞きます。その後メールを確認し、仕事相手と電話をし、仕事関係の書類を纏めていた時・・・。

ふと、何かが頭を掠めました。

その時、目の前にいたのは○○君。
そうです。色々と忙しくて、すっかり忘れていましたが、あれを伝えなくてはいけなかったのです。

「○○君!」

そう声を掛けようとして、口が止まりました。


・・・用件って、何だっけ?


それがかなり重要な用件だったのは間違いありません。なのに突然、その内容が頭に浮かばなくなってしまったのです。
まあいいや、そのうち思い出すだろう。
そう思いながら残業を続け、帰宅した今でも、まだ肝心の用件が思い出せません(汗)。


ひょっとして・・・。


ふと思いました。
もしかしたら、これが僕の能力の限界なのではないか?、と。

人には、それぞれキャパシティー(容量)というものがあります。
頭の良い人ならば、一度に数十もの仕事を同時進行する事が出来るのでしょう。が、頭の悪い人は、せいぜい数個が限界です。
それが僕の場合、今頭の中に入っている仕事が目一杯の数字だった。そのせいで、最初にあった○○君への伝言が、ポロリと頭から抜け落ちてしまったのです。

そう、これが僕の限界。僕にとって、精一杯の能力・・・いえ、脳力だったのですよっ!


・・・。


ええ、そうです。
勿論これは、未だにその内容が思い出せない事に対する「言い訳」です・・・いけませんか?!(←逆ギレしてるけど、実は今結構焦っている:笑)
[PR]
by crystalgem | 2005-10-18 22:54