<   2005年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

永遠の子

辛い事、悲しい事を乗り越えて、人は初めて大人になる。
人の成長を妨げる最大の障害は、幸福である。

by crystalgem


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日の内容は、とても暗いものです。しかも読み終わった後に、とても嫌な気分になります。
なので、読まない方が賢明です。と言うか、読まないで下さい。




今日、仕事でとても嫌な事がありました。
と言っても、対外的な仕事をしていれば、普通に起こるトラブルなんですが・・・。
でも、それがズシーンと心に来て、その後の仕事に影響が出てしまいました。

以前から思っていた事ですが、どうやら僕は精神的に弱い面がある様です。
相手はそれほど考えずに言った事なのでしょうが、それが僕にとっては、とても胸に刺さる言葉なのです。
強くなりたい、そう思いますが、これってそんなに簡単なものじゃ無いですよね?

精神的に強くなりたい。打たれ強い男になりたい。

職場に戻り、CADの図面を描きながら、ずっとそんな事を考えていました。
どうしたら強くなれるのだろう。心を鍛えるには、どうしたらいいのだろう、と。

寺で座禅を組めばいいのか、それとも放浪の旅に出ればいいのか。幾ら考え悩んでも、そんなに簡単に結論は出ません。
精神的に図太い人は、どうしてそんな根性を持っているのでしょう・・・きっと、生まれながらに持った性格なんでしょうね。
ならば、生まれながらに精神的に弱い僕には、改善の余地が無いのでしょうか?

いや、そんな事は無い筈。きっと何か・・・何かある筈だ!

そう信じて、尚も考え続けます。自分が強くなれる方法、どうやったら己を鍛える事が出来るのか。
体を鍛えるならば、バーベルでも持てばいい。自信を付けたいならば、勉強すればいい。
でも、精神面を鍛え直すには、どうしたらいいのか。
悩みます。苦しみます。そして考えます。

強くなりたい。強くなりたい。強くなりたい。

まるで呪文の様に、心の中でその言葉を繰り返します。何度も、何度も。
強くなりたい。強くなりたい。強くなりたい・・・。

その間も、絶えず心を責める今日のトラブル。頭の中で、いつまでもグルグルと、果てしなく、果てしなく、果てしなく。

強くなりたい。強くなりたい。強くなりたい。
強くなりたい。強くなりたい。強くなりたい。
強くなりたい。強くなりたい。強くなりたい。

パソコンの画面を見つめながら、ずっと頭の中を巡る言葉。僕の精神を蝕み、心を切り刻みます。強くなれない自分自身を責めながら。
強くなりたい。でも、どうしたら強くなれるんですか? 僕には、何が足りないんですか?!

マウスから手を離し、じっと手のひらを見つめます。そして、思います。



手首からミサイルが出るといいな。



その後、想像した事。左手にはサイコガン、胸にはブレストファイアー、口からは今週のビックリドッキリメカ、背中にはビームサーベルです。
ちなみに両手をクロスさせると、スペシウム光線が出ます。

・・・さんざん考えましたが、どうやら僕の『強さ』の定義とは、昔のロボットアニメだった様です。



いや、男って、いつまで経っても子供なんですよ。なので、シリアスな思考を持続出来ないんですっ。(←お前だけじゃねえの?)
間違えてここまで読んでしまった人、本当にごめんなさい。でもこれ、今日の仕事中に本気で考えていた事なんで・・・。
いや、これでも悩み始めた時は、真剣に考えてたんですよ? はい、このブログはノンフィクションで書いていますから。
でもね、飽きるんですよ! 暗い事ばっかり考えてると!(←逆ギレ?)

それではみなさん、また明日!(←あ、逃げた)
[PR]
by crystalgem | 2005-05-31 22:10

TPO

今日は異常なほど暑い一日でした。たぶん日中、20℃を軽く超えていたでしょう。
なのに今、ストーブを焚いているのは何故でしょう?
・・・やっぱり異常気象なんですかね?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日の昼休み、銀行に行きました。(←おろしにね:笑)
昼休みのせいか、ATMの前には大勢の人たち。順番待ちのため、最後尾に並びました。
待っている間暇なので、何となく周囲の人たちの顔を観察します。列に並ぶ殆どの人、苛々した様な顔をしていました。
当然ですよね、ただでさえ短い昼休みに、これだけ待たされるんですから。
こんなに並ぶなら、もっとATMを多くすればいいのに。
そんな事を考えながら眺めていた客の中の一人、顔の半分以上を覆うような、巨大なマスクをしていました。

怪しい人だな。まさか、強盗?!

・・・と一瞬思いましたが、きっと花粉症なんですね、この人。
でも北海道って、今はそんなに花粉は飛んでいない筈なのに、よっぽど花粉に敏感な人なんでしょうか。
しかし幾ら花粉症とは言え、銀行の中でこのマスク、あまりにも怪しすぎます。これでサングラスでも掛けていれば、警備員に取り押さえられても文句は言えないでしょう。

そこで、ふと思い出しました。

かなり昔の話ですが、僕がバイクに乗って銀行に行ったときのこと。急いでいたため、フルフェイスのヘルメットを被ったまま入店したことがあります。
小走りに銀行内に入って行くと、銀行員さんたちが一斉にこちらに視線を向け、顔を強張らせるのが解りました。
あっ! と思い、慌ててヘルメットを脱ぎましたが、その後の銀行員さんの態度は、どこか冷たい感じでした。


どんな事情があれ、その場所に適した格好をするべきですね。
「適材適所」はちょっと意味が違うけど・・・誤解されない様に気を付けましょう。はい、僕はただの客です。本当ですよ?!
[PR]
by crystalgem | 2005-05-30 21:33

夢の始まり

僕の住む地方では今、八重桜が満開です。そしてりんごの花も満開です。なぜか山では蝉が鳴いています。
さて、今の季節は何でしょう?
・・・異常気象?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


思った通り、ディープインパクトが圧勝しました。
これは全国の競馬ファン全員が予想していた通りの結果だったと言えるでしょう。

このレースで夢を掴んだ人、夢破れた人、きっと色んな人達がダービーに想いを馳せていた事と思います。

今回僕はレースに参加せず、ただ黙ってテレビでレースを観戦していました。
もしも買っていたら・・・たぶん、負けてましたね。ディープインパクトから流しても面白くないので、きっと穴狙いで行っていたでしょうから。
やっていたら、今頃数万円の損失でヤケになっていたでしょう。いやあ、やらなくて正解でしたね。

で、今回失わずに済んだその金で、新たなる夢を購入しました。

じゃーん。ドリームジャンボです!
d0044012_22151718.jpg過去15年間、ジャンボと名の付くものは全て買っています。それも毎回必ず50枚ずつ。
・・・が、未だに儲かった事はありません。

今までの投資金額は、えーと・・・。
15,000円 × (グリーン・ドリーム・サマー・オータム・年末) × 15年間
= 1,125,000円

け、結構つぎ込んでるな・・・まあいいや。




もしも一等の3億円当たったら、南の島に移住するぞ!
もしも二等の1億円当たったら、家と車とガレージを買おう!
もしも三等の1千万だったら、中国の電力株に全額ぶちこんで一攫千金だ!

もしも百万円だったら・・・今まで宝くじにつぎ込んできた投資金が、ほぼ返却された事になります。
もしも3万円だったら・・・とりあえず今回は勝ちと言う事で。
もしもいつも通りだったら・・・まあ、いい夢見させて貰ったと思って、諦めましょう。

・・・何故段々とテンションが下がって行く?

とにかく、抽選日の6月14日まで、夢を見させて貰う事にしましょう。
どうか、南の島に移住出来ますように。それが駄目でも、せめて百万円当たりますように(祈)。



[予告]
6月15日のブログタイトルは『夢の終わり』です。
[PR]
by crystalgem | 2005-05-29 22:16

今更はまるレトロなゲーム

ディープインパクトは鉄板ですね。つまんないから、やらない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨日までの精神的苦痛(仕事)から解放され、今朝は久しぶりに8時まで寝ていました。
こんなにタップリ眠ったのは何年ぶりだろう。でも残念ながら、あまりいい目覚めではありませんでしたが。(←風邪ひいちゃったからね)

今日はいつもの週末通り、洗濯して掃除して、Yシャツをクリーニングに出して、それから宝くじを買いに行くつもりでした。

宝くじは、庶民の夢です。もしも3億円当たったら何に使おう? 誰でも考える事ですよね。
僕がいつも夢見るのは、狭い日本を飛び出して、暖かい南の島で暮らす事です。
南の島で起業して、成功して、日本に進出するんです。そして日本にある外資系企業を全て滅ぼすのが、僕の夢です。
何しろ最近の日本ときたら、この不景気で倒産する会社が続出して、それにつけ込んだ海外の企業が・・・(←長くなるのでカットします)

さてと、とっとと洗濯して掃除して、宝くじを買いに行こう!

そう思いながら、洗濯物を洗濯機に放り込みます。洗濯機のスイッチを入れ、待っている間暇なので、PCの電源を入れました。最近調子の悪かったPCの設定を整え、メールをチェックします。それからお気に入りのHPを閲覧した後、何となく暇になりました。

何しようかな。洗濯が終わるまでまだ時間があるし・・・そうだ、暇つぶしにゲームでもしよう。

そう思い、PCに入っていた「ソリティア」を立ち上げました。
適当にやってみると、あまりにも簡単にクリアです。何となく不完全燃焼なので、今度は「マインスイーパ」にチャレンジする事にしました。
まずは初級、あっと言う間にクリアです。そして中級、何度か失敗しましたが、それほど苦労する事無くクリアしました。そして上級。

・・・何だこの難しさ。

何度チャレンジしても、全くクリア出来ません。
どうやら今日は、あまり運が無い様ですね。このゲームをやった事がある人なら解ると思いますが、何しろこのゲーム、最後まで理詰めで行けないのです。最初のうちは開いた場所から計算して行けるのですが、そのうち必ず「勘」に頼らなければならない場面が出て来ます。上か下か、どちらでも理論的には成立するけど、どちらか解らない。運が良ければ当たりですが、今日はその二分の一の場面で、ことごとく敗北して行きました。

くっそー、絶対にクリアしてやる!

意地になりました。絶対に上級をクリアする、それまでは絶対に諦めない、そう心に誓ったのです。
何度も何度もやり直し、そしてようやくクリア。そのタイムは397秒でした。

何とかクリアしたものの、何となくすっきりしない。

僕が昔このゲームにはまった時、確か上級のタイムは200秒を切っていた筈です。今はこのゲームから離れて数年経ちますので、そのタイムに及ばないのは仕方無いとしても、397秒は幾ら何でもかかりすぎです。

絶対に5分を切ってやる!

意地になってゲームを続けます。途中、洗濯機から洗濯完了のブザーが聞こえて来ましたが、そんなもの構っている暇はありません。とにかく今は、このゲームを5分以内のタイムでクリアしなければならないのです。
何度も何度も失敗を繰り返し、ようやくクリア。そのタイムは299秒でした。どうやら、辛うじて5分を切りました。

・・・が、納得行かない。

僕が本気を出せば、3分だって切れる筈です。本気でやりました。何度も、繰り返し、繰り返し。

そして、気が付いたら、夜になっていました。今日一日、ただひたすらマインスイーパをやり続けていたのです。
結局、宝くじは買いに行けず。その後、掃除も適当に済ませてしまいました。



今更こんなゲームにはまるのも変ですが、シンプルなゲームほど面白いものはありません。
もう暫く、僕の中で「マインスイーパ」のブームが続きそうです。
[PR]
by crystalgem | 2005-05-28 22:16

時代と共に変化する言葉

空中ブランコ、面白いかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日、同僚達と一緒に行ったラーメン屋。僕は初めて行く店ですが、この辺ではかなり美味いと評判なんだそうです。
店内は割と狭くて汚い感じですが、こんな店こそ隠れた名店なのです。きっと凄いラーメンが出てくるのだろうと、期待満点でした。

席に着き、最初に水が出て来ます。メニュー表を見ると、そこに書かれていたのは「醤油」と「塩」と「味噌」のみ。
横にトッピングの品が数種類書かれていましたが、それはあくまでも付け合わせです。ラーメンの味に自信があるからこそ、『チャーシュー麺』とかの適当なメニューを作らないのでしょう。

醤油にするか味噌にするか・・・少し悩みましたが、やっぱり僕が一番好きな味噌にする事にしました。
トッピングもありますが、ここはあえてノーマルを頼む事にしましょう。素の味を知ってこそ、この店の味の真価を知る事が出来るのですから。
頼むメニューを決めた頃、店員さんが注文を聞きに来ました。そこで店員さんが口にした言葉。

「ご注文、お決まりだったでしょうか~?」

瞬間、僕の右こめかみ辺りがピクッとします。
『だったでしょうか?』
・・・何で過去形なんですか?

以前からずっと思っていた事ですが、どうして最近の店員さんの『丁寧語』は、全て過去形になっているんでしょうね。
『だったでしょうか』『でしたでしょうか』『だったですよね』
奇妙な言葉が蔓延しています。

「君ね、注文を聞く前に、だったでしょうか、は変だろう?」

そう言いたかったですが、やめておきました。何故なら、これが最近の風潮だからです。

間違った言葉使い。それは何も、今の若い人達に限った事ではありません。
例えば『早急』。これは本来であれば『さっきゅう』と読みます。なのに最近の大人達は、平気で『そうきゅう』と、間違った読み方をしてしまいます。
そして『重複』。これも、本当は『ちょうふく』です。しかし、『じゅうふく』と間違った読み方をする人は少なくありません。以前観ていたNHKのアナウンサーが、平気で『じゅうふく』と言っているのを観て、呆れてしまいました。

しかし、こう考えてみましょう。言葉と言うのは、こうして変化して行くものなのです。

江戸時代の『ござる』言葉が変化して現代語に変わった様に、言葉は時代の流れと共に、徐々に変化して行くものなのです。
だから、それが間違っていたとしても、決して責めてはいけません。
もしも間違えた言葉遣いをしている人が目の前にいても、それを怒らず、「ああ、今目の前で新しい言葉が生まれているんだな」そう思う事にしておきましょう。

同僚達と雑談をしながら、そんな事を考えていた時、注文した味噌ラーメンが届きました。
割り箸を手に持ち、レンゲでスープをすすってみます。

・・・美味い。

芳醇な味噌の香りと共に、ぷんと香る香ばしさ。急ぎ麺をすすります。すると、麺は札幌系の太縮れ麺。濃厚なスープと相まって、極上の味わいを醸し出しています。
これは・・・同僚の言う通りの味です。
いつもは、同僚のいい加減な情報に惑わされ、中途半端な店に連れて行かれるのですが、今回は本物でした。どうしてこんな店が全国展開しないのかと疑う程の味わいだったのです。
これはいい店を教えて貰ったな、そう思いながら、また麺をすすります。その時。

「あの、お味の方は如何だったでしょうか~? 濃い薄い、その他色々ありませんでしたでしょうか~?」

また、こめかみの辺りがピキッとします。
見上げると、先ほどの店員が営業スマイルです。
また出ました。『だったでしょうか?』です。しかも『濃い薄いその他色々』って、色々って何だよそれっ! 人がラーメンすすってる時に訳解らん事言うなっ!!!!
・・・と思いましたが、グッと堪えます。

こめかみをピキピキさせながらも、「はい、美味しいですよ」そう答えました。はい、僕は大人ですから。
でも本心は・・・。



・・・過去形って、やっぱり変ですよね?
[PR]
by crystalgem | 2005-05-27 22:04

Yシャツは凶器

はい、無理してます。
でも明日は金曜日、あと一日頑張ったら休みです。気合い入れて乗り切りましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝もいつも通り、朝5時に目が覚めました。
一杯に広げたカーテンから差し込む朝の光。眩しすぎて、思わず目を細めてしまう程です。
こんなに天気がいいのは久しぶり。こんな日は、何となく気分までハッピーになってしまいますよね。

こんな気分を、なんて表現したらいいのでしょう。
そう、言ってみれば、I feel a sunny dayです!(←文法おかしくない?・・・ってか何が言いたいのか解らないし)

いやあ、本当にいい気分です。何しろ、太陽が輝いているんですから!(←意味不明)
よし、こんな日は思い切って、新しいYシャツに身を包んでしまおうじゃありませんか!(←勢いだけで乗り切ろうとしてるね?)

真新しいパッケージを開け、過剰包装のYシャツを袋から取り出します。
背中の厚紙を取り去り、腹内部の紙を取って、首元のプラスティックと首周りの厚紙を外して・・・って、本当に過剰包装だな、これ。

そして頭からYシャツを被ります。おろし立てのパリッとした質感。やはり新品は着心地が違いますね。まるで心まで背伸びしたかの様です。
さーて、今日もバリバリ頑張りますよ!(←本当は死にそうな程辛いくせに)

・・・と、無理しながらも元気一杯だったのは、それからの30分間だけでした。

仕事をしながら感じる、首周りの違和感。何かチクチクする様な、ヒリヒリする様な。
何か気持ち悪いので、仕事の話をしながらも、無意識に首に手を当ててしまいます。

そんな感じで一日が過ぎ、つい先程、疲れを洗い流す為に入った浴槽。首まで浸かった瞬間、その痛みに飛び上がりそうになりました。
鏡で映してみると、首周りが真っ赤! どうやら新品のYシャツの襟があまりにも固すぎて、ヤスリの様に首を削っていた様です。

鏡を見ながら思います。
これじゃ、まるで誰かに首締められたみたいだ・・・。



パリッとした新品のYシャツ。見た目はいいけど、これからは要注意にしておきます。
[PR]
by crystalgem | 2005-05-26 23:34

パンダの名前を考えよう!

精神的にちょっとキテる気がする今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
僕は今日も元気で~す。でもたぶん、限界は近い・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


パンダの名前を考えよう!
どんな経緯でそうなったのか解りませんが、無意識にそんな事を考えていました。

僕が知っているパンダの名前と言えば、「ランラン」「カンカン」「トントン」「フェイフェイ」「ユウユウ」それくらいです。
どれも感じが良くて、溌剌とした印象を受ける名前ですよね。
もしもこれが僕の考えた名前だったらな~、そんな事を考えていました。

もしも今度、新しくパンダが生まれたら、きっとまた一般公募で名前を募集しますよね。
その時こそ、新しい名付け親となりたいな、そう思いました。

今までのパンダの名前の規則性、それは『同じ音が二度続き、それは合計で4音』と言う事です。この場合、フェイフェイの『フェ』は1音としてカウントされます。
そして、全てが明るい音だと言う事。人々に明るく楽しい印象を与える、それがパンダの名前なのです。
いかにも中国っぽい音にしようとした場合、『リャンリャン』とか『シェイシェイ』が思い浮かびますが、これでは可愛くありません。
もっと楽しく、心弾む音がいいでしょう。

『ロンロン』『ポンポン』『チーチー』『トイトイ』
中国っぽく、麻雀からヒントを得ました。が、どれも可愛らしさに欠けていますね。もう少し別の名前を考えましょう。
日本のパンダなのですから、中国っぽさにこだわる必要はありません。何か楽しげな印象で、

『ルンルン』
楽しそうです。何かハッピーな予感さえ漂って来ます。
まるで「世界に一輪しか咲いていない幻の花」を探しに旅に出そうな感じです。
が、この名前は小学生でも考えつきそうで、全くひねりがありません。何か、大人にしか考えつかない様な、それでいて人を喜ばせる様な名前は無いものでしょうか。

『ルイルイ』
はい、何の意味もありません。何となく、リズムとしていいかな? と思っただけです。

では今度は、思い切り感情を込めて、日本の祭りを想像してみましょう。蒸し暑い夏の夜、浴衣を着て訪れた祭りを想像しながら。
『ドンドン』
和太鼓のリズムを取り入れてみましたが、残念ながらこれは「トントン」に濁音を付け加えただけです。新しく名前を公募されても、きっと相手にもされないでしょう。

では、本気で考えますか。パンダの赤ちゃんが元気に育って行く様子を想像しながら。

『スクスク』
育ちそうです。思い切りすこやかに育ちそうです。
が、何となく勢いに欠けている様な気もします。ここは思い切って。

『グングン』『ズンズン』『ギュンギュン』
育ちそうです。物凄い勢いで育ちそうです。
あっと言う間に親の背を追い越して、いつの間にか巨大化して、街を破壊しそうな感じです。

しかし勢いだけはあるものの、この名前で、この世知辛い世の中を渡って行けるとも思えません。もっと世の中のしがらみを知っている様な名前を考えました。
もっと、どんなに不景気な世の中でも、自分だけはいつでも前へ進める様な名前。それを考えましょう。

『ズイズイ』
図太そうです。どんな世の中でも平気でかき分けて行きそうです。
喩えどれほどの難局に直面しても、全く動じず、ふてぶてしく生きて行けるでしょう。
でも、もっと強力な名前は無いでしょうか。元気でいて、しかも華やか。明るく輝く様を想像して。

『ピカピカ』
綺麗ですが、危険な要素をも含んでいる名前です。
動物園を訪れる子供連れのお父さんが、必ずしもフサフサとは限りません。パンダの名前は幸福の象徴です。悲しい現実を、決して連想させてはいけないのです。
なので同時に『ツルツル』とか『テカテカ』も駄目です。

何も連想させない、もっといい印象を持たせた上で、世の中を渡って行ける名前、それを考えます。
可愛らしさと純情さ、そして強さを兼ね合わせた、素晴らしい名前。

そして考えた、最強の名前。

『タンタン』
最強です。世の中を、淡々と渡って行けそうです。
きっと、どんな困難にぶつかっても、適当に誤魔化してやり過ごすでしょう。
石橋を叩く様な真似は絶対にしません。それなのに、何故か何とかなります。それがこの名前、『タンタン』の力なのです。
仕事で失敗しても『タンタン』。誰に馬鹿にされても『タンタン』。交通事故を起こしても『タンタン』。脱税が見つかっても『タンタン』。

世界に出しても決して引けを取らない名前、それが『タンタン』! これこそ正に、至上最強の名前なのです!

我ながら完璧な名前思い付いたな、と思っていましたが・・・この名前、出世が出来なさそうですね。何となく、やる気を感じないし。
なので残念ながら、これも却下です。・・・最強だけど。

もっといい名前がある筈です。可愛らしくて、強くて、育ちそうで、元気でハッピーで、それでいて憂いを秘めた様な名前。
沢山考えました。

『キンキン』愛川欽也みたいですね
『ボンボン』隣にプリンプリンがいそうです
『ビンビン』別の意味で元気そうです
『テンテン』大阪にある一口餃子の店みたいです
『ミルミル』乳酸菌いっぱいです
『フワフワ』軽そうですね
『ピロピロ』ナメてます? ってか馬鹿にしてます?
『ペロペロ』ナメるな!
『チラチラ』見るな!
『ジロジロ』そんな目で僕を見るな!
『ミシミシ』この家大丈夫か?
『ギシギシ』この家本当に大丈夫か?
『ゼヒゼヒ』営業は帰れ!
『ケンケン』ブラック魔王の所に帰れ!
『コロコロ』転がるな!
『カラカラ』軽すぎる!
『デレデレ』だらしない!
『ウルウル』泣くな!
『イライラ』落ち着け!
『ビリビリ』痺れるな!
『ウロウロ』彷徨くな!
『オロオロ』狼狽えるな!
『カリカリ』苛立つな!
『ガリガリ』太れ!
『ブクブク』太りすぎ!
『ヤレヤレ』あきれるな!
『バレバレ』上手く誤魔化せ!
『アンアン』雑誌か?
『キャンキャン』これも雑誌か?
『ジェイジェイ』知らないけど、これも雑誌か?

『エルエル』僕の服のサイズだね
『ギリギリ』僕の人生だね
『ガラガラ』僕のブログだね


今日の仕事中、ずっとこんな事を考えていた僕・・・それでも仕事が進むのが不思議。
[PR]
by crystalgem | 2005-05-25 23:36

大和魂

会議で堂々巡りをするのって、金と時間の無駄だと思いませんか?
もしも僕が社長なら、三時間で全てを決定します。(←結果、破滅するパターンだよね?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日の移動中、たまたま赤信号に引っかかった交差点。
ふと見た先、横断歩道の前でキョロキョロと左右を見回している、金髪の女の子を見付けました。

・・・ちっ、金髪かよ。

ちょっとだけ、嫌な気分になりました。
僕は正直、髪を染めている女性が苦手です。茶髪程度ならばまだ許せるのですが、その髪を金色にまでされてしまうと、我慢も限度を超えるというものです。
まあ、現代のファッションやら流行やら考えれば、髪を染めるのがごく普通の事だというのは解ります。きっと髪を茶色くするのも、柔らかなイメージにしようと女性が努力しているのだと、理解出来なくもありません。
が、金髪は駄目です。どうしても駄目です。生理的に受け付けないのです。
何しろ僕は、黒髪が世界で最も美しいと思っている人間なので。

日本人は、生まれながらにして美しい黒髪を持つ人種です。その美しい髪を、よりにもよって外人の金色に染めるなど、言語道断と思っています。
若い人達が、海外の文化に憧れる気持ちは解らないでもありません。が、もう少し日本人に生まれた素晴らしさを考えて欲しい、彼らには常々そう思っています。
なので、髪を染めている女性を見ると、正直ムカつきます。美しいものを破壊して何が楽しいの? そんな風に思います。
そして、心からこう叫びます。

何故あなた達は、自分の髪の美しさに自信を持つ事が出来ないのですか? 仲間由紀恵の様に、自分の髪に誇りを持つ事が出来ないのですか?

信号が変わるのを待ちながら、その女の子を見つめ、そんな事を考えていました。そして、心の中で「更正しろ、今ならまだ間に合うぞ~」などと声をかけていたのです。
すると、その心の声のせいか(多分違うと思うけど)、女の子は突然、赤信号の中に飛び出して行きました。
そう、信号無視です。

とんでもない!

本気で腹が立ちました。
最近の若い人達は、日本人としての誇り(黒髪)を大切にしないばかりか、公共のマナーまでもをないがしろにしているのです。
全くとんでもない。これからの日本を支えるべき若人達がこんなでは、日本の未来も危ぶまれます。

信号が青になり、その女の子の横を通り過ぎる時、思い切り睨み付けてやりました。
瞬間、とんでもない事実に気付きました。

良く顔見たらその女の子・・・外人でした。



まあ、ごちゃごちゃ考えたけど・・・あの子が日本人じゃ無くて良かった(笑)。
[PR]
by crystalgem | 2005-05-24 23:18

どうして一ヶ月の日数は常に一定では無いのだろう

フルートを演奏する人、フルーティストって言うんですね。
何か、果物の愛好家みたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日はちょっと学術的な内容です。
当然、読んでもつまんないので、読まない方がいいです。(←おいっ!)


今月は5月ですので、31日まであります。
来月は6月ですので、30日までです。
再来月は7月なので、31日まで。そして8月も、31日まで。
ずっと以前から疑問に思っていたんですが、これって何故でしょう?

2月 4月 6月 9月 11月

この5つが、31日の無い月です。子供の頃、「西向く士(に・し・む・く・さむらい)」と覚えました。(←明日役に立つミニ知識:笑)
そこで疑問です。

何故、毎月30日までにしなかったんでしょう?

一年は365日。少し正確に言えば、365.24219日。ほぼ4年に一度の閏年に、2月を1日増やして調節します。
そこで計算。もしも1ヶ月が均等に30日までだったら?

365.24219 ÷ 30 = 12.17474

つまり、1ヶ月を均等に30日までにすれば、5日余る計算です。
その残った5日を12月に付ければ、何も悩む必要は無かった筈です。1月から11月までは30日。12月だけ、35日まで。
12月は何かと忙しい季節です、5日のボーナスは、サラリーマンの強い味方になってくれたでしょう。

さて、最初の疑問に戻りましょう。どうして1ヶ月の日数は、こんなにもバラバラなのでしょうか。
疑問に思ったら何でも調べてみるのが僕です。早速、ネット検索してみました。

すると、あっと言う間に答えが出て来ました。
太陽暦と太陰暦の関係まで説明すると面倒になるので、概略だけ書いておきます。

疑問:一年が12ヶ月なのは何故?
解答:月の満ち欠けの周期が29.5日で、一年間に約12回だから。12回の月→12ヶ月。

疑問:どうして月の日数がバラバラなの?
解答:昔、一年を365日としていた時、大の月(31日)と小の月(30日)を偶数月と奇数月に分けていた。
   当時は3月を一年の始まりと考えており、
   3月=31日 4月=30日 5月=31日 6月=30日 7月=31日 8月=30日 9月=31日 10月=30日 11月=31日 12月=30日 1月=31日 2月=29日
   となっていた。

疑問:それだと、今と月の日数が違うけど?
解答:あるローマ皇帝が、自分の生まれた8月が小の月なのが納得行かず、2月を一日削って、8月を31日までとした。
   しかし、大の月が7,8,9と続くのもおかしいと言う事になり、9月から12月までをずらした。その結果、今と同じ、
   3月=31日 4月=30日 5月=31日 6月=30日 7月=31日 8月=31日 9月=30日 10月=31日 11月=30日 12月=31日 1月=31日 2月=28日
   となった。


どんな疑問もネットで解決。便利な世の中になったものですね(笑)。
[PR]
by crystalgem | 2005-05-23 23:24

ガラクタ売ってワインを飲もう

明日からちょっと仕事が忙しくなります。なので、更新出来るか微妙です。
まあ、不定期ブログなのでどうでもいいんですけどね(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


少しは部屋の掃除もしなくちゃな。

そう思える程、僕の部屋の中はごちゃごちゃです。
いえ、割とマメに掃除はするんですが、とにかく物が多いんです。
一度も使った事の無いライターやラジオ、懐中電灯。いつ買ったのか解らない服や、結婚式の引き出物とか。
要らないなら捨てればいいのに、貧乏性なので「いつか使うんじゃ?」なんて思って、なかなか捨てる気になれないんです。
で、唐突に思いつきました。

捨てられないなら、売ってしまえばいいじゃん!

自分にとって価値の無い物でも、どこかに活用してくれる人がいるかもしれない。しかもそれで小銭が稼げるなら、こんなにいい事はありません。
そして、とりあえず今売れそうな物をピックアップしてみました。
d0044012_6581572.jpg左上から、『防水ラジオ』『ステンレスカップ』『車用アクセサリートレイ』、そして一番大きいのが『お風呂セット』です。


どれも未使用の物ですが、全く使う予定の無い物ばかり。僕にとっては、ただのゴミです。
でも、必要な人にとっては宝物でしょう。今回は、これらの品をリサイクルショップに売り払う事にしました。

これを売った金で、ワインを買おう!

捕らぬ狸の皮算用。もう、売る前から得した気分です(笑)。
まあ、もちろんそんな高値で引き取ってくれる筈はありませんけどね。リサイクルショップなんてものは、実際の価値の5分の1から10分の1の価格で買い取る所ですから。
実際には千円の価値のある物でも、それを100円で買い取るのがリサイクルショップ。これはボロ儲けしようとしている訳では無く、店でかかる電気代や人件費、その他諸々の諸経費を含めて考えれば仕方のない事なのです。なので、どんなに安い価格が提示されても、笑顔で引き取って貰いましょう。いや~、僕って大人だな~(笑)。

今日、売りに行く物の合計金額を予想します。
まあ、どれもガラクタ同然の物ばかりですが、お風呂セットは高値で引き取ってくれそうですね。あれ単体で千円くらいにはなるかな?
あとはラジオが500円として、残り二つ合わせて200円とすれば、合計は1700円。うん、十分にワインの買える値段です。

そうしてワクワクしながら辿り着いたリサイクルショップ。買い取りカウンターに品物を渡し、店内を彷徨きながら、査定が出るのを待ちます。
そして10分ほどが経った頃、

「番号札21番のお客様、査定が出ましたので、買い取りカウンターまでお越し下さい」

店内アナウンスが流れます。どうやら僕の品物の査定が出た様です。
買い取りカウンターに行くと、店員さん、にっこりと笑顔で迎えてくれました。なかなかいい感じの接客態度です、教育が行き届いていますね。
この笑顔から察するに、満足の行く金額が期待出来そうです。さ~て、一体幾らになったかな?
そして、店員さんの提示した金額。

「全部合わせて、500円でいかがでしょうか?」

瞬間、頭の中で何かが弾けました。思わず拳を握りしめ、
「500円だと?! てめえ、ふざけてんじゃねえぞ!!!」
と、一瞬ブチ切れそうになりましたが、僕も大人です、そんな事はしません。(←しそうになったくせに:笑)

「はい、その値段で結構ですよ」

笑顔で、そう答えます。う~ん、僕って大人。
そして店員さんから500円玉一枚を受け取り、その店を後にしました。
あの店、あの商品を500円で買い取って、一体幾らで売るんでしょうね?
・・・考えると腹が立つので、やめておきましょう。店にかかる諸経費を考えれば、仕方が無い値段だったんです。はい、そう考えて、気持ちを押さえましょう。

でも・・・この500円で買えるワインなんてあるんですか?

当初の目的が「ガラクタ売ってワインを飲もう!」だったので、例えどんなに安い値段だったとしても、それでワインを買わなければなりません。
酒屋に行き、安いワインを探しました。
すると・・・。

d0044012_6574947.jpgあるものですね~。アルゼンチン産の赤ワイン「サンタ・イザベル」です。大特価の札がかかっていて、値段は398円でした。
残った金で、「ジミティーンウィンナー」と言う、アメリカ産のポークソーセージを買いました。




あれを売ったのが、徳だったのか損だったのかは解りません。
でも、ガラクタを売ってワインとつまみを手に入れたんです。徳したんだと思っておきましょう。
[PR]
by crystalgem | 2005-05-22 21:26