落とし穴

酷い夢を観ました。
あまりにも恐ろしい内容だったため、詳しくは語りたくありませんが、それは僕が『とある病気に罹る』というもの。
ヒントだけ書いておくと、

- 爆笑問題の田中と同じ病気になる夢 -

この恐怖、解っていただけますか?(←まあ、男にしか解らない恐怖だろうな:汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今更ですが、随分と暖かくなりましたよね~。

桜の頃にはまだ一ヶ月少々かかりそうなものの、吹く風は温かく、日中ならばコートも要らないくらい(10℃くらいまで上がりました)。
道路の脇にはそれなりの残雪もありますが、路面はすっかり乾燥し、いつ夏タイヤに交換しても良いくらいの状態です♪
ってまあ、北海道の場合は『最後の大雪』に襲われる可能性もありますので、やっぱりGW前後まではスタッドレスのままですけどね?(笑)

何はともあれ、引っ越し前に暖かくなってくれて、嬉しい限りですね♪

そんな『春の気配』が感じられた、今朝の通勤路。
どこかに『ふきのとう』でも出ていないかな~・・・と注意深く観察していましたが、流石にそれは早過ぎでしたね。
ええ、視線の先にはしっかりと、しぶとい雪の塊が鎮座していましたから(笑)。

と、そんな感じで職場に向かい走っていた、そのときです。
視線の前方、およそ50m先に、大型トラックが対向して走って来る姿が見えたのですよ。
そこは何しろ細い道。二台がすれ違うのはどう考えても不可能ですので、僕か相手のどちらかが、道を譲らなければならない場面です。

・・・まあ、大型車が脇に寄せるのは大変だろうから、やっぱり僕が譲ってあげた方が良いだろうな。

そう思いながら、左側に車を寄せられる様な、『エスケープゾーン』を探します。
なるべく車が汚れない様な、それでいて足場のしっかりとしている様な場所。出来れば舗装か、最低でも砂利が敷いてある様な場所が理想。
そうして迷いながらも、結局選んだ場所は、『いつもの場所』でした。

そこは僕が今年に入ってからずっと使っている、『対向車に道を譲るため』に丁度良い、幅2メートルほどのちょっとした広場。
最初は『何故この場所だけがいきなり広がっているのか?』が不思議でしたが、たぶんこうして、互いに道を譲り合うためなのでしょうね。
でも山奥ならばともかく、市街地にこんな場所を作ってあるなんて、流石は田舎です(笑)。

視線の先、徐々に近づいて来る大型トラック。
その運転手もまた、互いにすれ違うのが無理な事を理解し、僕が避けてくれるのを待っている様に思えました。
僕は心の中で『ちょっと待っててね、今避けてあげるから♪』、そう呟き、いつもの場所へとハンドルを向けようとしたのです。

と、その瞬間。
そこに見えた光景に、思わずこう叫びそうになりました。


なっ、なんじゃこの巨大な溝はーっ!!!(驚)


僕がつい先週まで『エスケープゾーン』として使っていた、他の場所よりも、2メートルほど道幅の広がった場所。
そこは除雪が行き届き、常に平らな状態でしたので、何の疑問も持たずにその上を走っていました。
なのに今日見たその場所は、道路の幅は他の場所と全く同じで、あったのは巨大な排水路・・・ええ、道路と大きく段差の付いた、『穴』だったのですよ!(焦)

思わず、全身から血の気が引きました。
つい先週まで、その場所を『道路』として使用していた僕、それがどれだけ危険な行為だったかに気づいて。
ええ、そうです。僕が先週まで使っていた『エスケープゾーン』とは・・・。


除雪により押し固められた雪の大地、つまり、本当は空中!(大汗)


そこが本当は『排水路』だなどとは全く気づかず(ってか夏場は知っていた筈なのに:汗)、普通に『雪の上』を走っていた僕。
真冬でガチガチに凍っていたから良かった様なものの、もしも『寒さが弛んだ頃』に乗っていたなら、確実に道路から転落していたでしょう。

いや~、この暖気で、雪がすっかり溶けてくれていて良かった!
もしも中途半端に溶けかかった状態だったなら、きっと僕はそこを道と思い、迷わずその上に乗っていただろうから。。。(怖)



この北国に長く住んでいる割に、未だにこの手のトラップに引っかかる僕・・・本当に、道民でしょうか?(泣)






本日作ったのは、この2品です。



[肉じゃが]
朝の出勤前に作りました。帰って温めるだけのメニューって、嬉しい♪
d0044012_09344.jpg

[味噌だれ焼きうどん]
味噌、砂糖、日本酒、醤油、一味唐辛子。焼き肉のたれを使おうとも思ったのですが、二日続けてはちょっと・・・(汗)。
d0044012_094671.jpg

『鳥人間コンテスト』ってご存じですか?
毎年夏になると、琵琶湖で『手作りの飛行機』を飛ばして、その飛距離を競っているという奴。
あのコンテストで凄い記録が出ると、アナウンスのお姉さんがこう言うのですよね~。

『素晴らしい記録が出た様です♪』

今日の手料理を作って、そのタイムを観た瞬間、思わずあのお姉さんの声が頭に浮かびました。
ぶっちゃけ自分でも、本気で驚いていますよ。
これってやっぱり、暖かくなって来たからなのかな? 解りませんが、自分で自分を褒めてやりたい気分です♪

って事で、今回のタイムは、こちら。


 本日の記録:6分41秒07


残業から帰って調理をスタート、服を着替えて顔を洗い、出来上がった手料理を撮影してテーブルの上に載せる。
この工程を僅か7分足らずでこなした僕・・・。

料理の味はともかく、素直に、凄いと思います。(←つまり、不味かった訳ね?:笑)
[PR]
by crystalgem | 2008-03-17 23:59
<< 経年劣化で通せるか? 最後の聖戦 >>