カップ焼きそばの戻し湯、飲めますか?

ローソンで煙草を買ったら、こんなおまけが付いて来ました~♪
d0044012_22355826.jpg
←LED付き携帯灰皿。
絶対に使わない事が解っているのに、この手のものを見掛けると、つい欲しくなってしまうのですよね~(笑)。
どうせいずれ、ゴミになるのに。
たぶん、いつか捨てるのに・・・。

ひょっとして、反省する場面?(汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先日(※1月31日のmore参照)紹介した、北海道限定発売の『焼きそば弁当』というカップ焼きそばには、中華スープが付いています。
どんなものかというと、これ。
d0044012_22363076.jpg
←粉末中華スープです。
先日は酒のつまみとして焼きそばを食べていたので、中華スープは飲みませんでした。ええ、酒にスープは合いませんので。
で、こうしてスープだけが残っているという訳です。
ここにお湯を注げば、簡単に中華スープが出来上がる訳ですが、僕はそんな飲み方はしません。理由は単純ですが、『不味いから』です。

ちょっと誤解を招きそうな表現ですので、一応訂正しておきますが、このスープ『かなり美味しい』のですよ?(汗)
僕の友人にもこの焼きそばのファンは多いですし、その焼きそばに本当に良く合うのですよ、この中華スープ♪
しかし不思議な事にこのスープ、普通のお湯で作っても、ちっとも美味しく無いのです。

この中華スープの正しい作り方。
それは、


『カップ焼きそばの戻し湯で作る』


これは、僕が勝手にやっている訳ではありませんよ?
スープの袋に描かれたイラストを観て頂ければ解ると思いますが、それがこのスープの正しい作り方なのです。
焼きそばの戻し湯で作る、そういうスープなのですよ。

この焼きそば弁当は、発売が1975年。
その頃から『戻し湯でスープを作る』というのが当然でしたので、僕は幼少の頃より、それが常識だと思っていました。
なのに以前、本州(関西方面)出身の同僚から、こう言われた事があるのですよ。


『カップ焼きそばの戻し湯を飲むなんて、気持ち悪い!(汗)』


・・・と。

同僚曰く、カップ焼きそばの戻し湯は『捨てるもの』なのだそうで、それを飲むなんて非常識だというのですよ。
なのでその同僚、焼きそば弁当のスープは、いつも普通のお湯で作っているのだそうです。戻し湯を入れるなんて事はせず、普通のお湯で。
僕ら道民からすれば、当たり前の行為なのに、気持ち悪いのだそうです。戻し湯は捨てるものだから、それを飲むなんてあり得ないから・・・と。

でもそんな事を言ったら、普通のカップラーメンなんて、食べられませんよね?
カップヌードルを戻したお湯はそのままスープになるのですし、麺だけを別に茹でるなんて事、物理的に不可能なのですから。
それにパスタだって茹で汁を入れた方が美味しく出来ますし、それを言い始めたら、蕎麦湯だって『捨てるもの』になってしまいますし。

なのでその同僚に、「じゃあインスタントラーメンは、麺は別に茹でて、他の鍋でスープを作ってるの?」と尋ねてみました。
すると同僚、そんな面倒な事はせず、一つの鍋で作っているのだそうです。麺を茹でたお湯の中に、そのまま粉末スープや、具を入れて。
「それじゃあ、焼きそばの戻し湯を飲んでるのと一緒じゃん!」 そう僕が言うと、同僚、照れながら、

 同僚 「いや、解ってはいるんだけどね? でも駄目なんだよね~、焼きそばの戻し湯は・・・ほら、捨てるものだから(笑)」

どうやら同僚も、『インスタントラーメンを茹でたお湯』も『焼きそばの戻し湯』も、同じものだと解ってはいるらしいのですよ。
でも、どうにも駄目なのだそうです。解ってはいるけれど、生理的に受け付けない・・・みたいな。
やはり昔から『捨てるもの』として認識していると、今更『それでスープを作れ』と言われても、少なからず抵抗があるものなのでしょうか。

で、同僚が『普通のお湯』で作っているこのスープですが、前述した通り『その作り方』では全然美味しく無いのですよ。
『焼きそばの戻し湯』で作って、初めて『本当の味』になるのです。
これって、麺から出たエキスみたいなものが、味にコクを出しているのでしょうかね? パスタみたいに。

焼きそばを作って余ったお湯を、中華スープに利用する。
本来捨てるべきものをリサイクルする事により、環境にも優しく、しかも『焼きそばにスープが付いている』というお徳感も味わえる。
僕はこのアイディア、とっても良いと思うのですが・・・。

---

今日、何となく眺めていたネットニュースの中に、こんな記事を見付けました。

【湯きり後の「お湯」がスープになるカップ焼そば 日清食品 (J-CAST)】
 http://www.j-cast.com/mono/2008/02/12016579.htmld0044012_22365677.jpg
 日清食品は「日清焼チキン カップ」を2008年2月25日に発売する。
 同社は2007年7月にチキンラーメンを焼いた香ばしい風味の焼きそば袋メン「日清焼きチキン」を発売したが、これを手軽に味わえるようにカップ入りにした。
 さらに、調理に使った湯きり後の「お湯」(約180ml)は、チキンラーメンスープになるので、焼きそばとスープの両方を楽しめるという。




皆さんはこのスープ、飲めますか、飲めませんか?





本日作ったのは、この2品です。



[オイスターソース焼きラーメン]
新しい味を求めて♪
d0044012_22501960.jpg

[塩鯖]
銚子産、5枚入り298円の冷凍塩鯖をゲット♪ ・・・って事は、今週はずっと鯖か?(汗)
d0044012_22503560.jpg

って事で、いっつも同じ中華味では面白くありませんので、本日はオイスターソースで味付けをしてみました。
結果、意外とアリですね(笑)。
いつものとどっちが良いと聞かれると、いつもの方が美味しいですが(汗)・・・でも、たまに食べる分には、これもなかなか乙な味です♪

ちなみに本日のタイムは、12分20秒48でした。
今日の寒さを考えれば、奇跡的なタイムと言えるでしょう(笑)。
[PR]
by crystalgem | 2008-02-13 23:08
<< 解らない話 教官たちのご挨拶 >>