真昼の星は散歩する

僕は記事を書くにあたり、幾つかのルールを定めているのですが、中でも『絶対の掟』と思っているのがこれらの3つです。

・嘘は絶対禁止!(冗談の意味での『嘘』を書くときには、読んだ人がそれを冗談と解る様に書く)
・読んだ人を傷付ける話題はなるべく避ける(これは読んだ相手の気持ちに左右されますので、守れているか解りませんが:汗)。
・政治批判はしない(書く方も読む方も、つまんないですからね?)。


このルール、今まで一度も破った事はありませんし、今後もずっと守って行きたいと思っています。
だから今回の政治騒動(どっかの代表の進退の話)についても、批判記事を書きたい気持ちをぐっと抑えて、黙っているのです。

今日は、何だか辛い気分です(汗)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕が『空に浮かぶ光』を見つけたのは、公務員共との打ち合わせの場に向かう、車の助手席でした。

時刻は、午後3時を1~2分過ぎた頃です。その直前、ラジオから時報が聞こえていましたので、ほぼ間違い無いと思います。
そして今日のその時間帯、とても天気が良く、太陽が眩しかった事を記しておきましょう。
この季節のその時刻ですから、太陽は割と低い位置にあります。ですので、僕は全く何も考えず、こう思ったのですよ。

- あ、飛行機だ。

普通の反応ですよね? ええ、空を飛んでいる『光る物体』があれば、誰だってそう思うでしょうから。
しかし僕が『普通に』そう思った事は、すぐに却下される事となりました。
理由は簡単。その直後に『本物の飛行機』が飛んで来て、普通の飛行機の反射光とは違うという事や、動き方の違いが解ったからです。

というか、そのときになって初めて気づいたのですが、その光は『空中で微動だにしていなかった』のですよ。
それは、その下に見えた遠くの山との比較から、ほぼ間違いの無い事実。
走る車の助手席から、かなり遠くの光を眺めているとはいえ、それが動いていればすぐに解る筈でしたから。

空に浮いたまま静止する、眩い光の点。その輝きは飛行機のそれとは明らかに違い、更に眩しく美しい。

その時間帯は午後3時・・・つまり日没の、約2時間前。
これらを普通に、実に論理的に考えた末、僕はこう結論づけました。
あの光の正体は・・・。

- 宵の明星♪

僕の過去の経験から言えば、宵の明星は『夕闇の中』に現れるのが普通なのですが、きっと天候次第では真っ昼間に見える事もあるのでしょうね。
その理屈は解りませんが、きっとそういうものなのです。
若しくは、『彗星が地球に接近している』という可能性もありますね。ニュースでは聞いていませんでしたが、僕が知らなかっただけかもしれませんし。

まあ、もしも宵の明星ならば、きっとあれは火星なのでしょう。
『水 金 地 火 木 土 天 海 (冥)』
もしも金星ならば太陽の方角に見える筈ですので、反対側にあるという事は、火星に間違いありませんから(笑)。

- それにしても、前に観た火星って、あんなに眩しかったかな?(悩)

確か今から5年くらい前に、火星が地球に最接近した事がありましたよね。
あのとき僕は、同僚と一緒に海釣りをしながら、火星観測を行いました。でもその光は、今日のそれとは比較にならないほど暗かった気がします。
まあ『光の感じ方』なんて、そのときによって違うのかもしれませんけどね? 所詮それを感じるのは、人間の感性なのですし。。。

そんな事を考えながら、ぼーっとその光を眺め続けます。
と、ふとした瞬間に、見失ってしまったのですよ。
あんなに眩しい光を見失うなんて、僕って馬鹿だな~(笑)と思いながらも、『きっと雲の中に隠れてしまったのだ』と思う事にしました。

が、直後に気づきました。その光、どうやら移動した様です。
というのも、最初は『遠くに見える山のすぐ上』にあったのに、そこからずっと東の方にずれていたのですよ。
そこでようやく『自分の納得の行く答え』に辿り着きました。あの光の、本当の正体に。。。

- な~んだ、ヘリコプターだったんだ!(笑)

そもそも変だと思っていたのですよね~、宵の明星がそんな時刻に見える筈は無いし、星にしては眩しすぎましたから(笑)。
飛行機よりも眩しく見えたのも、きっと『ヘリコプターは丸いから』というのが理由なのでしょう。
ええ、問題は反射率だったのですよ(笑)。

それにしても最近のヘリコプターって、随分と素早く移動するのですね~。
じっと眺めていたのに、まるで『瞬間移動』したみたいに、動いた瞬間が全く解りませんでしたから。
日進月歩。今更ながら科学の進歩には、驚かされるばかりです(笑)。

そうして感心していると、またほんの一瞬の後に、元の位置に戻る光の点。
僕の中では『あれはヘリコプターだった』として終わらせるつもりだったのに、こうなってしまうと、それをするのも躊躇われます。
なのでまた修正。あれはやっぱり、星でした。

- きっと『宵の明星二つ』が離れて光っていて、片方ずつ、丁度良いタイミングで雲に隠れたに違いない!

論理的に、そう思い込もうとしました。
しかし良く観てみると、山の上には小さな雲が一つあるものの、東の空は快晴です。ええ、星が隠れる様な雲など、どこにも浮いていなかったのですよ。
この場合、山の上の光が隠れる事はあっても、東の光が消える事は無い・・・『二つの星があって、片方が雲に隠れている』のはあり得ないのです。

- 面倒だし、もう認めちゃおうかな?(涙)

一瞬心の中で、『大槻教授ごめんなさいっ!(泣)』と叫びそうになりましたが、ここはぐっと我慢します。
ええ、ここまで頑張って否定して来たのです、今更『やっぱりアレかもしれません』とは言いたくありませんでしたから。
なのでもう一度冷静になり、科学的な見地から、あの光の正体について考えてみる事にしました。

山の上空から、東の空までの距離は、軽く数十キロ。この距離を一瞬にして移動出来る乗り物など無いだろうから、飛行機では無い筈。
そして、あれだけ輝いているのですから、『そこに何かが浮いている』というのは間違いの無い事実です。
ここは大槻教授に倣って『プラズマ』と言いたいところですが、幾らプラズマといえど、一瞬にして数十キロ移動する事は不可能でしょう。

となると・・・。

 プラズマじゃ無い。
 飛行機やヘリコプターでも無い。
 雲は光らない。
 人工衛星の可能性も低い。
 気球でも無い。
 大気の歪みで光が瞬間移動するなんて聞いた事も無い。

・・・。

・・・。

・・・。



星です!(きっぱり!)



きっとあの時間帯に出て来る『宵の明星』は、散歩が好きなのですよ(笑)。
何しろ天気も良かったし、あんなに良い天気なら、人だって散歩したくなりますからね♪

 結論:星が散歩していた

---

ノンフィクションを基本とし、幽霊などの『非科学的なもの』は、徹底的に否定しているこのブログ。
喩え『うっかり観てしまった』としても、それが何なのか解らない限り、簡単に存在を認める事など出来ないのですよ。
・・・今、一番悩んでいるのは、この僕なのです(泣)。

 結論:星が散歩していた



読者の皆様、今日のこの結論に、異論はありませんね?(←かなり悩んだ末、『冗談』で終わらせるしか思い浮かばなかった男:笑)




本日作ったのは、この1品だけです。



[失敗してグチャグチャになっちゃった焼きうどん:泣]
d0044012_1164583.jpg

何だか今日は、何やってもグダグダです(汗)。
[PR]
by crystalgem | 2007-11-07 23:59
<< 8秒間走のルール どこかで観た男 >>