羞恥プレイの日

昨日から何だか、背中の右側の下の方が痛くて仕方がありません。
詳しく言うと、あばら骨の下くらい。呼吸するだけで、変な痛みがあるのですよ。
こんな場所が筋肉痛になるなんて、普段一体どんな姿勢で仕事をしているのでしょうね、僕は?

原因不明の肘痛といい、突然の頻尿といい、最近の僕って妙な病気ばっかりです(泣)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


という訳で、昨日予告しました通り、本日は病院へ行って参りました。
ええ、そうです。

・・・泌尿器科に(恥)。

何をされるのかさっぱり解らないので、とりあえず朝からシャワーを浴び、下半身を入念に洗います。
そして新しい下着に着替え、出発準備OK。
きっとちゃんとした薬が貰える事を期待して、今日は朝から水をがぶ飲みです(笑)。

そうして向かったのは、先週まで肘の病気で通っていた、僕の住む地方では一番大きな総合病院。
新患の記入用紙に名前と住所を書き込み、『泌尿器科』のところに○をします。
そして窓口に行くと、そこにいたのは、何とも見目麗しき若い女性。少々恥ずかしさを感じながら、そっと申込用紙と保険証を差し出しました。

数分の後、その女性から名前を呼ばれ、受付に向かいます。
するとその女性、伏せ目がちに、

「あの・・・泌尿器科ですか?(惑)」

いかにも恥ずかしげなその素振りに、思わず僕の顔から火が出そうになります(汗)。
そして小さな声で、「はい、泌尿器科です(照)」・・・そう答えました。
あんなに可愛い女の子の前で、30代独身男にとって、朝っぱらから酷い仕打ちです(泣)。

泌尿器科のあったのは、その病院の二階。
受付のおばさんにカルテを手渡し、待合室のベンチでボーッと周囲を眺めます。
すると、周りにいた患者さんは、皆50代以上の高齢者ばかり。やはりこの手の病気を患うのは、高齢者ばかりなのですね。

何で僕、こんな病気になっちゃったのでしょう? まだ30代なのに・・・(悲)。

まあ、愚痴を言っても始まりませんよね?
なってしまったのは仕方が無い、今は一日でも早く、この病気を克服する事です。

「crystalgemさ~ん、crystalgemさんはいらっしゃいますか~」

僕の名前を呼ばれ、振り返ります。するとそこにいたのは、20代半ばくらいの、髪の長い看護師さん。
思わずドキリとします。
と言うのも、こんなに綺麗な看護師さんを見たのは、生まれて初めてと思えるくらいの美人だったからです♪

・・・こんな美女が、どうして泌尿器科なんかにいるのだろう?

今朝の受付の女性といい、この看護師さんといい、今日に限ってどうしてこんなに美人ばかりが目に付くのでしょう?
以前の整形外科のときなんて、おばさん看護師ばっかりだったのに。

よりにもよって、泌尿器科を受診する日に限って(泣)。 _| ̄|○

「こちらの用紙に、名前と必要事項を記入してください」

そう言って、美人看護師さんから手渡されたアンケート。
内容を確認すると、そこには『頻尿』だの『尿漏れ』だの、恥ずかしい項目ばかりが羅列されています。
僕は恥ずかしさをぐっと堪えながら、その美人看護師さんの目の前で、『頻尿』の部分に○を付けました(涙)。

そうしてアンケートを終えた後は、尿検査です。
診察室の奥にある小さなトイレで尿を採り、横にある窓口にそれを置きます。
どうやらこれで、膀胱炎や前立腺癌が発見出来る様です。

採尿の後は、また暫くベンチで待ちます。
今日は家に携帯を忘れてしまった為、暇つぶし道具がありません。なので、ひたすらボーッとしながら順番を待っていました。
そして名前を呼ばれたら、いよいよ医師による診察です。

下半身は念入りに洗ったし、清潔な下着に着替えているし、大丈夫!(気合)
そう自分を励まして、診察室へと足を運びました。

診察室にいたのは、少々肥満気味の、初老の医師。
何やらカルテを眺め、開口一番、

「尿検査の結果、膀胱炎の疑いはありませんね。
 これらの症状からみて、前立腺が軽い炎症を起こしているだけだと思いますが、一応今までの経緯を説明してください」

そう言われ、先月からの異常を説明しようと思った、そのときです。
ふと、背後に誰かの気配を感じ、振り返りました。
するとそこにいたのは・・・。

先ほどの美人看護師さん!(驚)

ちょっ、ちょっと待って(焦)。
・・・ここで説明するの?
よりにもよって、『実は尿漏れっぽい感覚があるのですよ』って、この看護師さんの目の前で説明させるって言うんですかい?!


   生き地獄!(大泣)


半分泣きそうになりながら、今までの経緯を、小さな声で説明して行きます。

一ヶ月くらい前から、夜間に何度も尿意を感じて目が覚めた事。
今週に入って急に尿漏れっぽい感覚がある事。
一時間に一度くらい、おしっこを漏らしそうになりながらトイレに駆け込んでいる事、etc・・・。

一体この看護師さんは、僕の背後で、どんな表情をしながらこの言葉を聞いているのだろう?
馬鹿にしているだろうか、軽蔑しているだろうか。
でも別に僕が悪い訳では無く、病気なのだから仕方が無いのに・・・でも何だろう、この『人間として失格』みたいな感情は・・・(泣)。

そうして説明を終えると、医師の口から出たのは、やはり『前立腺の炎症だろう』という言葉。
とりあえず炎症を抑える薬を二週間ほど試してみて、改善がみられなければ、レントゲン検査等を行うという事で、今日の診察は終わりました。

・・・別に、下半身を洗う必要、無かったみたいですね。それだけは、ちょっと、ほっとしました(笑)。

そうして今度は、薬を貰いに薬局へ。
前回、肘痛で行った薬局へは何となく行きづらかったので、隣にある別の薬局に入りました。(←立て続けじゃ格好悪いしね?)

受付のおばさんに伝票(?)を渡し、薬が出来るのを待ちます。
数分後、名前を呼ばれ、窓口へ。
待っていたのは若い男性の薬剤師さん。薬を眺めながら、何故か伏せ目がちにボソリと呟きます。

「えーと、頻尿と尿漏れがあるのですか。そうですか」

・・・何故そんなに恥ずかしそうに言う?!
恥ずかしいのはお前じゃ無く、僕の方なのに!(怒)

半ばやけっぱちに
「ええ、そうです頻尿ですよ! 軽い尿漏れの感覚もありますっ!!!(泣)」
吐き捨てる様にそう言って、薬を受け取ります。そして念のため、

「この薬、副作用等、体に害はありませんか?」

帰って来た答えは、特に害は無いとの事。
鉄分と一緒に摂取すると薬の効果が弱まるので、その点だけを注意されました。

そうして薬を飲んだ今、気分的な事もあるのか、尿漏れっぽい感覚はかなり薄れました。
(・・・ってか、感覚があっただけで、実際に漏れる事があったのかどうかは不明なのですが:汗)
とりあえずこれで、頻尿の症状が改善されてくれる事を、今は祈るだけですね。



いや~、顔から火が出そうな、悲惨な一日でした(涙)。






本日のメニューは「水菜とツナのさわやかパスタ」です。



【所要時間】
・20分

【材料】
・リングイネ(1人前)←平べったいパスタです。
・オリーブオイル(大さじ1)
・にんにく(1片)
・スライスベーコン(1枚)
・ツナ缶(小1/2缶)
・バター(大さじ1)
・塩胡椒(適当)
・白ワイン(大さじ1)
・醤油(香り付け程度)
・水菜(1束)
・レモン(1/6個)

【作り方】
・この材料から想像した通りに作ったら、完成です♪



という訳で、完成したのがこちら。
d0044012_2146268.jpg
注:念のために書いておきますが、水菜とレモンは生のままです。

最初は、『こんなのにレモンを絞ったらどんな味になるんだろう?』なんて好奇心からやってみたパスタですが、食べてみたら意外に平気でした(笑)。
格別か? と聞かれると答えに迷いますが、少なくとも不味くはありません。ええ、ちゃんと美味しく頂けましたよ♪

まあ、僕の味覚が変なだけかもしれませんが(笑)。
[PR]
by crystalgem | 2007-02-17 21:49
<< DSラプソディ カードライフ >>